日傘が邪魔!迷惑で危ない理由|怒りの声について

「もう!マジで日傘が邪魔!」と、日傘をさす人に対して嫌悪感を覚えたり、またはストレスを感じることは珍しくなく、実際に日傘が原因で病院に運ばれた人もいるほど、マナーが悪い人は存在します。

こうした人に対して、「いい加減にしろよな!」と怒る人もいれば、「同じ日傘を使う立場として恥ずかしい…」と思う人もいるわけですが、なかなか日傘のマナーが改善されることはありません。

この1ページでは主に、周りが心底うんざりする日傘をさす人の特徴を述べるとともに、「日傘に怒りを抱く原因」を追求していくことにします。

日傘が邪魔な理由とは?


人混みの中で危ない

都会の通勤ラッシュの時間帯でよく見られるのが、人混みの中でも我が物顔で日傘をさしている人であり、こうした人は自分が日焼けをしたくないからとか、涼しいからなどの理由を優先するため、周りの迷惑な気持ちを理解しようとしません。

他にも、ディズニーランドやUSJなどの人が密集する場所で日傘をさすなど、マナー違反を平気で繰り返す人が目立ってしまうことは、日傘に対して邪魔であるとか、鬱陶しい存在であると認識される原因そのものです。

日傘をしていない人からすれば、「お前何様だよ!」と思うことは当然のこと、「周りが見えていない自己中心的な、性格ブスだな」と思われてしまうなど、人混みの中での日傘は自分の評価を下げてしまうことにも繋がります。

人混みの中はただでさえストレスが溜まる瞬間であるのに、我が物顔で日傘をさしている人がいるとすれば、怒りやイライラが込み上げてくることは、当然のことなのです。

また、日傘は身長差によって頭に当たってしまったり、酷い場合は目に当たってしまうこともあるため、マナー違反を繰り返す人が思っている以上に、日傘は危険なアイテムなのです。

マナーが悪かったり、マナーを守れない人が嫌われたり迷惑がられることは、どんな時でも同じということですね。

 

細い道でも使う人がいるため

こちらも都会で起こりやすい現象で、都会は細い道が複数に分かれていたりすることに加えて、人が多いことで道がより狭く感じやすい場所なので、こうした場所で日傘をさされることは迷惑極まりない行為ですし、日傘を控えるべき場面です。

これもマナー違反であることは間違いなく、女性であれば日傘をさし続けたいけれども、周りの迷惑を考えて日傘を控える人もたくさんいるため、こうした人にとっても怒りの対象や、日傘をさしづらい環境を作っていることに対して、いい気持ちを抱くことはありません。

細い道でも日傘をやめない人は、我が物顔で道のど真ん中を偉そうに歩いている人と、同じような感じで捉えられ、鬱陶しいと思われていることを自覚した方がいいです。

道はあなたの所有地ではないのですから、日傘で多くの場所を取ってしまったり、周りに不愉快な思いをさせてしまうことは、常識がある人が取るべき行動ではありません。

 

当たってることに気づかない

日傘をさしている人は、周りに当たっていることに気づいていなかったり、または気づいていても謝ることをしない人もいるので、当てられた側からすれば気分を損ないますし、イライラしている人であれば「謝れや!」と、心の中で怒りが爆発することもあるでしょう。

街中で肩をぶつけたとすれば、きちんと謝罪し合うのが日本での常識でありますが、これをしないということは非常識であり、人間性に問題があると思われても仕方ありません。

身長が高い人は本当に危険で、目の近くに日傘がくることも多いので、避けることで無駄なエネルギーを使ったり、1日に何度も日傘をぶつけられることは、日傘に対して文句を言いたくなる気持ちもわかります。

日傘を使っている人は、当たったのであればきちんと謝罪をすることを忘れず、そもそも人が当たりそうな時には日傘をやめることを徹底してくれないと、怒りの声がどんどんと大きくなっていく一方です。

 

持ち方が危険すぎるから

日傘を横に倒して歩く人が稀にいますが、これも非常に危険な行為で、最近の日傘は先がとんがっているものが多いので、当たると相手に怪我を負わせたり、擦り傷を負わすことになるなど、事件に発展することもあります。

日傘を横に倒す人の心理としては、「先端が擦れるのが嫌だ」とか「こっちの方が持ちやすい」など、自分にとっては合理的な理由であると考えられ、周りのことを一切考えていない本音が隠れていることがほとんどです。

また、先がとんがっていると述べましたが、人の足に先端を刺してしまう形となってしまうこともあり、こちらはヒールで踏まれるほどの痛みはないものの、謝罪の一言くらいは欲しいものですよね。

持ち方に関してまで注意することは、相手にとっても非常に指摘しづらいことであるため、見ているだけでもストレスが溜まってしまうような、非常識な行動の1つとなります。

 

日傘のせいで見えないから

日焼けを極力避けたい気持ちが強い人の中には、場違いな場所で日傘を使う人もいて、スポーツ観戦の場で日傘をさしているなど、「それなら家でスポーツ見とけ!」と思われるような、呆れた人もいます。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP