思春期の特徴

思春期は非常にデリケートな時期でもあります。

親に反抗してみたり、わざと危ないことをしてみたり、精神的に不安定になったりもしますよね。

あなたも一通り思春期を経験してきたからお分かりかと思いますが、もし自分の子供が思春期にさしかかったとき、適切なケアができるでしょうか。

物騒な世の中になり、思春期の時期を迎えた子供が事件に巻き込まれる事は珍しいことでは無くなってしまいました。

そこで今回は、思春期の特徴についてチェックしてみましょう。

スポンサードリンク

身体的変化

思春期には体が急に大人に変化します。

精神面ではまだ子供なのに、体だけ成熟しますから不安定になりやすいのです。

性的な興味もわいてくる年頃になりますし、異性への興味も持つようになってきます。

デリケートな問題ですから、できるだけ精神的なサポートが必要となりますね。

 

客観視できる自分を見つけられる

思春期で最大の特徴と言えば、自分自身を客観的に捕らえることができるという点でしょう。

自分を見ているもう1人の自分が存在すると言っても良いでしょう。

要するに、自分は他者から見てどう思われているか?ということが気になって仕方がない時期です。

異性の目が気になったり、同性の友達の目が気になったりするでしょう。

両親に反抗するのも、親を客観視できるようになっているからです。

また客観視できるようになったからこそ、自分をどうあるべきかという論理的な考えを持つようになります。

 

人に影響されやすい

非常に人に影響されやすく、周りがしていることが正しいことなんだと思ってしまうため、犯罪を犯してしまうケースが多いです。

例えば、仲良しの友達が万引きしていた場合は、影響から万引きをしてしまうこともよくあります。

他にもタバコやお酒など、他人がしていると非常にかっこよく見えたりする時期です。

善悪の判断よりも、友達がみんなしているからという判断基準で行動してしまう事が多く、そのために事件にも巻き込まれやすいです。

門限の無い夜遊びばかりしている子供と仲良くなれば、当然自分の子供も夜な夜な家を抜け出して、家出するケースも多々存在するのです。

 

内面をさらけ出さない

特に親に対しては内面をさらけ出さずに、悩みを打ち明けません。

そのため、イジメにあっていても親の前ではその悩みを隠そうとします。

自分はもう子供じゃないと思い込み、大人になるために自分で悩みを解決しようと頑張る子供が多く、または親に心配をかけたくないと気を遣う子供も非常に多いです。

自分が世間知らずで力が無い事に気づいていない為、親の力を借りようとはしませんし、親がその話題を出すと怒ってしまうのも特徴的です。

 

ダメと言われるほどやりたくなる

思春期は反抗期と重なる時期であり、親がダメといったことに対しては逆にやりたくなってしまう心理状況にあります。

これは『カリギュラ効果』といわれる心理的効果が関係しており、〇〇を見てはダメといえば、見たくなってしまうのが人間です。

特に反抗期は親になんでも反抗したがるので、このカリギュラ効果を最も発揮しやすい時期といえるでしょう。

また、分かりきっていることをいちいち言われるのも、非常にうっとうしがる時期でもあります。

あまり言いすぎると子供のストレスにも繋がってくるので、やりすぎがいい方法とは言えません。

 

今時の思春期の子供の考えとは?

今時の思春期の子供は昔とは一味違います。

昔も今も変わらない事といえば、性的な興味を持ったり、自分と誰かを比較したりするものですが、今の男女は例えば男の子であっても体臭を気にするようになります。

また自分から行動を起こすことはせず、仲間が先にどうするかを見て行動するパターンが多いようですね。

経験値が圧倒的に少ないため、少し失敗すると次もまた失敗するのではないかと恐れ、チャレンジを諦めてしまう子も大勢います。

すぐに逃げ出せる環境になったせいもあり、とにかく結果が分かっていることにはチャレンジしないのが特徴的です。

ネットで情報のみを集めて、チャレンジしない理由を作るのがとても上手といえるでしょう。

 

思春期に多いこんな失敗パターン

35歳一人っ子のお母さん

思春期の息子が最近、ようやく反抗しなくなってきました。思春期の時期は子供が心配だからと、いつもいい子でいてくれと願っていたのですが、子供にはなんとなくそれが伝わっていたようです。しかしそれが原因でうちの息子は”いい子症候群”になってしまいました。尾木ママの教育本やネット情報などと照り合わせてみても、うちの息子はおそらくいい子症候群です。将来的に夢の無い子に育ってしまうようで、母親として自分のことを情けなく思います。

やんちゃ盛りの思春期ですが、いい子でいて欲しいと願えば願うほど、必ずしもそれに反抗してしまうのが思春期の特徴だとは限りません。

中には両親を悲しませないように、常に親の自慢の子供であり続けるために、親の喜ぶことばかりを優先的にする子供も存在します。

このような子供はいい子症候群になってしまい、社会でうまくやっていけない人になってしまうと言われています。

思春期は多感な時期なだけに、自分の理想を突き付けてばかりいると、子供は将来的に社会でうまくやっていけない大人になってしまうのです。

 

43歳震災時期に娘が思春期さん

一番下の娘は、福島の震災の時期にはちょうど思春期真っただ中でした。震災時期は不便な事ばかりで、そうとう娘にも精神的負担がかかっていたようです。心理的ストレスから起立性調節障害になってしまいました。そのことが原因で学校も行くのをすごく嫌がりました。今でも朝起きるのは苦手で、よく遅刻してしまいます。

起立性調節障害とは、思春期の時期に特にかかりやすい障害であり、心理的ストレスが原因でなってしまうことがほとんどです。

症状は、朝起きれない、疲れがとれない、立ちくらみが激しい、食欲不振、息切れが激しい、などの症状が確認されています。

思春期の時期は、親にやいやいと口うるさく言われることがストレスだったり、親の命令には背けない事がストレスになったりしがちですので、要注意が必要です。

 

コミュニケーション不足が深刻化

現代っ子はコミュニケーション不足に陥っていると言っても過言ではないでしょう。

それは両親に対してもそうですし、友達に対しても同じくコミュニケーションをうまく取れない可能性が高いです。

それはゲームのせいだったり、親との小さい頃からのコミュニケーションのなさだったりします。

両親共働きで、一人っ子や鍵っ子であるがゆえにコミュニケーションをうまく取れない子が圧倒的に多いのです。

さらにいい子を演じる子や問題が発覚しにくいという点もありますから、思春期の特徴として覚えておきたいのはしっかりコミュニケーションを取って、親子共々仲の良い家庭を作ることが大事です。

子供は思春期に入ると一人立ちの準備をし始めます。

それを見守ってあげられる親になりましょう。

また、「いじめられる人の特徴」もセットで読んでみましょう。

思春期の時期は非常にいじめが多く、自殺を図る子供も最近では増えてきました。

自分の子供がいじめにあいやすいのかどうか、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP