危ない人間の見分け方10選【一瞬で分かる特徴とは?】

※運転が荒い人の心理と性格傾向6選【センセーションシーカーの詳しい特徴はこちらで確認できます】

 

無神経で冷淡な人

無神経で冷淡な人は、サイコパスである可能性も考えられますし、そうでなくとも人間味のない冷淡な人と一緒にいることは、傷つくような発言を平気で口にしたり、相手の気持ちを考えずに言動に出るため、いつかあなたは深く傷つけられてしまうことでしょう。

さらに無神経で冷淡な人は自己中心的な性格であるため、基本的に自分の都合で物事を考える傾向があります。

つまりこのタイプと一緒にいても、振り回されたり傷つけられるだけであると言っても過言ではありません。

また、無神経で冷淡な人は責任転嫁をしたり、自分の損得で行動を起こすこともあるため、利用されるだけ利用して捨てられてしまうリスクもある、危ない人であると警告しておきます。

 

自己愛が強すぎる人

自己愛が強すぎる人や自己愛人格障害と診断された人は、自分がとっても大好きで自分さえよければそれで良しという本心を持っています。

人は誰でも自分が大切であることは間違いありませんが、自己愛が強い人や自己愛人格障害の人は、あまりにも自分への愛が強すぎることから他人に危害を加えてしまう、いわば性格の悪い人の特徴に多々当てはまるのです。

典型的な例を挙げるとすると、自己愛が強い人はわがままで自分本位であるため、自分の意見や自分に注目が集まらないことに気分を損ねたり、嫉妬したりします。

さらに自己愛人格障害ともなれば、平気で嘘をたくさんつきますし、自分のいいなりになってくれる人を側に置く、支配的欲求を持っているため暴力やセクハラをするなど、一緒にいても自分が幸せと思えるような人物像ではありません。

故に自己愛が強すぎる人や自己愛人格障害の人は、他人を不愉快な気持ちにさせかねない、危ない人であると言えます。

 

情緒不安定な人

情緒不安定な人には「感情のコントロールが効かない」「パニックになりやすい」「優柔不断である」などの厄介な特徴が見られ、喧嘩の際には特に相手にしたくないタイプが情緒不安定な人となります。

情緒不安定を一言で表すと、心変わりしやすい人であるわけですが、このタイプがの最も厄介な点は「自分を傷つけてしまう」ことにあり、情緒不安定な人が自ら命を絶ってしまったという事件は、芸能界でも比較的多く見られる事件です。

他にも、リストカットや泣き叫ぶなど、こうした人と健全な関係を保ち続けるためには、あなたの神経をすり減らす原因となりますし、何よりストレスを感じる関係を続けていかなければなりません。

根は良い人なのかもしれませんが、間違いなくあなたの身体的健康に被害を及ぼしかねない、危ない人に当てはまるのです。

 

ブサイクでモテない人

ブサイクでモテない人が危ない理由は、特に男性はブサイクでモテない人ほど力の弱いものを好む傾向にあり、ロリコン男や力の弱いものを支配しようとする危険な人物である可能性が考えられるのです。

ブサイクでモテない人ほど妹のような存在を欲したり、小学生に興味があるイメージを持っている人もいるかと思いますが、これはモテない人ほど「同世代に自分はバカにされるのではないか…」という不安や劣等感から、興味が子供へと移ってしまうのです。

もちろん先天的に大人に興味がない人もいるので一概には言えませんが、先天的以外である場合はブサイクでモテない人の方が、子供に興味が移りやすいのは当然です。

もしもあなたの周りに驚くほどモテない人がいるとすれば、その人はロリコンである可能性が高くなり、将来的に子供に手を出す危ない人物へと変貌することも否定できません。

 

何をしてるか分からない人

何をしているか分からない人は2つのタイプに分けることができ、1つは人に言えないような仕事をしている人です。

例えば水商売をしていて周りに言えない人や、闇社会で活躍する人など、とても表では口にできないような仕事をしている人のことです。

もう1つは、見栄っ張りやニートなどの現実を話すと笑われてしまう人であり、こちらはあなたに危害を及ぼすとは考えにくいです。

そもそも闇社会で活躍する人は権力があるため怖いのは当然のこと、水商売であれば収入の魅力であなたを誘惑するかもしれませんし、何かとミステリアスな魅力が詰まっているのが、何をしているか分からない人が危険と判断する要因となります。

また、何をしているか分からない人の中には、詐欺師なども存在すると考えると、警戒心が薄い人ほど洗脳されたり利用されることも十分に起こりうることなのです。

 

フェティシズムへの強い関心

フェティシズムとは制服フェチや脚フェチなどを例に挙げると分かりやすく、あることに対して性的興奮を覚えることはフェティシズムとなります。

固定ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP