レベルが低い人と高い人との決定的違い16選

「お前ってレベル低いよなぁ(笑)」なんてバカにされる人か、「凄いよね!尊敬する!」と絶賛される人、どちらの人生を歩みたいのかといえば、多くの人が絶賛される方を選ぶことでしょう。

人生は一度きりであるからこそ、レベルが高い人として自分を高めていくことで、生活が豊かになるなどの多くのものを得ることができるわけですが、こうした人には必ずと言ってもいいほど当てはまる共通点が存在します。

その共通点や特徴とは、昔から多くの社長や成功者の考えや行動と一致し、こうした人が出した書籍にもしっかりと書き込まれたノウハウとなりますので、あなたはどれだけの数の項目に当てはまるのか?一度自己採点してみるのもありです。

レベルが低い/高いの意味と定義とは?

意味と定義

よく多くの人が使うレベルとは、主に3つの意味であると捉えておくとよく、これは時と場合によって意味が違ってきます。

以下にレベルの意味をまとめておきましょう。

レベルが低い/高いの意味

①人間レベルのこと(程度が低いと似たようなもの)

②年齢に対して中身がどうか。

①の人間レベルのこととは、仕事ができるかどうか?マナーを守れるかどうか?思いやりの心があるかどうか?など、人としての単純にレベルが高いのかどうかを意味し、それが低い人はバカにされているわけです。

②の年齢に対して中身がどうかとは、40代で様々な人生経験をしているはずの人が、20代よりも頼りにならず対応が幼稚っぽい人の場合、レベルが低い人として表現され、逆に20代の人はレベルが高いと表現すること正しいです。

つまり、レベルが低いと表現されることはスペックが低く、レベルが高い人はスペックが高いために、社会で貢献できる人ほどレベルが高い人が多いと覚えておくと、より便利な覚え方となるでしょう。

 

レベルが低い人と高い人の決定的違い

自己投資できるかどうか

レベルが高い人は自分をどんどんと高めていける人であり、成長する人となる一方で、レベルが低い人は自分を高めることを優先せずに、いつまで経っても成長しない人です。

前者と後者の決定的な違いは、自己投資できるかどうかにあり、自分が成長するために様々な投資を優先できるかどうかで、一年後に大きな差ができることは間違いありません。

具体的な例を挙げるとすれば、レベルが高い人は友達と遊ぶお金を自分のために投資することができたり、または誘惑を絶って自分の知識に時間を投資することで、どんどんと知識が豊富となっていき、成功者に共通する考えができるようになっていきます。

デメリットとしては、友達と疎遠になっていくことでありますが、レベルが高い人になるためには何かを絶つことは必要で、誘惑に負けて自分に甘くなってしまうばかりでは、自分のレベルを上げることは難しいです。

 

狭い視野と広い視野

レベルが低い人は狭い視野でいつも戦っているために、地元の小さなグループ中で目立てばそれで良しという考えとなったり、自分が所属する小さなグループ内で褒められると、それが全てであるかのように捉えるのが特徴的です。

レベルが高い人の場合は、そもそも小さなグループで賞賛されているだけの現実に気づけていたり、広い視野で物事を考えることができるために、閉鎖的な考えになりにくいのが大きな違いです。

こちらも例を挙げるとすれば、地元でヤンキーと呼ばれる人たちはいつまでも地元でい続けたり、地元の近くに住むことで小さなグループを結成し、それが全てであるかのように考えがちですが、視野が広い人は都会に出るなどの行動を起こすことで、どんどんと視野が広くなっていきます。

視野が狭くなればなるほど、自分が知っている小さな世界のみで正解不正解を考えてしまうようになり、目先のことにしか興味がなくなったり、自分の知識が乏しいことに気づけないなど、成長できない環境となっていくために、年齢の割にはレベルが低い人だと評価されやすいのです。

 

失敗から学ぶ人と学ばない人

失敗から何か学ぶ人と学ばない人では、5回失敗を繰り返したとして、何度も同じ失敗を繰り返してしまう人はレベルが低く、社内での評価も高くなりにくいのに対して、失敗から学ぶ人は自分のミスをきちんと認め、原因を追求できる人です。

こうした人こそレベルが高い人だと評価され、どんどんと出世できたり、デキる人として多くの人から関心や尊敬されるわけですが、失敗から学ぶ人の素晴らしい部分は、何といっても自分のミスを認め、自分が実力不足であることを認めることができる力です。

レベルが低い人の場合、失敗を他人のせいにしたり環境のせいにすることで、自分は悪くないことを正当化しようと必死になりますが、それをすることで自分がミスした原因をうやむやにし、決して間違いを認めようとはしません。

デキない上司や無能と呼ばれる人がこれに当てはまり、レベルが低い人は他人に責任転嫁することで、自分を守ろうと必死な人に当てはまります。

 

コミュニーケーション能力の違い

コミュニケーション能力が高い人は相手の気持ちを考えれたり、相手に関心を持っている人であるために、無神経で自分のことばかり考える人や、相手に関心がなくて学ぼうとしない人とは違います。

レベルが低い人は、相手の立場となって物事を考えれないために、一方的に自分の話ばかり続けてしまったり、相手が嫌な顔をしてでも自慢話を続ける人であり、相手に不愉快な思いをさせてしまう人が多いです。

他にも、説明がとても下手くそなので何を言っているのか分からない人や、相手に話を遮られてしまった人なども同じで、上記で紹介した失敗から学んでいないからこそ、いつまでもコミュニケーション能力が低く、相手の立場となって物事を考えれない、レベルの低い人のまま成長しないわけです。

いつも自分の自慢話ばかりしていたり、相手の批判をして自分の評価を上げようとする人がいますが、こうした人ほど実は小心者で小さな人であったり、レベルが低いと嫌われてしまいやすいのは、失敗から学べていない証拠と言えます。

※関連記事「一方的に話す人は病気か?弾丸トークの心理と対処法」

 

素直になれるか否定的になるか

自分に素直な人は相手を疑うことも少なく、間違いや失敗をきちんと認めることができる人です。

逆に素直じゃない人は、自分の間違いを認めることができないだけでなく、相手の気持ちを素直に受け入れることができなかったり、自分に正直になれない人なため、どうしても面倒な性格であると思われやすく、鬱陶しい性格の人だと思われやすい欠点が見られます。

レベルが高い人は、素直に相手の行動に感謝できたり、ありがとうの一言を口にすることができるのに対して、レベルが低い人は感謝することなく、「でも」とか「だって」などの言葉を使うことで、相手を素直に評価することができません。

 

好奇心があるか無関心か

好奇心がある人は「なぜ?」に対して答えを見つけ出したり、いつも前向きで仕事に取り組むことができる、新しいことにチャレンジする度胸を持っているなど、自分を成長させることに繋がることが多く、好奇心旺盛だからこそリスクに立ち向かうことができます。

一方で無関心な人の場合は、「相手にどう思われようがどうでもいい」とか、「成長することに興味がない」などの考えをしてしまうために、仕事で大きな失敗をしても開き直ったり、人への興味も薄いので相手のために行動することは、何の意味もないなどと思えてしまいます。

実際に、ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジの講師ソフィー・フォン・シュトゥムの研究によると、社会的成功や地位が高い人になるためには、知的好奇心が高いことが必要だとの研究結果が出ていて、好奇心が低ければ自分に投資するための動機づけにならないことからも、低収入な人ほど好奇心が低いそうです。

レベルが高い人になるためには、好奇心を高くすることが重要で、インターネットは使い方を間違えると好奇心を失ってしまうアイテムであるために、今の若者の多くが好奇心が低くて無関心になるかもしれないことが、社会問題に発展するとも述べています。

 

win-winであるか一方的な利益であるか

レベルが高い人は人生経験が豊富であったり、実力者であるために、相手にも自分にも利益となるwin-winの関係を作ることができたり、またはそうした話を持ち出すことができます。

レベルが低い人の場合は、こうした話をすることすら難しいことに加えて、どうしても自分だけの利益を優先してしまうために、利己的だと評価されたり、自己中心的で損得勘定が強いなどと、悪い評価をつけられがちです。

互いに利益となる話ができる人は、多くの人から知識豊富で頼れる人だなどと評価されるのに対して、一方的な利益ばかりを追い求める人は、人徳がない他人を利用する人だと思われることに繋がりやすいです。

 

自分の中での正義を守るか破るか

自分の中での正義は誰でも持っていて、人によって基準は様々でありますが、こうした自分の中の正義を平気で破る人は、「どんなことをしてでも稼げればそれで良し」という考えに繋がり、マナー違反であろうが順番を抜かすことで自分が得すれば良いと考える人は、この代表例です。

まさにレベルが低い人とも言え、民度が低いとも言い換えることができそうですが、レベルが高い人は自分の中の正義をきちんと守り、目の前の利益に目が眩まない人です。

日本人は小さな頃から集団行動の重要さを学び、集団行動でしてはいけない行動をきちんと身につけているはずですが、レベルが低い人は自分が楽をするために現場に足を運ばなかったり、楽をして利益を得ようとするために、周りの標的となりやすかったりします。

また、「このラインだけは絶対の超えない」という意思を持つ人は、周りに流されない強い意思を持った人でもあるため、ダメなことはダメときちんと言えたり、自分を貫き通すことができる、意思の強い人が多いのも特徴的です。

※関連記事「常識のある人と常識のない人の違い16選

 

ベクトルを内側に向けるか外側に向けるか

ベクトルとは方向や進路のことで、ベクトルを自分の方向に向けることができる人は、しっかりと責任を感じて仕事に取り組むことができたり、何事も自責思考ができるために、他人のせいにしたり、楽な道を選択しようとすることはありません。

逆にベクトルが外に向いてる人は、責任や原因を相手の方向に矢印を向けてしまうわけですから、何でも他人のせいにして楽な道を選んだり、すぐ逃げてしまう性格となってしまうのです。

これはキャバクラなどで例えると分かりやすく、売れるキャバクラは「売れない理由は自分に原因がある」と、自分の実力不足と真っ正面から立ち向かうことができる一方で、売れないキャバクラは「最低賃金が保証されるし、指名されなくても問題ない」と、自分が売れないことを正当化してしまうのです。

レベルが低いとは成長しない人のことであるため、常にベクトルを内側に向けることができる人ほど、レベルが高い人になりやすいことも納得です。

 

目標が明確か無計画か

きちんとした目標を持ってそれに全力疾走ができる人は、目標を達成するまでに襲いかかる様々な問題を乗り越え、そうした経験からどんどんと自信がついたり、実力をつけることができるため、レベルが高い人になりやすいです。

逆に無計画であったり目標がない人は、今が楽しければそれでいい人であるため、今はよくとも将来的に生活に困ってしまったり、いい職が決まらないなど、なかなか私生活でも変化を見せることはありません。

本気でプロ野球選手を目指す人か、適当に野球をして過ごしている人かを比べてみても、本気でプロ野球を目指す人は自分にも厳しく、様々な苦労と困難を超えなければならないことは、誰にでも想像できることでしょう。

何か一つに夢中で目標を持ったり、それに向かって本気で立ち向かうことができる人は、自然とレベルが高いと評価される能力を身につけ、それが自信にも繋がりやすいのです。

 

楽な道を選ぶか辛い道を選ぶか

レベルが低い人は常に楽な道ばかりを選択してしまうために、小さな労力で大きな利益を得ようとしたり、楽な道を選ぶことで抜け出せなくなり、無職でい続ける人もいるほどです。

基本的に楽な道ばかりを選ぶ人は、他人の力で自分をどうにかしてもらおうとする気持ちが強く、ヒモ男やヒモ女、不正な生活保護を受けている人など、辛い道を選択しないことで楽ばかりしようとします。

人は面白いことに、一度楽を覚えるとそちらばかりを優先して、辛い道を選択しにくい心理が働きやすく、楽な道ばかりを歩むことは成長を止めてしまう原因そのものです。

もちろん厳しい道を行けとか、現実逃避をするなどと言うつもりはありませんが、辛い道を選択したからこそリスクが伴い、その代わりに大きな成長や経済力を手にすることができるのです。

 

劣等感を力に変えるか嫉妬のままか

劣等感には大きな力があり、その力を良い方向に活かせる人が大きく成長することは、アドラーの心理学で有名な話ですが、劣等感は大きなモチベーションと変わったり、自分を魅力的にさせるきっかけとなることが多いです。

劣等感を良い方向に変えることができる人は、仕事でライバルに負けないようにエネルギッシュになれたり、魅力的になるために大きなダイエットに成功するなど、劣等感が大きなパワーに変わることは、あなたの日常生活でもしばし見られることでしょう。

しかしながら、この劣等感を負の力に変えてしまう人もいて、暴力や見栄っ張りなど、負の方向に変えてばかりではレベルが低く、こうした人は強い劣等感を抱えたままであるために、自分の成長に繋げることがなかなかできません。

また、劣等感を負の力に変える人は、暴力など社会貢献しないことに変わる力となりやすく、正の力に変えれる人は社会貢献に繋がるともアドラーは述べています。

※関連記事「立派な人や素晴らしい人の特徴20選

 

継続する力があるかないか

自分のレベルを上げるためには継続する力があるかどうかも重要で、成功者は継続することで実力をつけていき、大きな利益を生むことに成功します。

筋トレが分かりやすい例で、筋トレを一週間本気で取り組むよりも、一定量を週に数回コツコツとトレーニングできる人の方が、長い目で見ると大きな差が生まれます。

継続することで自分をコツコツと成長させることで、それが高いレベルのステージへと導き、継続できない人ほど器用貧乏と呼ばれたり、結局はライバルに大きな差をつけられてしまうレベルの低い人となってしまうのは、あなたの周りを見ても一目瞭然であるはずです。

 

良い環境に身を置くかそのままか

ぬるま湯に浸かるとも表現されますが、ダメな甘い環境に身をいつまでも置いていても、人間レベルが上がるわけでもなく、むしろダメな部分を認め合ってしまうレベルが低い原因となりかねません。

類は友を呼ぶと言いますが、ダメな環境にい続けることはダメ人間にとってはとても居心地がよく、自分の悪い部分を全く指摘しないどころか、むしろ褒めたり共感してくれるグループ内にいることは、ストレスがたまりません。

レベルが高い人は自らそうした環境を捨て、レベルが高い環境で自分を高める気持ちを持つことで、どんどんと高いレベルの良い部分を吸収することができます。

さらにレベルが高い環境に身を置くことは、自然と意識も変わっていくために、それが当たり前な環境に変わることで、嫌でもレベルが高い人間に近づいていくことは、心理学の実験などでも実証されている、自分のレベルを上げる最も簡単な方法の1つです。

 

すぐ行動するか口だけか

いつも口だけ人間は、口にしたことと実力や実績が伴わず、立派なことは口にするけど何もできない無能な人など、とにかく何の役にも立たない人のことを言います。

こうした人がレベルが低いと表現されるのは普通なことで、口だけ立派で何もできない人など、カス人間だと思われても仕方ありません。

レベルが高い実力者はすぐに行動に移すことで様々な経験をし、口ではなく背中で周りを引っ張ることで、憧れの存在だと思われたり、影響力のある人だと評価されやすいです。

「チャンスは待つのではなく掴み取るもの」という考えは、行動することで自ら成功を掴み取り、日々自分を成長させる必要があるといった意味が込められています。

 

信頼貯金を築くかすぐ壊すか

信頼貯金とは、お金と同じく信頼はコツコツ積み重ねる必要があるのに対して、一瞬でなくなってしまうことを表現した言葉であり、信頼貯金を築くことができる人は、レベルが高いデキる人に多く見られます。

信頼できる人とは、時間や約束をきちんと守れる人であったり、お金の貸し借りに対してきちんとしている人、口約束で終わらせないなど、とにかく有言実行できることが特徴的です。

信頼貯金をすぐ無くしてしまうレベルが低い人の場合、お金を借りてもきちんと返さない、平気でドタキャンできる、毎回遅刻することで相手の時間を無駄にするなど、性格からして自己中心的で、積極的に友達になりたいと思える性格でないことが特徴的です。

どちらの人間が生活水準が高かったり、仕事ができたり、しっかり者であるのか?と質問すると?ほとんどの人が、前者の信頼貯金を築ける人だと答えることでしょう。

 

【まとめ】

いかがだったでしょうか。

レベルが高いと評価されることに越したことはなく、更に言えば、レベルが高い自分を目指した方が人生が豊かになったり、自分のためとなることも多く、人生に生きがいを感じれたりするのも、レベルが高い自分を目指すメリットです。

芸能界で活躍する武井壮さんは、「バイトよりも自己投資」というツイートをしたことで物議を醸しましたが、「時給1000円で月に100時間働いて10万円もらうより、100時間本気で何かの能力磨くか学習したらそれ以上稼げる自分くらいは育つ」というのは、あながち間違いではありません。

ただし、それは明確な目標があった場合や実際に行動できる人に限った話であるため、ただ意識高い系を目指すために自分磨きをしているアピールをすることは、結局のところ自分の能力を育てることには結びつかず、中身のない人間だと評価されかねないことを、しっかりと理解しておくべきです。

また、「無知な人と博識な人の明確な違い14選」もセットで読んでみましょう。

無知であることはレベルが低いとバカにされる原因で、学ばないことは他人に失望されるきっかけを作ります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP