感じ悪い人や店員の特徴〜最悪の共通点20選

「なにこいつ…ムカつくなぁ」とか、「第一印象気にしないのこの人?」など、感じ悪い人や店員には相手を不愉快にさせる嫌な共通点が存在し、こうした人は職場で孤立してしまったり、常に仲間外れにされるなど、多くの人から避けられてしまう特徴が見られます。

世の中を上手に生きるためには、感じの良い人であった方が明らかに得するはずなのに対して、こうした人は改善の余地が見られません。

これは他人事ではなく、あなた自身も実は感じがそれほど良くないと思われているかもしれないため、20の特徴/共通点を見ていくことで、自分自身のチェックもしてみてはいかがでしょうか。

挨拶を平気で無視する人

朝「おはようございます」と絶対聞こえる挨拶をしても、平気で無視する人に対するイメージは最悪で、これが店員ともなれば楽しい買い物が台無しになることも。

帰りも同じく、「お疲れ様でした」ときちんと挨拶しても無視したり、お気に入りの人だけ挨拶を返すなど、こうした人は性格がとても悪く、権力者に限って媚びることも珍しくありません。

挨拶は社会人としての基本であり、無視されることは深く傷ついたり、朝から悲しい気持ちになることもあるため、相手の気持ちを考えない人とも言えるでしょう。

ボソボソと挨拶することも同じですが、挨拶一つで感じ悪い人と良い人に分かれてしまうので、あなたもきちんと挨拶はしておくべきです。

 

批判的で共感しない人

他人がすることを全て批判的な目で見たり、否定的な言葉を返して来る人は、話していて楽しいと感じることができず、どこか嫌な気持ちにさせる感じが悪い人です。

例えば、多くの人が認めざる終えないほどの素晴らしい行いをしたとしても、一人で批判的なことを口にしていれば、「この人はプライドだけが高くて、何もできない人なんだろう…」なんて哀れな目で見てしまうことも、当然あるわけです。

他にも、褒められているのに否定的で嫌な方向に捉える人も、素直に受け入れることができない感じが悪い人の特徴に当てはまります。

 

我が物顔で道を歩く人

自分の敷地内であるかのように、道を我が物顔で道を歩き、他人に平気でぶつかって来る人がいますが、こうした人も間違いなく感じ悪く、他人をイラッとさせてしまう鬱陶しい人でもあります。

このタイプは道だけにとどまらず、自転車や車で自己中心的な運転を行う可能性が高いのは当然のこと、人がたくさんいる電車内などでもリュックをぶつけたり、奥に行こうとしないなど、とにかく身勝手な行動が目立ちます。

一見厄介で面倒な人にも思えがちですが、こうした人ほど実は小心者で自分に自信がなかったり、他人に迷惑をかけることがカッコいいなどと内心思っているため、幼稚で威張るしか自分を表現できない人なのです。

もしこのタイプに遭遇した時には、「可哀想な人だ」くらいの気持ちで内心見下す方が、トラブルを回避することにも繋がります。

 

愛想がない人

愛想がない人ほどぶっきらぼうで、気持ちのこもらない言葉を口にすることが多く、愛想がない店員ともなれば、こちらも愛想悪く返してやろうと思えるほど、イラっとしてしまう瞬間ともなります。

愛想笑いできない人や笑顔がない人、会話中に人の目を見ない人などが当てはまる項目となり、まさにモテない人の特徴に当てはまります。

特に接客業では愛想が非常に重要で、愛想がない店員は喧嘩を売られたり、クレームをつけられる原因そのものです。

社会で孤立しないためには、ある程度の愛想が必要なことは言うまでもない事実ですよね。

 

愛嬌を振りまかない人

愛嬌とは、愛嬌のある顔などと言われるように、「優しかったり、愛らしい仕草をする」ことを言います。

愛嬌がない人は、サバサバしていてどこか怖い人、無表情で話しかけづらい人などが当てはまり、こうした人も第一印象は悪く見られがちです。

もちろん愛嬌とはイメージであるため、話しかけてみるとすごく良い人であったとか、ギャップ効果でうなぎ上りに評価が上がることも多く、勘違いされやすいけれど実は良い人なども当てはまりやすい項目です。

感じ悪いことを理由に避けられる一方で、知れば知るほどギャップ効果が発揮しやすい性格となります。

 

貧乏揺すりが絶えない人

「貧乏揺すりが鬱陶しい!」と感じたり、「見ていて不愉快にさせる」と思う人はたくさんいて、貧乏揺すりは見ている人をイライラさせてしまう行動です。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP