靴にお金をかける人/こだわる人の心理と性格傾向とは?

「靴に何故そこまでお金をかけるのか…」と理解に苦しみ、相手の価値観を受け入れられない時がありますが、靴にお金をかけたりこだわりを持つ人には、ある素晴らしい心理が隠れていて、選ぶ靴によっても面白い本音が見えてきます。

心理学では、靴は本音が現れやすい場所とも言われているだけに、ここから相手の本音を丸裸にすることが可能となるでしょう。

また、足は本人が最も気を抜きやすい場所なだけに、面白い発見が得られそうです。

靴にお金をかける/こだわる心理とは?

靴にお金をかけたりこだわる人は、「自分は経済的にも余裕である人物である」ことをアピールしたい気持ちが強く、お金持ちほど靴にこだわると昔からよく言われますが、これを証明しようとしています。

成功者や大物芸能人を参考にしてみても、多くの人が靴に大金をかけていて、パーティーや賞の受賞の際には必ず靴に気を使い、高級感を出すことで自分の地位の高さや、成功者であることを見た目でも証明している場面をよく目にしますが、靴は経済的な部分を判断されるポイントの1つなのです。

特に高級なブランドの靴ばかりを購入したり、革靴を常に磨いているなどのこだわりを見せる人は、間違いなく「自分は経済的に余裕がある」ことをアピールしており、同時に精神的にも余裕のある大人であることをアピールすることで、自分の印象を操作しようとしています。

ここで注目したい心理は、「靴がどのような状態であるのか?」という部分であり、靴は脳や目から最も離れた部分となるため、本音が現れやすい部分です。

だからこそ、靴が汚れているのか?ピカピカなのか?の違いでも、相手の今の精神状態を判断しやすく、お金をかけてこだわりが強い性格であるはずが、靴の汚れが目立っている場合は、その人物は身体的な疲労が大きい状態であるとの判断も可能となります。

 

☑️高級ブランドばかりを好む人の場合

靴にお金をかけるといっても、高級ブランドばかりを好む人の場合は、高いプライドを満たすためであるとも考えられますし、自分に自信をつけるためでもあると考えるのが一般的です。

よく「ブランド物を身につけると、自分に自信が持てる」と感じる人がいますが、これこそがブランドが持つ力であることは間違いなく、ブランド物を身につけることで「同一視」した結果、自分もブランドと同じくらいに価値の高い人物であるとの認識に繋がります。

これはセダンに乗る人ほど運転が荒かったり、大きな車に乗る人ほど気が大きくなるのと同じで、見たからに強そうな車に乗ることで、まるで自分も強化されたかのように感じた結果、運転が荒くなったり気が強くなってしまう心理現象です。

勘違いしてはいけないのが、これに見合う収入である人の場合は、無理をしてまで自分を高く見せようとはしていないので、どちらかと言えば上記で紹介した、「自分は経済的にも余裕である人物である」アピールに当てはまることがほとんどであり、高いプライドを満たしている可能性が高いことです。

 

見にくい部分だからこだわる人も

こちらはお洒落な人ほど当てはまりやすい心理であり、お洒落の基本は靴であると考える人もいるほど、ファッションセンスを高く評価される人は靴を重視し、靴にお金をかけることで高い評価を得ます。

それもそのはずで、どれだけズボンから上がお洒落であったとしても、ボロボロの靴を履いていたり、見たからに安そうな靴を履いていた場合は、「なんだかガッカリ…」と思われる瞬間ですし、何より安っぽいファッションとなってしまいます。

シャツやズボンなどの大きく目立つ部分は、誰でもある程度は気を使ってしまう部分であるため、ライバル達と少しでも差をつけるためには、ピアスや靴などの細かな部分にこだわることで、小さな差を積み重ねていくことこそが、やがて大きな差を生み出すことを人は理解しています。

だからこそ、お洒落意識が高い人ほど靴にお金をかけたりこだわりを持ち、「どうにかしてライバルとの差をつけたい」悩みを解消する方法こそが、靴にお金をかけることなのです。

プロのスポーツ選手でも、食材にこだわることで自分の成長を促そうと心がけますが、こうした細かな部分を積み重ねることでしか、ライバルとの差を大きく広げることが難しいのは、厳しい現実であります。

 

☑️こんな人は男女意識が強い?

靴にお金をかけたりこだわる人でも、男性であれば革靴を好んだり、女性であればパンプスなどのヒール系を好む人は、男女意識が強い人であると考えられます。

例えば、旅行であればたくさん歩くことが想定されますが、そうした状況に合わない革靴やヒール系の靴を履いてくる人は、男らしさや女らしさをアピールしたい気持ちが強い人なので、あなたに対して性差を強調することでアピールしているのかもしれません。

革靴であれば、ビジネスマンやできる人を連想させるアイテムであるため、こうした系統の靴ばかりを好む男性は、強さや上下関係に敏感な男性ならではの性質を強調していて、強さやデキる人を追求するのは負けず嫌いな男性ならではの考えです。

ヒール系の靴であれば、女性は自分の足を細く見せるなどの華奢な自分を見せることができたり、色気やセクシーな一面を見せることができるため、性差を強調することで女らしさをアピールし、女性として高い評価を得たい気持ちが隠れています。

 

心理から読み取る性格傾向とは?

妥協を許さないタイプ

靴にお金をかける人やこだわる人は、自分の趣味や好きなことには妥協を許さない性格であることに加えて、完璧主義な一面を持つ人物でもあります。

例えば、靴をオーダーメイドで作ったり、同じようなタイプの靴を何足も購入することは、他人には共感されない自分だけの価値観があるからこそ、そこにいくつものこだわりを持つのであって、妥協を許せる性格の人は、安い靴や同じような靴を購入することを避けます。

このタイプは完璧主義で自分の意見を覆さないことがあるため、同棲や結婚ともなれば非常に面倒であると思われる一面を見せ、趣味やこだわりに対しては妥協することなく、お金や自分の理想を貫き通す人物です。

どんな趣味でも同じですが、こだわりが強ければ強いほどマイルールを貫き通し、それに関して高いプライドを持つ人がたくさんいます。

長所と短所で言えば、妥協しない人はプロフェッショナルな一面を持つために、靴に関する仕事をすれば素晴らしい実績を残せたり、個性豊かな靴を作ることができるでしょう。

一方で、妥協しないことは頑固であったり、視野を狭める原因ともなるため、新たな情報を取り入れることを拒否したり、または人間関係で支障をもたらすこともあるため、あまりにも靴にこだわりが強すぎる人は、他人から理解されない趣味を持ってしまいます。

基本的に、靴にお金をかけたりこだわることは、プライドが高い人ほど見られやすい特徴があるため、このタイプに靴の話題を持ちかけることは面倒を引き起こす原因となりがちです。

 

☑️靴のデザイン/タイプで分かる性格


スニーカーを好む人

スニーカーを好む人は、どんな場面でも楽に歩けることを好む人であることから、社交的であったり好奇心旺盛である性格が多く、我が道を行くマイペースな性格が一番の特徴となります。

例えば、デートでスニーカーを履いてくる人は、男らしさや女らしさを強調するというよりかは、自分が好きだからこそスニーカーを履いていて、周りの視線をそれほど考えていないことが分かります。

このタイプは流行に流されることなく、自分にとってどれが一番好きなのか?で靴を選ぶ傾向があるため、頑固な短所が見られやすい性格ともなります。

故に、変に負けず嫌いであったり、自分がこれと思った正義は覆さない、心が強い一面も。

 

パンプス/ハイヒールを好む人

パンプスやハイヒールを好む人は、女性らしさを強調したい気持ちが強い人であり、色気などの魅力を重視することが多い、ナルシストな一面をかけもつ人です。

自己顕示欲が強い性格であるため、SNSで自撮りを投稿することが好きであったり、目立つことで快感を得られる、常に高い評価を求めているなどの特徴が見られ、周りからの視線に敏感な人であると言えます。

一方で、自己中心的になってしまったり、構って欲しいが故に悲劇のヒロインアピールをするなど、短所も存在する自己顕示欲の強さは、時として嫌われる原因となることも。

ちなみに恋愛面では、積極的な恋愛をする傾向が強く見られるため、肉食系が多いと言えるでしょう。

 

革靴を好む人

革靴を好むと言っても、ひも靴なのかローファータイプなのかで違いが見られ、ひも靴タイプを好む人はとても自己主張が強く、目立ちたがりであったり、自慢することで自分の評価を上げようとしやすいです。

一方で周囲の評価を強く気にする短所もあるため、実は傷つきやすかったり、自分自身を守るためにマウントを取ることが多く、思い込みからマイナス思考の連鎖を起こしてしまうことも。

また、プライドが高いことから非を認めることができず、強がることで人間関係に支障をもたらすこともしばし見られます。

わがままと自己主張を間違えないように、上手に自分の意見を述べることが必要となる性格でしょう。

ローファータイプ(紐なし)の場合は、おしゃれに敏感であったり、おしゃれ意識がとても高い人ほど好みやすく、ファッションセンスが高いと評価されやすい人物であります。

一方で、周りに対しての好みや異性に対しての好みにうるさい性格であるため、一度口を開けば鬱陶しいと思われがちな一面も掛け持ちます。

また、流行に敏感な人は周りと同じことを好むことで、安心したい気持ちが強い人であるため、騙されやすい性格であることも、ここから見えてくる性格傾向です。

 

ブーツを好む人

ブーツを好む人は、ブーツが足を隠す部分が多いように、自分の考えをあまり外に出そうとしない人であり、何を考えているのか分からないと言われやすい性格が特徴的です。

このタイプは熟考型であるため、どんなことでもじっくりと考えることで答えを出し、自分の殻に閉じこもることが多いと言えます。

故に、感情を表に出さないことが多くなった結果、ミステリアスな人であると高評価を得ることも。

一方で、見た目の評価が低ければ危ない人であるとか、少し怖そうな人だと思われてしまうため、見た目によって大きく評価が分かれやすい性格であることも、特徴の1つです。

 

靴にお金をかけるメリット/デメリット

靴にお金をかけたりこだわるメリットは案外多く、まず「しっかりとした人である」と思われやすく、靴が凄く汚い人であるか、靴が凄く綺麗な人であった場合の第一印象は、間違いなく靴が綺麗な人の方が高いはずです。

高い靴ほど綺麗に手入れをする気持ちが働きやすいですし、こだわりが強い人ほど靴を大事に扱うことから、こうした人は第一印象を高く見られがちで、私生活もきちんとしているというイメージを与えます。

他にも、「育ちがいい人である」とか「経済的に余裕がある人だ」との印象を与えやすく、お洒落であるかどうかの判断基準にもなりやすいです。

デメリットとしては、維持費や購入費用がバカにならないことであり、男性であれば一足1万円以上する靴はざらで、女性であってもこだわりを持てば、ブランド物は腐るほど存在します。

また、こだわりを持つことは妥協を許さず、完璧主義になってしまうこともデメリットです。

こうしたメリットデメリットが存在するものの、やはり第一印象が良くなることのメリットは大きいため、人は誰しもある程度は靴に力を入れておいた方が、自分にとって良い循環が生まれやすいと言えるでしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP