危ない人間の見分け方10選【一瞬で分かる特徴とは?】

危ない人間とは、主に犯罪に巻き込むなどあなたに害をもたらす人のことであり、危ない人との付き合いを続けることで、命の危機に立たされることも珍しくありません。

さらに類は友を呼ぶとも言いますから、危ない人と関わることで類が友を読んだ結果、あなたの周りにはろくな奴が集まらないなんてことも十分にあり得るのです。

そんな危険な環境を作らないためにも、危ない人間を一瞬で見分ける特徴を紹介することで、見分けることが意図も簡単になるはずです。

スポンサードリンク

育った環境が複雑な人

育った環境が複雑な中でも、以下の3つに当てはまる人は非常に危ない人である可能性が高まり、その人物はシリアルキラー(殺人鬼)であるかもしれないと疑いを持つ必要もでて来ます。

  1. 子宮内にいる時に、アルコールや薬物を乱用していた
  2. 暴力や性的暴行、精神的虐待を受けていた
  3. 孤独で家族に捨てられた

1に関しては、子宮内で大量のアルコールや薬物の影響を受けた子供は、ADHDやうつ病などの様々な障害や病などが思春期あたりから見られやすくなり、仲間外れや非行に走る原因となりかねません。

さらにFBIが発表した驚くべき統計データによると、何とシリアルキラーと判断された7割以上の人が、育った環境に薬物問題があったと公表したのです。

また、アダルトチルドレンも同じく社会に出ると様々な支障をきたし、人間関係や仕事がうまくいかないことから、自暴自棄に走り犯罪者となってしまうケースも見られます。

ここで最も大事なポイントは、育った環境が複雑なことであり、本人がアルコールや薬物を摂取していることとは関係ないということです。

 

動物を殺す、傷つけることが平気な人

動物を平気で殺したり傷つけるだけでもヤバい人であり、近づくべきでない危ない人であるのは誰もが理解できるかと思います。

過去にこうした動物虐待や殺害などのエピソードを語る人がいたとすれば、その人は犯罪者予備軍である可能性が高いため、警戒心を持つべきです。

理由としては、平気で人を殺害できるような人のほとんどが、練習として動物を殺していたり、虐待の数々を行なってきているとFBIが公表したことにあります。

こうした危ない人達は、動物を殺すことで快感や刺激を求めている一方で、徐々にその快感や刺激に飽きてしまい、やがて人を殺すというレベルにまで達してしまうのです。

さらに一人殺せば、次はもっと緻密で完璧な計画を練ることで完全犯罪を試みるため、絶対に近づくべきではない危ない人物であると言えるでしょう。

 

薬物中毒者

薬物中毒者と一緒に近づくことの主なデメリットは3つ考えられ、1つは自分自身も薬物に手を出す確率が上がること。

2つは事故や事件に遭遇するリスクを上げること、3つはあなたが風評被害にあうことです。

薬物中毒者は信頼できる人の前でしか本性を現しませんが、やがてあなたが心開ける友人となった時には、あなたの前で平気で薬物を摂取するに加えて、あなたが興味をそそるような誘惑をすることでしょう。

さらに薬物を隠していても、中毒者は車の運転前に吸っているケースも多いため、薬物を摂取している体でのドライブを楽しんでいる現状があるかもしれません。

見分け方としては、お酒に酔ったようなテンションである人が多い、目が充血して真っ赤になる、ぼーっとして気持ち良さそう、煙管を所持しているなどが挙げられますが、摂取する薬物によって症状は様々でありますから、一概にはこれが絶対とは言えません。

しかし、火のないところに煙は立たぬと言いますから、少しでもそのような噂が流れていたり、明らかにおかしな症状が見られた場合には、薬物中毒者である可能性を疑うべきでしょう。

そんな危ない人と一緒にいると、あなたまで同じ中毒者とみなされてしまうのですから。

※薬物中毒者の特徴と見分け方【薬物中毒者の詳しい特徴はこちらで確認できます】

 

スピード狂orスリルを求める人

スピード狂やスリルを求める人は、自ら命を立ってしまうバカなことをしでかしたり、その危険なスリルを経験する羽目になるかもしれないため、あなたに危害が加わるかもしれない危ない人物であると言えます。

過去の記事でも紹介しましたが、このタイプはセンセーションシーカーとも呼ばれる刺激を求めずにはいられない人であり、強い刺激を経験するとより強い刺激を求めるようになっていきます。

よくテレビやネットなどでも、命知らずのスリル満点な行動をとった人が紹介されていますが、こうした人はもう過去に経験した強めのスリルでは満足できない体となってしまっているのです。

車の運転でたとえ人が助手席に乗っていたとしても、こうした人は自己を抑えることができなくなったり、褒めるとつい調子に乗ってスピード狂な一面を出してしまう可能性も考えられるだけに、車の運転を任せたり、冗談でも相手を乗せるような発言はしてはいけません。

※運転が荒い人の心理と性格傾向6選【センセーションシーカーの詳しい特徴はこちらで確認できます】

 

無神経で冷淡な人

無神経で冷淡な人は、サイコパスである可能性も考えられますし、そうでなくとも人間味のない冷淡な人と一緒にいることは、傷つくような発言を平気で口にしたり、相手の気持ちを考えずに言動に出るため、いつかあなたは深く傷つけられてしまうことでしょう。

さらに無神経で冷淡な人は自己中心的な性格であるため、基本的に自分の都合で物事を考える傾向があります。

つまりこのタイプと一緒にいても、振り回されたり傷つけられるだけであると言っても過言ではありません。

また、無神経で冷淡な人は責任転嫁をしたり、自分の損得で行動を起こすこともあるため、利用されるだけ利用して捨てられてしまうリスクもある、危ない人であると警告しておきます。

 

自己愛が強すぎる人

自己愛が強すぎる人や自己愛人格障害と診断された人は、自分がとっても大好きで自分さえよければそれで良しという本心を持っています。

人は誰でも自分が大切であることは間違いありませんが、自己愛が強い人や自己愛人格障害の人は、あまりにも自分への愛が強すぎることから他人に危害を加えてしまう、いわば性格の悪い人の特徴に多々当てはまるのです。

典型的な例を挙げるとすると、自己愛が強い人はわがままで自分本位であるため、自分の意見や自分に注目が集まらないことに気分を損ねたり、嫉妬したりします。

さらに自己愛人格障害ともなれば、平気で嘘をたくさんつきますし、自分のいいなりになってくれる人を側に置く、支配的欲求を持っているため暴力やセクハラをするなど、一緒にいても自分が幸せと思えるような人物像ではありません。

故に自己愛が強すぎる人や自己愛人格障害の人は、他人を不愉快な気持ちにさせかねない、危ない人であると言えます。

 

情緒不安定な人

情緒不安定な人には「感情のコントロールが効かない」「パニックになりやすい」「優柔不断である」などの厄介な特徴が見られ、喧嘩の際には特に相手にしたくないタイプが情緒不安定な人となります。

情緒不安定を一言で表すと、心変わりしやすい人であるわけですが、このタイプがの最も厄介な点は「自分を傷つけてしまう」ことにあり、情緒不安定な人が自ら命を絶ってしまったという事件は、芸能界でも比較的多く見られる事件です。

他にも、リストカットや泣き叫ぶなど、こうした人と健全な関係を保ち続けるためには、あなたの神経をすり減らす原因となりますし、何よりストレスを感じる関係を続けていかなければなりません。

根は良い人なのかもしれませんが、間違いなくあなたの身体的健康に被害を及ぼしかねない、危ない人に当てはまるのです。

 

ブサイクでモテない人

ブサイクでモテない人が危ない理由は、特に男性はブサイクでモテない人ほど力の弱いものを好む傾向にあり、ロリコン男や力の弱いものを支配しようとする危険な人物である可能性が考えられるのです。

ブサイクでモテない人ほど妹のような存在を欲したり、小学生に興味があるイメージを持っている人もいるかと思いますが、これはモテない人ほど「同世代に自分はバカにされるのではないか…」という不安や劣等感から、興味が子供へと移ってしまうのです。

もちろん先天的に大人に興味がない人もいるので一概には言えませんが、先天的以外である場合はブサイクでモテない人の方が、子供に興味が移りやすいのは当然です。

もしもあなたの周りに驚くほどモテない人がいるとすれば、その人はロリコンである可能性が高くなり、将来的に子供に手を出す危ない人物へと変貌することも否定できません。

 

何をしてるか分からない人

何をしているか分からない人は2つのタイプに分けることができ、1つは人に言えないような仕事をしている人です。

例えば水商売をしていて周りに言えない人や、闇社会で活躍する人など、とても表では口にできないような仕事をしている人のことです。

もう1つは、見栄っ張りやニートなどの現実を話すと笑われてしまう人であり、こちらはあなたに危害を及ぼすとは考えにくいです。

そもそも闇社会で活躍する人は権力があるため怖いのは当然のこと、水商売であれば収入の魅力であなたを誘惑するかもしれませんし、何かとミステリアスな魅力が詰まっているのが、何をしているか分からない人が危険と判断する要因となります。

また、何をしているか分からない人の中には、詐欺師なども存在すると考えると、警戒心が薄い人ほど洗脳されたり利用されることも十分に起こりうることなのです。

 

フェティシズムへの強い関心

フェティシズムとは制服フェチや脚フェチなどを例に挙げると分かりやすく、あることに対して性的興奮を覚えることはフェティシズムとなります。

フェチだけにとどまらず、のぞきや下着泥棒なども一種のフェティシズムであるわけですが、フェティシズムに強い興味を示す人ほどシリアルキラーであったり、犯罪者予備軍である可能性が高まります。

理由としては、制服フェチやのぞきなどは初めのうちは見ているだけで満足するものの、徐々に行動がエスカレートしていくことにあります。

制服フェチの人であれば児童買収をすることで性的興奮を満たしたり、のぞきであれば実際に家に侵入して強姦を犯すなど、フェティシズムへの関心が強すぎることは性犯罪に繋がりやすいです。

故に、あなたと交流が深い人物に非常に強いフェチが見られたり、のぞきなどの前科があるとすれば、その人物はより強い性的興奮を味わうために犯罪を犯すかもしれない危ない人物になり得ません。

 

警戒心を持つことが重要

いかがだったでしょうか。

危ない人には近づかないことが最も安全な対策となりますが、この人は100%悪い人であると見分けることは不可能なことに加え、中には関係を続けなければならないケースも存在するため、しっかりと警戒心を持って接することが良い対処法となります。

もしも上記の10の特徴に1つでも当てはまる人がいるとすれば、「あっ、この人はちょっと警戒しておかないと…」という考えが、自分自身を守る最も有効な対処であるということを覚えておいてください。

無警戒で素直な人ほどバカを見る世の中ですから、自分を守るのは自分であるという自覚を持っていれば、無駄なリスクを背負う必要も無くなるのです。

また、危ない人物には人間性を疑う一面が隠れていることが多いため、「人間性を疑う行動19選【言われる理由がこれです。】」を読み進めることで、相手選びを間違わない知識をつけることができます。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP