一口ちょうだいの心理と女性に多い理由とは?

「それ美味しそう!一口ちょうだい。」なんて言われると、嫌でも断りにくい雰囲気になることから、つい多くの人が「いいよ」と優しい発言をしてしまいがちですが、実は多くの人が「一口ちょうだい」と口にする人に対して、苛立ちを覚えています。

これは特に女性ほど多く見られる傾向にあり、女性特有の性質が関係していると考えられます。

一度ならまだしも、何度も言われるとやがて損した気持ちになるのは当然のこと、親しくもない友人に言われると、「ちょっと気持ち悪いかな」と思う人も珍しくありません。

そんな一口ちょうだい人間の本性を暴き、女性に多い理由を知ることで、イライラや嫌な気持ちへの対処法を知ることができるはずです。

一口ちょうだいの心理

いろんな味を食べてみたい気持ち

旅行先や祭り時の屋台など、食べ歩きをする際に多くの人が、1つ1つを購入して、2つの食べ物を共有して楽しむ、食べ物シェアを経験をしたことがあるのではないでしょうか。

これと全く同じく、一口ちょうだいと言う人の心理には「少しだけ食べてみたい」という気持ちが強く、互いにシェアすることで様々な味を楽しみたい本音が隠れています。

例えばAを頼んだにもかかわらず、目の前に現れたBが非常に美味しそうに感じた時に、一口もらうことでその味を楽しんだ気持ちに浸り、より食事を楽しむことができるのは、食べ物をシェアする最も大きなメリットです。

つまり、「一口ちょうだい」という言葉の裏側には、様々な味をシェアしあいたいという意味が隠れており、互いに味を共感し合いたいのです。

ちなみに、他人の食べ物を一口欲しいと思えるほどですから、他人が口につけたものなどにあまり抵抗がなく、間接キスなどもあまり気にしないタイプが多いと言えるでしょう。

 

損得勘定から来る「一口ちょうだい」

次に考えられる心理は「損得勘定から来るもの」であり、お金を出してまで食べたい気持ちはないけれど、少しもらえるなら欲しいと思うことは、まさに損得勘定そのものです。

普段から何かとケチくさかったり、セコイことばかりする人ほど当てはまる心理となり、このタイプは自分が何も購入していないにもかかわらず、「一口ちょうだい」と頼むことで、二口も三口も食べてしまうこともしばし見られます。

他にも、お会計になると財布を忘れたと図々しい言い訳をしたり、後で払うと言いつつも払わないなど、少しでも自分に得になるようにと、ケチくさいことばかりすることで、自分にとっての利益を追求しています。

損得勘定が強い人の特徴として、「小さな労力で大きな利益を得たい」本音が隠れていて、800円するカレーを一口ちょうだいと小さな労力を使うことで、味を楽しむという大きな利益を生んでいるのです。

自分は他人からもらうくせに、自分のものは他人にあげたくない気持ちが強い人は、自分の利益しか求めていない利己的な一面が見られ、すぐに人が離れていってしまう、典型的な嫌われ者であるはずです。

 

他人の気持ちに鈍感で気づかない

3つ目の心理は、「他人の気持ちに鈍感で気づけない」ことにより、一口ちょうだいと言われることで、相手がどんな気持ちになるのか?に気づけない人です。

例えば、一口ちょうだいと言われることは「汚い」と感じたり、「あなたの一口いらないから嫌だ」などと思うものですが、そうした可能性を考えることもなく、自分が嫌じゃないから相手も嫌ではないだろうと思い込んでしまうのが、このタイプの特徴となります。

他にも、失言が多かったり、相手のプライベートな部分にズバズバ入り込んでくる、他人を馬鹿にすることで笑いを取ろうとするなど、無神経な人は一言ちょうだい発言だけに限らず、相手を傷つけたりイライラさせることが多いです。

無神経な人からすれば、「何が嫌なの?」「そんなこと気にしなくても…」と、自分の気持ちを押し付けてしまいがちで、相手が本当に嫌だという気持ちに気づくことができません。

故に、無神経な人ほど一口の量が大きかったり、それを注意されることが冗談だと捉えてしまいやすいため、いつまでたっても一口ちょうだいの悪い癖が治らないケースも多くなると考えられます。

 

女性に多い理由とは?

女性はプチが好き

男性は一攫千金という言葉が好きなのに対して、女性はプチ贅沢という言葉が好きなのは、しっかりと理由が存在します。

男性は宝くじやギャンブルなどで大きな利益を得たり、私生活を変えることを強く望み、他人よりも上の位置に立つことで、優越感に浸ろうとする性質を持ちます。

女性の場合、男性のように大きな幸せを掴もうとするよりかは、ささやかな喜びを求める習慣がついており、半額やお得情報、おまけといった言葉に弱いのは女性なのです。

一口ちょうだいは、まさにプチ贅沢に当てはまり、小さな幸せをコツコツと重ねることで満足感に繋がるのが、女性の大きな特徴となります。

これは恋愛で例えると非常に分かりやすく、男性は彼女と旅行に行くなどの大きなイベントを一度終えれば、長らくは彼女の満足度は50%から100%になるはずだと思い込む一方で、女性の満足度はすぐに落ちてしまうために、日々のプチ幸せが続く方が、彼氏に対する満足度は高くなります。

つまり、女性にとっての一口ちょうだいは、満足度を高める魔法の言葉とも言い換えることができ、小さな喜びが続くことを願っている人ほど、一口の幸せでささやかな喜びを感じているのです。

 

デザートは別腹であるため

デザートは別腹と言いますが、これは実際にデザートなどの食べたいものを目の前にすると、人の胃には別腹とも呼ばれる新たな空間ができることが分かっています。

女子会などでデザートを頼みやすい環境にある女性は、デザートを見ることで「凄く美味しそうだ!食べたい」と思うことで、別腹ができた結果、「さらに満足感を得ることができる」と判断することから、一口もらうことで満足感を得ようとしているのです。

もちろん甘いもの好きな男性にも当てはまる理由となりますが、男性よりも女性の方が甘いものが好きである性質を持っていて、心理学者のニスベットが乳児を対象に、甘いミルクを好んで飲むのはどちらか?という実験にて、女性の方が多かったことが分かっています。

つまり、女性は生まれた時から甘いものが好きである性質を持ち、女子会ではデザートを頼みやすい環境にあることからも、別腹が用意されたことにより満足感を求めた結果、一口ちょうだいと言いやすいことに繋がります。

食事後に凄く美味しそうな美しいケーキが出てくると、一口食べたくなる気持ちは、誰にでも共感できる気持ちなはずです。

 

平和で分かち合いたい女

女性は自分の感情を分かち合いたいが故に、様々な気持ちを相手と共有することで気持ちが落ち着き、聞き上手な男性に惚れてしまいやすいのもこのためです。

これは会話だけにあらず、食べ物に関しても女性は相手と共有したい気持ちが強く、同じ味や楽しみを分かち合いたいと思うことから、一口ちょうだいを言いやすいと考えることもできます。

彼氏との思い出や旅行先での思い出など、何かと思い出を重視する女性は、その時抱いた気持ちを大切にしたいのも性質が関係しています。

女性は平和主義で協調的なことを好むために、感情を分かち合うことで仲良くなろうとしたり、味を分かち合うことで信頼を深めようとするなど、とにかく共有や共感することでコミュニケーションを取ろうとします。

その結果、一口ちょうだいといった相手を不愉快にさせてしまうかもしれない共有語ができ、人によっては逆効果を生んでしまっているのです。

 

【ヤバい】一口ちょうだい人間に対する本音が笑えない。

※Lancersにて「一口ちょうだいが嫌な人」を募り、リアルな本音を聞かせてもらった結果をそのまま載せています。

言われる側の本音その①

まず唾液や箸がついた他人の食べ物を要求するのが嫌だし、言われると不愉快な気持ちになって、食事を楽しむことができません。

一口あげるくらいなら全部あげる派の私は、それが原因で相手を怒らせてしまったこともあります。

なぜ”一口もらう”前提で会話してるのかも意味不明だし、自分のものは自分で食べたい気持ちが強いです。

世の中には潔癖症のような、他人の箸がついて汚いイメージをしてしまう人がいることも理解してほしいです。

言われる側の本音その②

一口ちょうだいと言われるのが、親しい人ならまだいいのですが、まだそれほど心許してない人だった場合、「おい!!」ってなりますし、そうした人が私は苦手です。

一口ちょうだいの言葉自体も苦手で、一口がバカみたいに大きい人もいれば、何口も食べてくる人もいたので、それ以来苦手意識がついてしまいました。

賛成派の人に伝えたいことは、世の中親しい人以外は断れない人なんてたくさんいると思いますし、小さい食べ物やワインは一口でも無くなる割合が大きいんです。

もちろん親しい友人であれば、分け合うことは大賛成ですし、場所によっては凄く楽しい思い出になりますよね。

言われる側の本音その③

学生時代に毎日のように、それちょうだいとか、一口ちょうだいと言う友達がいて、もらえるのが当たり前であるかのように接してくることに、だんだんと嫌気がさしてきたのを覚えています。

最近でも同じような出来事に遭遇し、くれる前提で一口ちょうだいと言われたためOKを出すと、たくさん食べられてしまいました…

こんな人は稀にしかいないと思いますが、こうした経験からあまりいい思い出はありません。

一方的に求められてばかりでは、いつか嫌気がさしてしまうのは、当たり前だと思いますよ。

 

【これは使える!】簡単な対処法を知ろう!

気持ちと理由と代替え案を用意する

日本人は断ることが苦手な人が多く、逆に外国に行くと自分の気持ちをはっきりと伝え、上手に断ることができる人が多いです。

こうした人の多くは、「残念な気持ちと理由と代替え案」を用意しており、相手に嫌な気持ちをさせず断ることができています。

以下に「残念な気持ちと理由と代替え案」の具体例を挙げていきましょう。

一口ちょうだいと頼まれた。

①「あげたい気持ちなんだけど…」←まずは残念な気持ちを伝える

②「潔癖気味で人の口にした物が苦手なの。」←あげれない理由を述べる。

③「その代わり美味しいデザート互いに頼まない?」←楽しい気持ちになれる代替え案を出す。

これは一口ちょうだいに限らずに、相手を不愉快にさせない上手な断り方であるため、「残念な気持ちと理由と代替え案」は覚えておいて損はありません。

きちんと断ることができないのなら、相手を不愉快にさせないことをポイントとして、断れば良いのです。

 

結論/嫌がる人はこんな人!

いかがだったでしょうか。

勘違いして欲しくないことは、一口ちょうだいが許せる人もたくさんいて、別に嫌な気持ちにならない人もたくさんいる事実です。

しかしながら、絶対に嫌だと思う人も一定の割合で存在し、そうした人々が嫌がる理由を以下にまとめておきます。

  1. とにかく汚い。潔癖気味で苦手だから
  2. 下品で決して上品には見えない
  3. 図々しくて神経が図太い人がいる
  4. 親しい人以外は嫌だから
  5. 貰える前提で言われるのが嫌
  6. 一口が大きかったり、二口三口と食べる

上記のような経験を経て、一口ちょうだい人間を嫌いになったり、苦手となる人がいることを理解できれば、あなたも安易に一口ちょうだいと発言することは、危険なことであることに気づいたはずです。

嫌な気持ちにならない人であっても、親しき仲にも礼儀ありを忘れず、食べ過ぎたり汚い食べ方をすることもなく、あなたもお返しの気持ちで一口あげることができれば、こうした人とはより良い関係を築くことにも繋がるでしょう。

とにかく潔癖気味の人には、禁句な言葉であると覚えておくと便利ですね。

また、次のページで紹介する「不愉快な人の特徴や共通点20選」もセットで読んでみましょう。

世の中には一口ちょうだいくらいでは屁とも思わない、不愉快極まりない人がたくさんいて、そうした人の特徴をまとめた1ページとなっています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP