バカっぽい顔の特徴とは?ポイントと化学的証拠10選

「あっ、この人バカっぽい顔してるなぁ。」なんて思われることは、決して高い評価として見られているわけではなく、むしろバカにされた気分に浸り、嫌な一日を過ごすことに繋がるほど、バカっぽい顔でいることは損することが多いです。

例えば、賢そうな顔とバカっぽい顔であれば、多くの人が前者を知的で頼れそうだと感じるのに対して、後者はいかにも見下した、バカにしたような表現をすることは珍しくありません。

バカっぽい顔と思われる人の特徴は、ある研究結果でしっかりとポイントが発表されているので、そうした科学的根拠も交えて話を進めていきます。

ポイントとなる各パーツと研究結果

研究者が明かしたバカっぽい顔の特徴

海外の研究者がおこなった、「顔の各パーツにより、IQがどれだけ違って見られるのか?」という実験結果によると、40人の男性と40人の女性の写真を対象に調査をスタートしたところ、頭が悪そうだと思われる顔の特徴がはっきりと分かれ、驚くべき違いがあることが明らかになりました。

その写真がこちら。

研究者達の発言によれば、知的かどうかを人が認知するポイントは、以下の3つのポイントで、これらのポイントに近ければ近いほど、バカっぽい顔に見られにくく、知的な顔であると思われやすいそうです。

  1. あごが小さくこと
  2. 鼻は長いこと
  3. 輪郭は細いこと

上記の3つの条件さえクリアしておけば、人は自然と頭が良い人であると認知しやすく、逆にあこが大きく鼻が短い、輪郭が太い人はバカっぽく見られてしまい、相手の対応も大きく変わってくることが想定できます。

 

☑️具体例〜①大きくシャクレている

大きくシャクれた人がバカっぽく見えてしまうのは、芸人で大きくシャクれたことを売りにしている人達を見れば、分かりやすいでしょうか。

アインシュタインの稲田直樹さんや、諸見里大介さんなどは大きくシャクレていて、さらにあごが細くなっていないことが特徴的で、大きなあごを持つ人たちです。

こうした人は、どこか間抜けっぽい雰囲気を出してしまったり、ボーッとたっているだけでもバカっぽさが出てしまうので、違うパーツで補わなければ、バカっぽい顔から抜け出す事は難しいです。

上記の画像はイメージ画像となりますが、やはりアゴが大きくシャクれていて、細くなっていない形の人は、どこか抜けたバカっぽいイメージを与えることが、画像からも伝わってきます。

 

具体例〜②顔が大きい

あごが広い人は顔が大きい人に見られやすく、顔が大きい人ほどバカっぽく見られやすいことは、最初に示した3人を比較する画像を見比べると、すぐに理解出来るはずです。

他にも顔が大きい人とは、太っていてたくさん脂肪がついている人であったりするものですが、こうした人も知的に見えるというよりかは、どちらかと言えばバカっぽく見えてしまうことが多いです。

これは、フロリダ・ガルフ・コースト大学の研究チームの研究結果でも報告されており、細い人ほど知的に見られやすく、素早い太っている人ほどバカっぽく見られやすいという研究結果を発表しています。

例えば、一日中テレビを観ている太った人が知的に見えるのかどうか?を考えると、答えはNOである人が多いはずです。

 

具体例〜③鼻が短く豚鼻に近い

鼻が短い人はバカっぽい顔の特徴であるわけですが、豚鼻に近いほどバカっぽく見えてしまい、それほど知的に見えないのは、誰でもある程度の想像は出来るはずです。

豚鼻であることは、どこか間抜けなイメージを与えたり、しっかりしてなさそうなイメージを与え、それほど高い評価を得にくいことが分かっています。

他にも、鼻の穴が大きい人もバカっぽく見えてしまいがちで、間抜けな顔に見えてしまうことが、バカっぽさを感じさせる原因となるのでしょう。

 

☆実際の写真で比較してみよう!

また、これは人だけにあらず、動物でも同じような感情が芽生えやすく、以下の2つの画像を見比べると非常に分かりやすいです。

上の画像のパンダは、バカっぽい顔の特徴に当てはまり、輪郭が広くてアゴがシャクレていて、どうもバカっぽいイメージを与えるのに対して、下の画像のパンダは、シャキッと見えてかっこよく見えませんか?

そもそも、美人であったりイケメンと呼ばれる人ほど、アゴが小さい、鼻が長い、輪郭が細いの3つの条件が整っており、多くの人が容姿が整っている芸能人に対して知的さを感じ、頭が悪いことが発覚するとガッカリしてしまう人が多いのも、知的な顔に見えてしまうことが原因であると考えられます。

念の為に、以下に人間バージョンでの違いも張っておくので、あなたが素直に抱いた印象が答えとなるはずです。

 

それ以外のバカっぽい顔の特徴7選

表情が硬くて真顔が多い

上記でお伝えした研究結果に加えて、学者達は「顔のパーツだけに限らず、表情も知的かどうかを分ける大きなポイントである」と述べています。

ブスっといつも真顔で対応している人は、「この人は頭が悪そうだ」と思われる傾向にあり、逆に愛想良くニコニコと対応する人は、「様々なことまで気づかい可能な人だろう」と思われやすいことからも、愛想が無かったり、いつも無表情な人ほどバカっぽく見られてしまします。

例えば、接客業のアルバイトがブスっとした表情で接客しているのか、ある程度笑顔で接客しているのかでは、相手に与えるイメージは大きく変わり、「少しくらい笑顔で接客した方が、リスクも少なくメリットも大きいのに…」と感じた結果、「きっとあの店員はバカだから気付けないんだろう」と思われてしまいがちです。

他にも、愛想がない人は「怒っているのか周りに気を使わせる」、「無理な笑顔が怖くなってしまう」などの特徴が見られることで、相手にとって良く無いイメージと繋がりやすく、負のイメージが連鎖されることでバカっぽい人だとの評価に繋がることも。

はっきりと言っておきますが、愛想がないことはデメリットがあまりにも大きく、バカっぽい人であるとすら思われる原因となるため、今すぐ改善しておく方が得することは多いと断言しておきます。

※関連記事「愛想がない女の特徴17選〜デメリットが凄まじい

 

眉毛が薄くて細い

こちらはバカっぽい顔の中でも、DQNっぽいと思われてしまう最悪の特徴であり、DQNとは「ドキュン」の略で、「非常識なバカ」「品位に欠けている」「悪がかっこいいと思っている」など、見た目からしてバカっぽくて危ない人物だと思われる顔こそが、眉毛が薄くて細い人です。

こうした眉は、相手に「バカっぽい」とか「知能が低そう」「目つきが悪い」などのイメージを与え、いかにも自分が危険人物であるかのような雰囲気を作るために、近づきにくいオーラを出してしまいます。

さらに目つきが悪くなることで、いかにも昭和のヤンキー感を漂わせ、関わるとろくなことが無さそうだと判断されやすいのも、薄くて細い眉をしている人に見られるデメリットです。

都会ほどこうした眉が少なく、田舎のヤンキーほどこうした眉をしてしまうのは、視野の広さが大きく関係していて、薄くて細い眉は狭い世界では賞賛される対象となるものの、広い世界ではバカっぽいとか、DQNだと判断される見た目の1つなのです。

芸能界で活躍する人や、都会でオシャレだと賞賛される人がこうした眉をしないのも、広い視野で物事を判断できる力がある証拠と言えるでしょう。

 

歯が無いorとても汚い

歯に民度が出るとも言いますが、歯がない人や歯がとても汚い人は、どこか間抜けでバカっぽいイメージを与えかねず、笑顔の際に歯が抜けていれば、しっかり者というイメージからは大きく離れてしまうのです。

上記の画像は子供の画像であるために、そこまで不愉快な気持ちを与える画像でもありませんが、いい歳をした大人が歯がないことは、「不潔である」「だらしない」「貧乏」などのイメージを与え、これらは全てバカっぽいことを連想させるイメージなのです。

さらに、歯がないおじさんが昼間っからお酒を呑んで、呑気に笑っている姿をイメージできる人も多いことから、「何も考えてないバカっぽい顔」というイメージに繋がり、評価が大きく下がってしまいかねません。

上記の画像は、旧スパイダーマンシリーズのMJ役キルスティン・ダンストですが、彼女のようにとても美しく、名誉も地位もある人であっても、歯がないことで少しバカっぽく見えたり、品がない顔に近付いてしまうのです。

 

いつもヘラヘラしてる

いつもヘラヘラしている人は、愛想がいいのでバカっぽい顔に見えないように思えがちですが、あまりにもいつもヘラヘラとしていたり、ニヤケたような顔で対応することは、相手に見下される原因そのものです。

「バカ」という言葉自体が、相手を見下したりバカにしている時に使いやすい言葉となることからも、いつもヘラヘラしている人は相手に見下されやすく、何を考えているか分からないバカだと思われやすくなります。

ヘラヘラすることは、相手に「何も考えてないお気楽な性格だ」とか、「こちらをバカにしてるのではないだろうか?」「いつでもこいつなら勝てそうだ」などのイメージを与えることで、下の存在として見下されてしまうわけです。

これはアニメキャラでも同じく、バカっぽいキャラはヘラヘラしている設定も多く、ちびまる子ちゃんの山田君がとても分かりやすい例となります。

このタイプは優しかったり、いい人であるという印象を与えやすい一方で、舐められて見下されやすい一面も兼ね備えています。

 

人中が深くて長い

人中とは、鼻の下から上唇に伸びる縦長の線のことであり、この人中が深くて長いほどバカっぽい顔に見えてしまい、特に全体的に長細い顔の人は、間抜けな顔に見えてしまうことがバカっぽさに繋がります。

こちらもアニメキャラで例えると分かりやすく、ちびまるこちゃんのはまじは、バカっぽくてポジティブなイメージが強いですが、これは人中が深くて長いことによって、より印象を強くしているものだと考えられます。

芸能界でも人中が深くて長い人がいますが、こうした人は最初にお伝えした知的に見られる3つの特徴に当てはまることから、それほどバカっぽさが出ませんが、はまじのように鼻が短くて豚鼻であったり、輪郭が広いことことによって、よりバカっぽい顔が出来上がってしまったわけなんですね。

さらにはまじは、上記でお伝えした歯がまばらなキャラクターであるため、究極のバカっぽい顔がつまったキャラクターと言っても過言ではないかもしれません。

 

出っ歯である

出っ歯が酷い人は常に口が空いてしまう事によって、ぽかーんとしたイメージを持たれやすく、少し話すと前歯が見えてしまうために、バカっぽい顔だと評価されやすくなります。

出っ歯が酷い人が全力で笑顔となれば、歯のインパクトが脳裏に残ることで、覚えられやすいインパクトのある顔だとも言い換えることができますが、やはり馬鹿っぽいイメージを払拭することは出来ません。

出っ歯は悪循環に繋がりやすく、前歯を隠そうと真顔になってもバカっぽい顔の特徴に当てはまりますし、口が空いてもバカっぽく見えてしまうために、明るいキャラで自分を売り出すことが、イメージを変える最も簡単な方法となる人も多いはずです。

また、出っ歯を隠そうと上唇を伸ばすことも、上唇が伸びることによって間抜けな雰囲気を作ってしまい、どこか抜けてそうな人だと思われることも。

つまり、口が自然と空いてしまうことは、天然であったり、しっかり者ではないという印象を持たれやすいのです。

 

ゴリラ顔や馬面顔な人

ゴリラ顔や馬面顔が知的に見えるかどうか?を考えると、どちらかといえばバカっぽく見えたり、それほど勉強ができなさそうだと思われやすく、野生の動物を連想させることから、勉強は苦手なのだろうと思われやすいです。

ゴリラ顔の人の場合は、むしろ怖そうな雰囲気やイメージを持たれたり、豚鼻である人が多いことがバカっぽい顔に見られやすく、馬面顔の人は顔が大きかったり、あごが広い人が多いので、バカっぽい顔の人の特徴に当てはまります。

ゴリラ顔は男性であれば男らしさを感じさせたり、強さを感じさせる魅力となりがちですが、歳をとるごとにバカっぽく見られたり、筋肉バカっぽいと思われやすいデメリットが隠れています。

 

【まとめ】どこかでカバーすべし!

いかがだったでしょうか。

バカっぽい顔と評価されるのは嫌ですし、そもそもバカっぽいことのメリットは少ないために、特徴に当てはまる人は違う部分でしっかりとカバーし、自分の見せ方を変える必要があります。

様々な方法が考えられますが、歯と髪型と眉を意識するのが最も簡単で、有効な方法になると考えるのが一般的です。

芸能人でもまず歯を綺麗に整えますし、おでこを出すことで清潔感をアップさせ、眉で自分が与えたいイメージをコントロールしています。

鼻やアゴなどは整形する必要があるため、簡単に自分を変えることはできませんが、髪形と眉を変えることはとても簡単なはずです。

自分ができる人だと思われたいのであれば、しっかりとおでこを出す髪形にしたり、DQNと思われそうな眉を卒業することで、ある程度自分の見せ方を変える事は可能なので、まずは自分がバカっぽい顔に見られる原因をはっきりとさせ、その原因をカバーする方法を考えてみるといいでしょう。

また、「【世の中顔が全て】それらを証明する16の現実」もセットで読んでみましょう。

自分磨きをすることが自分にどれだけ大きなメリットとして返ってくるのか、科学的に証明された効果なども知っておきませんか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP