末っ子の性格面での特徴10選

兄弟・姉妹で性格が大きく変わると言われており、理由は育ってきた環境が違うことにあります。

長男であれば下の子の面倒を任されますし、逆に末っ子であれば家庭面での手伝いは少なくなる傾向にあります。

つまり逆を言えば、末っ子という環境で育ってきたからこそ、性格にある程度の共通点ができるということです。

今回の記事ではそんな末っ子の性格面での特徴の中でも、特に共通していることが多い10選にしぼってみました。

スポンサードリンク

騙されやすい

兄弟・姉妹の中でも一番に騙されやすく、これは人を疑わない末っ子だからこその特徴だといえます。

兄弟・姉妹を見てきて信頼しきっている末っ子は、社会に出てから騙される確率が高く、ずる賢い一面もあるので損得勘定で動いてしまい騙されやすいのです。

その分のメリットというのも、もちろん存在しますが(後々触れています)、一番のデメリットは騙されやすいということになります。

 

非常に効率がいい

兄や姉を持った末っ子は、周囲を見てから行動を始めます。

自分では何もできないズリバイの時期から、姉の行動や両親の動きを見ており、周りに手本となる人が多いので、自分から何かを始めることは難しいですが、誰かがすでに始めたことに対しては柔軟さを示します。

常に周りを見て、どうすれば良いかということを図っているのです。

ですから非常に効率が良く、これをしたら怒られるからこうしようという柔軟な動きが可能です。

兄や姉を見てきているからこそ、これをすれば失敗するというパターンが分かっているのです。

 

年上は得意で年下が苦手

年上に関しては得意で可愛がってもらえますが、年下は大の苦手です。

面倒を見てもらう立場で育ってきたので、年下との付き合い方が分からないという人が非常に多いです。

リードするよりもリードされる方が得意であり、ついていく能力に関しては非常に優れているといえるでしょう。

 

家庭内では無責任

無責任になってしまうことが多く、なぜなら小さい頃の責任は全て上の子たちになすりつけてしまう親が多いからです。

それが当たり前となれば、責任を持つということが分からなくなってしまい、無責任な子供に育ってしまいます。

勘違いしてはならないことは、家庭内での出来事に関して無関心になってしまうのであり、外に出ればそれなりにしっかりとした一面も多い末っ子です。

家でトラブルが起こっても基本的に無関心で、無責任な態度を取りがちといえば分かりやすいでしょうか。

もちろん、結婚して自分の家庭を持つとなれば話は別です。

 

かまってちゃん

放置されるのが何よりも嫌いで、家族であろうが恋人であろうが、放置されればすぐにちょっかいを出してしまう末っ子。

相手からすればそこがたまらなく可愛いのでしょうが、気分が乗らない時の末っ子の相手というのは、かなりめんどくさいと感じる人も多いでしょう。

しかし一度癖になればメロメロになってしまう異性も多く、末っ子はいろんな意味でも愛されキャラです。

家庭内でもドジをすれば可愛がられ、恋人にもちょっかいを出して病みつきにさせるあたりは、周りから羨ましがられる一面ではないでしょうか。

 

甘えることに抵抗がない

末っ子は甘え上手な部分があります。

長男、長女が生まれてしばらくしてからの子供なので、その時期から長女や長男より下の子の面倒を両親が見るのが当たり前になります。

長男や長女は、妹や弟ができたことに嬉しさを感じて、色々と(余計な)お世話を焼いてくれるのですが、末っ子にはそのような体験をすることができません。

ですから甘え上手になるのも分かりますね。

人に頼ったりして甘えるのが上手で、もっと具体的に言えば、自分でできないからお願いと頼むのが上手なのです。

社会に出てもアドバイスをもらったり、書類のチェックをお願いしたりするところも末っ子の特徴の1つです。

自分で調べるというよりは、教えて下さいと直接上司に言う傾向が強いようです。

 

めんどくさがり

末っ子は可愛がられるがゆえに、周りがなんでも動いてくれるので、結果的にめんどくさがりとなってしまう傾向が強いです。

というよりも、家ではなんでも家族が動いてくれると勘違いしているケースもあり、これは育て方に問題があります。

長男・長女がしっかり者であればあるほど、末っ子がめんどくさがりになる可能性が高いようです。

また親がほいほいと動いてしまう家庭ほど、めんどくさがりな子供に育つ傾向にあります。

 

末っ子はわがまま

そもそも末っ子は何故わがままと言われるのでしょう?

それは両親の子育てに原因があります。

一番初めに生まれた子は両親からすれば貴重な勉強の材料となりますし、一人目ということで大変重宝もされます。

一番丁寧に育てられるのは第一子なのです。

しかし二番目、三番目となってくるとやり方がある程度分かってきますから、手の抜きどころというものを知ってしまいます。

つまりいい意味で雑に育てることができ、ある程度のことではビックリしたり病院に駆け込んだりしません。

そんな風に育てられた末っ子は自由にのびのび成長し、いつも可愛がられて育ったので、わがままになってしまう傾向が強いです。

 

負けず嫌い

末っ子は負けず嫌いとしても有名ですね。

うまく歩けなかったり、自転車に乗れないという頃から負けず嫌いの性格が現れて、すぐにお姉ちゃんやお兄ちゃんに追いつこうとします。

また遊びの場面でも負けると悔しがる姿がよく見られます。

母親のメイクの真似をしたがるのも、何かを真似るということが末っ子には特徴としてあげられます。

仕事でも同僚には負けたくないという意識が強く、闘志を燃やして仕事に熱中するという末っ子も多いようですね。

 

いくつになっても甘えん坊

たとえ結婚をしても親の前では甘えん坊で、上手に甘えます。

いつまでたっても甘えたは治らず、甘えさせてくれた両親に対して恩返しをしようと、両親が大好きなケースが多いです。

もちろん人前では甘えませんが、家族だけの空間ではいつまでたっても甘えてしまう、そんな末っ子の可愛い一面も存在します。

 

末っ子といっても性格は様々

性格の特徴10選をご紹介しましたが、最初も言ったように人は環境により性格は変わります。

特に多い共通点なので共感する人も多いかと思いますが、どうだったでしょうか。

メリットもあればデメリットも存在するわけですが、やはり多くの人が羨ましいと感じることは、「愛されキャラ」ということでしょう。

多くの人から愛されやすい末っ子は、愛情に飢えることなく育っていくことが多いですから、根暗などの性格とは無縁の性格になりやすいようです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP