靴にお金をかける人/こだわる人の心理と性格傾向とは?

高い靴ほど綺麗に手入れをする気持ちが働きやすいですし、こだわりが強い人ほど靴を大事に扱うことから、こうした人は第一印象を高く見られがちで、私生活もきちんとしているというイメージを与えます。

他にも、「育ちがいい人である」とか「経済的に余裕がある人だ」との印象を与えやすく、お洒落であるかどうかの判断基準にもなりやすいです。

デメリットとしては、維持費や購入費用がバカにならないことであり、男性であれば一足1万円以上する靴はざらで、女性であってもこだわりを持てば、ブランド物は腐るほど存在します。

また、こだわりを持つことは妥協を許さず、完璧主義になってしまうこともデメリットです。

こうしたメリットデメリットが存在するものの、やはり第一印象が良くなることのメリットは大きいため、人は誰しもある程度は靴に力を入れておいた方が、自分にとって良い循環が生まれやすいと言えるでしょう。

【関連記事】

固定ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP
靴にお金をかける人/こだわる人の心理と性格傾向とは?靴にお金をかける人/こだわる人の心理と性格傾向とは?