サッカー部がチャラいのにモテる秘密15選【女性目線】

「サッカー部ってチャラいから苦手だわ」と感じる人も多い世の中ですが、そんなサッカー部に共通する1つの事実は、とにかくモテる人が多いことであり、サッカー部に所属しているだけでも、魅力が大幅にアップする人もいます。

この1ページでは主に、「なぜサッカー部は魅力的に見えるのか?」の原因を徹底追及することで、ある隠された秘密を暴露していきます。

また、女性目線から見たサッカー部の魅力も述べることで、モテるカラクリが全て分かることでしょう。

サッカー部がモテる理由


ギャップ効果

サッカー部といえばギャップ効果が素晴らしく、普段はふざけていたりサボることも多いサッカー部ですが、部活が始まると同時に練習する姿は真剣そのもので、いつもと違う姿に対して、多くの女性のハートを鷲掴みにします。

例えば、普段からだらしないと思われがちな男性が、サッカーの試合が始まると表情が真剣そのものとなり、エースとしてたくさんのゴールを奪うとすれば、ギャップ効果によりその時の印象が強烈に脳に残ることで、評価がうなぎのぼりにアップするのです。

サッカー部がモテる一番の理由がこれで、どれだけ普段からチャラい格好をしていようが、いつもと違う一面を練習や試合で見せることによって、良い意味でのギャップ効果を発揮できます。

 

何かとお洒落

サッカー部は何かとお洒落であることも有名で、練習着からユニフォームに関してまで、かっこいいデザイン重視のものが多いことも、サッカー部に所属するだけで魅力的に見えてしまい、モテる理由の1つです。

さらに同じモテる野球部との圧倒的差と言えば、坊主かそうでないかの違いにあり、サッカー部は日本代表選手も髪型で遊ぶ人が多いこともあってか、お洒落でかっこいい髪型を選択しやすいのもサッカー部の特徴です。

日本人の多くが雰囲気お洒落であったり、雰囲気イケメンであると言われるように、髪型は自分を魅力的に見せる最も簡単な方法であるため、髪型に対して比較的寛容的なサッカー部は、自分磨きをしやすい部活となります。

 

負けず嫌いで男らしい

サッカー部に限ったことではなく、運動部に所属する人は基本的に負けず嫌いな性格が多く、負けることに対して悔しい仕草を見せたり、涙を流す姿は周りの評価を高くさせることに加えて、男らしさを感じさせる瞬間でもあります。

負けず嫌い=男らしいという味方は間違いではなく、男性は上下関係をきちんとつけたい性質を持ち、負けることは自分が劣位に立たさせることもあり、勝つことを何よりも重視するのが男というものです。

この男性特有の性質が見られやすい運動部こそ、女性からすれば男らしく見せる原因そのもので、昔から文化部よりも運動部の方がモテると言われるのも、こうした女心をくすぐる秘密が隠されていることにあります。

 

筋肉質でスタイルアップ

サッカーは運動量が多いスポーツであるため、練習を重ねるごとに筋肉質になっていくことは当然のこと、運動量が多いことは太らないことにも繋がるので、サッカー部はスタイルが良い人が非常に多いです。

ここに高身長+脚長であることが加わると、スタイルが完璧な男性の特徴に当てはまり、スタイルだけでも多くの女性を射止める、何とも羨ましい男性となることも。

また、チャラい人は筋肉質である方がかっこよく見えやすいこともあるので、チャラいサッカー部ほどもモテることも納得です。

 

自己主張が激しい

自分の意思をしっかりと相手に伝える必要があるサッカーは、自己主張がはっきりできる性格となりやすく、自分の存在をきちんとアピールしたり、気になる異性に自分の魅力をアピールできる人であります。

草食系が多くなった今では、肉食系男子に対して希少価値効果が生まれつつあり、男らしくグイグイと自分の魅力をアピールできるサッカー部は、女性にとっては魅力的な存在となることも。

一方で、自己主張が激しい人は自慢話をすることで、自分が優位な位置に立とうとすることが多くなるため、相手のことを全て否定した挙句、マウントを取ろうとする人も多くなります。こうしたサッカー部は例外としてもモテない人となるので、そこは注意が必要です。

 

決断力と行動力

スポーツは決断力と行動力が非常に重要で、スーパープレイはずば抜けた決断力と行動力があってこその、誰もが見とれるプレーが生まれるわけです。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP