一方的に話す人は病気か?弾丸トークの心理と対処法

あまりにも一方的に話されることで、「あ〜不愉快だわこの人。」と嫌な気持ちになったり、「もう早く解放されたい…」とネガティブになることは普通で、人は誰でも一方的に話されることに嫌な気持ちを抱きます。

これはどれだけ出来た人間であっても、不愉快に思わないことの方がおかしいと言えるくらいなので、誰にでも当てはまる心理なのです。

こうした人の心理を知ることで、相手がどのような性格であるのか?を知ることができると共に、なぜあなたに対して一方的な話をするのか?の真相が解けるはずです。

相手の心理を知り、どんな意図があって話しているのかを理解することで、自ずと対処法も見えてくるのは言うまでもない事実なのです。

認められたい気持ちが強い

一方的に話す人に限らず、誰でも自分のことを語ってしまうものであり、ふと気が付いた時にはたくさん語っていた…何てことは誰でも経験積みですが、人は誰でも語ることで認めれたいという欲求を持っていて、これを容認欲求と言います。

この欲求が強ければ強いほど、他人の話を聞かずに一方的に話してしまったり、話の主導権を奪うことで自分の話題へと持っていくことが多くなります。

このタイプは以下のような原因が存在し、この特徴を知ることで決して悪い人ではないかもしれない、と思うことにも繋がる大事な知識ともなるため、きちんと確認しておきましょう。

褒められたり認められた経験が少ない

幼少期から否定され続けてきた

ライバルに負けてしまった

努力がなかなか報わない

上記のような原因が挙げられ、これらは育った環境によるものも多いために、一方的に話す人は親の育て方が悪かったのかもしれません。

承認欲求が強い人は、自分自身を満たすための生活ができておらず、どうしても他人と自分を比べてしまうことで、他人の視線に敏感となりがちです。

簡単に言い換えると、容認欲求が強い人は「認められたい気持ちが強い」わけですから、自己アピールをたくさんすることで、自分の素晴らしさを認めてもらおうとしているのです。

好きな人に自己アピールをたくさんすることと同じで、自分の魅力を伝えようと必死な心理が、一方的に話すことに繋がります。

 

気持ちに鈍感である

つい弾丸トークをしてしまったり、相手が不快な顔をしていても一方的に話す人がいますが、こうした人は他人の気持ちに鈍感で、空気が読めない無神経な人であります。

なぜ一方的に話してしまうのかと言えば、相手の気持ちを理解する力が乏しく、相手の立場になって物事を考えれないことが原因で、自分の立場でしか物事を考えていないのです。

このタイプはコミュニケーション能力がなく、相手の話を聞かない、自分にしか興味がない、自分が話すことは大好きといった、見たからに自己中心的な性格だと思われる特徴が見られるます。

故にあなたや周りが、とても迷惑であるという顔をしたとしても、一方的に話し続ける弾丸トーク野郎は、そんな仕草に気づきもしないことでしょう。

無神経な人ほどタチが悪いと思われがちなのは、「自分に非があることに気づけない」ことにあり、他人に興味がないために、「別にお前なんか興味ないからいいや」と、開き直ってしまう人がいることです。

こちらが嫌な思いをしているのに、こんな対応をされことは、間違いなく最悪な気持ちになります。

 

自分が正しい/特別だと思っている

自分が正しいとか特別だと本当に思っている人は、自己愛が強いナルシスト人間であり、承認欲求が強い人の特徴にも当てはまります。

自己愛が強い人の心理には、「自分の価値観を認めさせよう」と一方的に話してしまったり、「自分の要求は通って当たり前だ」などの本音が隠れているため、弾丸トークをしても許されると心の中で感じているのです。

このタイプは典型的な嫌われ者となりやすい一方で、初対面では凄く魅力的だと評価されやすいために、第一印象がよくてモテる人が多くなりがちです。

しかしながら、心の中では他人を見下していたり、バカにしているために、「俺様/私様の話をこいつは聞くだろう」と思われ、一方的に話されている可能性も考えられます。

根拠のない自信家で、なんでも大げさに物事を表現したり、自分は何でもできる人間であると本気で思っている人は、こちらの心理に当てはまっていると言えます。

さらにもう1つ、自己愛が強い人は自分と他人の境界線が分からないので、プライベートな情報をたくさん聞こうとする、詮索好きな人の割合も高くります。

詮索好きな人も同じく、一方的にズバズバとプライベートな質問をしてくる、嫌なタイプです。

 

自分に注意が行き過ぎている

一方的に話すといっても、暗い話やネガティブな話ばかりする人がいますが、こうした人は自分自身に注意が行き過ぎた結果、些細なことや小さな不安が溜まりに溜まってしまい、誰かに相談してしまうことが多くなります。

その相談の聞き役となった人こそ、一方的に話をされたあなたであり、ネガティブ思考で不安定な感情な人であった場合は、こちらに当てはまっていると断定してもいいくらいです。

このタイプは一方的にネガティブな話をすることで、不安を口に出してストレス解消を目的としており、中には「あなたはそんな人じゃない!」と、ダメな自分を否定してほしいが故に、長々と自分語りをしてしまうこともあります。

不安や不満が多い人が、一方的に話すことは非常に面倒だと感じる人もいますし、暗い気持ちになりたくないと思う人もいるかと思いますが、大事な友人であればしっかり話を聞いてあげることが、思いやるある行動となるはずです。

ちなみにこのタイプは、あなたに相談した後に「あんな暗い話ばっかりして、嫌だったかな…」と、新たなを生む一方なので、根本的な原因を断ち切らなければ、永遠とネガティブ思考が続くことになるでしょう。

これは他人事ではなく、あなたも自分自身に注意を向け過ぎることで、どんどんと自分のダメな部分に着目していくようになるので、”自分を見つめ直すことはほどほどに”と覚えておいてください。

 

【気をつけて!】不愉快になる理由がこれ!

一方的な自己開示はアウト

一方的に話されたり、弾丸トークされることで「イライラ」したり、「不愉快な気持ち」になることが多い本当の理由を、あなたはご存知ですか?

これはあなたも犯しがちなミスとなるために、しっかりと知っておいてほしいのですが、一方的に話を聞かされることは、不満が溜まってしまうのです。

簡単に言えば、ずっと話を聞かされることで疲れることがイライラする原因なのではなく、最も大きな原因は、「自分も話したい」という承認欲求を満たすことができない結果、不愉快に感じてしまうわけです。

もちろん話の内容にもよりますが、勘違い男が永遠と自分が優秀であるアピール、すなわち自慢話をすることはイライラするでしょうが、実は、一方的に話されることで不愉快に感じる正体は、承認欲求なのです。

特にお喋りが大好きで、様々なことを語り合うことでストレス解消を目的としている女性は、自分が話せないことで目的を達成できずに、とても不愉快な思いをしてしまいがちです。

一方的に話す時にはきちんと事前に断りを入れて、たくさん話を聞いてもらうことがオススメです。

 

【障害なの?】考えられる病気とは?

発達障害の可能性も十分にある

話を聞けない代表的な障害は、アスペルガー症候群であり、とにかくコミュニケーション能力が低く、他人の気持ちに共感できないので、空気が読めないことも特徴となります。

空気が読めないため、一方的に話していることが悪いことであるとも理解できず、相手との距離感がイマイチ掴めないことから、とにかく相手に不愉快な思いをさせてしまいがちです。

他にも、冗談や社交辞令を真に受けてしまうことや、人の顔を覚えることが苦手である、自分から何かしようとするわけでなく、受動的で指示を待ってしまうなども特徴に挙げられます。

また、アスペルガー症候群と診断される人は、相手からの言葉に敏感で、はっきりと物事を伝えなければ、伝えたことをそのまま捉えてしまうために、影で一人で傷ついていることも多いです。

そのままの言葉を鵜呑みにしてしまうということは、理解がある人でないと扱いが難しく、面倒な性格であるとの評価に繋がりやすいため、対人関係がどうもうまくいきません。

そしてもう1つ、限定されたものへのこだわりも凄く、強く興味を示したものには非常に強いこだわりを見せたり、驚くほどの集中力が発揮されるため、ここが強みとも言えるでしょう。

未だに全ての原因がはっきりとは分かっていない障害で、外に出ると苦労する人がたくさんいます。

 

【誰でも使える】厳選対処法まとめ

「そうなんだ」を有効活用

弾丸トークや一方的な会話には、共感ばかり示す必要もなく、会話終わりにただ一言「どうなんだ」と言葉にするだけで、相手は「あなたが話題に興味がない」ことに気づいたり、そもそも会話する気力をなくしてしまいます。

それ以外にも、「へー」とか「ふーん」も効果的であり、どうでもいい話を長々とされるくらいであれば、相手を怒らせない程度に、相手を黙らせる魔法の言葉をちょくちょく入れていきましょう。

相手を怒らせてしまうと面倒が増えるだけなので、相手を怒らせないように、しっかりと顔色を伺うことがポイントとなります。

会話する気分さえ奪ってしまえば、相手もそれ以上語ることもありません。

 

「主導権を握る」営業テクニック

営業の方と話したことがある方のほとんどは、会話途中に「あっ、それいいですね!」などと、突然話を遮られた経験があることでしょう。

これは嫌味を言われた時や、自分が不利になった時、主導権を握りたい時に使う営業テクニックであり、全く関係のない話を突然入れることで、弾丸トークや一方的な話に終止符を打つことが可能です。

あなたも会話に疲れたのであれば、「あっ、今UFOみたいなのが飛んでる!」などの適当なことを言っておけば、そこで会話は一旦終了し、あなたが主導権を握ることができる環境を作り出します。

何でも良いので、会話とは全く関係のない話をぶち込んでやりましょう。

 

物理的距離を置く

とても簡単なことで、苦手な人や嫌いな人とは物理的距離を置くことが有効です。

そもそも人は嫌いな人ほど物理的距離を置きたがり、好きな人ほど物理的距離を縮める傾向が分かったおり、あなたが苦手であることを示すことは、やがて相手にも伝わるはずです。

嫌悪の返報性が示すように、苦手なことを態度に出し続けることで、やがて相手も同じくあなたが苦手になっていくはずです。

一度は我慢とグッと耐え凌いだ後は、できるだけ近寄らないことを徹底しましょう。

 

「他人に頼る」自己防衛テクニック

こちらはテクニックと言うよりかは、最も簡単であなた自身を守るテクニックとなり、小学生でもできるテクニックとなります。

その方法は、その場では諦めてある程度話を聞いて切り上げた後、あなたが違う誰かに話を聞いてもらったり、愚痴を言い合うための食事会などを開くことです。

心理でもお伝えしたように、一方的に話されることで承認欲求が満たされていないわけですから、この欲求さえ満たすことができれば、不愉快な気持ちやモヤモヤした気持ちを解消することに繋がります。

大事なのは欲求を溜めすぎないことにあり、次でしっかりと欲求を解消することができれば、それ以降一方的に話してくる人を避ける選択をすることで、あなたはもう不愉快な気持ちになることもないのです。

 

一方的に話す人は、性格に難ありかも

いかがだったでしょうか。

4つの心理を読んだあなたは、もうお気づきかと思いますが、扱いやすくモテる性格とはお世辞にも言えない性格が当てはまり、性格に難ありと思われるタイプに多いことが分かりました。

もちろん、ただ話を聞いて欲しくて一方的に話した人もいるでしょうし、欲求が溜まった結果爆発した人もいるため、たった一回の出来事で決めつけるのはNGです。

毎回のように聞き手に回されたり、話を遮断されることが多い、すぐに自分の話に持っていこうとする人は、どこか性格に難ありかもしれないと疑問に抱き、しっかりと対処法を身につけて置くことが重要となります。

一緒にいて落ち着く人か、不愉快に思う人であれば、断然落ち着く人と一緒にいた方が、メリットが大きいことは言うまでもない事実なのです。

また、次のページで紹介する「一緒にいて落ち着く人の特徴や魅力15選【完全版】」もセットで読むことで、包容力のある魅力的な人の正体が明らかになります。

人には必ず相性がありますが、そんなことを抜きにしても落ち着くと思われる人には、ある秘訣が隠されているのです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP