ヤンキーの心理〜性格傾向や武勇伝に憧れる理由とは?

昔からヤンキーに憧れを抱く人は多く、実際にヤンキーを目指す人も多い世の中ですが、「ヤンキーを演じる人の心理」をあなたはご存知でしょうか?

実は、ヤンキーの多くが悪い自分を演じているだけであり、根は優しかったり良い人であることは良くあることです。

この1ページを読むことで、「ヤンキーが抱く本音」「どんな性格が多いのか?」「武勇伝に憧れてしまう理由」が分かり、ヤンキーの心の闇をも知ることができます。

基本的に怖いイメージや近寄りがたいオーラを出しがちなヤンキーですが、彼らの本当の狙いが分かれば、おそらく見る目が180度変わることでしょう。

ヤンキーの心理とは?

悪に憧れ、どうしていいか分からない

人は誰しも「悪はかっこいい」という概念を持っていて、誰でも悪=憧れであると思える時期が存在します。

ここでヤンキーの道を選ぶ人と、そうでない人に分かれるわけですが、ヤンキーになって非行に走る人は、「自分がこれからどんな大人になればいいのか?」または、「どうして生きていくべきか?」に迷っている人であり、自分が何者なのかすら分からなくなってしまえば、誰でも路頭に迷ってしまうものです。

ヤンキーになってしまう人は、様々な失敗や挫折を繰り返すことで、目の前にある大きな壁を乗り越えることができずに、迷いを解消できない人であります。

分かりやすい例が、親のしつけが厳しすぎたり、親が子供に抱く期待が大きすぎる子供が、その反動で非行に走ってしまうケースであり、これは親が抱く期待という名のプレッシャーから、解放されるために非行に走ってしまうのです。

なぜなら、誰でもプレッシャーから解放されてゲームなどの現実逃避を行う方が、楽で楽しいことは明らかですし、ヤンキーともなれば周りからチヤホヤされることも多くなるため、余計にその環境が快感に思えるようになってしまいます。

これは親が子供に大きな希望を抱きすぎていたり、男だからしっかりしなきゃ…と自分自身にプレッシャーをかけすぎた人ほど陥りやすく、「頑張っても報われないのであれば、悪いことをして楽になってしまえ!」と思うことが、ヤンキー誕生の瞬間となります。

さらに思春期になると、悪がかっこよく見えてしまう心理も関係し、憧れを抱いた結果楽な道を選ぶ人もたくさんいます。

人は誰しもたくさん悩んだ末に、失敗や成功を繰り返して立派な大人に成長するのです。

 

他者とは違う自分を示したい

ヤンキーと言えば、髪の毛を金髪に染めたり、授業を抜け出す、学校の規律をあえて破るなど、多くの人とは違うことをして目立つ行動が特徴的ですが、こうした人は独自性欲求という欲求が強く、他者とは違う自分をアピールすることで、どれだけ特別な存在であるのかを示そうとしています。

この独自性欲求とは誰もが持つもので、目立ちたがり屋や個性的なファッションを好む人、自分は他者とは違うんだと強く思い込んでいる人なども、独自性欲求が強い人にあたり、他者とは違う演出の仕方がただ違うだけです。

故にヤンキーは、時として喧嘩をすることで他者よりも強いことをアピールしたり、バイクに乗って迷惑行為をすることで、他者との違いをアピールしようとするわけですが、これが行き過ぎると犯罪行為に繋がってしまいます。

さらにヤンキーにとって悪いことをしてでも目立つことは、自尊感情を高めることができるため、どんどんと行動がエスカレートしてしまうことも。

自尊感情とは、「自分に対しての評価」であり、「自分は価値があって尊敬されるべき人間だ」と思える感情を高めることができる行為は、目立つことや悪いことであると説明すれば、多くの人が「だからヤンキーは悪なのか…」と納得することでしょう。

おそらくあなたの知り合いのヤンキーは、悪いことをして目立つことで嬉しそうな顔をしていたり、ドヤ顔をして歩いているかと思いますが、これは内心「自分は周りから一目置かれる存在なんだ!」と思っていて、自分の価値を証明することができています。

誰でも自分の長所を生かすことで自尊感情を高めることができ、ポジティブ思考や自信をつけることができるものですが、ヤンキーは喧嘩が強いなどの長所を生かすことで、自分に自信をつけているわけなんですね。

もし自分に自信がなくてネガティブ思考だった人も、ヤンキーのような荒れた自分を演出することで、いつのまにか自信がついていた…なんてことも十分にあり得ることです。

 

注目されることが快感である

ヤンキーは独自性欲求が強いと上記でお伝えしましたが、この欲求が強い人は賞賛獲得欲求も強く、これは「賞賛されたい欲求」のことです。

例えば、ヤンキーが群れている会話を聞いてみると、「俺〇〇と喧嘩して勝ったんだぜ!」などと、悪いこと自慢をして周りから賞賛されている風景をイメージできますが、これは賞賛されることで快感を得ている証拠であり、喧嘩に勝ったという事実を自慢することで、より特別な自分でいれると思い込んでいます。

真面目な人からすれば、何が賞賛だよ…と思うかもしれませんが、賞賛とは自分が属する小さなグループ内のみでもOKであり、悪いことをするとカッコいいと思い込んでいるヤンキーグループからすれば、大きな賞賛に値する素晴らしい行動となってしまうのです。

これはオタクでも同じく、オタクグループに所属する人は、オタク業界で有名な人と握手をしたことを自慢すれば賞賛されるように、小さな世界で賞賛されるだけでも人は満足してしまうものなのです。

さらに困ったことに、賞賛されることで気持ちよくなってしまったヤンキーは、さらに派手な行動を起こすことでより多くの人に注目を浴び、もっと大きな賞賛を浴びようとするわけですが、これが迷惑行為であることも多いため、多くの人に嫌な思いをさせてしまうことがしばしあります。

なぜなら、ヤンキーグループの中では賞賛されることであっても、エスカレートしてしまった行動は他人に迷惑をかけていたり、犯罪行為に当たる行為を犯してしまうことにあり、視野を広げるとやってはいけない行動であることが多いからです。

本人からすれば、より多くの人から注目されている=賞賛されている気持ちに浸り、快感を得ているのですが、それは本人のみの気持ちであって、周りはいい迷惑となってしまうため、ヤンキーを嫌いになってしまう人が後を絶ちません。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP