ライバル視の心理とは?する/されるの違いと対処法

「こいつには負けないぞ!」と思う相手は誰にも存在し、逆を言えばあなたがライバル視されることも、決して珍しいことではありません。

ライバル視される理由とする理由は、心理学の観点からすれば、それほど大きな違いは見られませんが、希に驚く人がいるのも事実です。

”なぜ人はライバル視してしまうのか?”の理由が明確となり、勘違い人間の恥ずかしい心理も同時に知れる1ページとなっています。

ライバル視の心理が生まれる瞬間

自分のレベルを確認するため

ライバル視と言えば、競争相手と自分のどちらかが上の存在かを競い合ったり、どちらが有能であるかを競い合う相手となりますが、こうした他人と比べてしまう心理は、「自分の今のレベルを確認するため」に起こる心理であります。

他人と比べることで自分のレベルを確認するには、必ずしも自分と似た能力の持ち主であったり、評価である必要があるため、人は自分と比較的同じ能力や評価の相手と比べることで、自分のレベルを確認すると同時に、最も好ましい比較対象となる人に対してライバル心を持つようになります。

例えば、一般人が超一流モデルと比べてしまったところで、自分よりも能力や評価が高いことは明らかなので、これでは比較にならないと判断した結果、より正確なレベルを確かめるためには、自分と同じレベルの人間であることに気付かされます。

こうして自分と同じレベルの人を比べることで、ライバル視の心理に繋がることとなり、基本的にライバル視は同等の相手に抱く感情となります。

人は誰でも認められたい欲求を持っていて、一つでも上の存在に立つ方ことで欲求を満たしたり、自分が有能であることの証明ともなるため、自分と同等レベルの相手をライバル視することで、少しでも自分の評価を上げようとしているのです。

また、例外としてライバル視は、自分よりも上の存在と比べてしまう人もいて、比較対象は自分の自信の度合いによって相手が変わってしまうので、自分のことを過大評価している人ほど、他人から見て明らかに上の存在と比べてしまい、痛い人だと評価されることも。

逆に自信がない人は自分より下の存在と比較することで、自分は決して劣っていない安心感を得ようとしたり、優越感に浸ろうとする人もいるので、ライバル視といっても、自分の自信の度合いによって比較相手が違ってきて、下の存在を競争相手として選ぶ人も世の中には存在します。

 

妬みや嫉妬がライバル視に繋がる

妬みや嫉妬がライバル視に繋がる理由は、こちらも他人と比べることで自分のレベルを確認しようとするのですが、人は「自分よりも劣っている相手と比べることで、安心感や自信をつけようとする」性質を持っていて、他人のプライベートな情報を知ることで、こうした欲求を叶えようとします。

しかしながら、自分よりも下だと思っている相手に魅力的な恋人ができたり、仕事で大きな成功を収めたなどの、本人にとっては認めたくない事実が発覚すると、自尊感情が傷つけられて妬みや嫉妬を生み出すことになります。

すると人は、認めたくない下の存在だと思い込んでいた相手に対して、いつも以上に意識が向くようになり、ライバル視とも取れる比較をする回数が多くなり、陰口などの見っともない姿を見せることに加えて、幸せそうな相手を認めることができません。

あなたも一度くらいは、勝てるだろうと思い込んでいた相手よりも、自分が劣っていた事実を突きつけられて、認めることができずに心のダメージが大きくなった経験があるのではないでしょうか。

人は誰しも、勝てると思い込んでいた相手に幸せが舞い込むと、SNSで近状を過剰にチェックしてしまったり、陰口を口にすることで相手を認めようとしない、ライバル視とも取れる心理が働いてしまいがちです。

また、基本的に人は自分のことを高く評価しがちで、自分は優れてると思い込みたい気持ちが強いことからも、周りから見れば同じくらいの評価である人物に対しても、勝手に自己評価を高くすることで、同等の存在を自分よりも下の存在だと思い込む人ことも、よくあることです。

 

☑️嫌悪感を抱きやすい相手でもある

ライバル視をすることは、互いに嫌悪感を抱きやすくなる関係となりやすいことから、ライバル心剥き出しとなっていたり、ライバル視されているあなたは、人間関係に気をつけるべきだと警告しておきます。

ライバル視されることをポジティブに捉えれる人は、「よし!負けないぞ!」などの良い方向に向ける効果が期待できますが、上記で紹介した恨みや嫉妬心のような心理が働いた時には、互いに嫌悪感を抱く関係となってしまいやすいです。

これは返報性の法則で説明可能であり、嫌悪感を持つことで態度に出てしまうことは、相手も同じく嫌悪感を抱いてしまう原因であり、自分が嫌いな人は相手も嫌いであることは、まさに返報性の法則です。

ライバル視から疎遠な関係へと発展することは、親友関係であっても見られるデメリットであるため、ライバル視に関して最も注意すべきポイントは、ここにあると言えるでしょう。

 

ライバル視する/される人の特徴は?

同期や同級生

会社の同期や同級生が最も比べやすい相手であることは、成長過程が同じペースで進んでいることや、人生経験もそこまで大きな差がつかないことなど、大きく差が開きにくい相手であることが理由です。

例えば、新卒が20年目のベテランと比べたところで差は一目瞭然でありますが、1年目の新卒同士では能力に大きな差がつくこともなく、どちらが先に仕事を覚えるのかなど、比べれる機会もかなり多くなります。

スポーツでも同じく、同期入団のスター候補が二人いるといつもメディアでは、ライバル関係と取り上げられやすいように、同期や同級生が最も本人にとっては分かりやすく、上下関係をつけやすい対象となります。

同じ中学校でも、グループを束ねる権力者同士でライバル視が起こったり、学校一の学力を比較するのも同級生であることも同じく、あなたのライバルも年齢や社会的立場が近い人であるはずです。

 

すぐ真似する人

何でも真似してくる人がいますが、こうした人の心理には「憧れている」本音が隠れていて、魅力的であると思うからこそ真似することで、自分もその魅力に一歩でも近付こうとするわけです。

しかしながら、真似された側からすれば、自分と同じようなファッションとなってしまうため、本来のオリジナルである自分の方が、より高い評価をされたいと思い込んだ結果が、ライバル視に繋がることがあります。

例えば、真似した側のファッションが高く評価されているとすれば、「本当は自分のセンスが褒められるべきなのに…」と怒りを覚える反面、負けるわけにはいかない気持ちが生まれます。

その結果、「こいつには負けたくない」と思える競争相手となったり、無駄に批判してしまうような姿を見られたことで、互いに嫌悪感を覚えてしまうこともしばし見られます。

 

負けず嫌いでプライドが高い人

負けず嫌いでプライドが高い人は、どんな小さなことでも負けたくない気持ちが強く、些細なことで競い合ったり、上下関係をきちんとさせたい性格が特徴的です。

これは男性の性格面の特徴でもあり、男性は小さな頃からゲームや遊びでも勝ち負けにこだわり、どちらが負けたかを決めることで喧嘩となってしまうのは、攻撃的で競争心が激しい男性ほど見られやすいです。

ライバル視とは、常に競争相手を意識して勝ち負けをつけることで、どちらが上の存在であるかを意識することなので、些細なことでも競い合う負けず嫌いな性格の方が、色々な場面でライバル視の心理が働きやすいと考えられます。

その場で負けを認めてしまったり、勝ち負けより協力し合うことを優先する人は、ライバル視されにくい存在であったり、見下されやすい人物であることからも、人畜無害であるとの評価になることが多くなります。

 

出世欲が強い人

出世欲が強い人は、自分と同等レベルの評価の人物より高い評価をもらったり、自分が有能であることをアピールすることで、一目置かれる存在になりたい気持ちが強かったり、肩書きを重視することで、自分がいかに有能であるかを証明したい気持ちが強いです。

このタイプは常に自分が優位に立つことを重視していて、認められることで自己顕示欲を満たし、プレッシャーや注目されることを快感と思える性格なので、ピンチや土壇場に非常に強いことが特徴的です。

出世欲が強くなるほど、「他人から認められたい」とか「能力を高く評価してほしい」気持ちが強くなるので、ライバル視することで明確な目標を立て、その人物より評価されることで、自分が有能であることを証明できるきっかけを作ります。

こうした理由から、出世欲が強い人ほどライバル視しやすいと言え、貪欲に出世することで様々な欲を満たそうとするこのタイプは、プライベートよりも仕事を優先することができる、職場では信頼されやすい人物でもあります。

 

最も有効で実行すべき対処法とは?

下方比較する

ライバル視する人、される人のどちらにも対応できる対処法であり、下方比較とは「自分よりも下の相手と比較する」ことで、安心感や優越感を得る行為のことを言います。

ライバル視することを止めたかったり、ライバル視されることが鬱陶しい人にオススメの対処法で、主に自分を守りたい時に大きな力を発揮し、前向きな気持ちにさせてくれたり、比べることで疲れた自分を癒すことができます。

ポイントとしては、「最近幸せな話を聞かない人物をターゲットとする」ことが重要で、幸せなことがあった人物を対象にしてしまうと、妬みや嫉妬がライバル視に繋がる心理で説明したように、自分自身を苦しめてしまうだけです。

また、逆の上方比較もライバル視する人にとっては有効となることがあり、自己評価が高くてデキる人をライバル視してしまっている場合は、よりデキる人と比較することで、自己評価を下げる効果が期待でき、今以上に自分と同じレベルの人と比較することができます。

どちらにしても、世の中の誰もが他者と比較することで自分のレベルを知ろうとし、比べずにはいられない性質を持つので、比べる対象を変えてみることで、あなたの心を安らげることができるはずです。

 

同じ土俵で戦わない

ライバル視するにしても、ライバル視されるにしても、どちらにしても同じ土俵で戦わないことが重要で、そんなことをしても視野が狭くなる一方で、小さなことで競い合ってしまう環境を作ってしまうだけです。

そうではなく、あなたにとって今やるべきことが見つかったり、違う分野で大きくアピールできることに気づけるなどの、あなた自身をも大きく成長させる、広い視野を持つことを忘れないでください。

ライバル視したりされるとつい、「こいつにだけには負けない!」と視野が狭くなりがちですが、あなたが尊敬できる人物であったり、圧倒的結果を残している人物を目標にすることは、同じレベルのライバルに勝ったことで満足する人よりも、圧倒的に成長できる人であることが、あなたも理解できるかと思います。

田舎でグレて少し有名になるよりも、広い視野を持って勉強に取り組んだ人の方が、後々は年収が高かったり社会的地位が高い人が多いことは、とても分かりやすい例です。

相手があなたのことをライバル視していたとしても、あなたが尊敬できる人を目標としたり、もっと結果を出している人物を目標とすることは、必要以上に相手にしないことも期待できるので、一石二鳥のメリットが大きい対処法と言えるでしょう。

 

捉え方を変えてしまう

ライバル関係が互いを成長させることもあり、これが実行できれば互いに自分を高めることができ、自分にとっても大きなメリットをもたらすことになります。

そのためには、ライバル視に対する捉え方をガラリと変えてしまう必要があり、「ライバル視されている自分は、もっと上を目指せる存在だ」とか、「ライバル視するからには、絶対に自分を成長させる」などの、モチベーションやエネルギーに変える方向に捉えるようにすれば、あなたの未来はより明るくなるはずです。

一番避けるべき捉え方は、「あいつが鬱陶しい」とか「見たくもない」と思うことであり、ネガティブな捉え方からはネガティブな結果を招きやすく、自分自身を不幸にさせてしまう原因そのものです。

ライバル視されるということは、相手がそれなりに能力を認めていたり、意識されるくらいに輝く魅力があるからだなどの、できるだけポジティブな方向に捉えるようにしてみましょう。

ピンチをチャンスに変える人は、どんな時もポジティブに捉えれる人であり、ネガティブに捉える人はピンチに対して、「運が悪い」などの正当化を心がけるだけの人なのです。

 

【まとめ】自分にとってプラスの選択を

いかがだったでしょうか。

ライバル視に対して嫌気がしている人も、相手を憎むことはあなたにとって何のプラスにもなりませんし、むしろ性格が悪いと思われる要因を作っていく一方です。

そうではなく、ライバル視に対しては「自分にとってプラスの選択」を心がけることで、ライバル視は良いことばかりであるとの考えができ、あなたにとってデメリットが最も少ない捉え方となることでしょう。

会社や学校でライバル的存在がいるのは当然のことで、何も不思議なことではないので、勝負を挑まれたのであれば堂々と引き受け、互いに高めあえる存在となれるのが理想的ですが、それはプライドがある人間にはとても難しいことです。

だからこそ、あなたにとって最も有効でメリットとなる方法を選ぶことが、一番楽で簡単な対処法となることは間違いなく、間違っても不仲となるような捉え方はしないことが大切です。

また、「レベルが低い人と高い人との決定的違い16選」もセットで読んでみませんか?

周囲からレベルが高いと認められる人と、レベルが低いと笑い者にされる人の決定的違いが、はっきりと理解できる1ページとなっています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP