大人が嫌いな人の特徴とは?理由やそうなる瞬間20選

「大人なんて大っ嫌い!」と嘆く子供もいれば、「大人だけど大人は嫌いだ!」と嘆く人もいるなど、大人が嫌いな人は子供に限ったことではありません。

この1ページでは主に、「嫌われてしまう大人」の特徴を挙げておくことで、”なぜ嫌われる大人が減らないのか?”という結論を出していきます。

大人に対して怒りを持っている人は、ぜひ共感することで心をスカッとしていきましょう。

大人が嫌いな理由とは?


大人は理不尽である

理不尽とは「物事の筋が通らないこと」という意味で、理不尽な要求を受け止めるしか方法がない子供は、大きな不満を抱くことになります。

例えば、「勉強は1日一時間しろ!」と命令する割には、自分は家でゴロゴロしているだけであるなど、他人には厳しい要求をするのに対して、自分には甘い人のことを、理不尽であると表現します。

これは子供に限らず、権力のある大人に逆らうことができずに、「上司の理不尽な要求にはもう我慢できない!」と大人を嫌いになる人もいるので、大人はとにかく理不尽なのです。

 

理想像を押し付ける

親の立場になった途端に、自分が抱いた理想の子供像を押し付ける親に変わってしまい、「もっと勉強しなさい!」とか、「ゲームばかりするとバカになる!」と厳しい躾をする親も、大人が嫌いになってしまう理由の1つです。

特に酷い親ともなれば、「こんな出来損ないの子供に育てた覚えはない!」なんて暴言を吐く親もいるので、子供からすれば「自分はどうなの?」と疑問に思うことでしょう。

大人だから立派であるなんてことはあり得ないですし、理想像を押し付けられてばかりの子供は、自分が本当にやりたいことや主張を聞いてもらうことができません。

 

権力で支配する大人

大人になるにつれてどんどんと心が汚くなることは、「大人が権力で支配する」ことが示しており、子供であれば大人の言うことを聞かなければ、生きていくことが出来ないので、どうしても権力に屈するしかありません。

もちろん、甘やかされて育った子供は将来的に苦労することも多くなりますが、世の中には優位な立場を利用して、都合のいいように子供や大人を扱う人が存在します。

自分の立場が強いからといって、権力を振りかざすことで言いなりにさせることは、最低の大人がする行為と言えるでしょう。

 

口うるさくて鬱陶しい

何をするにも口出ししてくる親がいますが、子供もある程度大きくなればこれが鬱陶しく感じますし、「それくらい分かってる!」と、イラっとすることも多々あります。

これは親の愛情であり、自分がいざ親にならないと分からないことでありますが、子供にとっては非常に厄介で嫌な行為であることに間違いありません。

特に女性は、親切の押し売りや余計なお世話をしやすいので、母親からすれば「親切」で子供に確認したはずが、子供にとっては「迷惑」と感じてしまうことが、大人が嫌いになる理由です。

 

プライベートを監視

プライベートを監視する親のことを、毒親という表現をすることもありますが、子供の恋人や学校生活まで全てにおいて、自分の支配下の元で行動させようとする親がいますが、こうした親は子供ためにはなっていません。

むしろ子供には逆効果で、子供だってある程度大きくなればストレスがたまり、「親元から離れたい…」と思うことは普通のことです。

何をするにも監視しようとしてきたり、外で遊ぶ時にでも「これはダメ、あれはダメ」と言われているようでは、子供だって肩の力を抜くことができず、心の底から楽しむことができません。

 

いつまでも子供扱い

中学生や高校生、または成人してまでも子供扱いする大人もいますが、これは本当にムカつきますし、人生経験が豊富な大人では理解できない、子供がイラっとする瞬間です。

職場でも子供扱いする上司は存在しますが、プライドが高い人であれば「なめるなよ!」と内心思い、悔しい思いで夜も眠れない人もいるなど、何かと子供扱いする大人は多いです。

子供であれば、「いつまでも子供扱いする大人は嫌いだ!」と思うことで、どうにかして距離を取ろうとした結果、家出を試みる人もいるほとです。

 

相手を平気で傷つける

大人は相手を平気で傷つけるとは、「子供に対して暴言を平気で吐く」とか、「その日の気分次第で暴力を振るわれる」など、主に虐待を受けて育った子供が嫌いになる理由で、大人だって同じ理由で嫌いになります。

職場で同僚にいじめにあった人からすれば、大人が子供をいじめることはないだろうと思うことで、大人が嫌いという感情がさらに大きくなっていくのです。

外面だけはもの凄くいいのに、家に帰ると威張って子供に危害を与える親は、クズであると言っても過言ではなく、こうした大人の中には「そもそも子供が嫌い」である人もいるので、決して笑える話ではありません。

 

すぐキレるバカだから

短気な大人に対して、「いい大人が情けない…」という感情を抱いたことは私自身もありますが、すぐキレるバカな大人に限って、自分の主張が絶対に正しいかのように振る舞い、自分に非はないなんて思っていたりします。

ユーチューブであれば、煽り運転を繰り返すバカな大人が話題となりがちですが、これは典型的なバカ大人の良い例です。

自分の都合が悪くなるとブチギレたり、その日の気分によってOKとNGラインが変わってしまう人は、なんとも理不尽で、一緒にいても居心地がすごく悪い人であると同時に、自己中心的な性格となる傾向が見られます。

 

無責任な大人

最も可哀想なケースは、子供は親を選べないケースであり、親が責任を持って子供を育てる必要があるはずが、子供に愛情が全くない親が存在したり、邪魔者扱いをし続ける親だっています。

こちらもまさにクズでどうしようもない大人となり、こんな大人が子供に偉そうに命令しているとすれば、大人が嫌いになってしまうのは当然のことですよね。

子供にとっては唯一頼れる存在が親なのですから、この親がどうしようもないクズであったのであれば、子供が辛い人生を送ってしまうことになることは、常識のある大人であれば、誰もが分かることなのです。

 

酒に溺れてだらしない

20を超えるとお酒が飲めるようになり、お酒に溺れることで人生を台無しにする人や、アルコール依存となることで家族を崩壊させる人もいますが、酒にだらしない人は基本的に嫌われます。

子供の場合は、アルコールにだらしない親のせいで、子供が親の面倒を見る羽目となったり、暴力や暴言を吐かれることは日本でもよくあり、お酒が入ると人が変わってしまう大人は、子供にとっては敵そのものです。

大人の場合でも、酒にだらしない人は世話係をさせられたり、トラブルメーカーとなるなど、子供から大人まで幅広い世代に嫌われてしまうのが、酒に溺れてだらしない人の特徴です。

 

お金にだらしない

お金にだらしない大人は、周りから多くの借金を繰り返したり、返済を無視してどこかに飛んでしまうなど、私生活でもだらしない一面が多々見られます。

ギャンブル依存症で借金だらけの家庭で育つ子供であれば、お金のことで喧嘩する親をたくさん目にすることになりますし、子供に我慢ばかりさせる生活を強いられることになります。

使ってはいけないお金を使うことで、母親、または父親を悲しませている姿を目の当たりにすれば、非常識で無責任な大人を嫌いになってしまう瞬間ともなり、こうした感情は間違ってはいないとも言えそうです。

 

不倫や浮気を繰り返す

不倫や浮気を繰り返す大人を子供の頃から見ていたとすれば?間違いなく「大人って汚いんだなぁ」とか、「嫌な大人だ」と思ってしまうことになりますし、パートナーを平気で裏切る大人が、子供に何か言える立場でもありません。

大人って汚いなぁと思う瞬間ですし、何より裏切り行為をしてもいいんだと子供に見せつけているようなものですから、尊敬されない親となってしまうことでしょう。

また、これが原因で片方の親が悲しんでいる姿を目撃するとすれば、大人のドロドロな世界に、好きという感情が生まれるわけがありません。

 

他人と子供の態度が大違い

親が自分に対してはすごく厳しい態度なのに、電話がかかってくると急に優しい人に変わることが、とっても嫌だったという思い出を持つ人はたくさんいて、こうした人は、他にもこんなエピソードがつきものです。

「外に出るとすごく優しいお母さんに変わる」とか、「他人の子供にはすごく優しい」などであり、大人が同じ扱いを受けていたとすれば、高確率で不満が積もることになりかねません。

これが理由で大人が嫌いになってしまう人は、一時的な感情であることがほとんどですが、やはり不満は積もり積もることで、嫌悪感を抱く原因となります。

 

なんでも決めつける

「あんたは〇〇だから」となんでも決めつける大人に対して、「はぁ?違いますけど?」と心の中で反論することも、大人が嫌いになる理由です。

親でもよくいるのが、子供のことを全て理解しているつもりの親であって、「この子は〇〇だからね。」と勝手に決めつけることで、子供の意見を聞こうともしない親がいます。

嫌なことでも決めつけられることで、やりたくもない習い事をさせられたり、本当にやりたいことができないのですから、こうした子供は大人になって反動が出ることが多いことでも有名です。

 

謝らないから嫌い

自分が悪くても謝らない大人に対して、「大人は何をしてもいいわけ?」と怒りを覚え、大人は信用できないと思い込んでしまうなど、特に相手が子供であれば、謝らない大人は珍しくありません。

実は大人でも、ありがとうと言えなかったり、ごめんなさいと素直に謝ることができない人はたくさんいて、こうした大人が子供にだけ「謝りなさい」と言うのであれば、子供の不満は溜まっていく一方です。

大人であっても子供であっても、悪いことはきちんと謝ることは当然で、感謝の気持ちを伝えることも必要なのに、これを実行できない大人があまりにも多いことが、子供の気持ちを困惑させます。

 

大人を嫌いになる人の特徴/共通点

親が意見を尊重しなかった

親が子供の意見を尊重せずに、自分の考えばかりで物事を決めつけられていれば、やがて大人を嫌いになってしまいやすく、自分の意見を言えない大人となってしまいやすいです。

こうした子供に共通することは、「早く大人になって自由に生きたい」と思うことであり、実際に社会人となってすぐ家を出ていく人もいます。

何事も親の言うことは絶対という環境で育てば、反抗心が出てきた結果、大人が嫌いであると思ってしまうことは、親に責任があると言えます。

 

愛情のない親の元で育った

愛情のない親の元で育つことは、小さな頃から十分な愛情を注がれずに育つことになり、社会に出ることで様々な支障が出やすいことが分かっていて、大人になっても親を恨む子はたくさんいます。

例えば、暴力や暴言が一番良い例ですが、こうした親の中にはそもそも子供嫌いであったり、望んで子供を産んでいない親が多いため、どうしても子供に愛情を注ぐことが難しくなります。

子は親を選べず、自分一人の力で生きていくことができないので、こうした最悪の環境であっても、我慢して生き抜いていくしかないことが、大人嫌いを加速させていきます。

 

反抗期の年齢である

反抗期の時期に差し掛かると、親と子の距離感は非常に難しくなっていき、子供が親から独立したい気持ちが大きくなる時期です。

この時期は、「立派な大人になるための準備」に差し掛かる時なので、親にプライベートな情報を知らせたくなかったり、縛られることをとても嫌がってしまいます。

「大人なんて鬱陶しい!好きにさせて!」と思う時期であるため、大人との衝突が多くなり、大人を鬱陶しく感じてしまいやすいのです。

 

毒親の元で育った

毒親とは、子供をコントロールしたり、子供に依存する、虐待する親のことであり、子供にとって悪影響を及ぼす親が定義となります。

こうした環境では、子供が「親と上手くやらなくてはならない」と思う人もいれば、「復習したいほど親が憎い」と思う人もいて、極端に別れやすいことが特徴的です。

つまり後者の「復習したいほど親が憎い」と感じる人は、親=大人でありますから、大人は全ての人間が憎いと極端な考えをすることで、大人が嫌いになってしまいやすいのです。

 


大人になれば分かる愛情もある

ここでは主に、子供や大人が嫌いな人の視線となって情報を伝えてきましたが、「大人になれば分かる愛情がある」ことは確かで、きちんとした家庭で育った子供のほとんどは、大人になって「両親に感謝」したり、「親の愛情」を理解することになります。

ただし、虐待を受けてきたなどの劣悪な環境で育った子供であれば、大人になっても親の愛情が分からないこともあるので、こうした人たちは例外となることが多いです。

「大人になれば分かる愛情がある」とは、「口うるさくて鬱陶しい」ことは、実は子供がきちんとした大人になるための行動であったり、「いつまでも子供扱い」なのは、本当に愛情があるからこその行動であるのかもしれません。

これだけは、各家庭の親の行動を細かく見ないとわかりませんが、劣悪な環境で育っていないのであれば、大人になった時に感謝できる瞬間が来る人もいるでしょう。

あくまで可能性の話でありますが、今あなたが大人が嫌いと思う感情は、決して不思議でおかしな感情ではないので、自分自身を責める必要はないということも、覚えておいてください。

関連記事:父親失格?クズ父親の特徴10個と子供の本音を知ろう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP