なんj民の特徴や共通点14選【ンゴや草はもう古い!?】

JCJK流行語大賞2017にて、「ンゴ」が第5位に入賞しましたが、この「ンゴ」はなんj民が使う言葉として有名で、JCJKに流行るまでは「ンゴ」なんて言葉を使っていると、「でたよなんj民ww」なんて思われるほど、私生活では使うべき言葉ではありませんでした。

スマホの普及により大量のなんj民が増えたとも言われる世の中ですが、そもそもなんj民とは何者なのか?そして、なんj民を見分ける方法はあるのか?について、とても簡単な見分け方をお伝えしていきます。

特徴や共通点を知ることができれば、なんj民の方々は深く共感でき、なんj嫌いな方は近寄らない知恵をつけることができるはずです。

そもそもなんj民とは何者?【簡単に説明】

なんj民とは2ちゃんねらーのこと

なんj民とは、2009年5月から誕生したとされており、2ちゃんねると呼ばれる掲示板でたくさん書き込みをしたり、または2ちゃんまとめサイトでコメント欄に書き込む人、またはなんjまとめサイトをよくチェックしている人こそが、なんj民です。

今では5ちゃんねると名前を変え、2ちゃんねるとごちゃ混ぜになっている人も多いかと思いますが、どちらも同じようなものです。

権利騒動により運営会社が変わったことによって、5ちゃんねるに名前が変わったと覚えておくと、より分かりやすいでしょうか。

よく、「ネットでばかり暴言を吐いていきがってる陰キャラがいる…!!」なんて主張をする人がいますが、こうした人が意味している人物こそが、なんj民であることが多いです。

スマホの普及により利用者が増えたことから、今現状の日本にはなんj民が大量に増えてしまい、あなたの身近な存在にもなんj民がいてもおかしくありません。

その証拠に、オレ的ゲーム速報の管理人は月収700万であるとNHKで放送されたほど、今の日本にはなんjを利用する人が多いのです。

 

【納得!】なんj民の特徴と共通点14個

なんj民特有の言葉を使う

なんj民特有の言葉とは、「ンゴ」だけではなく、「ファーwwwやファッ!?」「サンキュー〇〇」「〇〇してどうぞ」「草生える」「〇〇ニキ」など、掲示板に書き込む際に使うなんj民特有の言葉を頻繁に使い、こうした言葉を使うことで自分がなんj民であることをアピールします。

例えば、「ファーwww下手すぎて草生える」とコメント欄に書き込んだり、「早く二軍に落ちてどうぞ」となんj掲示板に書き込むことは、なんj民の仲間入りしたことを意味します。

他にも、日本にとって利益となる有能な行動を示した人がいたとすれば、「サンキュー〇〇」と褒め称えることで、感謝の気持ちを掲示板に書き込む人など、基本的に感情に沿った言葉を変換して使うのが、なんj民特有の言葉の特徴です。

なんj民はこうした言葉を使うことで結束力を高め、むしろ使わない人たちを排除しようとする人も中にはいるので、なんj民をよく思わない人もしばし見られます。

また、なんj民かどうかを見分ける方法としては、相手のスマホやパソコンの文字予想変換を見ると簡単で、相手がなんの対策もしていない場合は、なんj民特有の言葉がたくさん出てくることでしょう。

 

特有の顔文字も使う

なんj民は3つの世代に分けられており、初代からずっとなんj民である人は「(´・ω・`)」と表現され、これは2009年から活動している人に当てはまり、なんj掲示板を盛り上げてきた住民です。

次の世代は、「彡(゚)(゚)」と表現され、2009年以降になんjに流れてきた人のことを指し、ここで一気になんj掲示板に人が流れてきたことにより、より一層活発で有名になった世代とされています。

そして最後は、顔文字よりも蔑称で表現される世代となり、相手のことを「アフィカス」とバカにしたり、「アニ豚」とアニメ好きに対して見下した表現をする世代で、この世代はなんj民の歴史を見てきても、若者が多い世代であることが特徴的です。

こちらに関しても、予測変換でこれらの顔文字がすぐに出てきたり、文字がすぐに出てくる場合は、日頃から頻繁になんjを活用していると見分けることができます。

 

ネット弁慶が多い

なんj掲示板やまとめサイトですぐにアク禁されたり、スレを荒らす人がいますが、こうした人はネット弁慶ですぐ攻撃的なことを書き込んだり、相手をバカにすることでストレスを解消したり、認めようとしない人たちです。

ネット弁慶な人の特徴としては、私生活ではそれほど強気には出ないが、ネットの世界ともなれば暴言を吐いたり、攻撃的になってしまう性格のことにあり、匿名性を利用することで気が大きくなってしまう人です。

他にも、他人の粗探しが上手であったり、自分の価値観を相手に押し付けるような書き込みをする、自分にとっての正義を相手に押し付けることで言い合いとなるなど、ネットで必死に論破しようとする人もネット弁慶の特徴です。

ネット弁慶な人はリアルな世界では大人しいものの、ネットの世界になれば自分を主張して、存在感をアピールすることで私生活の欲求を解消し、ネットで大きな顔をすることがストレスのはけ口となっています。

よって、私生活で満たされない日々が続いていたり、外面が良くて気疲れしてしまうタイプ、悪いことをしてまで目立ちたい欲求が強い人は、将来的になんj民となってストレスを解消するのか、またはすでになんj民の可能性が高くなるとも言えます。

 

内向的な性格が多い/孤立感が強い

なんjのようにネット掲示板に依存する人は、内向的な傾向が見られ、私生活ではとりとめもない話をするのが嫌いなために、無口で口数が少ない人だと評価されることが多いです。

これは無口なのではなく、自分にとって興味があること以外に食いつきにくい内向的な性格は、自分にとって関心が高いスレで色々と議論することは、まさに内向的な性格と相性ぴったりなのです。

さらに興味があることにはすざましい集中力を発揮するので、長々と掲示板やまとめサイトに張り付くことで、様々な意見を読むことや、反論することも内向的な性格との相性が良いと考えられます。

故になんj民の中には、外交的な性格に苦手意識を持つ人も多く、意識高い系やパーティーピーポー、目立ちたがりなどに対して総攻撃を仕掛ける人も少なくありません。

また、ネットに書き込むことは人との関わりを感じないために、対人不安が強い人であっても気さくに参加できるので、内向的な性格がより多くなります。

 

社会性が高すぎるもう1つのパターン

ネット掲示板に依存する人の1つ目の特徴が、「孤立感が強くて内向的な傾向がある人」と述べましたが、2つ目は真逆の「社会性が高すぎる人」もなんj民になりやすいです。

社会性が強すぎる人は、現実世界で人間関係を維持したい気持ちが強い人であるために、ネットに頼ることで人間関係を保とうと必死になり、SNSを始めてしまうのが良い例です。

それ以外でも、なんj掲示板で関わりを持つことで人間関係を維持しようとし、高すぎる社会性をどうにかする方法として利用している人もいることでしょう。

身近な人やネット上の人物と簡単にコミュニケーションを取れるネットは、人間関係の繋がりを感じさせる便利なツールなのです。

 

スマホ/パソコン依存症である

なんj民の多くはスマホ/パソコン依存症であり、暇があると掲示板やまとめサイトを覗き、面白い情報を常に求めているのが特徴的です。

少しの休憩ともなれば、スマホゲームに熱中する人と同じように、なんj民は暇さえあれば情報を仕入れたりコメントを打ち込んでしまうので、なんj依存症と言ってもあながち間違いではありません。

さらには、荒れたコメント欄をじっくり眺めることで楽しんだり、嫌いな人物が叩かれているコメ欄を見て優越感に浸るなど、様々な方法で楽しむことがきる掲示板は、滞在時間が長くなってしまうのも納得です。

そしてもう1つ、自分でスレを立てれることもなんjを楽しめるポイントで、アンチのスレを立てることで共感コメントをたくさん得れたり、贔屓目な人のスレを立てることで絶賛してもらうなど、自分の思う方向性にスレを作ることができるのも、ネット弁慶な人にとってはとても楽しいことなのです。

趣味がない人にとってなんjは最高の暇つぶしとなる場所で、人生においてなくてはならないものの1つであると答える人もいるほど、熱狂的な利用者が根付いています。

 

差別用語や蔑称を使う

先ほど紹介したように、「アニ豚」は差別用語の1つで、もっと酷い差別用語ともなれば「ジャップ」「土人」「まーん」「チョン」など、リアルな世界ではドン引きされてしまう言葉を、ネットで平気で発言するのもなんj民の特徴です。

さらに「ケロカス」「カイジ」などの言葉は、本当に笑えない意味を持ち、「ケロカス」は広島カープファンに対する最悪の蔑称で、広島に原爆が投下された時のケロイド+広島カープファンがカスであることを合体させた言葉が、ケロカスとなります。

こちらは広島カープファンだけに止まらず、広島市民や被爆者さえも心痛める言葉なので、意味を知ったあなたは絶対に使わないでください。

「カイジ」については、身体障害や知的障害な人を見下しバカにした蔑称で、本来はそのような障害を持たない人に対して使うのは、「お前はそれと同等である」と表現しているようなものですから、こちらも使ってはいけない言葉です。

こうした差別用語や蔑称を、匿名性を利用することで平気で使う一部のなんj民のせいで、それ以外の人から偏見を持たれたり、クズでどうしようもない連中だと思われることに繋がっています。

 

野球が大好きで野球オタク

2009年の第二世代なんj民は、そもそもスポーツをリアルタイムで実況していた人たちであり、特にプロ野球をリアルタイムで実況していた人たちが、大量に掲示板に流れ込んだ世代です。

そうした人たちは今でも掲示板に根強く残っており、プロ野球シーズンともなればなんj掲示板に野球関連のスレが大量に作られ、驚くほどの盛り上がりを見せています。

こうした人たちは野球だけに限らず、スポーツ全般が好きであるためサッカーの実行をしたり、オリンピックの実況をするなど、野球だけに止まらないのが特徴的で、チームが負ける決定的なミスを犯すと、ネチネチといつまでもスレを立て続けるのも、厄介者扱いされる原因の1つです。

野球オタクや野球好きのなんj民の特徴としては、エースや人気球団は徹底的に叩けの精神で煽りコメントをしたり、信ぴょう性の低い週刊誌の情報を利用していつまでも煽り続けるなど、贔屓チームの天敵となる人にアンチコメントをすることで、普段の鬱憤を解消しています。

他にも、特徴的な下手なプレーやデットボールをよく当てる選手を叩きまくり、中には本当に野球ファンなのか?と疑うほどの、酷いコメントを書き込む人も。

どんなスポーツでもデータ派と思い出派に分かれるため、過去の成績をデータで証明することで自分が正しいと主張する人と、プレーを見て自分の主張を表現するが対立するのも、なんj民の特徴と言えるでしょう。

 

結束力が異常で、敵に対して大勢で対抗

なんj民の恐ろしい一面は、犯罪者やグレーゾーンで生きる人に対して厳しいことにあり、納得のいかない犯罪やいじめを犯した人はすぐになんjで特定され、そこから一気に世の中に出回ってしまうことをよく目にします。

これは特定班と呼ばれる人がすぐさま検索を開始し、あらゆる方法で答えを見つけることができるので、特に芸能人やユーチューバーなどは、なんj民にケンカを売るべきでないとの声も大きいです。

実際に潰されてしまった例が、ユーチューバーの起業家ヒカルであり、彼は過去に情報商材を売っていたり、グレーゾーンで大金を手に入れたことによって怒りを買い、なんj民を挑発したことで実家や自宅の特定、ツイッターを荒らされるなど、活動停止に追い込んだ過去があります。

こうした人たちは、自分の顔が見えないのをいいことに、相手の弱みを見つけることでそこを攻撃し、集団勢力で潰しにかかってくるため、敵に回すと非常に厄介な巨大勢力となります。

 

一つのまとめサイトに執着する

大手まとめサイトといっても、野球やゲーム、政治など様々なジャンルに特化したサイトに分かれており、なんj民は特定のサイトに執着することで住民となり、自分の意見や感情をコメント欄に書き込みます。

典型的な例がオレ的ゲーム速報であり、このサイトにはアッシュと呼ばれる有名な人が、一日中張り付くことで一コメをゲットし、「ゴキブリこれにどう答えるの?」と書き込むことで、自分の存在をアピールしています。

他にも、ユーチューバーに関するまとめサイトであれば、ヒカルのスレを立てるとアンチが一気に群がったり、野球であれば藤浪晋太郎のスレにアンチが群がるなど、基本的に一つのサイトに執着するのがなんj民です。

もちろん他のサイトを回ることもありますが、お気に入りのサイトに執着することが多く、それは自分が最も関心が高いジャンルであることが想定できます。

故に、政治に興味がある人は政治ネタに、アニメに興味がある人はアニメネタに張り付くことで、より知識を深めたり意見を交換し、オタクと呼ばれるほど知識をつけることができるのも、なんjを利用するメリットと言えるでしょう。

 

なんj以外の人が使うと過剰反応する

なんj民特有の言葉を使うと説明しましたが、芸能人やスポーツ選手がなんj語を使うと、掲示板では驚くほどスレが立ってしまい、まとめサイトに使われることが非常に多いです。

特にギャップがある人ほど取り上げられやすく、影響力がある偉大な人がなんj民かもしれない可能性に対して、多くの人が喜びや仲間意識を持つことで、好感度がグッと上がることも。

誰でもそうですが、自分と同じ環境にある人には親近感が湧き、好感度が上がるものですよね。

故になんj民は、特定の言葉を使う有名人を好む傾向にあるとも言えるでしょう。

 

一定の時間に大量に書き込む

なんj民と言えども、多くの人は日中働きづめでコメントする暇もなく、家に帰ってゆっくりする時間帯にじっくり楽しむわけですが、これが原因で一定の時間に大量に書き込まれる傾向が見られやすいです。

原因はそれだけにあらず、アンチコメントが集まるスレを採用することで、アンチが納得いくまで鬼のように大量のコメントを書き込むことも、一定の時間に大量に書き込む要因となります。

何度も連続でコメントしてしまう人がいるために、まとめサイトではIDを表示することで成りすましや、アンチな同一人物の連投を避ける対策を取る一方で、IDを変えることで対策をとる人など、必死な人も中にはいます。

また、こうした人の行動心理を利用してあえてIDを出さないことで、コメント欄を盛り上げるサイト運営者もいて、こうしたサイトにはID表示されないことをいいことに、同一人物と思われる投稿が大量に見られます。

それに加えて、安心感を得れるID表示しないサイトは、より匿名性が高まったような気持ちとなり、悪質なコメントも多い傾向にあるので、嫌いな人は見るべきサイトではないと警告しておきます。

 

知識自慢をしたい人も多く見られる

一部のジャンルに特化したオタクが多いと述べましたが、こうした人たちは自分がいかに知識を持っているのか、またはいかに自分が有能であるのかをアピールしたいために、掲示板やコメント欄に知識を書き込む人がたくさんいます。

例えば、間違ったコメントをする人に対して訂正の知識を教えたり、それをバカにする人もいれば、ニワカや無知と見下す人もいるわけですが、どれにしても自分の知識をアピールしたいという心理から、こうした行動に出てしまうわけです。

これは一見ダメなことのようにも思えがちですが、こうした心理が初心者に対して歓迎や優しくすることに繋がり、知識自慢をしたい人は初心者に優しく教えることで、自分が有能なことを証明できます。

人は誰でも認められたい欲求を持っていて、人より上に立ちたい性質を持つものですが、日常生活で満たされない思いが強いほど、こうした場所で欲求を満たしているんですね。

よく「俺が正しい!」と間違った主張をする人がいますが、こうした人は決まって正論を突きつけられることでフクロ叩きにあい、スレが荒れてしまうものです。

 

思考が偏っている/差別主義者も多い

思考が偏ってる人も一部存在し、こうした人は異性にモテないのは相手のせいだと思い込むことで、どんどんと差別主義者とも取れる発言が多くなったり、異性が嫌いになってしまいます。

実際に今でも「まーんさん」とか、「女さん」などと女性を見下したかのようなまとめをされ、そこに異性を見下すコメントがたくさん見られます。

これはネットに毒されすぎていることも関係し、ネットのみの情報を信じることで異性に対してのイメージが偏り、視野が狭くなってしまうことも原因と考えられます。

男性に対して思考が偏ってるサイトで言えば、ガールズチャンネルが有名ですし、どちらにしても偏った考えを正論っぽく述べることで、相手を見下し優越感を得たい心理が背景には隠れています。

もっと簡単に言い換えると、こうした人は相手の能力を低く見積もることで相手を見下し、自分が有能であることを証明することで、自己肯定感や自己評価を高めているのです。

 

【まとめ】本スレにいる人はガチ勢

いかがだったでしょうか。

なんj民といっても、ガチ勢と趣味程度の人に分けることができ、ガチ勢ほど「ンゴや草」といった言葉を使うことで、なんj民であることをしっかり証明しています。

記事タイトルでも伝えている、【ンゴや草はもう古い!?】の答えに関しては、ガチ勢ほど専門用語を使うことで仲間入りを果たし、今でもたくさん使う人がいるのが現実です。

今時ネットサーフィンする人は世の中に溢れていますし、なんjが趣味であることは何も恥ずかしくないことである一方で、過激な書き込みがなくならないのも事実です。

世間は広く、なんj民が心の底から嫌いだという人もいるので、日常生活ではなんj民であることを隠す方が、メリットは大きいと言えそうです。

また、「関わってはいけない人の特徴20選〜これには絶対近づくな!」もセットで読んでみましょう。

本当に関わるべきでないのは、上記に挙げる20の人物であることも知っておきませんか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP