常識のある人と常識のない人の違い16選

常識のない人ほど嫌われやすく、非常識でキチガイだ!などの酷い評価に繋がることもありますが、常識のある人はそんな発言をしません。

実は常識のある人とない人では、性格上の違いである程度の判断が可能となり、これは心理学の知識を使うことで、明確な違いを出すことができます。

最近では外国人旅行者のマナーが問題視されるなど、何かと常識のない人が目立つ世の中ですが、なぜ彼らは非常識であることを恥じらわないのでしょうか。

日本人にも常識のない人がたくさんいますが、彼らが欠けている一部について、具体的な特徴を見ていきましょう。

人の迷惑を考えるか/考えないか

人の迷惑となる行動を平気でしたり、迷惑になるからどうしたの?と平気な顔をする人がいますが、まさに非常識で頭のおかしい奴だと思われるタイプとなります。

例えば、順番抜かしや禁煙場所での喫煙など、人の迷惑を考えず行動に移す人は、本当に鬱陶しい存在だと感じる人も多いことでしょう。

基本的にこのタイプは自己中心的で、他人の迷惑になろうが自分さえ良ければそれで良し主義で生きているので、周りの評価より自分がどう思うかを優先します。

まさに自分の都合しか考えない最低人間であり、迷惑をかけた事実を突きつけたとしても、このタイプは開き直ってしまうほどの図太い神経の持ち主も多いので、非常識なバカは相手にしないくらいの気持ちで、距離を置くことが最も安全な対処法となることでしょう。

常識のある人とは、他人の迷惑をしっかりと考え、迷惑がかからないためにはどうすればいいのだろうか?と、別の方法を実行できる人であるはずです。

 

対人感受性が高いか/低いか

対人感受性とは、「相手の立場となって物事を考えれるかどうか」であり、対人感受性が低い人は人の迷惑を考えれず、そもそも迷惑であることをに気づけなかったり、相手が傷つく言葉が分からないなど、気づかぬうちに相手を傷つけたり、不愉快にさせることが多いです。

例えば、誰もが優しい言葉をかける必要があると判断する場面でも、「何甘えてるんだ?」と相手を責め、自分の気持ちを押し付けてしまう人は、相手の立場となって物事を考えるよりも、自分の気持ちを優先してしまった結果、相手を傷つけてしまいます。

これが対人感受性が高い人の場合は、しっかりと相手の立場で物事を考えることができるために、常識の範囲内での行動が可能となります。

他にも、低い人は無神経な人でありますから、デリカシーがなく、空気を読む行動ができないとか、他人に興味がないため思いやりがない、相手が嫌がることを平気で口にするなど、非常識な言動が多々見られるのです。

よく思いやりがあって、優しい人であると評価される人がいますが、これは対人感受性が高くて、常識のある素晴らしい人物と言い換えることもできます。

 

柔軟か/頑固か

頑固な人はひと昔の常識を未だに信じ続けていて、それが正しいと疑わないために、常識のない行動を取ることになります。

一方で柔軟な人は、環境や人間関係が変わったとしても、そこに合わせて対応ができるように、ひと昔の常識は何の役にも立たないことを理解し、今の常識を身に付けることができる、常識のある人に変わることができるのです。

そもそも頑固な人は、お年寄りに多く見られる傾向にありますが、お年寄りは自分が生きてきた常識を否定することは、自分の信念や人生を否定してしまうように感じた結果、いつまでも今の時代の常識を受け入れることができないのです。

柔軟性がない人ほど拒否反応が強く、柔軟性がある人ほど物事を受け入れることができるため、多くの人が柔軟性のある人に高い評価をつけがちで、柔軟性がない上司などは非常に厄介で、できない上司との烙印を押されることも。

自分は常識人だ!と、主張を曲げない人ほど非常識な人が多いのが、良い例となります。

 

コミュニケーションがある/ない

コミュニケーションとは、ただ話す能力が高いのか低いのかだけにあらず、コミュニケーション能力が低い人には、以下のような特徴が見られます。

「相手の気持ちを考えず、長々と話を続けてしまう」、「相手を拒絶してしまう」、「意味の分からない会話をしてしまう」、「人の話が聞けない」など、とにかく相手を不愉快にさせてしまうのが、コミュニケーション能力が低いと言われる人です。

こうした人が常識のない人に当てはまる理由は、一方的に自分の話をしてしまったり、話を遮ってまで自分の話をしてしまう、相手の話を無視してしまうことにあり、ある程度大人になっても、相手の都合や気持ちを全く気にせずに、相手を不愉快にさせてしまうことは、常識がないと判断されてしまいます。

常識のある人は、最低限のコミュニケーション能力を身につけていて、しっかりと相手の話に耳を傾けたり、目を見て会話ができる人です。

営業などで、自分の話を一方的にしてくる人に対して、非常識でイメージ悪い人だなと感じた経験をしたことがある人も、多いのではないでしょうか。

詳しい情報は→一方的に話す人は病気か?弾丸トークの心理と対処法を参考にしましょう。

 

人として認識するか/風景として認識するか

これは電車内で化粧をする人や、知り合いがいない場所でハメを外す人が当てはまり、電車内での化粧はマナー違反として有名で、他にも爆音で音楽を聴いたり、足を広げて椅子に座るなど、常識のない人は電車内や旅行者によく見られます。

この心理としては、「人と認識しているのか?」「風景として認識しているのか?」の違いにあり、誰でも風景の前では恥ずかしい気持ちや、見られている感覚がないのは、当たり前のことです。

逆を考えると、電車でマナー違反をしている人の前に、好きな人や両親が現れるとすれば、おそらくほとんどの人が常識のあるマナーを意識した行動に徹底し、良い子ぶる行動を見せることでしょう。

旅行者も同じく、旅行先には自分の知り合いなどいるはずもないと思っていることから、暴れたり大声を出しても風景化している大勢に対して、自分の評価など気にする必要がないのです。

つまり、常識のある人はどんな場所でも、人を人としてきちんと認識していて、常識のない人は知り合いがいないであろう場所では、風景化することにより他人からの視線を気にしていないのです。

 

周りからの視線に敏感か/鈍感か

周りからの視線に敏感かどうかでも、常識のある人とない人に分けることができ、視線に敏感な人ほど自然と常識を気にするようになります。

人前でいちゃつくカップルを例にすると分かりやすく、こうしたカップルはまだ若い人同士であるか、とても美人やイケメンとは言えない容姿である人であるか、どちらかである確率が非常に高いです。

ネットでも電車内でイチャつくブサイクカップルなどと、話題を集めることが稀にありますが、これにはしっかりとした理由が考えられます。

ブサイクほど昔から注目されることもなく、人目を気にする必要がなかったことから、他人の視線や評価に鈍感で、美人やイケメンほど注目の的であったわけですから、視線や評価に敏感なのです。

その結果、ブサイクカップルほど人前で恥ずかしいほどのイチャつきを見せたり、美人やイケメンほどイチャつくことが少なくなると考えられます。

詳しい情報は→ブスカップルほどいちゃつく心理〜あるある10選を参考にしましょう。

 

ケチ/そうでないの違い

ケチな人ほど過去に自分が奢ってもらった事実を、都合のいい方向に捉えて、奢り返そうなんて考えに至ることはありません。

ケチでない人の場合、いつもお金を出してもらっているとか、多めに出してもらっている、過去に出してもらったなどの恩を忘れることなく、その気持ちを行動で返すことができるのです。

いつも奢ってもらってばかりで、それが当たり前のように思っている人なんて、常識があるはずもないですし、嫌われて当然の性格とも言えます。

他にもケチな人は、他人が得するとグチグチと文句を言ったり、得する情報を知れなかったことに後悔するなど、何かと面倒な一面が見られがちです。

こうした何かと面倒な一面を考えても、常識のある人と仲良くしていくべきなことは明確です。

 

自己愛が強すぎるか/違うか

自己愛が強い人の特徴として「わがままである」「特別扱いされたがる」「自分を認めさせようとする」などの、困った特徴が見られ、こうした人は非常識なことをすることで、目立とうとすることもよくあることです。

例えば、嘘をついて見栄を張ることで自分を大きく見せたり、目立ちたい気持ちが強すぎて嘘をつくなど、平気で嘘をついてしまうのも自己愛が強い人に見られる、悪い癖です。

平気で嘘をつくことは常識のない行動ですし、わがままであることは自己中心的な性格であるため、時として自己愛が強すぎる人は非常識な行動に出て、自分を認めさせようとします。

常識のある人はそんなことをしませんし、何より自己愛が強すぎる人を嫌うのは、常識のある人であるはずです。

 

常に優位に立ちたがるか/違うか

自分が常に優位に立ちたがる人ほど非常識な理由は、こうした人は他人の弱みを知りたい気持ちが強く、様々な情報を知ることで噂を流したり、または影でこそこそと悪口を言うタイプであるからです。

まさに詮索好きな人に当てはまり、詮索とは「他人のプライベートな情報を知ろうとすること」にあります。

ママ友や性格の悪い人ほど見られやすい行動にあり、他人のプライベートな情報を知ることで、どんな時でも自分が優位に立てるような気持ちに浸ったり、または悪い情報を知ることで、評価を下げようとしているのです。

それほど仲良くないにもかかわらず、友達のプライベート情報をたくさん聞いてきたり、あなた自身のプライベートな部分に平気で入ってくることは、常識のない行動そのものです。

逆に常識のある人は、ある程度人間関係を築き上げてプライベートな情報を知っていくものですし、他人が嫌がる情報を知ろうと無駄な努力を起こすこともありません。

詳しい情報は→詮索好きな人の心理的特徴と対処法13選を参考にしましょう。

 

利己的/そうでないの違い

利己的とは、「自分の利益のみを追求する人」のことで、他人が大損をしても自分に利益があるからいいと判断したり、相手が借金まみれになっても自分が得すればいいなどと思うことにあり、利己的な人は非常にずるい人でもあります。

非常識で例えると、詐欺師や洗脳者、損得関係で付き合いを続ける人などが当てはまり、こうした人は自分に甘くて他人に厳しい共通点があります。

さらに自分が正しいと疑わない利己的な人は、他人の意見など聞く必要もないと思っていて、自分の主張が通らなければ拗ねたり、不機嫌になることもしばしば。

常識のある人とは、自分の利益ばかりではなく、どちらも幸せになれるwin-winの関係を築ける人にあり、多少の犠牲は仕方ないと思える人なのです。

その証拠に、利己的な人ほど利益を追求できればマナーやルールを無視したり、他人の意見を無視する、利益のために嘘を平気でつく、利益のために人間関係を捨てるなど、決して常識があるとは言えない行動が目立ちます。

 

価値観を押し付ける/押し付けない

価値観を押し付けてくる人は、自分の考えこそ正しいと思っていたり、相手のためを思って押し付けてしまうこともありますが、相手の価値観を受け入れられないからこそ、それを否定して押し付けてしまうのです。

ネットワークビジネスや胡散臭い宗教の勧誘をする人が良い例であり、こうした人達は他人の価値観を否定して、自分の価値観を押し付けることで、これこそが正しい選択肢だと意見を押し付けます。

さらに自分の意見が正しいと思い込んでいることから、相手の意見や気持ちを無視して行動に出てしまった結果、常識のない行動を起こしてしまいやすいです。

常識のある人は、価値観を押し付けるよりも、相手の価値観を尊重することができ、自分が良いと思ったことを押し付けて、相手を苦しめるようなことはしません。

 

閉鎖的か/開放的か

閉鎖的とは、「よそ者を受け入れようとしない」ことで、ど田舎に移住した人が町の住人に受け入れられずに、仲間外れにされたり、変な人が来たと思われることは、閉鎖的な環境に住むことが原因です。

閉鎖的な人ほど、自分達の殻に閉じこもることで、自分達なりの常識が確立された結果、それに反する人は非常識でおかしな人だと判断します。

しかし視野を広げてみると、海外や都会ではそれは常識のある行動で、当たり前のように多くの人が行動を起こしていたり、逆に自分達が決めた伝統ある常識などが、他では非常識な考えであることは、日本の田舎でも問題に挙げられる、田舎移住のデメリットです。

開放的な人は、外部の者でもきちんと受け入れることができたり、視野が広くて行動力もあることから、外国で知らなかったマナーを知ることができるなど、自分に足りないものを認めることができます。

田舎に行くと当たり前のように道でタバコを吸うおじさんを目にしますが、都会に住むと道でタバコを吸う人が野蛮人かのような目で見られ、そもそもマナーを守る人が多いのが分かりやすい例です。

詳しい情報は→閉鎖的な人の特徴とは?納得する10の共通点を参考にしましょう。

 

挨拶ができる/できない

挨拶は社会人としての最低限のマナーですし、挨拶ができない人は印象も悪く、職場で孤立してしまうことも珍しくありません。

自ら挨拶をしなくとも、相手からきちんと挨拶されたことに対して無視をするのも、失礼極まりない行為ですし、これは相手を拒絶していると捉えられて仕方がない行動であります。

さらに挨拶ができないことは、性格に何らか問題があるとも思われることから、非常識で変わった人だと噂になってしまいます。

挨拶ができない人が常識のある人だなんて話を、聞いたことがある人はこの世にいるのか疑うほどです。

 

感謝の気持ちがある/ない

感謝の気持ちがある人は、どんな時でも「ありがとう」と口にできたり、相手がしてくれた恩を忘れない人であり、相手を裏切るような行為を考えようともしません。

逆に感謝の気持ちがない人は、「やってもらって当たり前」「誰もがそうしてくれる」と思い込んでることから、感謝の気持ちを口にすることもありません。

どちらが常識のある人かと質問すれば、多くの人が感謝の気持ちがある人と答えることでしょう。

それもそのはずで、感謝の気持ちがある人は恩を忘れない人であったり、いつもしてもらってることを当たり前と思っていない人であるので、その恩を少しでも返そうと考えることができるのです。

感謝気持ちがない人の場合、当たり前と思っているわけですから、返す必要がないとの考えに繋がった結果、何をしてもらっても素直にありがとうと言えなかったり、してもらって当たり前であるという態度を出してしまうのです。

 

悪いことをしても目立つ人/違う人

悪いことをしても目立つわけですから、常識のないことをして目立つ=非常識であると思われることは当然です。

こうした人は、自分が特別な存在でありたいとの思いが強く、他人と違うことをすることで目立ち、自分は注目されるほどの魅力的な人間であると思い込むのです。

暴走族やヤンキー、バカッターと呼ばれる人がこれに当てはまり、非常識なことをして注目を集めることで、自分にとってはそれが注目されている賞賛へと変わってしまいます。

逆に常識のある人は、そんなことをする必要もなく、普段から実力や容姿で目立っている人であったり、周りから賞賛されることが多い人と言えます。

悪いことをしてでも目立つ人は、普段から満たされない賞賛欲求を満たすために、悪いことをして目立ち、常識のない人だと評価されてしまうわけですね。

 

礼儀作法を意識するか/しないか

礼儀作法とはマナーのことであり、マナーが人を作るとも言われるほど、礼儀作法を重んじる人は成功しやすかったり、社会的地位が高くなりやすいです。

会社の代表ともなれば、どこで誰が見ているのかも分からないわけですから、ポイ捨てや迷惑行為など、会社の評価に直接繋がる負のイメージを避けることは当然です。

社会のマナー、世間の常識を知らない人が非常識であるように、社会経験が浅かったり、知識がない人ほど常識のない人が多くなると言えるでしょう。

人は誰でも恥ずかしい失敗を経験して、常識を培っていくのです。

 

常識1つであなたの評価が変わる

いかがだったでしょうか。

常識のない人に対して良いイメージを持たないように、あなたの何気ない1つの行動で大きく評価が下がったり、上がったりすることは間違いありません。

特に大勢の前では常識が問われ、常識のない行動をすればするほど、周りからの評価は落ちていく一方です。

マナーを全て身につけた上品な人になれとまでは言いませんが、最低限のマナーを身につけておくことは、常識のある人だと評価されることに近づくことでしょう。

非常識な人とは、周りを不愉快にさせたり嫌な人だと思われてしまう、好かれない人なのです。

だからこそ、世の中の多くの人がマナーに敏感で、常識のある人を目指していることは言うまでもありません。

また、次のページで紹介する「無知な人と博識な人の明確な違い14選」もセットで読んでみましょう。

無知は罪とも言いますが、無知である人の特徴を知ることで、あなた自身がどうなのか?の診断にもなります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP