ズレてる人の仕事や行動面での特徴と対処法【決定版】

「ちょっとズレてる部分あるよね〜」なんて言われると、「えっ!?そんなにズレてるかなぁ…」と自分自身に疑問を感じ、一日中頭を悩ませた経験がある人も世の中にはいることでしょう。

ズレている人には、ある共通点やあまり良くない性格傾向も見られやすく、時には変人だと表現されることも珍しくありません。

【ここが他人からズレてると思われるポイント】が明確に分かり、他人からの評価がはっきりとわかる1ページとなっています。

「ここが変!」ズレてる人の特徴は?

話が噛み合わない

ズレてる人は話が噛み合わないことが多く、相手が質問している内容とは全く別の話をいきなりし出したり、話すテンポがワンテンポ遅れているなど、相手を気持ちよく会話させることが難しいです。

他にも、相手の話を全く聞かないとか、言葉を略しすぎて何を言ってるのか分からない、内容が省略されすぎて何を伝えたいのか分からないなど、とにかく会話がスムーズに進まないのが特徴的です。

芸能界では、ANZEN漫才のみやぞんさんや、滝沢カレンさん、小倉優子さんなどがこうした特徴に当てはまり、不思議キャラであったり変わった人として、芸能界でも多くの人から注目を集めるタイプです。

中には、「絶対に自分が正しいんだ!」という頑固な人もいて、こうしたい人は柔軟な考えをすることができないので、バカであると評価されることもしばしば。

話せば話すほど噛み合わなかったり、相手の話の内容がわかりづらい場合は、ズレてることが原因で相手との会話のキャッチボールができず、職場や学校でも孤立してしまう原因を作りかねません。

 

いきなり的外れなことを言い出す

ズレてる人は話が噛み合わないだけでなく、いきなり理解不能な的外れなことを言い出したり、笑うべき場面では真顔でいるのに対して、笑わない場面で急に笑い出すなど、とにかく考えがわかりません。

こうした人の心理には、論点が理解できないどころか、違う意味で物事を捉えてしまっている原因が隠れており、何を聞かれているのかが正確に理解できていません。

故に、本人には悪気はないけど、本気でズレた回答を連発してしまうのが、ズレてる人の特徴となります。

 

常識が通じない

ズレてる人は他人との考えがズレている人でありますから、常識が通じなかったり、非常識な行動を正当化してしまう、自分の意見を押し付けてしまうなどの特徴が見られ、ある意味、社会の常識に従わない人であると言えます。

こうした人は、常識が通じないことを気にしておらず、相手が自分に合わせるものだと思っていたり、そもそも常識が通じない自分に気づけていないケースも考えられます。

非常識な人は嫌われてしまいがちですが、ズレてると評価される人は、非常識というよりかは、悪気がなく相手を心底イラっとさせないために、非常識の一歩手間前とも取れるズレてる性格で止まっているわけです。

芸能人や偉人ほどズレた人が多いと言われがちですが、こうした人は社会の常識に縛られないからこそ、圧倒的な結果を残したり、個性を売りに大きく売ることができています。

つまり、ズレてる人は常識に縛られる社会に出るよりかは、自由で常識外れが評価される世界に飛び込む方が、活躍できる場も広いと考えることもできます。

 

冗談も通用しない

ズレてる人の特徴は常識だけでなく、冗談が通じない人にも当てはまり、誰が聞いても冗談だと分かるような内容であっても、真剣に考えたり真に受けてしまいがちです。

冗談が通じない人は時として本気で心配してくれることもあれば、真に受けることで怒りの感情をあらわとする事もあるので、とても扱いが難しいことは言うまでもありません。

また、社交辞令を真に受けてしまいやすいこのタイプは、パワハラやセクハラだと部下に訴えられやすいタイプでもあります。

※関連記事「常識のある人と常識のない人の違い16選

 

他人の気持ちを考えない

ズレてる人は他人の気持ちを考えないというよりは、考えれないからこそ会話が成り立たなかったり、空気の読めない発言をしてしまうわけであり、空気が読める人は他人の気持ちに敏感な人であるはずです。

そもそもズレてるの意味は、「相手と考え方が異なっているさま」でありますから、相手の気持ちを考えれないからこそ気持ちを読み取れず、自分の立場のみで発言をしてしまったり、時として空気を壊してしまうわけなんですね。

こうした人は嫌味が全くなければ、ズレてる面白い人だと評価されがちですが、逆に批判的で嫌味っぽい性格であった場合は、無神経で相手を傷つける人だと評価されるため、ズレてるけど人気者である人は、きっと嫌味がない良い人なのでしょう。

このように対人感受性が低い人は、相手の気持ちを理解することが苦手で、時には自己中心的な考え方をしてしまったり、不適切な表現をすることでその場を凍りつかせることがあるため、対人関係やコミュニケーション能力に乏しい一面が見られがちです。

 

限定された物事へのこだわりが強い

ズレてる人は限定された物事へのこだわりが強いために、「なぜそこに対してはトコトンこだわるのか…」と不思議がられたり、「そこを重視しても意味なくない?」と疑問に思われてしまいます。

具体例を挙げるとすれば、マイルールが強くて自分が決めた順番じゃなければ嫌だとか、そこのジャンルだけはもの凄く知識がある、記憶力があるなどの特徴が見られます。

ただこだわりが強いと評価される人の場合は、好きなことに対しては徹底的にこだわる姿勢を見せるものですが、ズレている人の場合は、限定されたことに対してのこだわりが強いために、「なんでそこだけ?」と疑問に思われるわけです。

例えば、おいしい水を作る際には綺麗な水は必須条件となりますが、そこよりも機械ばかりにこだわりを持ったり、効率よりもマイルールばかりにこだわってしまうことは、おいしい水を作ることには繋がりにくいです。

多くの人が、「もっと水の質とか効率化にこだわるといいのに…」と思いつつも、限定されたことに強いこだわりを持ってしまうことは、どこかズレていると思われる瞬間でもあります。

 

時代遅れで考えが古い

ズレてる人は、歯車がかみ合わない人でもありますから、時代遅れでいつまでも古い考えをしている人も、現代人の考えとはズレていると評価されることになります。

例えば、今の時代にいつまでも「女は家事をしていろ!」とか、「男がびしっと言わないとダメだ!」なんて考えは、まさに昭和時代を感じさせるズレた考えであり、特に今の若者にこうした古い価値観は、全く伝わりません。

考えが古い人が若者集団の中に飛び込むと、「はぁ?いつの時代の人だよ?」と思われてしまうことは、まさにズレているからこそ共感してもらえず、今の時代の常識とは当てはまらない考えなのです。

逆に、20代の人が70代であるかのような考えをしているとすれば、「なにこの人?ちょっと変わってるな…」なんて思われてしまうことは、誰でも思ってしまうことですよね。

ズレてる人はその時代の常識や考えが浸透しておらず、いつまでも自分の考えを改めることができない、頑固者であるとも言い換えることができそうです。

 

極端な考えをよくする

ズレてる人は極端な考えをしてしまうことが多く、極端とはイエスかノーで全て答えてしまうようなことです。

フェミニストと呼ばれる人が良い例で、こうした人は「男が」とか「女が」といった極端な考えしかできないからこそ、すぐに男は犯罪者だと言い放ち、まるで男性全員が犯罪者であって、女性は一切犯罪しないような表現をしてしまうわけです。

極端な考えをしてしまうことは、白か黒かで物事を決めつけてしまうことになりますから、曖昧な表現が嫌いであったり、マイルールを譲れないなどの考えに繋がります。

マイルールを譲れないということは、人に合わせることが苦手ということなので、人と合わせるとストレスが溜まるズレてる人は、集団行動から外れた単独行動をとってしまうことになるのです。

すると集団からは、あの人はズレてる人だから仕方がないと諦められ、それが自分にとっても心地良い環境だと感じることで、どんどんと孤立を深めてしまうことも少なくありません。

※関連記事「無知な人と博識な人の明確な違い14選

 

自己評価が高すぎる

他者評価と自己評価が違いすぎる人もズレてる人の特徴で、他者からすれば「普通の顔である」と評価されているのに対して、自分では「結構イケメンである」と本気で思い込んでいる人は、ズレた考えを持つ人です。

ネットでもたまに話題となりますが、可愛いとは決して評価できない人が、自分のことをまるで美人であるかのように語ったり、そうした自撮りをする人がいますが、こうした人は自己評価がズレているために、正当な評価ができていません。

そもそも自分の評価は自分で決めるものではなく、他人が抱く評価こそが本来の自分の姿であるはずなので、このタイプは痛い人としてバカにされてしまうことも。

さらに自己評価が高すぎる人は、自己愛がとても強い人でもありますから、自己中心的で自分が特別な存在だと思い込んでいて、特別扱いされないことに腹を立てたり、自分なら許されると本気で思っていることからも、ズレてる人だと評価されやすいです。

自分の意見が通らないとキレたり、遊びに誘われないとキレる人がいますが、これは「俺様を誰だと思ってるんだ!」という本音の現れであると言えます。

 

天然で予想できない

ズレてる人でも、周りを明るくさせたり人気者となれるのは、天然な性格が原因でズレてると評価されている人であり、その中でも「笑顔が素敵な人」や「ポジティブで明る人」こそが、好かれる人の典型的特徴となります。

このタイプは、自分自身が本気で天然であることに気づいておらず、細かいことをそれほど気にしないので、嫌味のない愛想がいい人として人気を集めやすいです。

最も、アンチとも言える敵となる存在が近くにいれば、小さなミスや天然な部分にイラつくことも多いでしょうが、若いうちはそのようなアンチも出にくいのは、若さの魅力の1つです。

故に、天然でズレている人は、ある程度歳を取ると今度は鬱陶しがられたり、厳しい対応をされることが多くなり、若い頃のように何でも許して貰えないことに、頭を抱える人が後を絶ちません。

天然でズレてる部分が可愛いと評価されていても、それは若いうちだけで、歳をとると自然と周りの評価も厳しくなるのが現実です。

 

「仕事ではちょっと…」どんな行動?

違う!その捉え方は間違え!

ズレてる人に仕事を教える時には、違う捉え方をすることで全く別の作業をしてしまったり、何度も同じミスを犯してしまうなど、相手が伝えたいことを的確に受け取れず、教える側が頭を抱えてしまうことが多々あります。

仕事の物覚えが悪いとも言えますが、真剣に仕事に取り組んでいたり、一生懸命覚えようと必死な姿からは、教える側もなかなか厳しいことが言えなかったり、叱ることができないのは、ズレてる人の仕事面でのあるあるです。

このタイプは同期とは大きな差をつけられますが、不器用なりにコツコツと成長していくタイプなので、数年後には器用貧乏な人よりも実力がついてることも。

恵まれた上司や同期でなければ、仲間外れや怒りの対象とされたしまいがちな為に、厳しい職場ではついていけないのが特徴的です。

 

周りを巻き込まないで…

ズレてる人は何度も同じミスをしてしまったり、重大なミスに繋がることを犯しがちなので、それが結果的に全体に影響し、多くの人が残業に付き合わされることは、決して珍しい光景ではありません。

ズレてることを理由に仕事のミスは許されませんし、何より頑固で自分に非がないと言い放つタチの悪いズレた性格であった場合は、周りから不信感を抱かれることでしょう。

さらに極端な考えをする人の場合は、自分が全て悪いと責任感を感じることで場の雰囲気を暗くするなど、ズレてることで周りを巻き込むことは、同じ職場の働き手にとっては最悪のことなのです。

一人で勝手にミスすることは平気ですが、周りを巻き込むことは多くの人の機嫌を損ねてしまう原因そのものです。

 

人の話をちゃんと聞こうよ!

ズレてる人が許せないとの意見の人の中でも多いのが、「人の話をきちんと聞かない」ことであり、きちんと最後まで話を聞かないからこそ、ミスや連携不足が生まれたり、または同じミスを連発してしまうわけです。

人の話をきちんと聞けない人は仕事ができない人の特徴で、嫌われたりせっかちものだと思われる上司の特徴でもあるため、昇進すると部下にバカにされるタイプが多いです。

マイルールにこだわる人が良い例で、こうした人は人の話を聞いても、結局は自分のルールを優先してしまうために、話を真剣に聞いたり理解しようとはしません。

ズレてる人は周りが見えてないからこそズレてしまったり、自分の考えを押し付けてしまうので、冷静に考える力さえつけることができれば、本人にとっても周りにとっても一番の選択となることでしょう。

 

「覚えよう!」対処法はこれで完璧!

私を主語に批判しない

ズレた人に対して注意する時や間違いを指摘する場合には、「あなた」を主語に話を進めてはいけません。

「あなた」を主語にしてしまうと、「あなたの〇〇な部分間違っているよ」と伝えることになり、相手を攻撃的で責められている気持ちにさせ、プライドが高い人であった場合は攻撃的に反論してくるので、必ず主語は私になるようにしてください。

主語を「私」にした場合は、「私が見た感じ、〇〇な部分違うと思う」という遠回りな表現となるために、それほど相手は責められた気持ちになりませんし、暗い気持ちにもさせません。

ズレてる人とは、あなたとは何かと合わないことが多いのですから、注意することが多いと用心しておけば、心の余裕ができ、さらに優しい対応ができることに繋がります。

 

確認や質問を怠らないこと

ズレている人は、あなたと意見や価値観が合わない人でありますから、大事な話の時には毎回きちんと理解できているか確認することや、質問式で相手が理解していることを確認することが有効です。

「どうせあなたは理解しないでしょ?」なんて態度で接してしまうと、相手にも見下している心が伝わり、関係が悪化してしまう恐れもあるので、あからさまな態度は見せないことが重要です。

ズレてる人と意見を合わせたり、ミスのない連携を取るためには、必ず最後に確認や質問をする形をとり、お互いに意見の食い違いでトラブルが起こらないようにすることが、仕事面では最も望ましい対処法となります。

 

あなたの意見を押し付けない

考えが古い人やこだわりが強い人、他人の気持ちを考えない人は、自分の意見を押し付けることでズレた価値観を正当化させ、相手にも納得させようとしているわけですが、同じことをしてしまうと意見がぶつかってしまいます。

そうではなく、あなたは自分の意見をズレてる人に押し付けないことが大切で、むしろ最後まできちんと話を聞くくらいの余裕を持ちましょう。

いくらあなたが常識人だと言っても、全ての考えが正しいわけではありませんし、人の考えはそれぞれであるため、気づかぬうちに意見を押し付けてしまうことのないように、気をつけるべきです。

また、無意識中にミスを犯さないためにも有効なのが、相手の話を最後まできちんと聞くことなので、ここはきちんと実行しておきたいものです。

 

【結論】面倒なら関わるな!

いかがだったでしょうか。

ズレてる人の性格を一言で表すと、何かと面倒というネガティブな捉え方もでき、面倒なら関わらないことに徹底するのが、あなたにとって一番賢い選択となります。

人付き合いなんて合う合わないがありますし、無理に付き合わなくとも世の中に人は溢れているのです。

性格を曲げてまでも、自分を押し殺してまでも無理に人付き合いをする必要もなく、そんなことをしても気づかれやストレスが溜まっていく一方です。

心地よい環境作りを心掛けるのであれば、自分が無理だと感じた人とは付き合いを消極的にし、近づかないことを徹底するのが効果的な方法です。

また、「レベルが低い人と高い人との決定的違い16選」もセットで読んでみましょう。

あなたは、多くの人から尊敬されるレベルの高い人と、バカにされるレベルの低い人の決定的な違いとは、どのような部分にあるのかをご存知ですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP