【世の中顔が全て】それらを証明する16の現実

 

ミスが許されバカにされにくい

職場や学校でも、美人がミスすれば異性がニコニコと笑って許したり、イケメンがミスすれば”いいよ”と優しい言葉をかけてもらえますが、全く同じタイミングでブサイクがミスしたとすれば、それは厳しい意見が飛び交うことでしょう。

「使えないなぁ」とか「何してるんだよ!」など、ブサイクがミスすることは足手まといだと思われ、ブサイクは周りに迷惑をかけるな!と思われることも、決して珍しいことではありません。

それだけに止まらず、顔がいい人はミスした後に補助してもらえる確率も高く、仕事を手伝ってもらえたり、分からない部分を優しく教えてくれたりと、何かと対処が違ってくることも多いです。

これは印象操作による取り入れが行われており、人は好意的な相手ほど好印象を持ってもらえる行動をすることで、自分のイメージアップを図り、評価を上げようとします。

顔がいい人ほど好意的に思われやすく、好きになってもらえやすいわけですから、特に異性が取り入れによって優しく対応しやすく、世の中顔で異性の対応が大きく変わる理由の1つともなります。

 

嫌がることを進んでしてもらえる

人が嫌がることさえも進んでしてもらえるのも、イケメンや美人の特権で、基本的に嫌なことを進んでするのはブサイクであり、嫌なことを進んでしてもらえるのは顔がいい人であることは、恋愛であっても同じです。

ブサイクで自分に自信がない人は、相手から好かれるために嫌なことを進んですることで評価を上げたり、自分が嫌われないための防衛策としますが、そんなことを気にする必要もないのが、顔がいい人です。

むしろ性格が悪い場合は、遠回しに嫌なことを他人に押し付けて、自分の評価を上げようとする人がいたり、他人の功績を横取りしようとする人までいるので、こうした人は他人を利用する悪魔として、多くの人が騙されることでしょう。

逆にブサイクな性格が悪い場合は、こんなことをすればフクロ叩きにあったり、それが嘘でも信じられやすいのが、顔の違いで分かれる大きな対応の差です。

これは何も大げさに言ってるのではなく、現実世界で比較的よく目にする顔の差で起こる対応の違いでありますから、世の中顔が全てだなと実感させられる現実的な差なのです。

 

偉そうであるか/褒められるかの違い

イケメンや美人が少しカッコつけて話をした場合、周りは「凄いなぁ。君なら実現できそう!」とか、「頑張ってね!絶対将来良い旦那(嫁になる)」など、比較的ポジティブな対応をされがちですが、ブサイクとなれば対応が全く違ってきます。

ブサイクが同じセリフを言えば、「はぁ?何偉そうに夢語ってるの?」とか、「お前何様のつもりだよ!」などと、否定的な意見も多くなり、見下されていることがよく分かる対応の違いとなります。

こちらもとっても悲しい現実ですし、世の中顔が全てと言わざるおえない対応の違いですが、顔がいい人はナルシストであっても許される傾向があるのに対して、ブサイクがナルシストなのは許されない傾向があるのも、同じく世の中顔が全てであると感じる瞬間です。

他にも、飲食店の店員が全く違う対応を見せることや、ゲームをすればオタクっぽと評価されるか否かの違いであったりなど、顔一つで捉え方が180度変わってしまうことは、ブサイクであるとの意識が強い人ほど共感できることではないでしょうか。

もう一度言いますが、顔レベルが高いことは大正義なのです。

 

【まとめ】デメリット以前にメリットが凄すぎる

いかがだったでしょうか。

上記で伝えた16の事実全てを知れば、顔の評判が高ければ高いほど人生得することが多いことが分かり、人は生まれながらにして必ず平等でない現実も、はっきりと理解できたはずです。

よく雑誌やネットでも、「イケメンや美人であることのデメリット!」なんてことを紹介する記事がありますが、はっきり言って、メリットが凄すぎてデメリットなど気にする必要もないくらいに、人生得することが多いと言えます。

世の中顔が全てかどうか?と聞かれると、顔で評価されないこともたくさんありますが、こうした事実を比喩するとすれば、世の中顔が全てが最もしっくりくる言葉かもしれません。

本当にブサイクで人生悩みだらけの人が、整形することで人生楽しめるようになるという話も、あながち嘘ではないと思えるほど、顔は人生において重要なポイントを占めます。

また、「一緒にいて落ち着く人の特徴や魅力15選【完全版】」もセットで読むことで、顔以外で勝負できる人の特徴や魅力を知れ、どういう人が求められているのか?を知ることができます。

世の中顔が全てでないとすれば、包容力などを身につけることで、自分の評価や魅力をワンランクアップさせ、必要とされる中身をつけることが重要です。

ページ:
1 2 3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP