動物嫌いな人の心理〜苦手になるきっかけとは?

世の中は「動物嫌いな人は冷たい!」という風潮や、「動物嫌いな人は酷い!」という風潮がありますが、実際にそんなことはありませんし、動物好きであっても冷酷な人間はたくさんいます。

基本的に動物嫌いな人は、周りからの評価を恐れて本音を口にできない辛さがあり、動物が本当に嫌いだという気持ちをいつまでも理解してもらえず、否定的に捉えられることも珍しくありません。

動物嫌いな人に対して偏見を持つ人も、なぜ動物が嫌いになるのか?という疑問を持つ人も、この1ページを読むことで”好きになれない理由”が明確となり、少しは動物嫌いな人の気持ちを理解できるようになるでしょう。

動物=怖い生き物である

動物嫌いな人の多くは、動物=怖いという意識が強く、特定の動物が苦手である人に特に多く見られる心理となります。

例えば動物嫌いでなくとも、犬が噛みそうで怖いとか、鳥が襲ってきそうで怖いなど、特定の動物のみが苦手な人に見られやすい心理である一方で、「動物は怖い」という認知の人にとっては、動物全体が怖い生き物であると感じてしまうことになります。

ここで勘違いして欲しくないことは、動物嫌いだから全ての動物が憎く見えるのか?といえば、そんなことは全くなくて、画像や動画で見るぶんには非常に可愛く見えるけれども、近づくと凄く恐怖心が襲ってくるという人もいて、感じることは人それぞれです。

こうした人がたくさんいるからこそ、最初にもお伝えしたように「動物嫌いな人は冷たい」とか、「動物嫌いな人は酷い」という考えは偏見だと主張でき、テレビやユーチューブでは動物の可愛い動画を目にして、癒されている動物嫌いな人もたくさんいるわけです。

基本的に、動物=怖いという認識が強い人は、子供の頃に動物に怖い経験をしたというトラウマを払拭できておらず、苦手意識が働くことで動物を好きになれない人がほとんどです。

もしあなたがトラウマがある人なのであれば、 “その時抱く感情が、動物嫌いな人が動物に遭遇した時の感情である”という事実を覚えておいてください。

 

動物に懐かれない

動物嫌いな人ほど犬や猫に好かれにくいことも、動物嫌いが加速してしまう理由の1つとなります。

犬や猫に限らず、動物に威嚇されやすい動物嫌いな人は、「緊張することで警戒心が強くなる→その気持ちが犬に伝わる→警戒心が強くなった結果吠えられるor威嚇される」という現象が見られやすく、好きになるきっかけを掴むことができません。

動物は案外賢い生き物であり、人の気持ちが伝わってしまったり、怯えている様子に気づくことができるために、動物嫌いな人ほどその気持ちを伝えてしまっているのです。

威嚇されたくないのであれば、動物から気をそらすことが最も重要であり、目を合わせたり近くに寄ることは、自ら動物に威嚇してくださいとのサインを出しているようなものです。

動物好きな人の中には、「それなら好かれる努力もしてみろ!」と口にする人もいますが、怖いものは怖いですし、自分の価値観を相手に押し付けるのはよくないので、動物好きな人は気をつけましょう。

 

動物は菌だらけ

潔癖症の人が「動物の菌がちょっと…」と回答することは、多くの人が「やっぱりそう回答するか…」と納得するイメージは多くの人ができるはずです。

一方で、潔癖症でなくとも動物の菌が汚いとか、動物の臭いが苦手であるという人もたくさんいて、動物の菌や臭いに対して神経質になってしまうことも、動物嫌いな人によくある理由となります。

こうした人は、犬や猫などのペットを気持ち悪いと一概に思っているわけでもなく、可愛いけれど菌がちょっと…という意見の人もいるので、全員が可愛くないと思っているわけではありません。

動物嫌いな人のリアルな感想とすれば、「犬に舐められたけど、この手をどう除菌しようか…」と頭を悩ませたり、「家が臭いと思わないのかな…」と疑問に思うなど、逆に動物が好きなことが不思議で仕方ないくらいです。

人やスマホなどにもたくさんの菌があることは間違いありませんが、動物嫌いな人からすれば、動物の菌を受け入れられない現実を変えることは難しいのです。

 

触れ合う機会がずっとなかった

動物と触れ合う機会がずっとなかった人にとっては、動物を好きになる理由もないですし、嫌いになる理由も特になさそうに感じがちですが、大人になって動物と触れ合ったことが原因で、怖い思いをしたというのであれば、動物嫌いになってしまう理由も納得です。

他にも、「動物と触れ合う機会がなかったから、触るのが怖い」などの意見もあり、触るのが怖い=苦手意識に繋がることは間違いありません。

このタイプは一度動物との近い生活を経験すると、動物好きになったり、苦手意識が克服されやすいと考えることができ、経験することで嫌いな意識を最も払拭しやすいタイプとなります。

実際に私もそうでしたが、動物に触るのが怖い=嫌いかもしれないと思い込んでいた矢先、動物との距離が近い生活を経験することで情が移り、可愛い子供のように思えた経験があります。

 

動物の被害に頭を悩ました

長年動物の被害に悩まされた人にとっては、動物=迷惑をかけられるかもしれない…という感情を抱いてしまい、動物嫌いが加速してしまうことになりがちです。

例えば犬の場合は、近所の犬がいつも吠えてうるさいとか、糞を持ち帰らないなど、実際にマナーや躾がなってない家庭の犬は、他人に迷惑をかけている現状があります。

猫の場合であれば、糞尿や車に傷をつけられたなど、外に出すことで他所に迷惑をかけ、対策を怠る家庭もたくさんいるのです。

こうした経験がある人からすれば、動物=憎いという感情になることも理解できますし、特定の動物が嫌いなことから動物全体が苦手になったのかもしれません。

被害にあった人々は、「他所の家のペットを殴るわけにもいかないし、どう対策していいものやら…」と頭を悩ませているのですから、動物嫌いにさせている動物好きな人は、自己中心的な性格が原因で動物嫌いを生み出した親とも言えるでしょう。

 

これが嫌いを加速させる!うざい人々の実態がこれ!

動物好きが嫌いを加速させる?

動物嫌いな人がなかなか好きになれない理由というのは、実は動物好きな人や風潮も関係しており、動物好きな人が動物嫌いを加速させる原因となっていることをあなたはご存知でしょうか?

ここでは、動物嫌いな人がうざいと思わさざるを得ない本音について、驚くべき暴露をしていこうと思います。

 

押し付けが本当にうざく感じる

動物好きな人の中には、「動物嫌いな人は頭がおかしい」とか「性格が悪い」と決めつける人もいれば、動物の素晴らしさを淡々と語る人もいるわけですが、様々な人がいる中でも共通することは「押し付け」の部分にあり、動物の素晴らしさや好きになる理由を押し付けがましく説教されると、快適な時間を過ごすことは難しくなります。

自分の価値観を押し付ける人の心理としては、相手のためを思って発言している人や、自分の考えが正しいと思い込んでいる人もいますが、どちらにしても動物嫌いな人からすれば、押し付けられることでいい気はしません。

故に動物好きな人はどうか、相手が嫌いになった理由を知ろうともせずに、ただ自分の価値観を押し付けるような説教じみた行動は避けるようにしましょう。

 

騒ぐ人がとにかくうざい

他人に迷惑をかけているにもかかわらず、撃退のために大きな音などを立てると「虐待だ!」とか、「ストレスが!」など、すぐにこうした言葉を使って騒ぐ人が動物嫌いを加速させ、「すぐ騒いでバカじゃないか?」と見下してしまうきっかけを作ります。

当然、飼っているペットを家族同様に思う人もいますし、実際に動物に酷い虐待をする人もいることから、騒ぐ必要があるケースも存在するのは確かな一方で、ちょっとしたことですぐに騒ぐ人に対して、動物嫌いな人はうざさを感じています。

最近ではネットが発達したこともあり、こうした人の主張が届きやすい世の中になったことで、比較的目にしやすくなった背景がここには隠れています。

 

動物嫌いにとっては風潮もうざい

「動物嫌いな人は冷たい人」とか「ペットは可愛いと言わないといけない」といった風潮が嫌いで、これは子供嫌いな人も同じく悩みを抱きやすい分野となります。

動物の好き嫌いで性格を決められることは、動物嫌いにとっては納得できない結果となりますし、可愛いと言わなければいけないことも面倒だと感じることは、動物好きな人でも共感できるのではないでしょうか。

こうした3つのうざいが動物嫌いを加速させ、一部の人が原因で好きになれない環境を作り出しているのも事実なのです。

 

お願い!動物嫌いな人の主張も知って!

本音を聞いてみた

この項目では、動物が嫌いで嫌いで仕方ない人の主張と、普段では言えない本音をお伝えしていきます。

動物嫌いなことを発言しにくい世の中であるだけに、普段では絶対に口に出せない思いを暴露していきます。

 

私生活では口にできない本音まとめ

31歳違うんです…可愛いのは分かります。さん

動物嫌いな私ですが、種類によっては凄く可愛いと思う動物もいますし、動物を見て笑顔になったことも何度もあるんです。

ですが実際に近づくと凄く怖いですし、鳥に関しては「糞を落とされるんじゃないか…」という恐怖心で、できるだけ遠い位置を取るようにしています。

動物が苦手なことを暴露すると、よく周りに「可愛いとか思わないの?」と聞かれることからも、私の周りには動物嫌いは可愛いと思えないと思っている人が多いと思えます。

そんな人々に言いたいことは、私は家族を愛していますし、思いやりがないような冷たい人間ではありません。

変に思われるのが怖くてあまり動物嫌いを口にできませんが、家族や友人には愛情たっぷりの付き合いをしていますよ。

23歳ごめんなさい/オェと思うさん。

私の場合、動物の菌から感染症がうつるのではないか?と不安になりますし、臭いで吐きそうになった過去があるため、それ以来動物がいる空間に対して苦手意識が芽生えてしまいました。

動物の臭いが本当に苦手で、過去に2度動物と触れ合った時には、犬が舐めてきたことと、猫が膝に乗ってきた過去も今でも忘れられません。

その時の体調も関係したかもしれませんが、一度痛い思いをしているだけに、なかなか動物に対する苦手意識を払拭できないんです。

動物が近くにいることで、自分の体調が変化してしまうんではないか?とか、菌に弱いのではないか?という不安が襲ってくることから、どうしても好きになることができないんですよね。

ちなみに動物嫌いと知っているのは恋人と家族だけで、基本的には苦手であると伝えています。(偏見を持たれそうだから)

 

本当にヤバいのは、虐待する人である

最後に警告しておきますが、動物嫌いな人がヤバい人物なのではなく、本当にヤバい人物は動物を平気で虐待できる人にあります。

その理由としては、動物を虐待する人ほど殺人を犯すなどのシリアルキラーになりやすいことにあり、アメリカのFBIが発表した調査によると、シリアルキラーになる人の99%は殺人の前に動物に暴力行為を行い、そこから連続殺人などに繋がっていたという発表がされているほどです。

これは覗き行為などと同じく、覗き行為で物足りなくなることで過激な行動に移すことのように、動物虐待では物足りずに人に実行するようになる心理傾向があることからも、本当にヤバい人物は虐待する人であると言えます。

ネットを見ていても、動物好きと嫌いな人で言い合いになる風景を目にしますが、世の中の全ての人が動物好きにならなければいけない理由など、これっぽちもないのですから、目の前にいる人を大事に幸せにすることができれば、それで良いのではないでしょうか。

次のページでは、「ボランティア嫌いな理由7選〜偽善者は本当か?」について、同じく嫌いな人が普段言えない本音を暴露していきます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP