派手な人の心理〜ギャルになりたい人との共通点とは?

「うわぁ〜凄い派手だねぇ。」と感心するほど派手なファッションを好む人もいれば、ガングロと呼ばれる超派手なファッションを好む人もいるわけですが、こうした人の心理を解明することで、派手な人の心理に隠されたある弱さが見えてきます。

人は誰しも弱い一面を持つものですが、一見強そうにも見える派手な人の中には、内心弱々しい一面が隠れている人が多いことが、この1ページで理解できます。

これはギャルのような派手なメイクだけに限らず、ワイルドなファッションを好む人などにも当てはまる心理であるため、基本的に目立つことが好きな人は特に必須であるとはじめに伝えしておきます。

派手な人の心理とは?

存在を認めて欲しくてアピールしてる

派手なメイクやファッションを好む人は、派手なことで自分の存在をアピールしていると考えられ、多くの人に自分の存在を認めて欲しい気持ちが強かったり、魅力を認めて欲しい気持ちが強い人ほど、派手なものを好む傾向が強いです。

これは自己顕示欲が強いことが原因と考えられ、露出度が高いファッションや性差を強調するファッションを好む人ほど、自分の魅力をアピールすることで注目を浴び、認めてもらいたい心理が隠れています。

人は面白いことに、注目を浴びることで自分は認められていると思い込んだり、注目を浴びることで快感を覚えるもので、派手な色や露出度が高いもので注目されることを知れば、さらに派手度が増してしまうのです。

個性的でド派手なファッションを好む人がいますが、こうした人がオシャレと評価されているにもかかわらず、理解できない領域に達してしまう人が良い例であり、こうした人はエスカレートしすぎた結果、多くの人に共感できない領域に達します。

また、これは美人やイケメンほど、セクシーであるとか色気があると評価されることになる一方で、ブサイクがこうした派手さを追求することは、時として「恥ずかしい」や「下品」などと評価されることに繋がりかねません。

人は誰しも印象操作により自分の与えたいイメージを与えているのですが、印象操作は失敗してしまうと上記のように、「恥ずかしい」などと評価が下がってしまうため、派手な人は自分に似合うものを着こなすことが、評価を下げない重要なポイントとなることでしょう。

よく、目立つことで同性から「勘違いしている」などと評価されることがありますが、これは印象操作が失敗した典型的パターンです。

 

今すぐに変わりたい気持ちが強い

上記でもお伝えしたように、派手さは自己顕示欲が強い証拠でありますが、こちらの心理は自己顕示欲が弱い人にも当てはまり、見分け方は非常に簡単です。

自己顕示欲が強い人は自己愛が強く、ナルシストな人であるため、自分の魅力をアピールすることで認めて欲しいと思っている一方で、自己顕示欲が弱い人は自己愛が弱く、自分に自信を持つことができません。

自分に自信を持つことができないということは、派手なメイクやファッションで自分を大きく変えたい気持ちが強く、素の嫌いな自分を今すぐ変える願望を叶える魔法こそが、派手な人になることです。

SNSを覗いてみると、よくネガティブ思考で自信がない人ほど、男女関わらずに派手なカラコンをしていたり、派手な髪型をしているものですが、こうした人は嫌いな素の自分から変身した姿を投稿することで、認められようとしています。

他にも、普段の姿では自信を持てない人がコスプレイヤーとなることで、多くのオタクから注目を浴びる姿をコミケで目撃しますが、これも変身したことによりコスプレのパワーをもらい、注目されることで賞賛された気持ちに浸っています。

これを簡単に言い換えると、派手にすることは注目されたい欲求を解消し、コンプレックスを解消できるなどの素晴らしい力を持ち、誰でも手軽で簡単に変身願望が叶えられるということです。

その証拠に、あなたの周りを冷静に観察してみると、ナルシストっぽい人ほど派手なファッションやメイクを好んだり、自分が嫌いな人も同じく派手なファッションやメイクをしているはずです。

 

内面まで強化された気持ちになれる

派手になることは自信を与えてくれるだけでなく、まるで自分の内面さえも魅力的になったかのような気分にさせてくれ、派手なことで周りから注目されたり目立つことは、本人からすると褒められているも同然の行動なのです。

さらに派手なことで「魅力的だね」などと褒められると、余計に「ギャルになろう」とか、「チャラい男でいよう」と思える意識が強まり、どんどんと見た目と言動が一致していくようになってしまいます。

これを心理学では「自己成就的予言」と呼び、周りからの期待に応えようと見た目に沿った行動を起こしてしまった結果、人は見た目と言動が一致してしまうのです。

これはまさに、派手な人になることで内面まで強化されていると言え、相手に与えたいイメージを外見である程度評価されることで、より周りがイメージする人物像に近づいていってしまいます。

これは派手な人だけに限らず、外に出るときは化粧をきちんとする人や、髪の毛をきちんとセットする人なども同じく、外見をきちんとすることで内面にまで影響をもたらし、モチベーションの向上や積極的になれるなど、様々なメリットをもたらします。

また、派手な人になりきることで周りからの反応を確認できると、人は自分に対する評価や見た目をより意識するようになり、他人からの視線に敏感になってしまう傾向が見られるのも、面白い特徴と言えるでしょう。

 

特別な自分をアピールしている

派手な人の中にも、悪いことをして目立つような派手な人と、真面目だけど見た目が派手な人がいますが、悪いことをしてまで目立つような派手な人は、特別な自分をアピールするために、派手な自分を演出していると考えられます。

例えば、校則を破って髪の毛を金髪にしてくる子供がいますが、こうした人の心理には「自分は周りとは違うんだ」との思いが強く、周りとはあえて違うことをすることで、自分が特別な存在であることをアピールしています。

このタイプの内心にも、同じく存在を認めて欲しい欲求が強く見られますが、注目されるためには手段を選ばないのが、真面目で派手な人との違いにあり、悪いことをして目立つことも、悪いことをして目立つ派手な人にとっては、認められているようなものです。

なぜなら、規則を破る人の周りには同じタイプが集まるわけですから、派手な格好で派手なことをすることは、同じタイプにとっては注目と賞賛に値する行為となり、「自分は多くの人から認められているんだ」という錯覚に陥ってしまうのです。

特別な自分をアピールすることは悪いことではないですが、そのためには手段を選ばないようでは、のちに自分が痛い目にあうだけなのです。

 

派手な人の性格傾向も知ろう!

他人からの意識が強い

派手な人は他人から認められたり、コンプレックスを無くすためにあえて派手さを追求しているわけですから、他人からの視線が気になり、自分がどう思われているのか?に敏感な性格と言えます。

このタイプは自分がどう思うのか?よりも、周りがどう思うのか?を気にすることから、人前では気疲れが絶えなかったり、相手に悪く思われないように自分の言動にとても気を使う人です。

これを言い換えると、自意識過剰である人も多く見られ、周りがひそひそ話をしていると、自分の悪口を言われているのではないか…と心配になったり、少し優しくされるだけで、好きなのかも…と期待を抱いてしまうのも、性格面での細かな特徴です。

欠点としては、自分自身がとう思うのか?を重視しないために、自分に素直になれなかったり、自分自身と向き合えないことで、反省することができないことです。

常に他人目線で物事を決めてしまったり、顔色を伺いやすいこのタイプは、時として痛い一面があると評価されやすいのでご注意を。

 

性差が出る部分を強調しがち

派手な人は色やメイクだけを強調するわけでなく、女性であれば胸を強調したファッションをしたり、男性であれば筋肉を見せるファッションをするなど、性差が出る部分を強調することが好きです。

存在を認めて欲しくてアピールするの心理でも紹介したように、派手な人は目立つことで自分をアピールし、自分がどれだけ魅力的であるかを知ってもらいたい人です。

だからこそ、より性差が出る部分をアピールすることで、異性からの注目を集めることにも繋がりますし、自分の魅力を宣伝することにも繋がる、一石二鳥の方法となります。

ギャルファッションほど足やお尻を強調したファッションであったり、ワイルドファッションほど怖さや二の腕、ピアスといった部分を強調するのは、こうした心理的欲求が導いた結果なのです。

ギャルになりたい人ほどビキニ姿を披露したり、短パンを履くものですが、これらも同じく性差を強調することで、ひときわ注目を浴びたい欲求を満たしています。

 

自分を過大評価しがち(自己愛が強いケース)

自己顕示欲が強かったり、ナルシストで派手な人に当てはまる性格傾向で、自分のことが大好きなこのタイプは、周りが思う以上に自分に高い評価をつけていて、自分は何でもできると自信家になった結果、うぬぼれやだと評価されることも。

自分の能力を過大評価してしまうことは、自信家になれる強みがある反面、ガラスの心となってしまう弱さも兼ね備えており、他人からの冗談や少しの指摘で深く傷つき、落ち込んでしまいやすい傾向にあります。

自尊感情が傷つきやすい人は、自尊感情を傷つけないために反抗することで、感情的になってしまったり、逆ギレすることで自分を守ろうとするので、こうした厄介な一面を理由に嫌悪感を抱かれることも多いです。

一方で、基本的にポジティブ思考で前向きな考えができる自己愛が強い人は、仕事に対しても前向きで積極性が見られたり、向上心の強さがあるため、大きな実績を残せるポテンシャルがあるとも言えます。

よくハリウッドスターや芸能界でも、派手な生活やファッションを好む成功者がいますが、こうした人は自己顕示欲の強さを上手く利用し、認められたい一心で努力し続けた結果と考えることができます。

 

競争心が少ない(自己愛が弱いケース)

自己顕示欲が弱い人は競争心が弱く、嫌いな自分が他人より輝けるはずがないと初めから諦めてしまったり、今のままでも十分と出世を諦めてしまうタイプが多く、どんなことにも積極的に取り組むことができない、消極的な人であります。

派手な人の中でも、自己顕示欲が弱い人は普段は控えめなのに、コスプレをすることで全く別人になれたり、一見目立ちたがり屋であるような人物に見えてしまいがちですが、これはコスプレによるキャラクターになりきっていることや、日常から抜け出したかのような気持ちになることで、普段とは違う自分を演じれています。

一方で、メリットは周りに気配りができたり、相手の気持ちを考えて行動できる部分にあり、学校や職場でもチームをまとめる役を引き受けた際には、揉め事を起こさず平和に進行を進めることができる強みがあります。

これは外見上良いことだと思えがちですが、あまりにも良い人を演じすぎる自己顕示欲が弱い人は、自分の利益を放置してまでも相手に尽くしたり、相手の利益を優先してしまうこともあるので、他人に利用されやすい性格とも言えるのです。

恋愛でも、尽くしすぎて遊ばれたり、付き合ってくれたことに感謝しすぎて重くなってしまうのが悪い部分で、「自分なんか付き合ってくれた」と思いすぎることで、恋人になめられてしまうのが、恋愛面での欠点です。

 

【結論】ギャルになりたい人と同じ心理

いかがだったでしょうか。

派手な人の心理は、ギャルになりたい人やヤンキーになりたい人、目立ちたい人などと同じ心理で、とにかく目立つことで自分の魅力をアピールしたり、変身願望を叶えることで自信を手に入れようとする人です。

人は誰しもこうした欲求を持っていて、派手になることは決して悪いことではありませんが、行動がエスカレートしていくことだけには気をつけてください。

派手で上品な人は、多くの人から魅力的だと評価される人でありますが、ただド派手で下品に見られる人は、自分が思っている以上に周りの評価は高くありません。

自分が納得できればそれで良しと言えばそれまでですが、他人の評価を強く気にする派手なものを好むタイプは、自分よりも周りを納得させたい性格であるために、エスカレートすることは後悔に繋がりやすいのです。

故に、過激な自己アピールは控えるようにしたいものです。

また、「ヤンキーの心理〜性格傾向や武勇伝に憧れる理由とは?」もセットで読んでみましょう。

派手な人とヤンキーの心理は、共通点や類似点が多くみられるので、派手な人にも当てはまる部分がたくさんあるはずです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP