「関西弁が不快!」うざい理由と共感できる本音とは?

「あ〜関西弁がうざい!」と思うことは決して珍しいことでもなく、関西弁に対して不快な思いを抱いてしまう理由は、県民性やメディアの影響も大きいことが言えます。

なぜ関西弁ほど不快に思われやすいのか?の理由を述べることで、関西弁が嫌いな人は心の底から共感でき、心がスッと楽になることでしょう。

関西に対してのイメージが良くない人にオススメの1ページとなっています。

「関西弁が不快!」なぜ思われるのか?

威圧的に感じてしまう

関西弁は他県から威圧的に思われやすく、「それ違う!」とか「なんでやねん!」と言われるだけでも、関西圏外の人々は「何だか怖いな…」と思われやすく、関西弁=ツッコミっぽく会話してしまうイメージが強いことも、関西弁が不快に感じる理由の1つです。

特に大阪の人は、会話の途中でツッコミを挟むことが多く、こうした会話に慣れていない他県の人からすれば、「えっ?何で怒られるの?」と違う方向に捉えることから、関西弁嫌いであったり、関西弁を不快に思う気持ちが生まれます。

これは何も関西圏外の人だけが思うことではなく、威圧的だと思うのは、若い関西人であっても感じてしまうほどであり、コテコテの大阪弁を使うおじさんに対して、「昔の人は何だか威圧的に感じるな…」と思う人も少なくないため、他県の人が威圧的に感じるてしまうのも当然のことでしょう。

また、関西弁といっても地域によって言葉遣いは大きく変わりますが、基本的に昔の人が使っていたコテコテの関西弁に対しては、同じ関西人であっても威圧的であったり、言葉遣いがキツイと思いやすいので、不快に思ってしまった関西圏外の方は、方言がキツイ人と出会ってしまったことが原因で、関西弁に不快な思いを抱いてしまったのかもしれません。

 

声が大きい人が多い

こちらは関西弁というよりも、関西人に見られる県民性が関係しており、関西人は目立ちたがり屋が多い地域としても有名であり、旅行先でも関西弁で喋ることは他県からすると、関西弁アピールであると受け取られることで、不快な思いをすることも。

確かに観光スポットに行くと、やたらと声がデカイ関西弁を耳にすることがありますが、これにはあるカラクリが隠れており、関西人であると思われやすい理由が隠れているのです。

そもそも関西圏外の人からすれば、本当の関西弁を知らない人も多くて、三重県の人であっても関西弁を使う人がたくさんいますし、徳島の人だって関西弁にかなり近いイントネーションを使います。

こうした事実を知らない人からすれば、観光スポットで関西弁っぽい言葉を使っていた人がいた=関西人であると認識することで、関西弁は不快なものであるとの認知に繋がります。

目立ちたがり屋が多い大阪人であったり、派手な服装を好む傾向が強い関西人だけに、目立ってしまうことでより関西弁が強調されて聞こえているのかもしれませんが、関西圏外から関西人は声が大きい人が多いという印象を持たれていることは、まぎれもない事実なのです。

 

関西弁=下品なイメージ

関西弁が完全に下品であるイメージを持つ人もいて、これはメディアの影響が大きいことが考えられ、関西弁キャラを売りにしている芸能人は、ビジネス関西弁を使うことで自分のキャラを確立させ、売れる努力をしてます。

関西キャラとして売っている芸能人とは、村上信五さんや倖田來未さんなど、とにかくキャラが強めの人が多いことが特徴的で、こうした人は関西人からしてもビジネス関西弁であるため、不快に思う人がいるほどです。

他にも、笑いを取るためにあえて個性的な関西人を取り上げることで、笑いをと取ろうとする番組もたくさんあるため、こうした関西人を目にする回数が多いことは、どんどんと関西弁を嫌いになっていく要因そのものです。

誰でもそうですが、一度イメージが崩れてしまうと悪い部分ばかりが見えて、良い部分が見えないなってしまうものですが、関西弁もこれと同じようなものです。

また、実際に下品な言葉遣いをする関西人もたくさんいますから、こうした人と知り合いとなってしまった人は、関西人に対してのイメージが悪化した結果、関西弁を不快に感じてしまうのです。

確かに、関西人以外が関西弁の強烈なキャラを目にすることは、鬱陶しさや下品な感情を覚えてしまうことも納得です。

 

独特なノリからの嫌悪感

関西特有のノリとは、ツッコミとボケである以外にも、ポジティブで楽しく話さないといけない風潮や、面白い話を期待されているプレッシャーにあり、こちらは関西人を強調している人ほど当てはまる、関西人の悪い癖です。

勘違いしてはいけないのは、これは一部の関西人なだけであって、こうした人は他県に行っても関西のノリを使うことで、相手に自分が納得する返しやツッコミを期待することで、相手を疲れさせてしまいます。

すると、先ほどもお伝えしたように悪い部分ばかりが見えてしまう心理状態となり、関西人や関西弁の悪い部分ばかりが見えてしまった結果、嫌悪感を抱いてしまうことになりがちです。

関西人の方は、「そのノリって大阪だけだよね」と思いがちですが、実はそんなことはなくて、関西圏外の人からすれば京都も神戸もそれほど変わりなく、やはり関西独特のノリが存在すると言わざるおえないことは、関西人が受け入れるべき関西圏外の本音となります。

もちろんそのノリが好きな人もいるわけですが、合わない人にとって苦痛で仕方ないのが、関西独特のノリと言えるでしょう。

 

注意の言葉がキツイ

関西弁は威圧的に感じると述べましたが、特に注意の際にはまるで怒られているかのような言葉遣いとなり、「何してんねん」とか「アホか」など、関西独特の伝え方が混じることは、関西圏外の人からすれば凄くキツイ言葉に感じてしまうのです。

厄介な点は、「アホか」に対しての受け取り方であり、関西圏内であれば「褒め言葉」であったり、「それは違うぞ」という意味として捉えられますが、それ以外では「愚かだね」という意味で捉えられるので、理解が難しい関西弁を嫌いになってしまうことも。

例えば、全く関西弁に馴染みがない人に急に、「アホか!それ違う!」と指摘されたとすれば、「はぁ?何でそこまで言われなきゃいけないの?」と不愉快に思い、関西弁を嫌いになってしまった人が、私自身の友人でも実際に存在します。

よくツイッターなどでも度々、難しい関西弁が話題になることが証明しているように、関西圏外の人はとても理解することに労力を使い、簡単には理解できないことを関西人も知っておかないと、関西弁に不快な思いをする人が絶えず増え続けることになりかねません。

 

☑️見た目が関係することも…

関西を代表する大阪は、見た目が少し強面であったり、ヤンチャな雰囲気を醸し出している人が多く、こうした人が苦手であることが理由で、どんどんと関西弁に対してのイメージが悪化し、不快に思ってしまうことも十分に考えられます。

見た目が人に与える影響は大きく、特に少し強面な人が多い大阪に旅行に行くと、こうした容姿で大阪弁をハキハキ喋る姿からは、「威圧的で不快だ」と感じてしまう人もいることでしょう。

特に自己顕示欲が強かったり、プライドが高い人からすれば、自分よりも強そうであったり目立つ人物に対して、何処かライバル心を抱いてしまいやすくなるため、こうした心理が働いた結果、目立つ関西弁が嫌いになってしまった人もいるはずです。

ヤンキーが目立つ人に嫉妬するのと同じく、自己顕示欲が強い人は目立つ人が嫌いで、自分より目立つ人を排除したがる傾向にあり、うざい感情を抱きやすいです。

 

「本音を暴露!」不快な人に調査依頼を出した結果!

※日本最大級のクラウドソーシング、ランサーズにて、「関西弁が不快/嫌い/苦手になったエピソードを聞かせてください」と募集を募ったところ、10名以上の声を聞くことができました。

今回はそんな中でも、比較的王道で多くの人が遭遇するであろうエピソードを厳選しての紹介となります。


エピソードと本音其の①

テレビを見ていて関西弁を聞くと、どうも嫌な気持ちになったりチャンネルを変えてしまいがちですが、関西弁を話す人は顔もキツそうな人が多いですし、はっきりと物事を言う人が多いなってイメージです。

特に嫌なのは下品に話す人で、「なんでやねん!」と大きな声が鬱陶しいですし、そんな大きな声でツッコミ入れなくても…って思ってしまいます。

後、これは発言する人によって受け取る側の気持ちが大きく違って、何処か憎めない顔の人だったらそれほど嫌にならないけど、それ以外の人はちょっと…ってなるのが関西弁の不思議な部分です。

なぜか汚い言葉に聞こえてしまうのは、私だけでしょうか…?

 

エピソードと本音其の②

関西弁が大っ嫌いな一人ですが、私の周りからも関西弁はあまり評判が良くなくて、すぐに話にオチを求めたりしますし、冗談交じりに欠点をついてきたり、面白い話を求めてくるのがうざいです。

「いやいや…ここは関西と違うから(笑)」と内心思っていますが、それを伝えると相手も傷つくので黙っています。

そもそも会話はコミュニケーションですし、相手によって笑いのツボが違うこともあるのに、なぜ毎回のようにオチを作らないといけないのかと不思議に思い、正直会話が面倒だと感じることもよくあります。

よくテレビでも関西人はオチを求めるとか、ノリとツッコミが大事であると放送されていますが、関西で住むのは大変そうだと思う次第です。

 

エピソードと本音其の③

関西弁は威圧的に攻められてる気分になるので、怖い気持ちになってしまいますし、何もしてない自分が怒られたり、説教されてる気分になってしまいます。

これは私自身の悩みでもありますが、上司が関西弁が残っている人なので、少しの注意もびっくりしてしまうのは我慢できますが、お酒が入って関西出身である本来の姿が出てくると、私は苦笑いすることしかできません。

「〇〇やんけ!」とか「アホかぁ!」と言われることにも慣れましたが、どこか不快な気持ちが消えることはありません。

最初と比べるとかなり慣れてきたと思う一方で、号に入れば郷に従えという言葉があるように、やはりその土地にあった言葉遣いをしてほしいものです。

 

誤解してはいけないポイントと重点

関西弁といっても地域によっては様々な違いが見られ、コテコテの関西弁を話す若者なんて今や見かけませんし、何より関西弁が嫌われやすいことを懸念して、標準語を意識して会話に臨む若者が多くなっていて、関西弁=悪であると決めつけるのは良くありません。

例えば、凄く美人であったりイケメンである場合は、逆に関西弁がいい味を出すことだってあり得ますよね。

あなたの知っている関西人や関西弁が苦手なだけであり、関西人が全員下品であるかのような考えは、あなた自身が頭の固い人になってしまう原因となります。

柔軟な考えができない人は、物事を極端に考えてしまうため、関西在住=関西人と捉えることで、好きか嫌いかの極端な答えを出してしまいがちです。

極端な人はマイルールに固執したり、男が女がで物事を判断してしまう人なので、男女差別に敏感なフェミニストである一面も見られやすいです。

将来的に頭の固い頑固者になるのか、柔軟な考えができる人になるのかでは、柔軟な人の方が好かれやすいのは当然の答えなので、あまり極端な考えはあなた自身が嫌われる性格となる確率を上げてしまうだけです。

そうした視点から見ても、関西弁を使う人の中にも良い人はいるであろうと思える方が、あなたにとっても相手にとっても不快な気持ちにならない、ベストな考え方となるのではないでしょうか。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP