嫌な店員やうざい店員の特徴/共通点まとめ

感じの悪い対応をされたことに対して「イラっとした気持ち」になったり、「モヤモヤ、ムカムカする」気持ちになることがあり、ストレス解消の買い物のはずが、余計ストレスとなってしまうことは、誰でも経験することの1つです。

基本的に嫌な店員やうざい店員には、「側から見ても気分が悪い」という共通点が見られ、見ている側も嫌な気持ちにさせるほど酷い接客をする人がいるのも事実です。

その場で怒りをぶつけても、口喧嘩などに発展するリスクが上がるだけですので、この1ページで嫌な気持ちを共感し、スカッとした気持ちになってみましょう。

感じが悪い店員/愛想や愛嬌がない

目があっても真顔のままである、つまらなさそうに接客している、人の目を見て話さない、男女で態度を変えるなど、感じが悪い店員に対して、「殴ったろうか!」と思うほど怒りを覚えたことが私にもあります。

愛想や愛嬌がない人は、仕事だけに限らず様々な面で損をするものですが、最も嫌われやすい店員の特徴がこちらとなるでしょう。

こうした嫌な店員の心理には、やる気がない、お客が鬱陶しい存在だと感じている、あなたを見下しているなど、知れば知るほど腹が立つ心理が隠れており、見た目が怖い人には全く違う対応をする可能性が高いです。

このタイプには、同じように対応するとトラブルにあったり、余計に嫌な思いをするだけだと思い込み、いっそのこと相手にしないことを徹底し、すぐさまその場を立ち去ることが賢い選択肢となります。

バカを相手にしてもストレスが溜まるのと同じで、非常識であったりやる気のない店員を相手にすることは、ストレスが溜まるだけです。

 

声かけがしつこい/断るのが大変

嫌な店員よりもうざい店員に当てはまりやすい項目となりますが、声かけがそもそも嫌だという人も多く、しつこく話しかけてくる店員に対して鬱陶しさを感じ、店を出た経験がある人もいるかと思います。

ゆっくり買い物したい気持ちを無視して、しつこく長々と話されることは迷惑となりますし、商品の押し付けをされることはうんざりです。

万引き防止などの目的もあるそうですが、買い物をする側は店員と話をしに来ているわけではないため、長々しい話やしつこい声かけをされると、ストレスが溜まってしまうのは間違いありません。

また、監視されているかのように尾行されるのもとても鬱陶しく、「ついてくるなよ鬱陶しい!」とついつい思ってしまいがちです。

こうした店員に対しても、無視をすることが最もストレスが溜まらず、自分のペースで買い物をすることができることでしょう。

 

心のこもらない「ありがとう」「いらっしゃいませ」

店に入った時に、全く気持ちがこもってない「いらっしゃいませ」の一言を聞いたり、買い物後に「ありがとうございました」の一言がない、または全く気持ちがこもってない「ありがとうございました」を耳にすることは、決して気持ちの良いものではりません。

嫌でも仕事であるので、嘘でも「また来てください」と思わせる対応をする必要があり、「もう2度と来たくない」と思わせる挨拶をする店員は、嫌われたりうさいと思われて当然と言えるでしょう。

コンビニなどでよく経験しがちですが、気持ちのこもってないありがとうを言われても、「お前はそんな気持ち微塵もないだろ!」と内心思ってしまいますし、やる気のない店員だなと思われることは仕方ありません。

元気で素晴らしい挨拶をしろとは言いませんが、最低限でもお客側が嫌な思いをしない挨拶を心がけてほしいものです。

 

声が小さい/大きすぎる店員

店員に話しかけた時に、聞き取れないような小さな声で返されたり、説明が適当で見たからにやる気がない対応も、嫌な店員やうざい店員の特徴だと言えます。

声が小さい店員の中には、大きく話せないことに頭を抱えていたり、コンプレックスである人もいるかもしれませんが、「自分は声が小さいんだ」ということを自覚して、仕事に取り組んでほしいものです。

最も丁寧に対応をしている場合は、声が小さいだけでイラっとしてしまう側にも、何らかの問題があるのかもしれません。

それともう1つ、逆に声が大きすぎる店員が苦手だという人もいて、元気すぎたり声が大きすぎることは、特に女性は一歩引いてしまいやすい傾向にあります。

張り切ることは決して悪いことではありませんが、そもそも声が大きい人が苦手だったり、うるさい人が苦手な人もいるので、一応紹介しておきます。

 

あからさまな無視/最低の塩対応

すいませんと店員に尋ねても、忙しいふりをして無視をされたり、その場は無視で先客後に対応されるなど、話を無視されていい気になる人なんて世の中にはいません。

よく店員に無理される人もいるようですが、こうした人は見た目からしてなめられていたり、見下されている証拠です。

何にせよ、無視をされることは自分がなめられている証拠だと人は思いやすく、それは自分自身がなめた相手に対して無視ができる経験から、誰もが無視はなめられた証拠だと捉えてしまうことにあります。

もしもあなたが無視をされた場合は、「おい!」くらいの強い口調で店員に尋ねると、相手もビビって最低限の対応はすることでしょう。

嫌な店員やうざい店員に尋ねる必要がある場合は、強気に出ることが一番です。

 

勝手に片付ける/自己中店員

まだ食事中なのに確認なしに食器を片付けられたり、お代わりをしたいのに食器を片付けられるなど、店員の勝手な思い込みで行動に移されることは、もう2度と来たくないと思わせるほど、幸せな気持ちを台無しにしてしまいます。

お代わり自由なお店では一言必要なケースもあるでしょうし、焼肉店で炭を勝手に片付けてしまっては、お客さんがお代わりをする気をなくしてしまいます。

嫌な店員やうざい店員は、片付けていいのかどうかを尋ねることなく、勝手な自分の判断で片付けてしまう、自己中心的な一面が見られやすく、故意的に行動に移す憎い店員も世の中には存在します。

 

常連と仲良し/疎外感がうざい

飲食店で見られやすい嫌な店員であり、常連と仲良しで長々と話してしまった結果、周りのお客さんに十分気を使えなかったり、常連のみを特別扱いするなど、同じお客さんの立場として上下をつけられることは、嫌な気持ちとなってしまいます。

それもそのはずであり、常連と仲良くされることは”仲間外れだ”と認識する人もいるわけですから、自分の仲間がいない空間なんて居心地が悪いものですし、仲良しの雰囲気に入るこむことは勇気がいることです。

店員からすれば、その常連がクレーマーであったり、大金を落としてくれるお客さんなのかもしれませんが、ある程度は平等に接客してくれないと、こちらはお店や従業員の立場など知らないのですから、どうしても不満が溜まってしまいます。

店員やお店の立場も考えると、少しは怒りが収まる人もいるはずですが、嫌な思いやうざい感情が芽生えた時には、そんな冷静に分析などできませんよね。

人は嫌いと認識したり、うざい感情が芽生えた時には、悪い部分ばかりが見えてしまうので、余計店員に不満が溜まる一方です。

 

店員同士の私語/サボり

店員同士の私語があっても、きちんと仕事をこなせばどうでもいい人もいるでしょうが、私語の内容が悪口や愚痴であった場合、あまりいい気はしません。

さらに私語の後にお客さんに視線がいけば、「自分の悪口を言われているかも…」とか、「何か付いているのかな?」と心配になり、買い物が楽しめない人もいます。

話しかけられた側からすれば、「先輩の話を無視できない」などの理由があるでしょうが、私語はどうしても目につきやすいです。

特にムカつくとの声が多いのは、私語が多いくせに愛想や愛嬌がない、または挨拶をきちんとしない店員であり、こうした店員は質の悪い店員と言っても過言ではりません。

また、私語に夢中になることは視野が狭まるため、お客さんのSOSに気づけないという部分でも、嫌な店員やうざい店員の特徴に当てはまります。

 

ため息/舌打ち/面倒なオーラ

どれだけ忙しくても、ため息をつかれることはとても嫌な思いをしますし、舌打ちなんてされた時には、「喧嘩売ってるの?」と感じてしまいます。

声をかける前にどれだけ忙しくとも、どれだけ嫌な思いをしても、何があったのかをお客側は知らないわけですから、こうした態度を取られると、その部分のみでの判断となってしまうため、非常に嫌な思いをします。

そもそもため息や舌打ちは、仕事をする上で絶対にしてはいけない態度であるので、その場でキレても上司が100%頭を下げることとなるでしょう。

さらに面倒なオーラをセットで感じた時には、胸倉を掴みたくなるほどイラっとする瞬間でもありますが、一度お伝えした通り、バカは相手にするだけ無駄ですから、その場を立ち去るのが一番です。

 

部下に怒鳴る/説教する店員

部下に対して怒鳴る声が外まで漏れていたり、説教する姿が外に丸見えであることは、お客側を不愉快にさせる行動でありますし、飲食店では食欲が失せてしまったり、美味しく食べる環境を作れていないため、美味しくいただくことができません。

従業員からすれば、仕事を教えているだけ、アドバイスをしているだけかもしれませんが、見ている側が不愉快になる行動は、裏ですることに越したことはありません。

例えばカップルで楽しい会話をしていても、こうした説教を目の当たりにすることでテンションが落ちたり、会話が途切れたり、同情してしまうなど、楽しいはずの時間を奪ってしまいかねない軽率な行動に対して、嫌な店員だなと思うわけです。

食事中に嫌な会話が聞こえてくることは、その店員に対して嫌悪感を抱く瞬間となります。

 

タメ口/失礼すぎる店員

初対面からタメ口で聞いてくる失礼な店員もいれば、何度か顔を合わせるうちにタメ口になる店員もいるわけですが、どちらにしても失礼すぎる店員はクソですし、非常識な人は仕事以外でも嫌われます。

お店によっては親近感が感じられ、とても楽しく過ごせる場所もあるかと思いますが、しらべぇ編集部が男女1,658名にアンケート調査を行なった結果、およそ7割が失礼だと思うに回答したことがわかっています。

さらに興味深いのは、女性の方が失礼だと感じる割合が高いことにあり、女性のみで計算するとおよそ8割超えが失礼だと思う結果となっています。

これは店員に限らず、初対面であったり友達でもないのに、馴れ馴れしくタメ口で聞いてくる非常識な人は、避けられやすい共通点が見られます。

 

余計な一言が多い/無神経店員

口は災いの元と言いますが、失礼のない接客をしている店員でも、失言1つで嫌な店員として認定されることになり、商品を買ってもらえないことは珍しくありません。

例えば、女性に対して「ダイヤモンドもあるけど、あなたはシルバーで十分でしょ?」という一言は、かなり失礼な一言ですし、人を見た目で判断している店員に違いありません。

他にも、「お兄さんは1万円以内の〜」などと、いかにも稼げない男であるかのような発言も、同じく男のプライドを傷つける最悪の一言です。

余計な一言が多い店員は無神経な性格で、気をつけていても無意識中に言葉に出してしまうことから、過去にもたくさんのお客さんを怒らせてきたことでしょう。

誰だって無神経な人は嫌ですよね。

 

お詫びの1つもない/気が利かない

店員のミスで数分待たされることになったり、ドジな店員が順番を間違えるなどのトラブルで待たされた時、お詫びの言葉の1つや2つあることは普通ですが、それの一言がない店員はまず論外です。

それでなくとも長い時間待たされが挙句、お詫びの言葉を口にしない店員も、このお店には2度と行きたくないと思わせる行動の1つであり、とにかく日本人は待たされるのが嫌いです。

気が利く人は、こうしたケースできちんとお詫びすることができ、周りが見えているのでスムーズに進めることも可能ですが、視野が狭かったり気が利かない人ほど、目の前のことに夢中で効率が悪いことが多いです。

故に、嫌な店員やうざい店員ほど、気が利かないという共通点があるとも考えられます。

 

優先順位が分からない/注意しない

優先順位とは、レジの並びのことであり、コンビニでは2つのレジが存在するケースがほとんどですが、並んでいたのに急に来た人が隣のレジに足を運ぶと、本来並んでいた人を優先するはずが、そのままレジを打ってしまう店員が稀にいます。

こんな時に、順番を守らない人にも怒りを覚えますし、注意しない店員にも怒りを覚える瞬間となります。

待たされることが嫌いな人からすれば、レジが終わるまでのロスした時間を考え、時間がたつほど怒りがこみ上げてくることでしょう。

 

上から目線/見下す店員

嫌な性格であり、扱い方が非常に難しい上から目線タイプの人間は、仕事でも素の自分が出てしまうことに気づかず、普通に接しているはずが上から目線となってしまうことが良くあります。

偉そうでバカにした話し方をする店員もいれば、難しい言葉を使って知識自慢をする店員など、様々なタイプが存在しますが、どれにしても嫌な店員であることには間違いありません。

基本的に上から目線の店員の心理には、見下されたくないとか、なめられたくないという気持ちが隠れており、常に自分が優位に立ちたい本音を持っています。

だからこそ、仕事であっても自分が優位に立つことで、気持ちよく仕事に取り組むことができますし、自分のプライドを傷つけることもないため、お客さんを見下したような態度をとってしまうことに繋がります。

 

嫌な店員/うざい店員は離れよう!

いかがだったでしょうか。

記事中にも何度か触れましたが、嫌いな人には無理に接する必要もありませんし、気を使わずに遠くに離れてしまえば良いのです。

変に気を使ったり愛想を振りまいて、ニコニコと対応するよりかは、鬱陶しいという気持ちを前面に出して離れていくと、スカッとした気持ちになれるかもしれません。

例え、会話の途中であっても、一刻も早く話を切り上げることを心がけて、その場を離れることを優先しましょう。

その後、心に溜まった鬱憤を言葉にして表すことで、あなたの気持ちはスカッとした気分となり、イライラを溜め込まないメリットが生まれます。

女性はストレス発散が上手と言われがちですが、それは嫌なことを愚痴として口に出し、ストレス発散を定期的にしていることにあり、ストレスを心に溜め込んでしまうことは、嫌な店員と出くわしたことに加えて、2度の損となってしまうのです。

だからこそ、出来るだけ早く離れて愚痴をこぼせば、あなたは幸せな気持ちを取り戻すことができるはずなので、今すぐにでも嫌な店員の愚痴を口にしてみましょう。

また次のページで紹介する、「不愉快な人の特徴や共通点20選」もセットで読んでみることで、あなたが取るべきではない言動が全て理解できるはずです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP