無知な人と博識な人の明確な違い14選

 

好奇心旺盛かどうか

記事中にも何度か述べていますが、博識になるためには様々な経験をする必要があり、ネットの情報のみで何かと語る人とは違います。

博識な人は「広く物事を知っている人」であるため、好奇心旺盛でたくさんの情報を得るために行動できる人であるのです。

好奇心旺盛な人には、「いつも前向きに捉えることができる」、「旅好きである」などの共通点も見られ、物事や知恵を広げるための投資が可能です。

逆に無知な人は、無関心であったり無気力であることから、世間を知ろうとする姿勢が積極的ではありません。

さらに無関心や無気力になることは、どんどんと孤立を深め、視野を狭めてしまうデメリットが見られます。

 

無知と博識では、説得力が全然違う

無知な人は「多分そうだろう」と口にするのに対して、博識な人は「しっかりと根拠があるから、こうすれば良いのでは」という答えを導き出すことができます。

他にも、博識な人ほど「答えを追求するのではなく、様々な選択肢」を導き出すことができ、相手をしっかりと納得させることで、頼りになる人だと思われる確率も非常に高いと言えるでしょう。

あなたも同じかと思いますが、「この人は無知な人だ」と思った人にアドバイスをもらうのと、「博識な人だ」と思って人からアドバイスをもらうのでは、受け取り方は全く違ってくるかと思います。

つまり、無知な人と博識な人では説得力が全く違うという違いが見られます。

 

博識な人ほど頼られ、無知な人ほど馬鹿にされる

博識な人は説得力があると述べましたが、だからこそ頼りになる存在として認められますし、何より博識であることは知的で魅力的なことから、人が寄ってきやすいです。

一方で無知な人は、何を相談しても解決に導かないと思われたり、そもそも頼りない人であると思われやすいことから、馬鹿にされたり見下されやすい特徴が見られます。

例えば、40代で政治や税金に対して全く知識も興味もない人が、いざ知識と経験が必要な場面に遭遇したとして、話に全く参加できないとすれば?

それは「残念な人だ」なとど思われたり、「どこか馬鹿っぽい人だ」と思われる原因そのものです。

 

無知ほど羞恥心に欠ける

若い頃に無知で恥ずかしい思いをすることが多いのは、マナーがない、常識外れなど、まだまだ社会を知らないことにあり、経験不足である部分が大きいです。

しかしながら、いつまでたっても無知で馬鹿だと思われる人は、いい年をしても言葉遣いが悪いことをイケてると思うなど、何かと羞恥心に欠けた一面が見られやすいです。

他にも、マナーを守るべき場所で非常識な行動を起こしたりと、あまりにも知識に乏しいのではないかと思われる言動が見られる人は、無知な人と決めつけられても仕方ありません。

逆に博識な人は、マナーを慎むべき場所ではしっかりとそれを遂行できたり、相手に配慮した優しい行動を取ることができ、こうした行動がしっかり者と結びつくことも珍しくありません。

あなたの周りも同じく、無知な人ほど恥ずかしい言動を平気で見せたり、博識な人ほど感心させられる言動が見られやすいのではないでしょうか。

 

閉鎖的になると無知で視野が狭まる

いかがだったでしょうか。

博識だと評価されたければ、様々なことを肌で感じ、経験することが最も手っ取り早く、そのためには開放的になることが必要となります。

何事も経験と言いますが、まさにその通りであり、田舎で刺激のない日々を送る人か、都会で刺激的に様々な経験をするのかでは、考え方や捉え方にも大きな違いが出てきます。

もちろん田舎でしか学べないこともありますが、田舎でい続けることは閉鎖的になってしまい、新たな情報や物事を知るきっかけを失ってしまいます。

何事にも自分事で捉え、学ぶ姿勢をきちんと意識できる人は、もの凄く成長した結果、ライバルと大きな差をつけることができる人となることでしょう。

故に、都会に出ると自然と博識になれるのではなく、刺激的で様々なことを学びたい人ほど、都会に足を運ぶ選択肢をしやすいのです。

また、記事中でも紹介したように、「閉鎖的な人の特徴とは?納得する10の共通点」もセットで読んでみましょう。

固定ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP