根は真面目/根は優しい人の特徴〜隠れた本当の意味とは?

「根は真面目だね/根は優しいね」と言われても、「それってどういう意味だろう?」とか、「悪い意味なのか?良い意味なのか」と悩む人もいれば、そう言われる人の特徴を知りたいという人もいるかと思います。

基本的に根は真面目/根は優しいとは良い意味で捉えることができ、嫌味で発言したなどの例外を除いては、それほど嫌な気持ちになる意味ではないと最初に伝えておきます。

根は真面目であった方がいいとか、根は不真面目な奴はダメだと口にするお年寄りもいますが、根が真面目/根が優しいことのメリットとはどのような部分にあるのか?

特徴を知ることで、自ずと答えて見えてくるはずです。

根は真面目/根は優しいは良い意味!

根は真面目/根は優しいの意味とは、以下のような意味となります。

普段の見た目や態度とは違い、本当は真面目で優しい性格の持ち主である。

これが基本的な意味となり、以下のようなケースで使われることが多いです。

見た目はチャラチャラしているけど、根は真面目で仕事に一生懸命に取り組む人である。

普段はふざけて冗談もたくさん口にするけど、根は優しくて良い人である。

強面でやんちゃな少年であるが、お年寄りに席を譲ったり、ボランティア活動に参加する、根は真面目で優しい人である。

このように、見た目や普段の言動とは全く別の一面を持つ人に対して使う言葉であることから、決して意味は悪くはないと考えることができます。

一方で、悪い意味では以下のようなケースで使われることもあるため、時と場合によって見極めが必要となるでしょう。

不機嫌で人に当たってしまった子供が、あの子は根は真面目で優しいんだけどね。と擁護する。

上記のようなケースでは、親が子供をかばうために使った言葉となり、自分の子供は決して性格が悪い子ではないと正当化し、なんとかイメージを保とうとしているのです。

その場しのぎや逃げ道を作るときなどにも、使われやすい言葉こそが、根は真面目/根は優しいとなります。

 

根は真面目/根は優しい人の特徴一覧

仕事を転々とせず、きちんと役目をこなす人

見た目は不真面目そうで、いかにも仕事をきちんとこなさないだろうと思われる人が、実は一つの仕事を長々と続けていたり、自分に任された仕事に対して責任を持って取り組む姿勢は、まさに根は真面目だと評価される人の特徴となります。

逆に根が不真面目な人は、そもそも働く気が全くなかったり、楽な仕事を選ぶことが多くなり、嫌だと感じるとすぐ職場を変えてしまう傾向が見られます。

また、根は真面目な人からすれば不真面目な人に対して、「だらしない連中だ」と感じたり、「やる気がないのか」と疑問に思うことから、こうした人が嫌で職場を変えることも考えられます。

これも根が真面目だからこそ決断する退職理由となり、真面目だからこそ不真面目な人が嫌いで、ダラダラ動く姿に嫌悪感を覚えることも少なくありません。

 

口は悪くとも、相手の立場で物事を考える

普段から「バカ」とか「アホ」などの言葉を使っていて、いかにも相手のことを考えていそうにもない人が、仲良くなるごとに、とても優しくて思いやりのある言動を見せてくれたり、悲しい気持ちに共感してくれるなど、こうした瞬間に根は優しいという感情が芽生えやすいです。

また、逆に普段は言葉数が少ない人が、相談すると真剣に話に耳に傾けてくれたり、様々なアドバイスをくれることも、根は優しいという評価に繋がりやすいです。

こうした人は第一印象は決して良くないものの、後から一気に評価が上がるタイプであり、ギャップ効果によって「驚くほど優しい人だ」と評価された結果、ギャップ惚れされることも珍しくありません。

他にも、ツンデレで普段は男らしく強い男を演じているつもりが、彼女がピンチになった瞬間に優しく頼れる人に変わるなど、普段の姿からは想像できない一面が見られた時に、多くの人が根は優しいと評価するのです。

 

ふざけていても、最後まで筋を通す人

普段は適当なことばかり口にしてふざけていても、いざ大切なことともなれば、きちんと最後まで筋を通す人は、普段の姿からは想像できないほどの真面目さを目の当たりにすることになります。

筋を通すとは、道理やルールに沿ってきちんと行動する人のことにあり、嫌なことがあっても決して逃げずに、最後まできちんとやり遂げることができる人は、信頼される人の特徴にも当てはまります。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP