無知な人と博識な人の明確な違い14選

「無知」と「博識」は対義語であり、無知な人と評価されることは、馬鹿にされているように感じる一方で、博識と評価されることは、どこか気持ちの良いものとなるのは、誰だってそうでしょう。

博識な人ほど魅力的で、無知な人ほどガッカリされるように、相手からの評価が高いのは、いつだって博識な人であるはずです。

また、無知とは「愚か」という意味であることからも、見下された時に使われやすい言葉とも言えます。

この1ページを読むことで、大きく評価が分かれる博識と無知の境界線や、決定的な特徴などを知ることができ、2つの明確な違いがはっきりと分かるはずです。

無知ほど苦労知らず、博識ほど苦労を経験

若き頃は誰しも無知で恥ずかしい思いをした経験がある一方で、苦労を乗り越え大人になっていくことで、博識だと評価されるほど経験や人脈から知識をつける人がいます。

例えば、20代前半の若者が少しずつ大人の世界を知り出すと、一人や二人くらい「自分は様々な経験をしている博識な人だ」とアピールする人がいますが、こうした人は「自分が物知りだと思い込んでるだけ」であり、それほど大したことない知恵を自慢げに話します。

一方で博識な人の場合、そんなことを自慢げに話す必要もありませんし、アピールする必要もないことを知っており、自分を大きく見せる必要がありません。

もちろん、20代でも様々な苦悩を乗り越えて来た人がいることは間違い無いですが、若き頃に無知で恥ずかしい失敗を経験することが多いことからも、若い人ほど様々な苦悩を乗り越えることで大きく成長できる、無知な人が多いと言えるでしょう。

 

博識な人は可能性を考え、無知な人は馬鹿にする

無知な人ほど馬鹿にしてしまう理由は、まさに己の知識が乏しいことにあり、古い情報をいつまでも信じ込んでいたり、無知な自分を守ろうとする心理から、他人を馬鹿にすることで優越感を得ようとします。

優越感は誰でも感じようとしますし、博識な人でも優越感を求めることはありますが、自分が馬鹿にされる立場であるのに、自分を守ろうと相手を馬鹿にすることは、まさに無知で恥ずかしい証拠です。

博識な人ほど、どんなことに対しても可能性を考え、頭越しに否定するようなことはしません。

むしろ、様々な知識があるからこそ様々な可能性を考えることができ、多くの人が馬鹿にして来た発言を覆すほどの結果が出せるとも言えるでしょう。

何もかも頭越しに否定しては、新たな可能性を生み出すことなど不可能なのです。

 

博識な人は客観的に物事を見れる

無知の和とは、ソクラテス哲学において最も有名な名言となりますが、意味は「自分が無知であることをしっかりと自覚しなさい」という意味です。

つまり、無知の和と呼ばれる人ほど知識が欠けているわけですが、こうした人は「自分を客観的に見ることができない」ことにより、自分自身がいかに無知であるのかが理解できていないのです。

自分を客観的に見れる人には、「幅広い視野や見解を持っている」ことが特徴となることからも、客観的な人=博識な人であることは間違いありません。

他にも、臨機応変の対応ができるなどの素晴らしい特徴が見られ、いかに柔軟な考えができる人であるのかが分かるかと思います。

これを最も簡単に言い換えると、無知な人ほど自分が無知であることに気づかず、無神経で自己中心的な人が多くなると言えるでしょう。

理由は簡単で、客観的な人ほど相手の気持ちに寄り添うことができたり、空気を読む能力に長けているわけですが、客観的になれない人ほど逆の欠点が見られやすくなるからです。

 

ニュースや豆知識など、幅広く知識がある

これは無知と博識の意味そのままとなりますが、無知な人ほど知識が乏しく、その分野において全く頼りにならないことが特徴的です。

博識な人の場合、広く物事を知っていることからも、どんな分野でも頼りになる一面を見せたり、「この人ならなんとかなるかも」と期待を寄せられるほどの、知識を持っています。

また勘違いしてはいけないことは、無駄な知識ばかりで何一つ使い物にならない人は、博識というより雑学王などと評価されることが多くなります。

「無知は罪なり、知は空虚なり、英知持つもの英雄なり」とソクラテスが唱えましたが、社会になんの役にも立たない情報ばかりを口にすることは、実践において何の役にも立たないのです。

 

無知な人ほど難しい言葉を使いたがる

難しい言葉を使う人の心理は2つの心理が考えられ、1つは「相手の立場となって話ができない人」、もう1つは「自信がない自分を知性化したい人」となります。

無知な人が当てはまるのは、後で紹介した「自信がない自分を知性化したい人」であり、自分に実力がなかったり無知であることを隠すために、あえて難しい言葉を使うことで、自分を大きくアピールしているのです。

例えば、無知な人がついていけない話題を振られた時に、素直に自分が無知であることを認めようとせず、見栄を張った結果、難しい言葉を使うことで自分は劣っていないことをアピールしようとします。

博識な人の場合は、そんなことする必要もありませんし、自分が知らないことを積極的に知ろうとすることで、より知識が広くなっていくのです。

無知であるコンプレックスがある人とない人の、明確な違いとなることは間違いありません。

 

成長するかしないかの違い

博識な人はニュースや本、人脈を通じて最新の知識を取り入れることができ、新たな情報を自ら取り入れようとすることで、どんどんと成長していきます。

成長する人の特徴には、「相手のことを考えて話を聞けるかどうか」、「失敗から学ぶことができる」などの特徴が見られることからも、博識な人に共通する魅力と言えるでしょう。

一方で無知な人の場合、いつまだたっても自分が無知であることを認められないことから、失敗から学ぶことをしようともしませんし、自分が無知であることを隠すために、見栄を張ったりすることが多いです。

故に博識と無知では、数年後には仕事面で大きな差が出たり、収入面で大きな差が出やすいと考えることができます。

田舎の閉鎖的な人ほど無知で、いつまでも自分たちの考えが正しい、よそ者は厄介者だと思っていることが良い例となります。

 

無知ほど厳しく、博識ほど寛容である

無知な人ほど他人に厳しくなってしまうのは、経験が浅いことから他人の苦しみを理解することができず、ついつい厳しい言葉をかけてしまいがちです。

一方で博識な人の場合、自分も苦しい思いをしてきたなどと共感できることから、相手の気持ちを寛容に受け入れることができ、無理に頑張れなどの言葉を使うこともありません。

これこそ経験がものを言う部分にあり、知識が広い博識な人は、余裕のある対応を取ることができます。

うつ病患者や今を苦しんでる人に対して、「頑張れ!」とか「現実逃避するな!」と厳しい言葉をかけてしまうのは、無知である証拠かもしれません。

 

博識ほど行動が伴い、無知ほど口だけ

幅広い知識や明確な情報を得ることができるのは、様々な経験をもとに情報を取り入れているからであり、そのためには行動力が必要となります。

例えば、ナイトクラブといえば「チャラい」とか「遊び人ばかりだ」などのイメージが強いですが、実際にナイトクラブに潜入してみると、音楽や踊りを楽しみに来ている人が驚くほど多いです。

博識な人ほどこうしたイメージと実際の違いを知っていたり、様々なことを肌で感じようと思う気持ちが強いです。

無知な人は、行動力がないが故に閉鎖的になりがちであり、視野が狭かったり、柔軟な考えができないことから、いつまでたっても古い情報を信じ込んでいる人が多く見られます。

あっ!自分は閉鎖的かもしれないと思った人は、「閉鎖的な人の特徴とは?納得する10の共通点」を確認してみることで、どんどん頑固になっていく人の特徴を知ることができます。

 

無知な人は他人事、博識な人は自分事

他人事とは、「自分には関係ないと思うこと」であり、自分事とは、「当事者意識を持つこと」でありますが、この意識の違いでも大きな違いが出てきます。

他人事にするということは、「自分には関係ない」と思い込むことから、知る必要があったり、学ぶ必要がないと判断してしまうことに直結します。

一方で自分事にできる人は、「自分にも関係がある」と思い込むことから、しっかりと知識をつけて能力をつけたり、最後まできちんとやり遂げる強さがあります。

こうした意識の違いからも、様々なことを学ぶという姿勢に結びつき、知識や物事において徐々に差がついていくのです。

 

情報を鵜呑みにせず、自分の目で確かめる

情報弱者か情報強者、または他人の情報を鵜呑みにするのか、自分の目で確かめたもの以外は信じない人かの違いであり、無知な人ほど騙されやすいと考えることができます。

例えば、「たった一ヶ月で◯◯万円稼いだ天才!」という、いかにも胡散臭い情報商材が売られていたとして、そこに高級車を乗り回す姿や、タワーマンションに住む写真が写り込んでいたとしましょう。

こうした情報を全て鵜呑みにしてしまう人は、騙される弱者となりやすく、無知であるが故に「自分も同じように成り上がれるんだ!」と思い込み、後々騙された事実に気づくこととなります。

一方で博識な人は、経験豊富で知識が広いことから、自分の目で確かめないと危険な事実を知っていたり、本当の成功者ほど見せびらかしをしなくとも、人が寄ってくることを知っています。

故に、無知な人ほど見た目で人を全て判断してしまい、博識な人ほど見た目に騙されにくい特徴が見られます。

 

好奇心旺盛かどうか

記事中にも何度か述べていますが、博識になるためには様々な経験をする必要があり、ネットの情報のみで何かと語る人とは違います。

博識な人は「広く物事を知っている人」であるため、好奇心旺盛でたくさんの情報を得るために行動できる人であるのです。

好奇心旺盛な人には、「いつも前向きに捉えることができる」、「旅好きである」などの共通点も見られ、物事や知恵を広げるための投資が可能です。

逆に無知な人は、無関心であったり無気力であることから、世間を知ろうとする姿勢が積極的ではありません。

さらに無関心や無気力になることは、どんどんと孤立を深め、視野を狭めてしまうデメリットが見られます。

 

無知と博識では、説得力が全然違う

無知な人は「多分そうだろう」と口にするのに対して、博識な人は「しっかりと根拠があるから、こうすれば良いのでは」という答えを導き出すことができます。

他にも、博識な人ほど「答えを追求するのではなく、様々な選択肢」を導き出すことができ、相手をしっかりと納得させることで、頼りになる人だと思われる確率も非常に高いと言えるでしょう。

あなたも同じかと思いますが、「この人は無知な人だ」と思った人にアドバイスをもらうのと、「博識な人だ」と思って人からアドバイスをもらうのでは、受け取り方は全く違ってくるかと思います。

つまり、無知な人と博識な人では説得力が全く違うという違いが見られます。

 

博識な人ほど頼られ、無知な人ほど馬鹿にされる

博識な人は説得力があると述べましたが、だからこそ頼りになる存在として認められますし、何より博識であることは知的で魅力的なことから、人が寄ってきやすいです。

一方で無知な人は、何を相談しても解決に導かないと思われたり、そもそも頼りない人であると思われやすいことから、馬鹿にされたり見下されやすい特徴が見られます。

例えば、40代で政治や税金に対して全く知識も興味もない人が、いざ知識と経験が必要な場面に遭遇したとして、話に全く参加できないとすれば?

それは「残念な人だ」なとど思われたり、「どこか馬鹿っぽい人だ」と思われる原因そのものです。

 

無知ほど羞恥心に欠ける

若い頃に無知で恥ずかしい思いをすることが多いのは、マナーがない、常識外れなど、まだまだ社会を知らないことにあり、経験不足である部分が大きいです。

しかしながら、いつまでたっても無知で馬鹿だと思われる人は、いい年をしても言葉遣いが悪いことをイケてると思うなど、何かと羞恥心に欠けた一面が見られやすいです。

他にも、マナーを守るべき場所で非常識な行動を起こしたりと、あまりにも知識に乏しいのではないかと思われる言動が見られる人は、無知な人と決めつけられても仕方ありません。

逆に博識な人は、マナーを慎むべき場所ではしっかりとそれを遂行できたり、相手に配慮した優しい行動を取ることができ、こうした行動がしっかり者と結びつくことも珍しくありません。

あなたの周りも同じく、無知な人ほど恥ずかしい言動を平気で見せたり、博識な人ほど感心させられる言動が見られやすいのではないでしょうか。

 

閉鎖的になると無知で視野が狭まる

いかがだったでしょうか。

博識だと評価されたければ、様々なことを肌で感じ、経験することが最も手っ取り早く、そのためには開放的になることが必要となります。

何事も経験と言いますが、まさにその通りであり、田舎で刺激のない日々を送る人か、都会で刺激的に様々な経験をするのかでは、考え方や捉え方にも大きな違いが出てきます。

もちろん田舎でしか学べないこともありますが、田舎でい続けることは閉鎖的になってしまい、新たな情報や物事を知るきっかけを失ってしまいます。

何事にも自分事で捉え、学ぶ姿勢をきちんと意識できる人は、もの凄く成長した結果、ライバルと大きな差をつけることができる人となることでしょう。

故に、都会に出ると自然と博識になれるのではなく、刺激的で様々なことを学びたい人ほど、都会に足を運ぶ選択肢をしやすいのです。

また、記事中でも紹介したように、「閉鎖的な人の特徴とは?納得する10の共通点」もセットで読んでみましょう。

閉鎖的になることのデメリットや、具体的な性格を知ることができます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP