【テレビはいらない】嫌いになる心理や怒りの声について

「テレビなんか必要ないわ!」と、テレビに対して怒りの声をあげる人もいれば、「テレビは別に必要ないんだよね」と、冷静にいらない理由を語る人もいますが、ここでは様々な方の意見を尊重し、怒りの意見もきちんと伝えていきます。

今国民が求めているテレビ内容についてや、なぜ見ない人が増えたのかという心理も触れていくことで、テレビがいらない自分の心理状況も知ることができる1ページとなっています。

共感することで、すっきりとした気持ちになれる記事をお楽しみください。

①テレビがいらない理由/国民の声


ネットで十分楽しめる

今やネット社会であるため、テレビがなくても十分に暇を潰すことは出来ますし、何よりネットであれば自分が興味のあることに熱中できるため、無理に興味のないテレビで時間を潰す必要も無くなりました。

さらにテレビがいらない理由の大きな部分に、ユーチューブという無料の選択肢が増えたことが考えられ、ユーチューブであれば長いCMを挟むこともありませんし、自分が好きなシーンだけを見ることだって可能です。

また、ユーチューブにテレビ放送をアップデートしてしまう人や、違法な無料サイトでテレビ放送を全てまとめられていることも、テレビがいらないと感じる人が多くなってきた理由の1つです。

テレビがいらないという人の中には、「確かに面白いテレビ番組もあるけれど、それはネットで手軽に見れる」環境になったことが、テレビがいらない気持ちをどんどんと加速していってるのでしょう。

スマホを持つ多くの人が、暇があればテレビよりもスマホをいじっている時間の方が多くなっていることは、まさにテレビ不要時代を象徴しています。

 

情報もネットの方が早い

速報に関してもテレビよりネットの方が早いと断言でき、大きな事件に関してはテレビの方が早いこともありますが、ゲームやアニメ、スポーツなどと視野を広げてみると、まとめサイトなどは非常に素早く情報をまとめます。

さらに掲示板ともなれば、自分の意見を書き込むことができるのも、見るだけのテレビとは違う楽しみ方です。

スピードを重視したり、自分が好きな情報のみを知りたい人からすれば、テレビの情報は遅いですし、情報を取り扱ってくれないことがほとんどなのです。

こうした人も、テレビはいらない代わりにネットが必要である人の特徴となります。

 

仕事が忙しくて見れない

政府が働き方改革の現実を心がけるほど、日本は残業や出勤日が多い国であり、仕事が忙しくて見れないからテレビはいらないという人も多くいます。

そもそも忙しい人からすれば、決まった時間帯でしか放送されないテレビよりも、ユーチューブなどの場所や時間も限られない方法を取る方が、自分にとっても合理的で賢い選択となりますよね。

小さな頃からテレビで寂しい気持ちを埋めていた人であっても、大人になってテレビ無しの生活をいざ送ってみると、案外時間を潰せたり、楽しい時間を過ごせることが判明すれば、テレビがいらない結論に至ることは当然のことです。

忙しい人にとってはテレビよりも、ネットの方が合理的な選択となるため、わざわざお金をかけてまでテレビを購入する必要がない時代なのです。

 

幼稚じみた内容ばかり

「なんだこの幼稚な番組は…」とか、「真面目すぎてくだらない。」と思うことは、何も日本人だけの感覚ではなく、NYタイムスの東京支局長のマーティン・ファクラー氏でさえも、日本のテレビ番組を見て驚いてしまった報道が出たほど、日本の番組は幼稚な一面があります。

小学生が笑うような芸風を積極起用したり、楽屋トークのような内容をテレビで発信しても、視聴者は置いてけぼりになってしまうだけで、盛り上がっているのは出演者内のみであるなんてことも、珍しい出来事ではありません。

また、よく分からない芸人や評論家がニュースに持論を述べていたり、知識もないのに発言している姿に苛立ちを覚えてしまうことも。

せっかくその道の専門家がいるのに、芸能人が偉そうに持論を述べているだけの番組に、嫌気がさしてテレビを消してしまうことは、共感できることの1つです。

 

クレーマーのせいでつまらなくなった

クレーマーが多くなったことで、テレビで過激な演出が少なくなった結果、どの番組も大人しくて似たような番組ばかりとなり、中年層が楽屋トークをするだけのような番組もかなり多くなりました。

もちろん派手な演出=面白いというわけではありませんが、一部のクレーマーの声ばかりを聞くテレビ局に、「それは違うだろ!」と怒りの声をあげる人も中にはいるほどです。

「よくよく考えてみると昔からつまらなかったのかも…」と思う人もいるでしょうが、自分が気に入らないことが目の前で起きると、すぐに何グセをつけるかのように怒り、テレビ業界全体を大人しくしてしまったことも、テレビはいらないと思う人を増えさせた原因であります。

 

アイドルはもうお腹いっぱい

アイドル好きが多くなったことによって、アイドルがメディアで取り上げられることが多くなったことは、興味がない人からすれば「もうお腹いっぱいです…」と思う瞬間ですし、何より「どこが面白いの?」と疑問に思う瞬間ともなります。

特に歌番組の特番ともなれば、「結局アイドルばっかりじゃん…」と肩を落とし、テレビはいらないと心から痛感してしまうことも。

朝の報道番組などを目にしても、アイドルの活躍の場が広まっているなと感じる一方で、本当にプロフェッショナルな仕事ができる人の活躍の場が減ることで、「テレビの質がどんどん落ちている」と感じることは、多くの人が共感できる事実です。

視聴率やコネの関係もあるでしょうが、パフォーマンスが高いとは言えないアイドルをテレビで積極起用することは、テレビ嫌いを加速させています。

 

同じような番組が多すぎる

クレーマーなどの影響もあり、同じようなテレビ番組がかなり多くなっており、旅番組が少し流行ればすぐに他の局ものっかりますし、ハプニング映像系の番組に至っては、同じ映像を各局で使い回し状態であるため、はっきり言って全く新鮮味もありません。

もちろん、テレビが全てつまらないと否定するわけではありませんが、同じような番組を見たところで、視聴者は飽きてしまっているのです。

そんな状況の中でも、なかなか打開策を打ち出せないテレビ局に対して、いらないと思う人が増えるのは当然のことであり、ネットや多様な趣味が増えた現代では、無理にテレビを見る必要もありません。

「あ〜あ。またこの系統の番組かぁ…」とガッカリしてテレビを消す経験がある人は、多いのではないでしょうか。

 

面白い人<話題性での起用

視聴者にとって面白いと思う人よりも、話題性で起用することが多いテレビに対して、「もうこの人お腹いっぱいです。」と感じることや、「もう飽きた」と感じることは、本当によくあることです。

酷いケースともなれば、一発屋で視聴者からは多くの嫌いの声が挙げられているのに対して、その声を無視して出演オファーを出しまくることであり、テレビをつけるとうざい人物が現れるともなれば、テレビがいらないと思う気持ちを強くさせてしまいます。

また、他にも芸能人二世というだけで出演オファーを出したり、世間が嫌っているのにテレビ局が面白がって起用するなど、視聴者の気持ちを無視した起用を続けることは、テレビを嫌いになってくださいと言っているようなものです。

実際に私自身も、嫌いな人物が出ればテレビを即消しますし、「ネットでこれだけ嫌いの声があるのに、なぜ起用するんだろう?」と不思議に思うほど、視聴者の気持ちを無視し続ける悪い一面がテレビ局には残っています。

 

ドラマがつまらない

ドラマ好きな人にとっては、ドラマこそテレビを見る価値があると答える人もいますが、最近のドラマはマンネリ化していることもあり、ドラマさえもつまらなくなってしまったことで、テレビはいらない派がますます増えることが予想できます。

昔であれば高視聴率を稼げたドラマも、今や視聴率が一桁であるのは当たり前であり、ドラマのためにわざわざ家に帰宅する人も、昔に比べてグンと減りました。

ノンフィクション作家の田崎健太さんによると、日本のドラマは難しいドラマを嫌う傾向にあり、見てもらえないという概念からずっと単純なドラマを続けてきた結果、視聴者が飽きてしまったそうです。

また、海外ドラマが身近に見れることも日本ドラマを見ない人が増えた原因で、かける金額も時間も違う海外ドラマの方が熱中できたり、スマホで見れるからテレビはいらないことも、テレビ離れを加速させているのでしょう。

 

安上がりな番組が増えた

昔であれば演出に多くの金額をかけれたり、出演料も昔は高かったと答えた芸能人も数多くいますが、テレビ局が昔よりもお金かけれなくなったことによって、安上がりな番組ができ、視聴者の関心が薄れてしまったことも、テレビはいらない派が増えた理由です。

テレビをつけて安上がりな番組を目にすると、「見たからにつまらなさそうだ」と先入観を持ってしまったり、「やる気のない番組だな」などと思ってしまうことで、よりテレビはつまらないという感情を強くさせます。

「これならユーチューバーの方がまだマシだわ…」と言われるほど、安上がりでつまらない番組が存在することは、ネットで十分だと思わせる決定打となってしまうことも。

 

②テレビが嫌いな人の声/怒りの本音

偏見報道にうんざり

ネットが発達したことによって、今では多くの偏見報道が見破られる時代となりましたが、これはまさに若者を中心にテレビ嫌いを加速させた原因で、偏見報道に対して心の底から怒りを覚え、もう政治関連のニュースを見ること自体に拒否反応を起こしてしまうことも、珍しくない世の中となりました。

朝テレビをつけると偏見報道が報道され、夜テレビをつけても同じニュースが流れていることに、「もういいから…」と呆れを切らした視聴者もたくさんいることでしょう。

また、ネットではどれだけ話題になろうが、テレビでは放送しないケースも非常に多いと感じ、「なぜこのニュースは取り上げようとしないのか」というモヤモヤが、テレビを見る価値はないと思う瞬間となることも。

悪質な番組ともなれば、一瞬の動作や発言を切り取って、印相操作することでイメージを大きく落とそうとすることも、ネットで度々話題となります。

はっきり言ってテレビ業界は腐っていますし、自分たちの好きなように印象操作できる権力を使って、やりがい放題であるテレビが嫌いなっていく人は、今も日々増加していることでしょう。

 

元犯罪者がたくさん

芸能人でも元犯罪者はたくさんいて、保釈金や事務所の力を使って今がある芸能人は、数え切れないほど存在します。

よく不思議に思うのが、ニュース番組で犯罪者に対して意見を述べている元犯罪者であり、過去には自分も過ちを犯したことで報道された立場であるくせに、その過去を忘れたかのように意見を述べているシーンです。

「いやいや。自分はどうなんだよ!」と不信感を覚えたり、そもそもそうした人をご意見番として使う番組にも、「非常識でおかしい業界だ」と批判的な目で見てしまうことも、仕方がないことです。

視聴者はどれだけ嫌悪感を覚えても、何もできない立場であるため、テレビが嫌いで見ないことを徹底する人にとっては、テレビは逆にストレスでしかないのです。

 

ゴリ押しが鬱陶しい

テレビが無理に流行を作ろうとしているのもバレバレで、「最近のJKでは韓流が流行っている!」などと、全く流行ってもいないことを適当に作ることで、流行らそうと頑張っているテレビに対して、「ふざけるな」と思うことは正直な気持ちです。

これは視聴者をある意味バカにしていますし、ある一定の国ばかりをごり押ししているテレビ業界に対して、「頭おかしいんじゃねぇの?」と、不満の気持ちを積もらせている声も、ネットではよく目にします。

テレビがゴリ押しする理由は、何らかの裏があるんでしょうが、それだけでは騙すことが不可能なネット社会で、今でも昭和のような手法をとっているテレビは、まさに時代遅れと言えます。

 

受信料が納得できない

裁判で度々話題となるのが、NHKの受信料の支払い義務に関する情報であり、NHKを全く見ない人からすれば、「電波ヤクザ」と呼ばれてしまうのも納得の結果で、興味がないのに支払いを求められることは、誰だっていい気はしません。

さらに、支払いを求める割に平等な視点でニュースを流さないことが度々あるため、日本が大好きな人にとっては心底腹立たしく、好きになれと言われる方が難しいほどです。

また、こちらに関しては集金人がとても荒々しい手法で契約を勝ち取ったり、非常識な訪問方法で国民を困らせているのですから、NHKがなくても問題ない人からすれば、嫌いになる理由ばかりが浮上してしまうのです。

 

日本嫌いな人の出演が多い

日本のテレビであるはずなのに、反日の心を持った人を積極起用したり、まともな議論すらできない老人を長々と起用するなど、日本を本当に応援している人にとっては、気分を害するような人選をし続けたことが、テレビ嫌いな若者を増やしているとの声も大きいほど、番組によっては酷い人選をしているところがあります。

ドヤ顔で「〇〇政権がおかしい!」などと批判ばかりする番組を、誰が楽しめるでしょうか。

楽しめるのは一部だけで、批判するだけであれば素人の私たちでもできますし、何より批判的な言葉は人の気分を下げてしまいます。

もっと酷い番組ともなると、ただ嫌いなだけで批判し続け、出演料をもらっている人もいるので、テレビを見てストレスを溜めるくらいであれば、違う選択肢をするのは当たり前のことですよね。

 

低俗な番組が嫌い

女性を明らかに見下している感じが残る番組や、関西をバカにする番組など、低俗な番組が原因で嫌いになってしまう人もいて、こうした人の中には、少し厳しすぎる評価を下している人もいるのは確かです。

「これはやりすぎだ…」という番組が減ってきたと感じる一方で、いじめを肯定したり、下ネタを扱う番組を嫌う人もいるので、こちらは非常に難しい線引きとなります。

 

③共感できる本音特集

ここでは、lancersにてアンケート調査を依頼し、テレビ嫌いな人に報酬を出すことで本音を聞き出し、「どこが嫌いなのか?」について明確な答えを求めてみました。

全てを紹介するわけにもいかないので、2つに厳選してリアルな声をお届けしていきます。

①テレビがいらない派を代表した声

都会に人が密集している今、テレビだけが娯楽なわけでもないですし、一歩外に出ると様々な楽しみが溢れていて、スマホ1つでもネットサーフィンやゲームが楽しめるので、テレビの必要性を全く感じさせません。

しかもテレビをつけたと思ったら、そこまで報道する必要があるのか疑問に思うくだらないニュースばかり。

本当に取り上げるべき話題はそっちのけで、何ためのテレビなんだろうと感じることもあります。

バラエティー番組にしても、何だか眠たくなるような企画ばかりだし、それならネットを使って自分の興味があることに集中した方が楽しくないですか?

男性であれば、なんjのような巨大掲示板だってあるし、まとめサイトだってあるし、女性でもガールズチャンネルなどの楽しめる環境がたくさんあります。

テレビを見なくても、まとめサイトは大きな事件をすぐ取り上げてくれる点からしても、テレビって必要ないんですよね。

②テレビが嫌い派を代表した声

ヤラセっぽい番組も多いし、そこまで笑える番組も少ない。しかもニュース番組は不公平な報道ばかりで、もう目にするのも嫌です。

以前までは好きな番組だけを見るようにしていましたが、仕事が多忙になるにつれてテレビが必要なくなり、嫌いなテレビのためにわざわざ時間を使わなくなったことも、テレビを否定的に見てしまうことに関係してるかもしれません。

スマホでゲームしてる方が楽しいですし、ユーチューブで興味のない部分を早送りしながら見ることや、有料サイトでスポーツ番組を見るなど、いくらでも自分が好きなことに時間を費やすことが、いとも簡単にできるこのご時世です。

フェイクニュースなんて平気で垂れ流す番組がなくなれば、まだテレビに対しての嫌悪感が薄れるかもしれませんね。

 

④テレビ不必要が加速する現代人の心理


ネットの発達と趣味の多様化によって、テレビを置くことが当たり前の世の中から、スマホを持つことが当たり前の世の中に変わってしまいました。

以前であれば、「テレビが心の癒し」だった人々の心理が、今では「テレビ以外が心の癒し」となっていて、ジムや漫画喫茶といった24時間営業が増えたことで、人々の心の癒しが身近にたくさんできた結果、テレビに対する優先順位が低くなっているのでしょう。

また、テレビの不公平で偏見報道とも取れるニュースを日々目にすることで、嫌悪感を抱くこともテレビ離れしていく心理に結びつきます。

人は一度嫌な思いをすれば、次からどんどんと悪い部分ばかりに注目してしまう癖があって、フェイクニュースが発覚した番組ともなれば、「はいはい。また嘘だね」と受け取ることで、本来は褒められるべき報道をしたとしても、そこに気づくことができません。

悪い部分ばかりが見えることで、嫌いになっていく一方となってしまうことは、あなただって同じであるはずです。

後もう1つ、スピードを重視する現代人だけに、すぐにまとめサイト等で最新の情報を知ることができる環境は、テレビを必要と感じさせないことも、なんj掲示板が大きく成長した理由と考えるべきです。

関連記事:なんj民の特徴や共通点14選【ンゴや草はもう古い!?】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP