【酷い】非協力的な人のゲス過ぎる心理と対処法について

非協力的な人の対して、「こいつバカじゃねぇの?」とか、「サボリ魔ってほんと嫌い…」などと嫌悪感を抱くことは普通であり、多くの人が非協力的な人に対して怒りの感情を抱くものです。

そんな怒りを覚えたあなたに、まず最初にお伝えしておくべきことは「非協力的な人のゲスすぎる心理を知ることで、おそらく嫌いな感情が加速してしまう」可能性が高いことです。

あなたは、非協力的な人に対して「楽をしてるだけなんだろう」と、誰でも考えそうな容易な考えをしているかもしれませんが、答えはそんな可愛いものではありません。

故に、【非協力的な人を嫌いになってしまうかもしれない】覚悟で、記事を読むことをおすすめします。

酷すぎ!非協力的な人の心理とは?

合理的な判断をしている

非協力的な人は、サボることで自分が楽をしていると考える人が多いですが、これは自分にとって最も合理的で得する判断をしているからだと言い換えることができ、協力しないことで自分のみの利益を最優先する心理こそが、非協力的な人の心理の正体です。

これは、全く知らない他人が困っている時に助けるかどうか?を例に挙げると分かりやすく、知らない他人の協力をしたところで、メリットは感謝の気持ちを伝えられることがほとんどであり、体力を使って働いたにもかかわらず、それに対する対価は決して高いものではありません。

非協力的な人は、自分の利益をより多く獲得できると捉えた時には、喜んで協力することで、たくさんの利益を得ようと考える一方で、利益が少ないことに対しては積極的に参加することができません。

このタイプが協力的になるのか、協力しないのかを決めるポイントは、自分の労力を保ちながらどれだけ楽ができるか?または利益を出すことができるのか?が重要であり、楽してたくさんの利益を得たいという本音こそが、非協力的な人が心の中で抱くゲスすぎる心理であります。

あなたの周りの非協力的な人を思い出してみると、常に楽をして利益を得ようと心がけていたり、または労力が少ない時には参加するような、卑怯な人間ではないでしょうか。

こうした人は、結局のところいつも自分の利益を最優先してしまうために、利己的な性格だと思われたり、損得勘定で物事を決めつける人物であると判断された結果、孤立を招いてしまう傾向が強く見られます。

もし、あなたが仲良くしようと心がけているようであれば、相手は損すると判断した時にはあなたを見放し、自分の利益を優先するようなリスクが伴うと言えるでしょう。

 

自分だけが忙しいと思い込んでいる

非協力的な人は合理的な判断をしていると述べましたが、多くの人はこのような行動をすれば、「嫌われるかもしれない」とか「迷惑をかける」と思うところ、非協力的な人はこうした考えをすることができません。

簡単に言い換えると、非協力的な人は相手の立場となって物事を考える能力に乏しい人であり、自分の立場のみで物事を考えた結果、多くの人に迷惑をかけている事実に気づけない人なのです。

つまり無神経な性格なわけですが、合理的で損得勘定が強い人と、無神経で他人の気持ちを考えない人の見分け方は、その場の空気が読めるかどうかにあり、普段から場の空気が読めない言動が多く見られることが、最大の特徴となります。

このタイプの厄介な一面は、「自分だけが忙しい」とか「自分だけが頑張っている」と、本気で思い込むことにあり、自分にとって非常に都合よく解釈してしまうことで、他人に大きなストレスや嫌悪感を抱かせることも少なくありません。

故に、面倒なことを他人に押し付けることで自分は楽をしている事実に気づけず、「自分は忙しいから仕方ないよね。」と、自分に甘くい判断することに加えて、他人が嫌がる気持ちを理解できないので、非協力的である事実にすら気づけない人なのです。

いつも非協力的であるにもかかわらず、自分が面倒に感じたことを平気で押し付けてきたり、自分は忙しい人であると本気で思い込んでいるような人は、「この人は心が子供のままである」と思っておいた方が、あなたにとってもストレスの軽減となるはずです。

「いい大人が他人の迷惑も考えないで…!!」と、同じレベルで考えてしまうことは、あなたにとって何のメリットももたらさないために、無神経で相手の気持ちが分からない子供のような人だと思い込むことで、真面目に対応する必要を無くしましょう。

 

協力しないことで自分を表現

タイトルを見た人の中には、「えっ、バカじゃないの!?」と思った人もいるでしょうが、あえて協力しないことで、自分は他者とは違う特別な存在であることをアピールし、それを違った方向に捉えてしまう人が世の中にはいます。

本来であれば、人は多くの人と同じ行動をとることで安心感を得ようとしたり、自分は変な人ではない確認をしようとしますが、他者とは違う一面を強調することで、特別な存在でありたいと思い込むことも、人が持つ性質なのです。

驚くほど個性的なファッションをしたり、派手なギャルメイクをする人が良い例であるように、他者とは違うことを表現することで、注目を浴びることにより快感を得るこのタイプは、目立ちたがり屋に多い傾向があると言えるでしょう。

非協力的といえば、ヤンキーと呼ばれる人は協力しないことで注目を浴び、周りからある意味一目置かれる存在となるわけですが、これが本人からすればヒーローや有名人になったかのような気持ちに浸ることで、凄く気持ちがいいものとなってしまう心理も、目立ちたがり屋で非協力的な人の心理となります。

いつもユニークな存在をアピールしていて、自分は悪であることをアピールしたり、他者とは違うことをアピールする人ほど当てはまる心理となり、このタイプは非協力的な行動を続けることで、自分の注目度が上がっていると本気で思い込んでしまいます。

その結果、悪がかっこいいと思っていくようになったり、注目されるためには手段を選ばないようになっていき、どんどんとダメな方向に走っていく人が絶えないのが、このタイプの厄介な一面です。

このタイプに関しては、違う意味で注目されていることが、褒められたり賞賛された気持ちに浸っている人でありますから、痛い人であるくらいに思っておくと、あなたが相手に期待することも無くなり、相手にしないようになっていくことでしょう。

ヤンキーの心理〜性格傾向や武勇伝に憧れる理由とは?←非協力的なことで、目立ちたがる人の心理はこちらを参考にしましょう。

 

嫌いな人がいたり、協力したくないメンバー

非協力的と言っても、一緒に居たくないメンバーだと思う人物がいれば、その場に現れない選択をすることも十分に考えられます。

こちらに関しては、「顔も合わせたくないくらいに嫌いだ」とか、「一緒にいると気まずい雰囲気を作ってしまう」など、周りのことも十分に配慮した考えがあって、非協力的な選択をしているのかもしれません。

仲が悪い二人が集団に入り込むことで、その場の空気や雰囲気を悪くしてしまうことや、周りに気を使わせることを十分に考慮した答えが、その場に現れないことであることは、決して間違った答えではありません。

ただ、こちらに当てはまる場合は、周りがその事実に気づいている必要がありますし、それでも協力して欲しいと願う人もいるために、難しい問題となります。

多数決でどのようにして欲しいのか?を決めるのが、最も無難で簡単な対処となるかもしれません。

 

心理学から考える対処法

利益を具体的に示す

非協力的な人は損得勘定で物事を決め付けているわけですから、参加しなければいけない理由に加えて、協力することでどのような利益を得れるのか?を具体的に示すことで、参加させることが可能となります。

ここで厄介となるのが、「なかなか利益を示せない時」であり、公園の掃除やボランティア活動などは、納得させるような利益を示すことが難しいために、説得させることが非常に困難になると想定できます。

こうした難しい時であっても、「人間関係を良好に保つメリット」を示したり、「非協力的であることで、周りから厄介者扱いされている事実」を納得させることができれば、協力的にさせることにグッと近づけることができます。

逆に、このタイプにしてはいけない対処法は、利益がないのに全員が我慢して協力していることを伝えることにあり、こんな伝え方をしても、「ほら!皆やりたくてやってるわけじゃないんだよ。」と自分の行動を正当化し、言い訳がましい発言が多くなってしまうだけです。

基本的に説得する際には多くの言い訳がつきもので、人は自分の行動が正しいことを主張するわけですから、非協力的な人が有利になるような説得方法は絶対に避けるべきです。

また、自分を正当化する人は他人に厳しく自分に甘い性格であるため、あなた達には厳しい目を向けて、自分には都合の良い解釈をすることが想定できるため、感情的にならずに利益を示すことができれば、最も理想的な対処法となることでしょう。

 

この集団が好きと思わせること

利益を示せない場合のもう1つの対処法は、この集団が好きだと思わせることにあり、好きな集団の中にいることで、人は嫌なことでも楽しい出来事であると思えたり、辛いことを乗り越えれるメンバーであると思うことで、自己犠牲を払うようになります。

付き合いたてのカップルが、恋人のためであれば驚くほどの自己犠牲を払ったり、嫌なことでも楽しいことや幸せであると思えることと同じように、協力するメンバーを好きだと思わせることは、協力的にさせる非常に有効な方法です。

他にも、ジャニーズメンバーが好きな人の集まりでは、非協力的な人であっても、好きなアイドルのグッズを協力して作り合うイベントであった場合は、参加率が高くなることは誰でも想定できることですよね。

集団が好きだと思わせるためには、まずは自分たちが相手に好意を示すことが一番で、嫌悪的な態度を取り続けているようでは、相手も同じく嫌悪感を覚えてしまうために、いつまでも集団を好きになることはないと覚えておいてください。

好意的な態度を示すとは、協力的になってくれた時にはしっかりと褒めてあげたり、プライベートな情報を伝え合うことも効果的であるために、子供を扱うくらいの気持ちで相手に接することができれば、やがて相手も好意的な態度を示すようになっていくことは間違いありません。

こちらの対処法を実行する場合には、まずは自分たちが好意的な態度で示すことを一番に、距離感を縮めていきましょう。

 

良い部分を見て、良い部分を褒めること

上記でも少し述べましたが、人は基本的に褒められたい本音を持っていて、褒められることで様々な欲求を解消することともに、モチベーションや向上心に繋がることが分かっています。

特に「協力しないことで自分を表現する」心理に当てはまっている人には、これ以上にない最高の対処法となり、自分は他者とは違うことをアピールしている人は、注目されることで褒められた気持ちに浸りたい人です。

さらに悪いことをして目立ちたい人は、昔から褒められることが少なく、愛情不足で育ったり、批判的な家庭で育った人が多いので、悪いことをして自分を表現しようとしているわけです。

こうした人には、悪いことを褒めるのではなくて、良い部分に注目してたくさん褒めてあげることが必要であり、良い部分を褒められることで、悪いことをして注目を浴びる必要がなくなることは、悪いことから離れていくことなのです。

根は良い人であるにもかかわらず、非協力的という悪いことを選択して自分を表現している人には、できるだけ良い部分を見てあげるようにしてください。

このタイプは良い部分を褒めてあげることで、さらに「褒められたい!」という前向きな気持ちになれやすく、これが様々な向上心に繋がる大きな可能性を秘めたタイプとなります。

 

諦めてしまい、ストレスを減らす方向に捉える

どの対処法も自分には難しいと思ったり、そもそも非協力的な人が嫌いであった場合は、諦めることで極力ストレスを溜めない選択肢を取りましょう。

極力ストレスを溜めない方法とは、物理的距離をとってしまうことが一番で、できるだけ近寄らずに、顔を見ないことで相手のことを考えるきっかけを作らないことが重要です。

さらに相手が何か頼みごとをしてきた時にでも、キッパリと断ってしまうことが必要で、相手に嫌われてしまう不安を抱くよりも、そもそも付き合いを続ける必要がない人物であると言い聞かせ、前向きに捉えてみましょう。

例えば、「非協力的な人と付き合わないことで、自分のストレスは軽減される」、「付き合わないことで、面倒を避けることができる」など、自分にとって前向きになれる捉え方ができれば、断ることに罪悪感を覚えることもありません。

嫌なことは嫌だと伝えることは、これから先の人生でも絶対に必要となるスキルでありますし、今からその度胸を鍛えておくと考えるのも、ポジティブな捉え方ですね。

あまり好きでなかったり、諦めてしまっている相手に対しては、諦めることによるメリットを探し出すだけでなく、捉え方を変えることを忘れないように。

 

【結論】自分の利益に夢中なことは、孤立の始まり

いかがだったでしょうか。

嫌われる人の性格面での特徴には、自分の利益ばかりを追求するような人が当てはまり、ケチであったり、打算的な性格、自己中心的な性格などが共通点です。

自分一人の力で稼ぐことができたり、人間嫌いな人であれば、孤立することもデメリットは少なくなりますが、人生はどこで何があるか分かりません。

だからこそ、周りに協力するという協調性は大事であり、協調性がない人はどんどんと孤立していきます。

そもそも周りの迷惑を考えないで行動する人は、自分はよくとも他人を不愉快にしてしまう人であるだけに、注意してくれる人がいなければ、いつまでも自分が難ありの性格である事実に気づけないことでしょう。

これは他人事ではなく、あなた自身も注意しなければいけない悪循環で、人は誰しも自分を客観的に見ることを忘れがちです。

人のふり見て我がふり直せという言葉があるように、悪いことは素直に改めることは、誰しも必要な意識であると言えるでしょう。

また、「常識のある人と常識のない人の違い16選」もセットで読むことで、あなたがいかに常識人で、非協力な人がいかに非常識な人であるかを理解でき、怒りを共感することですっきりとした気分に浸ることができるので、是非読んでおきたいおすすめページとなります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP