真似する人の心理と「グッとキク〜」対処法を厳選紹介!

「はぁ…また真似された。」とため息をつく人の多くは、「真似されることが嫌い」であり、真似されることによって自分の個性が失われ、自分のセンスが奪われたような気持ちになった結果、同じ服を二度と着ない選択をすることも珍しくありません。

基本的に真似する心理には、悪気は全くないどころか、羨ましいとも取れる心理が隠れているわけですが、本人は嫌な気持ちになってしまうことは、言うまでもない事実です。

この1ページを読むことで、何でも真似される人がハイセンスである理由や、魅力的である理由がはっきりと分かることでしょう。

真似する人の心理とは?

同調心理〜3つの可能性が考えられる!

友達のファッションや趣味を真似する人の心理には、同調と呼ばれる心理が働いており、これは集団で流行りの言葉や行動ができると、つい真似してしまうことが分かりやすい例です。

例えば、よく集まるグループ全員が同じ服装でお揃いファッションをしているのに対して、自分一人だけが違うファッションできた場合、「自分一人だけが仲間外れにされているのかも…」と不安になった結果、周りと同じファッションを真似るのも、同調による合わせる選択肢をしていることになります。

この同調は3段階に分けることができ、最初は全く違う理由から真似をしていくのに対して、最終的には自分にとって非常に都合のいい捉え方をしてしまうので、他人を不愉快にさせてしまうこともよくあることです。

そんな同調心理の3段階を以下で詳しく説明し、真似する人の都合のいい心理を暴露していきましょう。

 

①追従〜ついていく心理

真似する人は、まず追従と呼ばれる心理からグループや個人の真似をし始め、これには以下のような理由や気持ちが隠されています。

  1. グループから嫌われたくない
  2. 仲間と思われたい
  3. 可愛いなどと賞賛されたい

これはギャルのグループやおしゃれ集団と仲良くなる人が良い例で、自分が仲間外れにされなかったり、仲間認定されるためには「相手に合わす」ことが重要であり、「自分はこのグループに理解がある」とか、「決して敵ではない」ことを証明するためにも、真似することが仲間認定される第一歩となるのは、あなたも理解できるはずです。

他にも、「可愛い」とか「素敵だ」と思われるために真似する人もいて、ギャルグループから可愛いと評価される人は、ギャルが好むファッションである必要があります。

また、類は友を呼ぶと言いますが、同じような思考やファッションの人を周りに集める方が、自分と意見が食い違ったり、価値観の違いで喧嘩にならないことで、とてもそのグループは居心地が良い環境となった結果、仲間として認められやすいことも、人がまず追従によって真似する理由の1つです。

こちらの心理段階としては、「本来は自分の好みではないけれど、真似している」気持ちであるため、グループから離れると自分好みのファッションに戻ってしまうことが特徴的です。

つまりこの段階ではまだ、本当に自分のしたいファッション等にはほど遠く、違う理由で真似するのが相手の本音となります。

 

②同一化〜憧れが引き起こす心理

こちらは追従から同一化してしまう人もいれば、相手に憧れて真似してしまう人もいるために、グループ関係なしにいきなり同一化によって真似してしまう人もいて、SNSでお洒落自慢をする人や、ファッションショーでのモデルの服装を真似する人などが当てはまる心理です。

グループに仲間外れにされたくないと思った人の場合は、追従からグループのリーダー格やお洒落でモテる人に憧れを抱くことで、「自分にもそれが似合うのではないだろうか?」と疑問を感じ、どんどんと趣味やファッションが似ていくようになっていきます。

こちらに当てはまる場合は、真似されるあなたは憧れの存在として見られている証拠であり、真似してくなるほど魅力的であると思われているため、決して悪い気はしないでしょう。

しかしながら、真似されることで自分自身が嫌な気分となるわけですから、何とも言えない複雑な気持ちとなる人も多いことが問題です。

また人は、「相手の考えと同調すれば、より満足のいく関係を築きやすい」という考えをするため、考えもどんどんと寄せることで気が合う関係へと発展していき、気の許せる関係へと発展できるのは、同一化のメリットと言えるでしょう。

こちらの特徴的な部分は、憧れの存在で無くなると自分の考えに戻ってしまうことにあり、憧れているうちだけが真似する期間となることです。

 

③内在化〜自己のものとしてしまう

①と②では、仲間意識や憧れの心理が関係して真似する行動に繋がるわけですが、最後の内在化という心理は真似された人にとって非常にイラっとする心理で、これが相手を許せない理由である人もいるかと思います。

内在化とは、「真似した相手から取り入れたものが、全て自分の考えであったと思うこと」であり、「お洒落なファッションセンスは、元々自分の長所であった」と答えたり、「自分が着たいからこのファッションをしている」などと、自分の都合がいいように捉えてしまうのが、真似する人の最終的な心理となります。

長年真似してきた人が、いかにも「このセンスは自分のものである」とドヤ顏で自慢してしまうことや、「着たい服を極めていっただけ」などと、ハイセンスであることを自分自身の長所としてしまうのは、内在化による考えが原因です。

ここまでいくと、グループから離れても自分の考えが変わることもなく、元の好みやセンスに戻ることも無くなるため、あなたが考えやセンスを変えない限りは、永遠にセンスが被ってしまうことが想定できます。

他にも、真似されることで以前から腹立たしい思いをしていたのに対して、相手の方がハイセンスであると評価されたことが原因で、強い嫌悪感を覚えてしまうことも。

ここまでくると、否定しても周りが納得しにくい状況となっているため、相手を認めて否定し続けないことが、あなたにとって最も楽で簡単な選択肢となることでしょう。

 

☑️多くの人が同調してしまう理由

2つの理由が存在する

世の中真似する人が絶えずいて、周りに流されてしまう性格も多くいるわけですが、これには2つの心理的原因が考えられ、同調行動が起こる理由には、こんな気持ちが隠れています。

まず一つ目は、「常に正しくありたい」という気持ちにあり、人は誰でもズレた人と思われたくない考えを持ち、周りと同じことをしていれば正しいという考えをすることから、真似することを選択しがちです。

そもそも常識や正しい選択は、自分自身で決めることは非常に難しく、自分では正義と思っていることを行動に移しても、世間からそれは違うと思われることは、正しくない判断となってしまうのです。

こうした世の中であるからこそ、人は他人の言動を参考にすることで物事をより適切に判断しようとし、周りに合わせてしまうことに繋がります。

そして二つ目は、「周りに好かれたい/嫌われたくない」気持ちから真似することであり、誰でも人や集団から仲間外れにされたくない気持ちや、一人ぼっちにされたくない不安を持つため、真似することで好かれようとするものです。

それもそのはずで、ヤンキー軍団の中にオタクが入り込むことは不可能ですし、オタクがヤンキー軍団に好かれるためには、まずは見た目や言動を真似する必要があり、これは逆であっても同じことが言えます。

特に視野が狭い人ほど、その集団が全ての世界であるかのような捉え方をすることで、すぐに相手に影響される傾向が見られるため、田舎でいつまでも同じメンバーで群れている人は、このタイプが多く見られます。

 

★真似しやすい性格はこんな人!

こうした心理の流れから、真似しやすい性格の人の特徴は「自分に自信を持てない人」であると断言することができ、自分に自信がない人は、一つ一つの行動や考えに自信を持てないわけですから、周りと合わせる方が無難な選択で、嫌われるリスクもないとの考えに繋がりやすいです。

これはあなた自身に当てはめてみると分かりやすく、自信がないジャンルや物事に対しては、他人の意見や行動を真似することで、大きな失敗にならないように行動することは、まさに自信がない状況で見られる行動だと言えます。

ファッションを真似する人の場合は、そもそも自信がない性格であるのか、ファッションに対してコンプレックスや苦手意識が強い可能性が考えられ、だからこそ周りのファッションを真似することで、自分にとっては正しい判断をしようとしているのです。

真似されることが鬱陶しいのであれば、自信がない人との関係を絶つことは非常な選択となりますが、あなたにとって有効な対処法となりそうです。

※関連記事「クズ人間の特徴と意味15選〜性格傾向とは?

 

「グッとキク〜」対処法がこれ!

あなたの立場で物事を考えさせる

あなたが明らかに嫌であるオーラや雰囲気を出しているのに、相手がその気持ちを読み取ることができず、むしろ行動がどんどんとエスカレートするのであれば、あなたの立場で物事を考えさせることが重要で、あなたの本音を相手に伝える必要があります。

これは対人共感性の問題であり、相手の立場となって物事を考えれるかどうか?の力が乏しい人ほど、自分の立場のみでの考えで物事を考えてしまうために、真似しても何ら問題がないと思ってしまうわけです。

逆に対人感受性が高い人は、「やりすぎは友達がきっと嫌がるだろう。だからこそ、真似は少しだけにしておこう」と思えたり、相手の嫌がることは避けようとします。

こうした人が真似をする原因は、「あなたの気持ちに気づけない」ことにあるわけですから、しっかりとあなたの本音を伝えることで、相手にあなたが悩んでいることを伝えることができます。

ここでは、そうした真似する人に注意するポイントと重点を以下にまとめていきます。

 

①相手を責めず、人格否定しないこと

まずは相手を絶対に責めてはいけないことと、人格否定をしないことが重要で、これを犯してしまえば相手は不愉快な気持ちとなったり、感情的にあなたを攻撃してくるきっかけを作ります。

1.何で私が嫌がってる気持ちに気づけないの?無神経すぎない!?

2.自分のセンスがないからって真似するのやめてくれない!?

上記のように、人格否定とも取れる言葉を使ってしまったり、真似する相手が全て悪いとも取れる注意をしてしまうことは、あなたの立場となって物事を考えさせることに繋がらず、むしろ相手を否定しているだけです。

人は誰しも注意されることで防衛反応が働き、心を閉ざしたり感情的になってしまうものなので、まずは相手を責めないことを覚えておきましょう。

 

②褒めてから本題に入ろう

これは部下を注意する上司や、年上の人に対して注意する時にも使うべき方法で、本題に入る前にまずは相手を褒めることで、その場の雰囲気を緩める効果となったり、相手の緊張を解く効果が見られ、さらに相手を素直にさせる効果が期待できます。

相手を素直にさせることができなければ、相手が真似している事実を認めさせることは難しくなるため、必ず本題の前に相手を褒めることを徹底しておきましょう。

1.この前の〇〇の件ありがとう!とっても参考になったし助かったよ!

2.そのスカートすごく似合ってて可愛いと思うよ!色合いも凄く鮮やかで素敵!

上記のような褒め言葉を最初に入れておくことで、相手を素直にさせることを心がけてください。

 

③主語、質問式、具体例を述べよう

主語を「私or俺」にすることで、相手を否定してしまったり、相手を責めてしまうことを無くし、主語を自分にすることは、自分自身の気持ちや感情を訴えかけることに有効です。

「私は真似されることが嫌だ」と伝えるのか、「あなたが真似するのが嫌だ」と伝えるのでは、相手が捉える意味も大きく変わり、後者の場合は自分自身が責められた気持ちになってしまうのが、はっきりと分かるかと思います。

次に質問式で相手を注意することが重要で、質問式でお願いする形で相手に本音を伝えると、相手をより素直にさせやすく、傷つけたり感情的にさせる可能性を減らします。

質問式でお願いする形であることは、相手に尊敬の意図を感じさせる魔法の言葉なので、「最近服が被ってきてるから、同じ服を選ぶこを控えることってできるかな?」とお願いすることで、相手を決して見下した存在だと思わせない効果が得られるのです。

そして最後に具体的にお願い事を述べることで、あなたの立場で物事を考えさせ、「グッとキク〜」対処法の完成となります。

以下に例を挙げるので、あなたも自分なりの注意の仕方をしっかりとイメージしておき、実行に移していきましょう。

この前はご飯誘ってくれてありがとう。凄く楽しかった!

ところでさ、最近私が悩んでることがあって、私は〇〇ちゃんと服が被ることが多くなったのが気になってるの。

服装が被ることが嫌な人って世の中にたくさんいてるし、私もそのうちの一人なんだ実は。

だからお願いになるんだけど、私と全く同じ服を買うのはちょっと控えめにしてくれないかな?

もちろんどこか旅行に行く時とかは、ペアルックで一緒に楽しみたいし、そんな時は一緒に買い物行って服を選ぼうよ!

上記のようなお願いであれば、あなたの本音をしっかりと相手に伝えることもできていますし、相手の人格や存在を否定する発言は見られません。

さらには、最後にペアルックもしたいと伝えていることで、相手を決して嫌っているわけでもなく、尊敬していることが伺える発言となっているので、相手を素直にさせることができる具体例となっています。

 

☑️あなたも同調している事実に気づく

真似する相手に対して嫌な気持ちが膨れあがったり、日々ストレスを感じているのであれば、あなたも無意識のうちに同調していることに気づくことで、多少の真似は仕方がないと思えることに繋がります。

その理由は、私たちは社会のルールやマナーに従い、それが常識だと思っていますが、これは人々が作ったルールに沿って生きていることを意味するため、ある意味世界中の誰もが同調しているわけです。

そう考えることができれば、真似されることに苛立ちを感じなかったり、または自分自身が他人の真似をしたことがある事実に気づけ、余裕を持って相手に注意することができるはずです。

 

【結論】捉え方次第で対処も変わる

いかがだったでしょうか。

真似する人の心理を知ったあなたは、捉え方次第で対処法も大きく変えることができるとも言え、それは以下のようにポジティブに捉えることで、対処法自体が必要なくなってしまうことも。

その方法とは、「自分は憧れの存在と思われているのかもしれない。だからこそ、気を抜かずに頑張ろう!」これは、ポジティブな捉え方をしている証拠であり、ネガティブな捉え方をするからこそ、「鬱陶しい」というネガティブ感情に繋がります。

これ以上耐えれなかったり、不安な気持ちを引きずりたくないのであれば、上記にお伝えした対処法でしっかりと注意することが有効な方法となりますが、まだ耐えれるレベルの少しの真似であった場合は、ポジティブに捉えてしまう方法も大いにありです。

人間関係は非常に難しく、特に注意する立場の人は何かと気を使ってしまったり、罪悪感を覚えてしまうものですが、それを乗り越えてこそ成り立つ友情もあるので、これがそのきっかけとなることも十分に考えられると思えば、さらにリラックスした状態で対処法に実行できる人も多くなることでしょう。

また、「常識のある人と常識のない人の違い16選」もセットで読んでみましょう。

真似ばかりする人を非常識と思うのであれば、上記で厳選した非常識な人格に多く当てはまるはずです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP