サッカー部がチャラいのにモテる秘密15選【女性目線】

「サッカー部ってチャラいから苦手だわ」と感じる人も多い世の中ですが、そんなサッカー部に共通する1つの事実は、とにかくモテる人が多いことであり、サッカー部に所属しているだけでも、魅力が大幅にアップする人もいます。

この1ページでは主に、「なぜサッカー部は魅力的に見えるのか?」の原因を徹底追及することで、ある隠された秘密を暴露していきます。

また、女性目線から見たサッカー部の魅力も述べることで、モテるカラクリが全て分かることでしょう。

サッカー部がモテる理由


ギャップ効果

サッカー部といえばギャップ効果が素晴らしく、普段はふざけていたりサボることも多いサッカー部ですが、部活が始まると同時に練習する姿は真剣そのもので、いつもと違う姿に対して、多くの女性のハートを鷲掴みにします。

例えば、普段からだらしないと思われがちな男性が、サッカーの試合が始まると表情が真剣そのものとなり、エースとしてたくさんのゴールを奪うとすれば、ギャップ効果によりその時の印象が強烈に脳に残ることで、評価がうなぎのぼりにアップするのです。

サッカー部がモテる一番の理由がこれで、どれだけ普段からチャラい格好をしていようが、いつもと違う一面を練習や試合で見せることによって、良い意味でのギャップ効果を発揮できます。

 

何かとお洒落

サッカー部は何かとお洒落であることも有名で、練習着からユニフォームに関してまで、かっこいいデザイン重視のものが多いことも、サッカー部に所属するだけで魅力的に見えてしまい、モテる理由の1つです。

さらに同じモテる野球部との圧倒的差と言えば、坊主かそうでないかの違いにあり、サッカー部は日本代表選手も髪型で遊ぶ人が多いこともあってか、お洒落でかっこいい髪型を選択しやすいのもサッカー部の特徴です。

日本人の多くが雰囲気お洒落であったり、雰囲気イケメンであると言われるように、髪型は自分を魅力的に見せる最も簡単な方法であるため、髪型に対して比較的寛容的なサッカー部は、自分磨きをしやすい部活となります。

 

負けず嫌いで男らしい

サッカー部に限ったことではなく、運動部に所属する人は基本的に負けず嫌いな性格が多く、負けることに対して悔しい仕草を見せたり、涙を流す姿は周りの評価を高くさせることに加えて、男らしさを感じさせる瞬間でもあります。

負けず嫌い=男らしいという味方は間違いではなく、男性は上下関係をきちんとつけたい性質を持ち、負けることは自分が劣位に立たさせることもあり、勝つことを何よりも重視するのが男というものです。

この男性特有の性質が見られやすい運動部こそ、女性からすれば男らしく見せる原因そのもので、昔から文化部よりも運動部の方がモテると言われるのも、こうした女心をくすぐる秘密が隠されていることにあります。

 

筋肉質でスタイルアップ

サッカーは運動量が多いスポーツであるため、練習を重ねるごとに筋肉質になっていくことは当然のこと、運動量が多いことは太らないことにも繋がるので、サッカー部はスタイルが良い人が非常に多いです。

ここに高身長+脚長であることが加わると、スタイルが完璧な男性の特徴に当てはまり、スタイルだけでも多くの女性を射止める、何とも羨ましい男性となることも。

また、チャラい人は筋肉質である方がかっこよく見えやすいこともあるので、チャラいサッカー部ほどもモテることも納得です。

 

自己主張が激しい

自分の意思をしっかりと相手に伝える必要があるサッカーは、自己主張がはっきりできる性格となりやすく、自分の存在をきちんとアピールしたり、気になる異性に自分の魅力をアピールできる人であります。

草食系が多くなった今では、肉食系男子に対して希少価値効果が生まれつつあり、男らしくグイグイと自分の魅力をアピールできるサッカー部は、女性にとっては魅力的な存在となることも。

一方で、自己主張が激しい人は自慢話をすることで、自分が優位な位置に立とうとすることが多くなるため、相手のことを全て否定した挙句、マウントを取ろうとする人も多くなります。こうしたサッカー部は例外としてもモテない人となるので、そこは注意が必要です。

 

決断力と行動力

スポーツは決断力と行動力が非常に重要で、スーパープレイはずば抜けた決断力と行動力があってこその、誰もが見とれるプレーが生まれるわけです。

決断力があるサッカー部は、自分が失敗してしまっても他でカバーできる自信を持っていて、万が一相手を不愉快にさせることがあったとしても、きちんと謝罪することができる誠心誠意さもあることが、より魅力的でモテる要素を高めていきます。

さらに行動力もプラスされることで、自分が選んだ選択が正しかったことにする力があり、その選択にどんな苦労が待ち受けていようが、「勉強になった」とポジティブに捉えることで、周りを圧倒するほどの成長力を持つ人が多いのも、サッカー部の魅力です。

 

イケメンが多い

イケメンがモテるのは当たり前ですが、そもそもサッカー部にはイケメンが所属しやすく、モテたい願望が強い人ほどサッカー部に所属しやすいことも、モテる人が多い理由と言えます。

モテたい願望が強い人は、周りの視線や評価に敏感な人でありますから、自分を魅力的に見せる方法を常に探していたり、髪型やファッションを異常に気にするナルシストな人も多いです。

ナルシストは気持ち悪いようにも思えがちですが、そこそこの見た目である人の場合、髪型やファッションで誤魔化すことで、イケメンと評価されることも多いのが現実です。

 

「女性目線」モテるサッカー部とは?


爽やかな男性

爽やかなサッカー部は女性が思う理想の1つであり、まずスタイルが良いサッカー部は爽やかな男性の特徴に当てはまりやすく、ここに髪型や清潔感、明るい表情やポジティブな姿勢が重なると、女性が理想とする爽やかな男性像の完成です。

ここに運動神経抜群であることが加わると、手のつけようがない完璧な男性となるわけですが、仮にそれほどサッカーが上手でなかったとしても、爽やかで一生懸命サッカーに取り組む姿は、女性陣の心を揺さぶります。

元々好印象に思われやすく、相手から好意的に思われやすい爽やかボーイですが、練習着等がおしゃれなサッカー部に所属することは、より評価を上げるきっかけとなることでしょう。

 

礼儀正しい男性

野球部ほどではないですが、礼儀やマナーに厳しいサッカー部も、知らない人に対してきちんと敬語を使えたり、年上にはきちんと挨拶ができるため、こうした姿勢も好印象に思われる人の特徴です。

例えば、知り合いの親御さんが目に前に現れたとして、きちんと挨拶が来たり、礼儀正しく敬語で会話を続けれることは、女性にとっては頼りがいがあると思わせる瞬間でもあります。

また、見た目がチャラいわりには、敬語を使うべき場面ではきちんと使うことができたり、積極的に挨拶できる姿がギャップ効果をもたらすことも、モテる理由となることでしょう。

 

明るく元気な男性

サッカー部だからモテるわけではなく、暗くてネガティブ思考な人はモテない人の特徴でもありますし、会話を続けても楽しいとは思えませんよね。

女性からすれば、明るく元気なサッカー部こそ魅力的で付き合いたい人であり、いつも前向きな姿勢でサッカーに取り組む姿や、一緒にいても明るく元気にさせてくれる姿は、この人について行こうと思わせる要因そのものです。

その証拠に、あなたの周りにいるモテるサッカー部や人気者なサッカー部とは、例えチャラさが目立ってしまっていても、明るく元気な姿勢が取り柄である人が多いはずです。

 

お洒落な男性

サッカー部はお洒落なイメージが強いことから、ダサい人ほど逆の意味で目立ってしまう形となりやすく、逆にお洒落な人ほど目立ちやすいのがサッカー部です。

サッカー日本代表も、「ファッションサッカー」なんて言われた時期がありましたが、結局目立つのはお洒落な人であったり、人気が出やすいのもお洒落で目立つ人であったことが、分かりやすい例です。

顔はそこまで整っている必要がなくとも、とにかく目立つ人ほどモテる傾向があるサッカー部は、髪型からファッションにおいてまで、ある程度気配りが必要なことが逆にデメリットとなることも。

 

一方でネガティブ意見も


チャラい人が多い

タイトルにもあるように、サッカー部はチャラい人も多いですし、チャラいイメージが強いのも事実であり、こうしたイメージは時としてネガティブなイメージに繋がります。

例えば、女性と話している一部のシーンを目にしただけでも、「やっぱりサッカー部だしチャらくて遊び人なのかも…」などと、悪い方向に思われてしまうことは、真面目なサッカー部にすれば迷惑そのものです。

他にも、モテる人が多い=たくさんの異性と付き合うことになることが、遊び人やチャラいとの評価に繋がることもあるので、プラス要素の裏には必ずマイナス要素が隠れていることをお忘れなく。

 

集団で調子に乗るイメージ

サッカーは何かとチームプレーが必要なスポーツですから、練習の際には必ず複数人の人数が必要となるなど、集団で群れることが多くなることが、負の連鎖を起こすことも。

特に集団で群れることを嫌う人からすれば、「サッカー部は集団でしか調子に乗れない!」と思われたり、「一人では何もできない人の集まりだ!」なんて思われてしまうのは、チームプレーが必要なスポーツに所属する人ほど抱える悩みです。

中には、決して調子に乗っているわけではなくとも、集団で楽しそうにワイワイとはしゃぐ姿に、嫉妬の感情が芽生えたことでアンチサッカー部となる人も、必ずこの世の中にはいるはずです。

 

目立ちたがりが多い

サッカー部は目立ちたがりな性格も特徴的で、目立つことでレギュラーを獲得する必要のあるサッカーは、私生活においても様々な場面で目立つ様子が伺えます。

授業中に急に大きな声をあげたり、下ネタを話すことで話題の中心になるなど、何かと注目されることが大好きなサッカー部は、一部から「調子に乗っている」と思われやすく、嫌われる原因となることも。

また、モテると評判のサッカー部だからこそ入部する人もいて、こうした人はちやほやされたり目立つ願望が強い人なので、元々目立ちたがりな性格の人が多いとも言えるのです。

 

ナルシストが多い

チャラい人や自己主張が激しい人には、ナルシストである共通点も見られ、いつも髪型をビシッとセットしていたり、自分が大好きである人が多いのもサッカー部の特徴です。

自意識過剰で自分語りが多く、暇さえあれば自撮りや自慢話をすることは、周りにドン引きされてしまう瞬間でありますし、自分のことを高く評価するナルシストは、痛い人の代表例でもあります。

故に、あなたの知るサッカー部の中には、サッカーをしている自分に酔っている人がいて、サッカーをしている自分が大好きな人がいるのではないでしょうか。

 

モテる部活に間違いない


ここまでサッカー部のメリットデメリットに触れてきましたが、モテる人やチャラい人が多いのはどう考えても事実ですし、それが魅力的に思われることもまぎれも無い事実です。

サッカー部アンチの意見には、「調子乗りが多い」という意見も多いですが、結局のところ自分が楽しめることが一番重要で、周りの迷惑とならずに自分たちが楽しむだけであるならば、それは何も悪いことではありません。

自分の人生を謳歌することができれば、誰もが羨むような人生を送ることができることでしょう。

故にサッカー部に対して、モテたりチャラいことで嫌悪感を覚えている人は、サッカー部との関わりをなくし、自分の人生を豊かにすることを真剣に考え、より自分が幸せになれることを実行していけば、サッカー部嫌いな気持ちが薄れていくはずです。

サッカーをすることで幸せになれたのであれば、それが一番ですよね。

関連記事:サッカー部が嫌い!うざい理由とアンチの意見20選

関連記事:サッカー好き女子の特徴6つ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP