お風呂がめんどくさい心理〜眠い時などの対策|改善方法も

「あ〜もう!お風呂ってめんどくさすぎ!」と、お風呂に入ることをためらう人もいれば、簡単に体を流すだけを選択する人もいるでしょう。

日本人は清潔感を大切にし、お風呂が大好きな国民性を持つとも言われますが、実は多くの日本人が「お風呂がめんどくさい」と感じていることも事実で、お風呂嫌いな人も中にはいるほどです。

こうした人の心理状況から導き出す対処法や、日本人だからこそお風呂に入った方がいい理由を述べることで、あなたの意識が大きくと変わることは間違いありません。

「めんどくさい」の正体とは?

対処法を知るにはまず、自分自身の心理状態を知る必要があり、お風呂がめんどくさいと感じるあなたの内心には、「楽しめない」という原因が潜んでいて、お風呂に入ることが楽しくないからこそ、めんどくさいし、入りたくないと思ってしまうわけです。

もっと簡単に言い換えると、お風呂がめんどくさいと感じる人の心理には、「ただの作業である」と捉えることで、「時間と労力を無駄にしている」と感じてしまっているのです。

逆にお風呂が好きな人を考えてみると、芸能人でもお風呂好きな人ほど、湯船で漫画を読んだりワインを飲むなど、何らかの楽しみ方を見出しているはずです。

他にも、自分の臭いが気になる人は、お風呂をただの作業とは捉えないことで、細かな部分まできちんと体を洗う人が多いのも、お風呂は重要な作業の1つとして捉えていることにあります。

故に、お風呂がめんどくさいと感じているあなたも、おそらく私生活でもっと時間を使いたいことや、楽しみたいことが存在して、そちらに多く時間を使いたいなどの理由から、お風呂がめんどくさいと思うようになったのではないでしょうか。

 

欲求の優先順位も問題

とにかく残業が問題視されている日本では、仕事疲れが溜まっている人もたくさんいて、学生であってもスピード社会についていけず、心が疲れきっている人もいることでしょう。

こうした人の場合は、「睡眠」という欲求が勝ることで、お風呂に入るよりも睡眠を優先したい気持ちが強くなり、お風呂に入ることがめんどくさいと感じています。

睡眠といえば、人間の三大欲求とも言われる大事な欲求ですから、お風呂に入るよりも疲れを取ることを優先することは、人が生きていくにおいて当然の結果です。

次の日が休日で誰とも会う予定がないとすれば、睡眠を優先しても何ら問題もありませんし、朝にシャワーを浴びれば問題も解決済なわけですから、最近体の疲労を感じ続けていたり、疲れやすい体となっている人にとっても、お風呂に入ることは余計な労力を使ってしまう原因であると、捉えてしまっていることも考えられます。

歯磨きや食べることがめんどくさいと思うことと同じで、睡眠に勝つことは非常に難しく、人間はどうしても睡眠を優先視してしまう心理が働きがちです。

 

☑️季節によって理由も様々

一概にめんどくさいと言っても、夏はそれほど感じないのに対して、冬になると凄く億劫に感じる人もいるでしょう。

そうした人は、「冬にお風呂に入る価値を見出せない」人であり、夏であれば多くの汗や臭いが取れると感じている一方で、冬はそれほど汗もかかないので、「毎日入る意味はあるのだろうか?」とか、「1日くらいサボっても…」などの気持ちになりがちです。

特に汗や臭いが気になりにくい冬は、自分の体臭などの周りの評価が薄れやすい時期でもあるので、やはり寒い時期に入らないを選択する人が増えてしまうのも納得です。

 

効果的な対処法一覧

重要ポイントだけ洗う

お風呂がめんどくさいと感じた時には、「髪の毛にシャンプーリンスを使用しない」ことと、「汗が溜まる部分」のみを洗うと非常に効率的で、そもそも日本人は毎日体を洗う習性がありますが、これはそこまで必要なことでもありません。

シャンプーリンスに関しては、毎日必ずしも洗う必要はないと毛髪診断士が答えていますし、むしろ洗いすぎることで頭皮が乾燥し、フケなどの原因となってしまうことも。

これは年齢や季節によりますが、夏のような汗をたくさんかく時期や、運動した後、お酒をたくさん飲んだ後であれば、頭皮に汚れが溜まるのでシャンプーは必須となりますが、こうした条件に当てはまらないのであれば、毎日のシャンプーリンスは必要ありません。

ちなみに皮脂分泌が多い10代〜20代は、毛髪診断士の方でも、毎日のシャンプーを推奨しています。

体に関しても同じく、実はそれほど体も汚れていないことが分かって、こちらも汚れている部分のみを洗えば、清潔で綺麗な体を保つことができます。

毎日洗うポイントとは、「両脇、背中、首筋、耳の後ろ、胸の上あたり」であり、主に触ると凄く汗をかいている部分だけを、泡だててきちんと洗っておけば、それでOKです。

後は股間なども汚いので、もちろん軽く洗っておいた方がいいと覚えておきましょう。

シャンプーリンスが必要ない時であれば、体のポイントを洗うだけなので、かなり時間の削減や体力の温存につながることでしょう。

 

捉え方を変える

心理にて、「時間と労力を無駄にしている」と感じることで、お風呂がめんどくさく感じると述べましたが、ここの原因をきちんと改善することで、今後のお風呂の楽しみを見出すことにも繋がります。

そのためにも捉え方を変えることが必要で、シャワーのメリット、浴槽に浸かるメリットをきちんと頭に入れておけば、「自分の体のためにお風呂に入るんだ」という認識ができます。

まずシャワーに関しては、「リラックス効果」と「美容効果」が期待でき、シャワーを浴びるだけでも快適な睡眠や、体をリラックスして開放状態にすることが可能です。

浴槽に浸かる場合は、こうした効果がより大きいことに加えて、疲労効果さえも期待できることから、本来疲れが原因でお風呂がめんどくさいと感じる人は、「そんな時こそ湯船でリラックスするべきだ」ということが分かりますね。

ここに来る人はめんどくさい問題を解決したい人なので、シャワーは時間や掃除の労力を抑えることができるため、頭からじっくりとシャワーを浴びることで、リラックス効果を得るといいでしょう。

つまり、お風呂に入る理由は「自分のため」であり、「リラックスや快適な睡眠」のためのシャワーであると考えれば、スマホばかりいじっているよりかは、よっぽど自分のためになっていることを、きちんと受け止めることができれば、今後のお風呂との向き合い方もグッと変わってくるはずです。

 

真似から始めてみる

何をするにも真似することから始めてみると、何かと楽しみ方を覚えたり、有効活用できるので、「日本人が入浴の際にどんなことをしているのか?」を真似してみることも、捉え方を変えれる方法の1つです。

ネットリサーチティムスドライブが、3,946人を対象に調査した結果によると、お風呂の際には「目を閉じる」33.5%、「考え事をする」33.3%、「マッサージをする」22.7%が上位3つを占め、ついでにムダ毛や髭を剃ってしまう人も、男女合わせて約35%が行っているそうです。出典:入浴に関するアンケート

お風呂を「ただの作業である」とか、「時間が勿体無い」と感じているのであれば、ぜひ一度真似をしてみましょう。

目を閉じると考え事をするに関しては、セットでできることですし、シャワーを頭から浴びながらじっくり考え事をするのは、心も体もスッキリできる唯一の時間である人も多いことでしょう。

それ以外にも、お気に入りの曲を脳内で歌うのもいいですし、口に出して歌うのも、日々我慢して溜まったストレスを発散する場となるはずです。

このように一石二鳥を心がけることができれば、お風呂に入る価値はぐっと高まり、毎日にちょっとした幸せを感じることも可能となります。

 

いち早く体を乾かす

常にお風呂がめんどくさい理由の上位に入るのが、「体を乾かす時間」であり、髪の毛が長い人ほどドライヤーの時間がもったいないと感じたり、汗っかきな人であれば、なんども体を拭く羽目になることでしょう。

いち早く髪の毛を乾かす手順としては、1「髪にタオルを巻いておく」ことであり、リンス後にタオルを巻いておくだけでも、特に髪が長い女性は、水分をかなり吸収してくれます。

次に、2「体にタオルを巻いてドライヤーをかける」ことを実行し、体にタオルを巻くことで汗を自然と拭き取り、ドライヤーで落ちる水もしっかりと吸収してくれます。

この時に、頭にタオルを被せてドライヤーをかけるとより乾燥が早くなりますが、まずは根元から乾かすことを徹底する方が、後々の気持ち悪さなどを抑えることができます。

最後に3.「体に巻いていたタオルで体を拭く」と完成であり、これだけで普段よりも2倍〜3倍ほど、体を乾かすスピードがアップすると言われる方法です。

最近は男性でも、薄毛や髪の痛みを気にする割合が非常に増えているので、この方法であれば効率的+髪の毛を守ることにも繋がるので、是非実行してほしい対処法となります。

 

便利グッズを有効活用

髪の毛を拭くのがめんどくさいと感じる人は、「髪を早く乾かせるアイテム」を使うこともおすすめで、速乾スプレーはトリートメント配合も多く存在するので、髪の毛のケアにも一石二鳥です。

お店に置いてあることもありますし、無い地域の方はアマゾンなどでも購入可能ですので、自分なりにお気に入りの乾燥スプレーを探してみましょう。

他にも、マイクロファイバータオルを使用することで、吸収性に優れているマイクロファイバー性が、より多くの水分を吸い取ってくれますし、力をあまり入れる必要がないなどのメリットもあります。

ドライヤーを変えてみるなどの方法も存在するので、とにかく初期投資が必要であっても、時間と労力を買えるというメリットを考えながら、様々な便利グッズを試してみるのもありです。

 

☑️眠い時はどうすればいい?

眠い時には朝にシャワーを浴びるのもいいですが、当サイトでは夜にしっかりお風呂に入ることをおすすめしており、専門家でもやはり夜風呂を推奨する方が多いです。

夜風呂のメリットは、「朝の時間に余裕ができる」「質の高い睡眠をサポート」などが大きな割合を占め、冬であれば朝風呂は体温調節が難しい一面も見られるからです。

とにかく眠い時でも、さっとシャワーを浴びておけばある程度の汚れが落ちるわけですから、やはりシャワーを浴びるだけでもしておくことが、あなた自身のためにもなると言えます。

日本人は世界でもトップレベルの、「匂いにうるさい国である」とも言われているほどで、少しの匂いでさえも敏感に反応し、嫌な顔をしてしまうのが日本人の特徴です。

だからこそ、さっとシャワーを浴びて汚れを落とし、翌日にしっかりと匂いのケアさえさえできるのであれば、眠い時でもお風呂を済ませておく方が、翌日を考えれば良いのではないでしょうか。

どうしても限界な時には、もちろん睡眠を優先して、きちんと計画的に起きることを心がけましょう。

 

「毎日入る必要なし?」こんな調査結果も

1週間の入浴回数

総理府が主務官庁の社団法人として発足し、一般社団法人へ移行した中央調査社が行った調査によると、お風呂が好きと答えた割合が約76%、どちらかと言えば嫌い、嫌いと答えた割合は約24%であったことが分かりました。

さらに一週間に入る頻度を、全国20歳以上の男女2,000人を対象に調査した結果、「毎日入るが約77%」であったのに対して、「週に3~4回」(11.1%)、「週に5~6回」(5.4%)、「週に2回」(2.7%)、「週に1回」(1.6%)、「ほとんど入らない」(2.0%)という結果となりました。出典:「入浴に関する世論調査

つまり、世の中にはシャワーすらも毎日は浴びない人がソコソコの割合でいて、それはあなたの職場にもいるかもしれないということが、言えるのです。

ここから言えることは、お風呂があまりにもめんどくさかったり、非常に疲れて眠たい状態である時には、「入らない選択肢をする人もいる」ということであり、日本人にもお風呂嫌いな人がいるということです。

先ほども伝えましたが、「匂い」さえきちんとケアしておけば、1日程度ならお風呂に入らなくても、周りにバレることは少ないとも考えられますので、お風呂をサボってしまう究極の選択をすることも、ありと言えばありなのかもしれません。

 


意欲の低下や億劫には注意

お風呂がめんどくさいことは、何もおかしな気持ちではないことが分かりましたが、意欲の低下や億劫な気持ちが続くなどの時には、自分の精神状態を気にする必要も出てきます。

そもそも入浴には自律神経を整える効果がありますが、「何もしたくない!」とか、「何をするにもダルい」などの症状が見られる時には、思い切って何もしない日を作ったり、気分転換を積極的に行うことも重要です。

「お風呂に入るのがめんどくさい」ではなく、「お風呂に入れない」精神状態となる時には、専門家の力が必要となってくることもあるので、一人で悩まないことも頭に入れておきましょう。

なんなら一度、休日だからお風呂に入らない日を体験してみるのもいいですし、それでとても体が気持ち悪いのであれば、「やっぱりお風呂は必要だな」と感じさせられる、いい勉強にもなりますよね。

関連記事:【テレビはいらない】嫌いになる心理や怒りの声について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP