大人が嫌いな人の特徴とは?理由やそうなる瞬間20選

親でもよくいるのが、子供のことを全て理解しているつもりの親であって、「この子は〇〇だからね。」と勝手に決めつけることで、子供の意見を聞こうともしない親がいます。

嫌なことでも決めつけられることで、やりたくもない習い事をさせられたり、本当にやりたいことができないのですから、こうした子供は大人になって反動が出ることが多いことでも有名です。

 

謝らないから嫌い

自分が悪くても謝らない大人に対して、「大人は何をしてもいいわけ?」と怒りを覚え、大人は信用できないと思い込んでしまうなど、特に相手が子供であれば、謝らない大人は珍しくありません。

実は大人でも、ありがとうと言えなかったり、ごめんなさいと素直に謝ることができない人はたくさんいて、こうした大人が子供にだけ「謝りなさい」と言うのであれば、子供の不満は溜まっていく一方です。

大人であっても子供であっても、悪いことはきちんと謝ることは当然で、感謝の気持ちを伝えることも必要なのに、これを実行できない大人があまりにも多いことが、子供の気持ちを困惑させます。

 

大人を嫌いになる人の特徴/共通点

親が意見を尊重しなかった

親が子供の意見を尊重せずに、自分の考えばかりで物事を決めつけられていれば、やがて大人を嫌いになってしまいやすく、自分の意見を言えない大人となってしまいやすいです。

こうした子供に共通することは、「早く大人になって自由に生きたい」と思うことであり、実際に社会人となってすぐ家を出ていく人もいます。

何事も親の言うことは絶対という環境で育てば、反抗心が出てきた結果、大人が嫌いであると思ってしまうことは、親に責任があると言えます。

 

愛情のない親の元で育った

愛情のない親の元で育つことは、小さな頃から十分な愛情を注がれずに育つことになり、社会に出ることで様々な支障が出やすいことが分かっていて、大人になっても親を恨む子はたくさんいます。

例えば、暴力や暴言が一番良い例ですが、こうした親の中にはそもそも子供嫌いであったり、望んで子供を産んでいない親が多いため、どうしても子供に愛情を注ぐことが難しくなります。

子は親を選べず、自分一人の力で生きていくことができないので、こうした最悪の環境であっても、我慢して生き抜いていくしかないことが、大人嫌いを加速させていきます。

 

反抗期の年齢である

反抗期の時期に差し掛かると、親と子の距離感は非常に難しくなっていき、子供が親から独立したい気持ちが大きくなる時期です。

この時期は、「立派な大人になるための準備」に差し掛かる時なので、親にプライベートな情報を知らせたくなかったり、縛られることをとても嫌がってしまいます。

「大人なんて鬱陶しい!好きにさせて!」と思う時期であるため、大人との衝突が多くなり、大人を鬱陶しく感じてしまいやすいのです。

 

毒親の元で育った

毒親とは、子供をコントロールしたり、子供に依存する、虐待する親のことであり、子供にとって悪影響を及ぼす親が定義となります。

こうした環境では、子供が「親と上手くやらなくてはならない」と思う人もいれば、「復習したいほど親が憎い」と思う人もいて、極端に別れやすいことが特徴的です。

つまり後者の「復習したいほど親が憎い」と感じる人は、親=大人でありますから、大人は全ての人間が憎いと極端な考えをすることで、大人が嫌いになってしまいやすいのです。

 


大人になれば分かる愛情もある

ここでは主に、子供や大人が嫌いな人の視線となって情報を伝えてきましたが、「大人になれば分かる愛情がある」ことは確かで、きちんとした家庭で育った子供のほとんどは、大人になって「両親に感謝」したり、「親の愛情」を理解することになります。

ただし、虐待を受けてきたなどの劣悪な環境で育った子供であれば、大人になっても親の愛情が分からないこともあるので、こうした人たちは例外となることが多いです。

「大人になれば分かる愛情がある」とは、「口うるさくて鬱陶しい」ことは、実は子供がきちんとした大人になるための行動であったり、「いつまでも子供扱い」なのは、本当に愛情があるからこその行動であるのかもしれません。

これだけは、各家庭の親の行動を細かく見ないとわかりませんが、劣悪な環境で育っていないのであれば、大人になった時に感謝できる瞬間が来る人もいるでしょう。

固定ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP