シュールな人って何?意味と特徴/具体例まとめ

「あの人ってシュールな人だね。」と友人が発したとして、あなたはどのような人物をイメージするでしょうか。

シュールとは様々な意味で捉えることができ、時と場合によって意味は大きく変わることもしばし見られます。

そもそもシュールの意味をきちんと理解できていない人や、カタカナ語がかっこいいとか知的に見えると言った理由で、使っている人もいることでしょう。

この1ページでは主に、「シュールな人ってどんな人に使う?とアンケート調査した結果」や「具体的な特徴」をまとめていくことで、よりシュールな人の意味が明確に分かる記事となります。

シュールな人の意味/どんな人なんだろう?

そもそもシュールの意味は、以下のような意味を持ちます。

「超現実的な、不条理な、奇抜な、難解な様子」

例えば、シュールな絵が並ぶ光景の意味となれば、「理解困難な奇抜な絵である」という意味となり、ツッコミどころ満載の絵などが5chまとめサイトなどで特集されています。

もう1つ挙げるとすれば、シュールな笑いが比較的よく使われ、こちらは「日常的ではない、非日常的な会話設定をすることで、笑いを取るコント」が当てはまり、私生活ではありえない人物像や生活を設定することで、笑いを取ることが正しい意味です。

では、本題のシュールな人の意味とは、どのような人物に当てはまるのか?の答えは、以下の意味が正しい意味となります。

「見た目や性別とは反して、ツッコミどころが多い人」

または「私生活では見慣れない光景が目の前に現れること」

例えば以下の画像は、まさにシュールな画像に当てはまり、シュールな人だと評価される人となります。

こちらは、「私生活では見慣れない光景が目の前に現れること」の意味に当てはまり、このような格好の人が目の前に現れた時に、多くの人がつっこんでしまったり、呆気にとられることでしょう。

もう1枚写真を挙げるとすれば、以下のような画像もシュールだと思われる人になります。

こちらもシュールな赤ちゃんの画像であり、普段であれば片腕に両足で立つなんて発想は思いつかないものですが、それが現実に起こった時に、多くの人が見とれてしまった結果、「なんてシュールな画像なんだ!」と驚きを表現するわけですね。

つまりシュールとは、その瞬間の画像を収めてシュールな絵が撮れた時に使われることもあれば、生で目にしてもシュールな人だと評価されることの2つに分けることができ、生で目にしてもシュールだと評価される人こそ、真のシュールな人であるとの結論に至ります。

 

シュールな人の特徴と具体例

体全身に刺青やタトゥーが入ってる人

刺青やタトゥーはお洒落意識で入れる人もいれば、きちんとした意味を込めて入れる人もいるわけですが、全身ともなれば多くの人が驚いてしまうような、シュールな人と評価されることになります。

特に日本人は刺青やタトゥーに偏見を持つ人も多いので、全身ともなれば「危ない人」とか「怖い人」といった目で見られることが予想されます。

例えばこうした人が、見た目とは反したオタクでグッズなどを購入する姿を激写されたとすれば、それはシュールな光景として話題を集めるかもしれません。

※全身タトゥーでギネスに認定された夫婦の写真

また、日本では刺青やタトゥーを入れることで、社会で活躍する場が減ってしまうデメリットもあるために、理解不能で奇抜なファッションであると思われることは、まさしくシュールの意味にも当てはまります。

シュールとは、何も笑えるような人ばかりに使う意味とも限らないのです。

 

見た目と格好が真逆な人

意味にて紹介した画像を例に挙げると分かりやすく、ファッションには興味がないだろうと思われがちなおじいさんが、露出度が高い面白いファッションをすることで、シュールな人だと評価されるわけです。

他にも例を挙げるとすれば、バイクに乗るカッコいいと思われがちな人が、カオナシのコスプレをして乗ることで、シュールであると高く評価されています。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP