酔っ払いが嫌いな理由16選〜電車や不法侵入も原因か。

「うわぁ。最悪。」とか「酔っ払いなんて消えれば…」と思うほど、酔っ払いに迷惑をかけられたり、酔っ払いに対して嫌悪感を覚えた経験がある人は多く、実際に私もそのうちの一人です。

こうした人の中には、「ただ酒飲みが嫌いである」という理由を挙げる人もいますが、酔っ払いに見られる特徴が理由で嫌いになったという過去があるはずです。

“なぜ世の中の酔っ払いは嫌われてしまうのか?”という酒嫌いな人にとって簡単な理由を16にまとめ、スッキリ共感できる1ページのご紹介となります。

スポンサードリンク

とにかくめんどくさい

酔っ払いと言えばテンションが高い、絡みづらいなどのめんどくささがあるのに加えて、アルコールが入ることで我を失い、相手の反応も気にせず積極的に絡みを続ける光景をよく目にします。

こうした人に対して「めんどくさい」と思うことは普通であり、素面状態の人にとっては非常に迷惑で、体力を奪われたり楽しめない原因となってしまいます。

子供の頃に多くの人が「酔っ払いの大人の絡みが面倒だ…」と感じたことでしょうが、酔っ払いはこうした子供の時に抱いた気持ちを忘れてしまい、相手に面倒だと思われる本人となってしまっているのですから、嫌われてしまうのも仕方がないと言えるのではないでしょうか。

 

絡んでくるなと思う

酔っ払うと絡み癖がある人に対して、「本当に勘弁して欲しい」とか「ゆっくりしたいのに鬱陶しい…」と感じ、1日が嫌な日であるという認識で終わってしまった経験がある人は多いことでしょう。

これは接客業の従業員も”来て欲しくないお客さん”として特徴に挙げることが多く、酔っ払いが長時間店に居座り続けたり、他人のお客さんに迷惑をかけることはしばし見られることです。

他にも、道を歩いていると酔っ払いに絡まれたとか、気持ち悪いおっさんに声をかけられたなど、不意に絡まれることで酔っ払いへの嫌悪感が増し、目にするだけでもストレスを感じる人も珍しくありません。

他人に迷惑をかけたり恐怖心を与えることは、嫌われてしまう人の典型的特徴となります。

 

声が大きく、道も譲らない

飲屋街を歩いていると、酔っ払いが大きい声で笑っていたり、道のど真ん中を集団で歩くなど、素面の人からすれば「邪魔だな」と感じてしまう言動が見られるのは、アルコールが人に及ぼすデメリットでもあります。

そもそも声が大きい人に対してうざいと思う人もいれば、道のど真ん中を歩く人にイラっとする人もいるわけですから、両方の条件に当てはまる酔っ払いは、こうした人に多くのストレスを与えることでしょう。

本人たちは楽しいことに加えて、最高のストレス解消法となっているのでしょうが、他人の迷惑を考えない酔っ払いに嫌気が差し、差別的な目で見てしまう人も世の中には存在します。

また女性からすれば、こうした言動が威圧的で怖い人であるというイメージを与えることも関係していると考えるのが妥当です。

 

説教がうざい

お酒を飲むとくどい話を長々続ける人や、説教じみた話ばかりする人がいますが、本来楽しんだりストレスを解消すべき場面での説教は、相手に嫌な思いをさせてしまいます。

お酒の席に来た人からすれば、「自分だって多くのことを語りたいし、嫌な思いはしたくない」と思うのに対して、長々と説教じみた話をされることは、1日を無題にした気分にまでさせるほどです。

このタイプは自分が優れていると思っていることもあって、お酒が入ると偉そうに説教を始めることからも、自分が全て正しいかのように長々と話を続けます。

お酒が入ると本音が出やすくなることは事実であるため、説教を食らうことは普段からあなたに不満があり、直したほうがいいと思っているのか、または見下している証拠となります。

 

愚痴の聞き手になるのが苦痛

説教とセットで挙げられる嫌いな理由がこちらとなり、お酒が入ると本音が出やすいために、普段から抱く不満や不安を口にすることで、聞き手に同情や共感を求めることを酔っ払いはしがちです。

これは心許した相手にのみ見せる人と、誰にでも見せる人がいますが、後者の場合は酒癖が悪く、誰にでも迷惑をかけてしまうタイプと考えられます。

幸せな話を聞くと人は幸せな気持ちになれるものですが、不満や愚痴ばかり聞かされる立場ともなれば、どこか気分が暗くなったり、幸せが逃げてしまうような気がする人もいて、聞き手からすればたまったものじゃありません。

それだけ普段の私生活や仕事に不満を抱えているのでしょうが、毎回毎回聞かされたり、何度も同じ愚痴を聞かされることは苦痛でしかないのです。

 

嘔吐が無理。しかも処理しない

酔っ払いに嘔吐はつきものであり、道で嘔吐を繰り返す人、トイレで嘔吐を繰り返す人、寝ながら嘔吐をする人など、様々な嘔吐の形が見られます。

これらは全て他人に迷惑となりますし、嘔吐を見て幸せな気分になれるわけがないのです。

最も迷惑な嘔吐は、電車で嘔吐をする人、人前で嘔吐をする人、寝ながら嘔吐をする人であり、特に寝ながら嘔吐をしてしまった場合は、必ずと言ってもいいほど誰かが処理をしなければならないため、処理係の人は最悪で最低の思いをすることでしょう。

また、世の中には嘔吐恐怖症の人もいて、「自分以外の嘔吐は怖くて仕方がない」という症状が見られる人もいます。

こうした人にとっては、酔っ払いと出くわすことはまさに地獄であり、不安と恐怖が入り混じる心理状況へと変わってしまうことになります。

 

臭いが無理

アルコールは汗の量を増やす効果がある他、アルコールが分泌されるとアセトアルデヒドに変わってしまうのですが、これが二日酔いの人などに漂う酒臭い原因となっています。

こうした人が近寄ると、匂いに敏感な女性は特に嫌な気分となったり、電車やエレベータにアルコールの臭いが漂うことで、吐き気がするほど気分が悪くなる人もいるほどです。

特に二日酔いの人や前日に大量のお酒を飲んだ人は、自分の体臭が臭いことに気づくわけもなく、平然とした顔で空気がこもる場所に居座るので、他人が迷惑をしているという事実に気づけないのです。

酒飲みが嫌いであったり酔っ払いが嫌いな人にとっては、気づいて欲しいけど注意はできない気持ちになるため、豪酒がなかなか気づけない他人へ与える迷惑となります。

 

お酒で気が大きくなる

お酒で気が大きくなる人は、声が大きくなる、怒りっぽくなるという症状がセットで見られることが多く、気が大きくなることを酔い状態で表すと「酩酊初期」に当たります。

気が大きくなることで、なんらかのトラブルを起こすことに発展しかねず、店員に対して横柄な態度をとるなどの失態を犯してしまいがちですが、これは本来の自分の姿が出ていることに間違いありません。

お酒を飲まない人からすれば、まさにイメージダウンで嫌いになる瞬間でもあり、相手の本当の姿が見える瞬間でもあるからです。

普段はペコペコと頭を下げている人が、アルコールが入ると共に気が大きくなる現状を目にすると、「なんて小さい人間なんだろう…」と、悪い方のギャップ効果にガッカリしてしまうことは決して珍しいことではありません。

 

暴言や暴力。攻撃的になる

アルコールが入ると気が荒くなり、暴力や暴言を平気で繰り返す人や、やたらと他人に攻撃的になる人がいますが、このタイプはアルコール依存症で後に苦しい人生を歩むことになる人の特徴に当てはまります。

はっきりと断言しておきますが、このタイプとはお酒の席に同席すべきではなく、一緒にいることで様々なトラブルに巻き込まれたり、暴言暴力の対象にされてしまいかねません。

もっと簡単に言い換えると、暴言や暴力が見られる人は、相手の気持ちも考えずにズブズブと発言を繰り返し、相手が傷つくことは気にしない人間であるため、あなたが深く傷ついてしまうかもしれないリスクが上がってしまうのです。

将来的には、自分自身が変わる決断がない限り、アルコール依存症に悩まされることになるでしょう。

 

お酒の席での失礼、暴言を謝らない

酔っ払いが嫌いな人の中には、「飲み会で酔っ払いが嫌味や失礼なことを言われたにもかかわらず、あれはお酒の席だから…」という言い訳で、謝らないことや開き直ることが嫌だと思う人もいます。

他にも、「あの時はアルコールが入っていたから…」とか「冗談だよ冗談。」などの言い訳で正当化する人もいて、酔っ払いは謝ることを知りません。

そもそも素直に謝れるのであれば、酔っ払ってしまった失敗を反省できるはずですし、他人に迷惑をかけたという事実を認めることができるはずなのです。

それにもかかわらず、お酒の席ではこれが普通という態度を取り続ける人は、今後もお酒による失敗を正当化し続けることで同じミスを犯し、お酒嫌いには敵となる存在でい続けることになるでしょう。

 

飲酒運転を平気でする酒飲みが嫌い

飲酒運転は本当に迷惑な行為でありますし、自分の命が奪われるかもしれない相手となります。

近年では飲酒運転に対する刑が重くなったこともあり、飲酒運転をする人が減っているとの報道もされていますが、それでも事故を起こす人がいることに変わりありません。

「俺は長年飲酒運転を続けてるけど、事故も迷惑もかけたことない!」なんて自分を正当化する人がいるとすれば、その人は飲酒運転を今後も止めることはないでしょう。

 

不法侵入、家間違えが怖い

酔っ払いが自宅を間違えて庭で寝ていた…家を間違えてインターホンを連打された…など、アルコールの過剰摂取により自宅の間違えを起こす事件は、それほど珍しい事件ではありません。

よくニュースで耳にする事件は、家が開かないことで激怒した酔っ払いが、器物損害で逮捕されたなどの呆れる事件を耳にしますが、被害者側からすれば迷惑極まりない行動であります。

そもそも酔っ払いや酒飲みに対して苦手意識があった人からすれば、これを理由に完全に嫌いという気持ちに変わり、夜にインターホンが鳴るたびに当時の記憶が蘇る…という悩みを抱える人も実際にいます。

酒は飲んでも飲まれるなと言いますが、自分を見失うような飲み方をする人は、様々な人に迷惑をかけている事実が分かりますね。

 

親切がアダとなった…

気分悪そうにしてた人に声をかけたところ、酔っ払いでゲロを食らった…など、親切に声をかけてもらったタイミングが悪いことで、親切がアダとなったトラウマを持つ人は、今後一生酔っ払いには近寄るものか…と、心に決心したことでしょう。

他にも親切に声をかけたにもかかわらず、大声で意味不明な返事が返ってきたとか、無視をされたなど、相手の記憶には残っていないであろう出来事によって、酒飲み自体が嫌いになってしまうきっかけとなることがあります。

相手からすれば悪気がなかったのかもしれませんが、嫌いになってしまう相手の気持ちを考えると、なんとも切ない事件と言えるでしょう。

 

過去にトラウマがある

子供の頃に酔っ払いの親戚に体を触られた、無理矢理キスをされたなど、酔っ払いに嫌な思いをさせられた人からすれば、そのトラウマがどうしても払拭できずに、酒好きな人に対して偏見を抱く原因を作ってしまいます。

酔っ払っているのをいいことに、他人の嫌がることを無理矢理してしまったり、性的な暴力を振るってしまうのは、下心が隠れていたと考えるのが妥当です。

ほろ酔い状態になればムラムラしてしまうことに加えて、特に男性の性的衝動は勝手なものですから、その衝動を抑えることができずに犯行に及んだというケースが非常に多いです。

それ以外にも、暴力や長時間意味不明な説教を食らったなど、過去のトラウマが払拭できない人にとっては、酔っ払いが嫌いで嫌いで仕方ないという本音が変わることは考えにくいです。

 

アルコール依存症の恐ろしさを知ってる

両親の片方がアルコール依存症であった、離婚した相手がアルコール依存症であったなど、深刻な依存症の相手をしてきた人にとっては、症状がどれだけ恐ろしいものであるのかを体で体験してるわけですから、酔っ払いが嫌いであることは当然のことです。

アルコール依存症の人は、トラブルや暴言暴力が絶えないことに加えて、被害妄想や資金を全てアルコールに使ってしまうこともあるために、家族を崩壊させてしまう人物であることに間違いありません。

こうした環境で育ってきた人が酔っ払いを目の前にすると、過去の記憶が蘇ってしまうことも十分に考えられることです。

 

自己管理できず、他人に迷惑をかける

酔っ払いが嫌いな人に絶対共通するたった1つのことは、他人に迷惑をかけることであり、これを何度も繰り返すことで嫌われたり、悪いイメージがついてしまうことは仕方ありません。

いい大人が自己管理できない姿というのは、なんとも情けないものがありますし、酔っ払いを介護するのは当たり前だという本心を持っている人は、介護してくれた人に対して感謝の気持ちを表すことはないでしょう。

このような人が好かれるほど世の中は甘くはないですし、誰もが自分を守る必要があるという本能を持っているのですから、迷惑をかける人が嫌いになるのは当然のことなのです。

 

酔っ払いが得意な人はいない。対処法とは?

いかがだったでしょうか。

酔っ払いが得意な人なんていませんし、常時酔っ払いと一緒にいたいと思う人なんて、世の中に存在するとは到底思えません。

特にお酒を飲まない人からすれば、酔っ払いを相手にするほど面倒に感じることもなく、まるでわがままな子供を相手にするようなものですから、ストレスや不満が溜まっていく一方です。

さらに人は一方的な自己開示に不満を覚え、長々と聞き手に回されることは不快に思う心理が働きやすいので、周りが見えなくなる酔っ払いほど鬱陶しく感じてしまいやすくなります。

会社の飲み会や酒飲みに食事に誘われる際には、できるだけ早く帰宅する予定があることを告げることで、相手が深く酔う前に帰宅することができるので、しっかりと帰らなければいけない理由を事前に考えておくことが、最も有効で疑われない対処法となることでしょう。

また、もう少し共感を得てスッキリした気持ちになりたい人は、「不愉快な人の特徴や共通点20選」もセットで読んでみましょう。

不愉快な人は酔っ払い以外にもたくさん存在するものです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP