靴にお金をかける人/こだわる人の心理と性格傾向とは?

長所と短所で言えば、妥協しない人はプロフェッショナルな一面を持つために、靴に関する仕事をすれば素晴らしい実績を残せたり、個性豊かな靴を作ることができるでしょう。

一方で、妥協しないことは頑固であったり、視野を狭める原因ともなるため、新たな情報を取り入れることを拒否したり、または人間関係で支障をもたらすこともあるため、あまりにも靴にこだわりが強すぎる人は、他人から理解されない趣味を持ってしまいます。

基本的に、靴にお金をかけたりこだわることは、プライドが高い人ほど見られやすい特徴があるため、このタイプに靴の話題を持ちかけることは面倒を引き起こす原因となりがちです。

 

☑️靴のデザイン/タイプで分かる性格


スニーカーを好む人

スニーカーを好む人は、どんな場面でも楽に歩けることを好む人であることから、社交的であったり好奇心旺盛である性格が多く、我が道を行くマイペースな性格が一番の特徴となります。

例えば、デートでスニーカーを履いてくる人は、男らしさや女らしさを強調するというよりかは、自分が好きだからこそスニーカーを履いていて、周りの視線をそれほど考えていないことが分かります。

このタイプは流行に流されることなく、自分にとってどれが一番好きなのか?で靴を選ぶ傾向があるため、頑固な短所が見られやすい性格ともなります。

故に、変に負けず嫌いであったり、自分がこれと思った正義は覆さない、心が強い一面も。

 

パンプス/ハイヒールを好む人

パンプスやハイヒールを好む人は、女性らしさを強調したい気持ちが強い人であり、色気などの魅力を重視することが多い、ナルシストな一面をかけもつ人です。

自己顕示欲が強い性格であるため、SNSで自撮りを投稿することが好きであったり、目立つことで快感を得られる、常に高い評価を求めているなどの特徴が見られ、周りからの視線に敏感な人であると言えます。

一方で、自己中心的になってしまったり、構って欲しいが故に悲劇のヒロインアピールをするなど、短所も存在する自己顕示欲の強さは、時として嫌われる原因となることも。

ちなみに恋愛面では、積極的な恋愛をする傾向が強く見られるため、肉食系が多いと言えるでしょう。

 

革靴を好む人

革靴を好むと言っても、ひも靴なのかローファータイプなのかで違いが見られ、ひも靴タイプを好む人はとても自己主張が強く、目立ちたがりであったり、自慢することで自分の評価を上げようとしやすいです。

一方で周囲の評価を強く気にする短所もあるため、実は傷つきやすかったり、自分自身を守るためにマウントを取ることが多く、思い込みからマイナス思考の連鎖を起こしてしまうことも。

また、プライドが高いことから非を認めることができず、強がることで人間関係に支障をもたらすこともしばし見られます。

わがままと自己主張を間違えないように、上手に自分の意見を述べることが必要となる性格でしょう。

ローファータイプ(紐なし)の場合は、おしゃれに敏感であったり、おしゃれ意識がとても高い人ほど好みやすく、ファッションセンスが高いと評価されやすい人物であります。

一方で、周りに対しての好みや異性に対しての好みにうるさい性格であるため、一度口を開けば鬱陶しいと思われがちな一面も掛け持ちます。

また、流行に敏感な人は周りと同じことを好むことで、安心したい気持ちが強い人であるため、騙されやすい性格であることも、ここから見えてくる性格傾向です。

 

ブーツを好む人

ブーツを好む人は、ブーツが足を隠す部分が多いように、自分の考えをあまり外に出そうとしない人であり、何を考えているのか分からないと言われやすい性格が特徴的です。

このタイプは熟考型であるため、どんなことでもじっくりと考えることで答えを出し、自分の殻に閉じこもることが多いと言えます。

故に、感情を表に出さないことが多くなった結果、ミステリアスな人であると高評価を得ることも。

一方で、見た目の評価が低ければ危ない人であるとか、少し怖そうな人だと思われてしまうため、見た目によって大きく評価が分かれやすい性格であることも、特徴の1つです。

 

靴にお金をかけるメリット/デメリット

靴にお金をかけたりこだわるメリットは案外多く、まず「しっかりとした人である」と思われやすく、靴が凄く汚い人であるか、靴が凄く綺麗な人であった場合の第一印象は、間違いなく靴が綺麗な人の方が高いはずです。

固定ページ:
1

2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP
靴にお金をかける人/こだわる人の心理と性格傾向とは?靴にお金をかける人/こだわる人の心理と性格傾向とは?