レベルが低い人と高い人との決定的違い16選

「お前ってレベル低いよなぁ(笑)」なんてバカにされる人か、「凄いよね!尊敬する!」と絶賛される人、どちらの人生を歩みたいのかといえば、多くの人が絶賛される方を選ぶことでしょう。

人生は一度きりであるからこそ、レベルが高い人として自分を高めていくことで、生活が豊かになるなどの多くのものを得ることができるわけですが、こうした人には必ずと言ってもいいほど当てはまる共通点が存在します。

その共通点や特徴とは、昔から多くの社長や成功者の考えや行動と一致し、こうした人が出した書籍にもしっかりと書き込まれたノウハウとなりますので、あなたはどれだけの数の項目に当てはまるのか?一度自己採点してみるのもありです。

レベルが低い/高いの意味と定義とは?

意味と定義

よく多くの人が使うレベルとは、主に3つの意味であると捉えておくとよく、これは時と場合によって意味が違ってきます。

以下にレベルの意味をまとめておきましょう。

レベルが低い/高いの意味

①人間レベルのこと(程度が低いと似たようなもの)

②年齢に対して中身がどうか。

①の人間レベルのこととは、仕事ができるかどうか?マナーを守れるかどうか?思いやりの心があるかどうか?など、人としての単純にレベルが高いのかどうかを意味し、それが低い人はバカにされているわけです。

②の年齢に対して中身がどうかとは、40代で様々な人生経験をしているはずの人が、20代よりも頼りにならず対応が幼稚っぽい人の場合、レベルが低い人として表現され、逆に20代の人はレベルが高いと表現すること正しいです。

つまり、レベルが低いと表現されることはスペックが低く、レベルが高い人はスペックが高いために、社会で貢献できる人ほどレベルが高い人が多いと覚えておくと、より便利な覚え方となるでしょう。

 

レベルが低い人と高い人の決定的違い

自己投資できるかどうか

レベルが高い人は自分をどんどんと高めていける人であり、成長する人となる一方で、レベルが低い人は自分を高めることを優先せずに、いつまで経っても成長しない人です。

前者と後者の決定的な違いは、自己投資できるかどうかにあり、自分が成長するために様々な投資を優先できるかどうかで、一年後に大きな差ができることは間違いありません。

具体的な例を挙げるとすれば、レベルが高い人は友達と遊ぶお金を自分のために投資することができたり、または誘惑を絶って自分の知識に時間を投資することで、どんどんと知識が豊富となっていき、成功者に共通する考えができるようになっていきます。

デメリットとしては、友達と疎遠になっていくことでありますが、レベルが高い人になるためには何かを絶つことは必要で、誘惑に負けて自分に甘くなってしまうばかりでは、自分のレベルを上げることは難しいです。

 

狭い視野と広い視野

レベルが低い人は狭い視野でいつも戦っているために、地元の小さなグループ中で目立てばそれで良しという考えとなったり、自分が所属する小さなグループ内で褒められると、それが全てであるかのように捉えるのが特徴的です。

レベルが高い人の場合は、そもそも小さなグループで賞賛されているだけの現実に気づけていたり、広い視野で物事を考えることができるために、閉鎖的な考えになりにくいのが大きな違いです。

こちらも例を挙げるとすれば、地元でヤンキーと呼ばれる人たちはいつまでも地元でい続けたり、地元の近くに住むことで小さなグループを結成し、それが全てであるかのように考えがちですが、視野が広い人は都会に出るなどの行動を起こすことで、どんどんと視野が広くなっていきます。

視野が狭くなればなるほど、自分が知っている小さな世界のみで正解不正解を考えてしまうようになり、目先のことにしか興味がなくなったり、自分の知識が乏しいことに気づけないなど、成長できない環境となっていくために、年齢の割にはレベルが低い人だと評価されやすいのです。

 

失敗から学ぶ人と学ばない人

失敗から何か学ぶ人と学ばない人では、5回失敗を繰り返したとして、何度も同じ失敗を繰り返してしまう人はレベルが低く、社内での評価も高くなりにくいのに対して、失敗から学ぶ人は自分のミスをきちんと認め、原因を追求できる人です。

こうした人こそレベルが高い人だと評価され、どんどんと出世できたり、デキる人として多くの人から関心や尊敬されるわけですが、失敗から学ぶ人の素晴らしい部分は、何といっても自分のミスを認め、自分が実力不足であることを認めることができる力です。

レベルが低い人の場合、失敗を他人のせいにしたり環境のせいにすることで、自分は悪くないことを正当化しようと必死になりますが、それをすることで自分がミスした原因をうやむやにし、決して間違いを認めようとはしません。

デキない上司や無能と呼ばれる人がこれに当てはまり、レベルが低い人は他人に責任転嫁することで、自分を守ろうと必死な人に当てはまります。

 

コミュニーケーション能力の違い

コミュニケーション能力が高い人は相手の気持ちを考えれたり、相手に関心を持っている人であるために、無神経で自分のことばかり考える人や、相手に関心がなくて学ぼうとしない人とは違います。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP