アイドル嫌いな人の特徴〜理由とそうなる心理について

「もうアイドルはうんざり…」とか、「アイドルは嫌いだ」と思う人は多くいて、アイドルに対して嫌悪感を抱くことは、何も珍しいことではありません。

それだけアイドルが取り上げられる時代となったのですから、アンチや嫌いになる人が増えるのも当然のことなのです。

“アイドル嫌いな人が共感できる理由”をまとめていくことで、なぜ嫌われるのかの原因をはっきりさせ、最終的には嫌いになる心理メカニズムに触れていきます。

アイドル嫌いになる理由とは?


口パクばかりでつまらない

アイドルと言えば、アーティストとして売り出すことが鉄板ですが、その本業でもあるアーティスト業をサボり、明らかな口パクで歌っていることが許せなかったり、「それプロって言えるの…」と呆れてしまうことは、痛いほど共感できます。

例えば、Mステは生放送が売りであるにも関わらず、隠そうともしない口パクを見て楽しめるのか?と言えば、ファン以外はそう感じれないのは当然のことでしょう。

もちろん中には、口パクをしないアイドルが存在することも確かでしょうが、売れるにつれて口パクが多くなっていくアイドル業界に、興味がない人たちは呆れ果て、見ていてもつまらないという感情を抱いています。

 

様々なジャンルに出てる

今ではアイドルがニュース番組を担当したり、バラエティーの司会を務めるなど、活躍の場が日々広がっているアイドル業界ですが、それに対して嫌悪感を抱く人もいて、そもそもニュースキャスターというプロがいるにも関わらず、アイドルの積極起用に疑問の声が上がるなど、これらはネットでもよく物議を醸しています。

アイドルが様々なジャンルに進出することは、アイドル嫌いな人にとってはテレビ嫌いになる原因そのものですし、何よりドラマに下手くそな演技で主演を飾ったところで、積極的に見ようとは思えませんよね。

様々なジャンルに進出できることは、人気の証とも言えるかもしれませんが、実力が伴っていなければファン以外の人からすれば、ただのつまらない番組で終わってしまうこともしばし見られます。

 

声の出し方/仕草が無理

特に女性のアイドルともなれば、どう見ても声を作って出している人がいて、キャラを確立させるためにぶりっ子キャラを演じたり、ドルオタに騒がれるためにぶりっ子の仕草を見せるなど、こうした演技は興味のある人以外には受け入れられず、むしろ痛々しいと思われることに繋がります。

まだ若いアイドルがぶりっ子をするのならまだしも、いい歳をした大人がぶりっ子をしたところで、ファン以外の心に響くわけがないのです。

ぶりっ子姿に対して「キャーキャー」と騒ぐファンもいれば、「はいはい」と冷めた目で見てしまう人もいることが、アイドル嫌いな気持ちをより加速させているのかもしれません。

 

必死な自分売りが鬱陶しい

アイドルといっても、個性を売り出すことで個人の人気を上げる必要もあるために、必死な自分売りをするアイドルがたくさんいて、そのためにはあえてキャラを作ることは、芸能界で売れるためには必要です。

一方で、この自分の売り出し方がバレバレすぎて鬱陶しく感じたり、そもそもアイドル嫌いな人にとっては、これ以上活動の幅が広がって欲しくないと願う人もたくさんいるわけです。

こうした人にとっては、「もう必死な自分アピールはいいよ」と感じてしまったり、「いちいちそこに時間使うなよテレビも…」と思い、チャンネルを変えてしまうことも珍しくありません。

 

ロリコンやキモオタが応援してる

偏見と言えば偏見ですし、現実と言えば現実なのですが、アイドルを応援する人の中にはロリコンやショタ好きが紛れていて、こうした人は幼い人が好きだからこそ、アイドルのような非現実的な格好や、声に惹かれているわけです。

典型的なドルオタともなれば、自分がドルオタであることを誇りに思っていたり、自分の価値観をしっかりと表に出せる性格であるため、見た目が気持ち悪いと言われてしまうような格好であったり、引いてしまうような発言も多々見られます。

こうした人が応援している姿を見て、アイドルに対して良い部分が見えなくなった結果、アイドル嫌いになってしまうことも考えられ、一度嫌だなと思うと悪い部分がたくさん見えてしまうのは、人が持つ悪い癖なのです。

 

枕営業のイメージが強い

芸能界の闇は深いと昔から言われているように、週刊誌でも様々な権力者とアイドルの枕疑惑が浮上し、バッチリと写真に収められているなど、芸能界に枕が存在するのは確かでしょう。

このイメージが強い人からすれば、「なぜこのドラマに出てるの?枕じゃないの?」と疑問を抱くことは当然のこと、実力不足で番組に抜擢されることは、何か裏があると不審に思うことも。

アイドル嫌いな人にとっては、「自分が嫌いなのになぜ出れるのか?」の理由を、どうしても悪い方向で考えてしまう傾向にあるため、どんどんと嫌悪感が強くなっていくのも、アイドル嫌いを抜け出せない原因となります。

 

アイドル独自のノリが苦手

アイドル独自のノリとは、ジャニーズ内の先輩後輩の楽屋で見せるようなノリであったり、元気いっぱいなキャラで売り出しているノリのことであり、ファンの人にとっては当たり前の風景も、それ以外の人にとっては笑えません。

これが若ければ許される風潮は一般社会にもありますが、ある程度歳のいった大人ともなれば….言うまでもなく痛々しいと思われることでしょう。

ノリが苦手で嫌いになる人もいれば、好きになる人もいるわけですが、ファンのギャーギャー騒ぐノリや、変わった衣装を着るノリなどについていけず、魅力が伝わらないことも、アイドルを好きになれない理由なのです。

 

幼稚すぎて馬鹿らしい

最近のアイドルはどんどんと幼稚化していっており、アニメ文化を見ていても、どんどんと日本人の幼稚化が進んでいると言われているほど、今の日本は幼稚文化が定着しています。

曲の内容が幼稚なものもあれば、子供っぽい仕草や声で自分をアピールするなど、いかにも子供っぽいアイドルが増えたことが、アイドル嫌いになってしまう理由となることは、間違いのない事実です。

海外であれば、セクシーさや完成度を売りにしたアイドルがたくさんいるのに対して、日本のアイドルは幼稚じみたグループばかりが売れてしまうことからも、テレビで幼稚なアイドルを見ることが苦痛で、アイドル嫌いになってしまう人が増えてしまうのです。

 

いい加減見飽きた

歌番組を見ればいつも決まったアイドルが出ていたり、それほどヒットもしてないのに昔の曲を歌い続けるなど、同じアイドルばかりが出ることで変化のないテレビに対して、嫌気が指したことがある人も多いのではないでしょうか。

アイドル嫌いな人に見られる行動パターンといえば、アイドルが出た途端にチャンネルを変えることでありますが、何が魅力かも分からないアイドルの曲や演技を見ることは、自分にとって何のメリットももたらさないのです。

幅広い人気というよりかは、一部の支持層で人気を維持しているアイドルを毎回のようにテレビで見ることに対して、アンチが増えてしまうのも不思議なことではありません。

 

ゴリ押しが見え見え

事務所のゴリ押しでテレビの露出が増えることは、ファン以外にとっては不愉快で不必要なことですし、実力不足で周りにカバーされる姿は、何ともモヤモヤしてしまう瞬間でもあります。

ゴリ押しでテレビに出ている人は、やはり実力で勝ち取っていないのでつまらないですし、周りに気を使われているのが視聴者にも伝わってきます。

「何でそこまで嫌うの?」と疑問に思うファンもいますが、歌もダンスも演技も下手なままゴリ押しされることは、世間に認められるわけがありませんし、テレビをつまらなくしている原因そのものなのです。

 

いい歳してアイドルなこと

アイドルとは「偶像」「崇拝される人や物」「あこがれの的」「熱狂的なファンをもつ人」などの意味もありますが、基本的には「人気のある若いタレント」こそが、アイドルの定義です。

だからこそ、20代後半や30代、40代になっても、アイドルとして自分を売り出している人は、冷静な目で見るとおかしなことですし、一般社会ではおっさんやおばさんと呼ばれてもおかしくない年齢なのです。

綺麗な顔とか、若さがアイドルの売りであるとの認識を持つ人にとっては、いい歳をしてアイドル活動をしている人のことを、見下したような気持ちになることに加えて、どうしても苦手意識がついてしまうものです。

 

AKB商法で嫌いになった

AKB商法が大成功したことによって、CDの売上枚数はおかしなくらいに伸びるようになったり、一人で数百枚や数千枚というCDを買う人が出てくるなど、一部の層からの圧倒的な支持さえあれば、まるで大人気であるかのような時代となりました。

これによって歴代CD売上枚数にも疑問が残りますし、何より知らない曲がCD売り上げの上位を独占するなど、昔では考えられないことが起きるようになりました。

本当に良い歌であれば、多くの人に認められて需要もたくさんあるものの、名曲とも思えない曲が売り上げ上位を独占することは、歌番組をつまらなくしてしまうとの声も聞かれるなど、アイドルに対して嫌悪感を覚えてしまう瞬間なのです。

 

嫌いな人の特徴/共通点

ドルオタも苦手/偏見がある人

アイドル嫌いな人はドルオタにも苦手意識があって、ドルオタに対して「気持ち悪い」とか「変な人が多そう」などの偏見を持つ人もいます。

ドルオタからすれば、「あなた達に迷惑かけてないから放っておいて…」という悩みを持ちがちですが、嫌いな気持ちはアイドルからファンまで伝染してしまうものなのです。

上司が嫌いになると会社自体も嫌いになってしまうように、アイドルからファンへと嫌悪感が広がり、どうしても苦手意識を持ってしまうことが特徴的です。

 

若さ/人気に嫉妬心がある人

アイドルは若さを売りにアピールすることがほとんどで、30代からアイドルにチャレンジして売れることは、考えられないことですよね。

アイドル嫌いな人の中には、「若いだけでキャーキャー言われるのが羨ましい」という本音を持つ人もいて、こうした人は嫉妬が怒りに変わった結果、アイドルを認めれない人とも言えます。

例えば、「同世代でブスなのに、何でこんなにチヤホヤされてるの?」という本音が、自分の思いと現実の狭間に怒りを覚え、心の底からアイドルが嫌いになってしまう人は、世の中に必ず存在します。

 

実力/見た目主義の人

アイドル嫌いな人の特徴にて、最も当てはまりやすいのがこちらの共通点であり、実力主義やプロの演技を見たい人にとっては、アイドルの下手くそな芝居や演技を見ることに、テレビの楽しさを奪われた気持ちとなったり、すぐにチャンネルを変えてしまうことになりかねません。

見た目主義であれば本当に綺麗な人は他にもたくさんいますし、歌唱力やダンスであれば、もっとレベルの高い人は世の中に溢れているのです。

このタイプの実力や見た目主義の人にとっては、より高いレベルのものを求めていることになるため、アイドルではなく本当の実力者を見たいと思うのも、視聴者が思う本音の1つと言えるのではないでしょうか。

 

時代の変化についていけない人

時代は常に変わっていくもので、昔であればアイドルは透明感のある遠い存在であることが常識であったものの、今のアイドルは真逆であり、容姿もずば抜けて綺麗である必要もないため、時代の変化についていけない人も、アイドル嫌いになりやすいです。

よく昔を正当化するお年寄りがいますが、アイドル嫌いな人の中にも、こうした厄介な性格の持ち主は紛れているのです。

昔を美化し、忘れられない心理が誰にでも働きますが、こうした人は自分たちが活躍してきた時代を、否定的な目で見たくはない気持ちが強い傾向にあります。

 

アイドル嫌いな方々の意見

〇〇売りとかいらんわ。さん

アイドル嫌いな理由はとっても明確ですよ。それはゴリ押しや仲良し売りなどの、非常にどうでもいいアピールであって、「おっさんアイドルが仲良しだから何なの?」と思っちゃいますね。

よく分からない新人アイドルも事務所の力でゴリ押しだし、実力もないのに無理にテレビに出ても、視聴者が喜ぶわけがないと思うんです。

確かに新鮮さはあるかもしれないけど、視聴者はあまり面白いと思えないんじゃないかな…

これはアイドルだけでなくて、テレビ業界にも問題があると言えるけどさ。

ファンは盲目さん

恋は盲目ファンも盲目ですよね。親しみやすい顔のアイドルは嫌いになりませんが、せめてもう少し実力つけてテレビでて欲しいなって思います。

後、特に最近売れてないのに紅白に出場したり、歌の特番に出るグループもあったり、選考基準がよく分からないし、売れるためにもっと頑張るべきだと思うんです。

他のアーティストは、売れるために日々努力をしているのに、アイドルってだけで中身は空っぽな歌唱力やダンスを見せられても…ねぇ(笑)って感じかな。

痛々しいよねさん。

とにかく何もかも薄っぺらい。叩かれないために無難なトークをして、作り笑顔でニコッと笑い、僕たち(私たち)アイドルですよアピールしてるけど、アイドルの肩書きがなけりゃ、魅力0でしょぶっちゃけ?

今のアイドルは可愛いというよりは、目立ちたい人がただ出てるだけなのかなって感じもするし、ファンも見た目があれな人が多いのも苦手な理由です。

テレビのアイドル枠も減ることを知らないし、顔も同じようなのばかりだし、ただの一般人の集まりとしか思えない人は、私だけじゃないはずですよ。

昔と今の違いって、スター性がないアイドルが蔓延したことによって、アイドルの質が下がりすぎてるよ絶対。

 


アイドル嫌いを加速させる心理

アイドル嫌いを加速させる心理とは、メディアの露出が増えたことが原因であり、テレビや雑誌などの様々なメディアに取り上げられることで、興味がない人にとっては邪魔の存在に感じ、どんどんと嫌悪感が増していってしまうのです。

逆にメディアの露出によって好きになる人もどんどんと増えていくわけですが、大きな違いは好意的に捉えるのか、嫌悪的に捉えるのかの違いにあり、好意的に捉えると良い部分をしっかりと見ることができる反面、嫌悪的に捉えると悪い部分が目立ってしまうため、評価がどんどんと落ちてしまいます。

アイドル嫌いな人の中には、アイドルの悪い部分ばかりを述べる人がいますが、こうした人は良い部分が見えない心理状態に陥ることで、少しの欠点さえも目立って見えてしまう心の状態にあります。

そうなってしまえば、99点のパフォーマンスをしても1点の欠点ばかりに集中してしまうので、アイドルに対して良いイメージを持つことが一向にできません。

ファンは盲目であるので、欠点さえも全て正当化してしまう心理が働く一方で、アンチはたった1つの欠点を正当化してしまうので、苦手意識を払拭することが難しく、アイドル嫌いを抜け出すことは難しいのです。

関連記事:【テレビはいらない】嫌いになる心理や怒りの声について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP