とろい人の特徴や向いてる仕事15選

とろい人に対して「イライラする!」とか、「嫌いになりそう!」といった感情を抱くことは多く、とろい人は常に気を使い、怒られてしまう立場になってしまいやすいです。

特にテキパキと動ける人からすれば、とろい人ほどイラっとすることはなく、自分のペースが崩されたり、簡単にできる仕事に多くの時間を使うことに不信感を抱きやすく、嫌われてしまう原因を作ってしまいかねません。

基本的にとろいとは、「頭の回転が遅い」「動きが鈍い」などを意味するため、まずはきちんとした意味を理解して、特徴を知っていきましょう。

マイペースで周りが見えない

マイペースで周りが見えないことは、周りを待たせていたり、仕事が遅れている現状を把握できない原因であります。

例えば、流れ作業で周りが「早くしてほしい」という合図を送っているにもかかわらず、この合図を読み取ることができなかったり、ペースを上げようとしない人が良い例です。

マイペースで周りが見えない人は、喜怒哀楽があまり見られず、落ち着いた口調で話すことができる長所が見られる一方で、周りとのタイミングや時間が合わないという欠点が見られるため、このタイプはとろい人となりやすいと言えるでしょう。

流れ作業や検品などは向いていません。

 

のんびり屋さんである

のんびり屋な人はマイペースとは少し違い、楽観主義であったり穏やかである、争いごとが嫌いであるなどの特徴が見られ、時間にルーズであったり向上心が低いという傾向が見られます。

この「時間にルーズと向上心が低い」ことが、とろい性格だと思われる原因を作ってしまうことになり、「あいつは頭の回転が遅いやつだ!」などのレッテルを貼られることになります。

のんびり屋は計画が甘く、かなり大雑把な逆算をしてしまうために、約束の時間に遅れるなどのルーズな一面が見られやすく、争いごとや協調性に欠ける一面が見られることから、「今のままで十分だ」という判断をしがちです。

仕事において向上心が欠けることは、やる気の無さや積極性に欠けてしまうことになることからも、やる気が見られないとろい人として評価されやすいです。

 

仕事が丁寧すぎる

とろい人が職場で他人をイライラさせてしまうのは、とにかく仕事が丁寧でマニュアル通りに進めてしまう癖が原因であり、時間内に仕事を終わらせることよりも、マニュアル通りに丁寧に進めることを優先した結果、周りから不信感を抱かれることになります。

仕事が丁寧なことは悪いことではない一方で、周りに気を使えなかったり、どうでも良いことに神経質になってしまうことは、仕事ができない人の典型的特徴となります。

自分流の早く終わらせるコツを覚えればいいものの、それを見つけるまでに時間がかかったり、1つ1つが丁寧すぎるが故に時間がかかりすぎることは、仕事効率を大きく下げる原因に加えて、同じ時給で働く人が不公平感を覚えるので、決して良い評価には繋がらないと警告しておきます。

 

物覚えが悪い

とろい人は仕事が遅いだけでなく、物覚えが悪くて何度も同じことを聞いたり、半年経っても新人に与えられるような仕事を与えられることも珍しくありません。

注意力がなかったり、冷静になれないことが原因とされており、覚える気があってもなかなか覚えれなかったり、周りからは「覚える気がない」という評価をされやすく、職場に行くのが辛いという思いをするのは、とろい人あるあるとも言えるでしょう。

周りよりも家で復習してきたり、何度も脳に叩き込んだつもりが、周りと圧倒的な差をつけられる現状に、「仕事ができない自分は今後どうすれば…」と頭を悩ませ、何度も聞くことに不安を覚え、大きな失敗を犯してしまうことは良くあることです。

とろい人は仕事が遅かったりマイペースなだけでなく、物覚えが悪いことも他人をイライラさせる原因となりがちです。

 

相手の要求や内容が理解できない

とろい人は常に置いてけぼり状態であるため、相手の欲求や内容を理解するよりかは、自分に精一杯であることが多いです。

さらに、相手の欲求や内容が理解できないことからも、何度も同じことを聞いてしまったり、優先順位を間違えてしまうことからも、できる人という評価からは遠のきます。

相手の欲求や内容を一発で理解できる人は、テキパキと動ける人である他、今やるべきことが分かっている人であることからも、最悪の事態を回避できる能力に長けているのです。

 

喋るのが遅く、説明が下手である

とろい人ほどゆっくり話す傾向が見られ、ゆっくり話す人は頭の回転が遅い特徴が見られます。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP