無知な人と博識な人の明確な違い14選

博識な人の場合は、そんなことする必要もありませんし、自分が知らないことを積極的に知ろうとすることで、より知識が広くなっていくのです。

無知であるコンプレックスがある人とない人の、明確な違いとなることは間違いありません。

 

成長するかしないかの違い

博識な人はニュースや本、人脈を通じて最新の知識を取り入れることができ、新たな情報を自ら取り入れようとすることで、どんどんと成長していきます。

成長する人の特徴には、「相手のことを考えて話を聞けるかどうか」、「失敗から学ぶことができる」などの特徴が見られることからも、博識な人に共通する魅力と言えるでしょう。

一方で無知な人の場合、いつまだたっても自分が無知であることを認められないことから、失敗から学ぶことをしようともしませんし、自分が無知であることを隠すために、見栄を張ったりすることが多いです。

故に博識と無知では、数年後には仕事面で大きな差が出たり、収入面で大きな差が出やすいと考えることができます。

田舎の閉鎖的な人ほど無知で、いつまでも自分たちの考えが正しい、よそ者は厄介者だと思っていることが良い例となります。

 

無知ほど厳しく、博識ほど寛容である

無知な人ほど他人に厳しくなってしまうのは、経験が浅いことから他人の苦しみを理解することができず、ついつい厳しい言葉をかけてしまいがちです。

一方で博識な人の場合、自分も苦しい思いをしてきたなどと共感できることから、相手の気持ちを寛容に受け入れることができ、無理に頑張れなどの言葉を使うこともありません。

これこそ経験がものを言う部分にあり、知識が広い博識な人は、余裕のある対応を取ることができます。

うつ病患者や今を苦しんでる人に対して、「頑張れ!」とか「現実逃避するな!」と厳しい言葉をかけてしまうのは、無知である証拠かもしれません。

 

博識ほど行動が伴い、無知ほど口だけ

幅広い知識や明確な情報を得ることができるのは、様々な経験をもとに情報を取り入れているからであり、そのためには行動力が必要となります。

例えば、ナイトクラブといえば「チャラい」とか「遊び人ばかりだ」などのイメージが強いですが、実際にナイトクラブに潜入してみると、音楽や踊りを楽しみに来ている人が驚くほど多いです。

博識な人ほどこうしたイメージと実際の違いを知っていたり、様々なことを肌で感じようと思う気持ちが強いです。

無知な人は、行動力がないが故に閉鎖的になりがちであり、視野が狭かったり、柔軟な考えができないことから、いつまでたっても古い情報を信じ込んでいる人が多く見られます。

あっ!自分は閉鎖的かもしれないと思った人は、「閉鎖的な人の特徴とは?納得する10の共通点」を確認してみることで、どんどん頑固になっていく人の特徴を知ることができます。

 

無知な人は他人事、博識な人は自分事

他人事とは、「自分には関係ないと思うこと」であり、自分事とは、「当事者意識を持つこと」でありますが、この意識の違いでも大きな違いが出てきます。

他人事にするということは、「自分には関係ない」と思い込むことから、知る必要があったり、学ぶ必要がないと判断してしまうことに直結します。

一方で自分事にできる人は、「自分にも関係がある」と思い込むことから、しっかりと知識をつけて能力をつけたり、最後まできちんとやり遂げる強さがあります。

こうした意識の違いからも、様々なことを学ぶという姿勢に結びつき、知識や物事において徐々に差がついていくのです。

 

情報を鵜呑みにせず、自分の目で確かめる

情報弱者か情報強者、または他人の情報を鵜呑みにするのか、自分の目で確かめたもの以外は信じない人かの違いであり、無知な人ほど騙されやすいと考えることができます。

例えば、「たった一ヶ月で◯◯万円稼いだ天才!」という、いかにも胡散臭い情報商材が売られていたとして、そこに高級車を乗り回す姿や、タワーマンションに住む写真が写り込んでいたとしましょう。

こうした情報を全て鵜呑みにしてしまう人は、騙される弱者となりやすく、無知であるが故に「自分も同じように成り上がれるんだ!」と思い込み、後々騙された事実に気づくこととなります。

一方で博識な人は、経験豊富で知識が広いことから、自分の目で確かめないと危険な事実を知っていたり、本当の成功者ほど見せびらかしをしなくとも、人が寄ってくることを知っています。

故に、無知な人ほど見た目で人を全て判断してしまい、博識な人ほど見た目に騙されにくい特徴が見られます。

固定ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP