陸上部の印象|女子と男子の違い〜種目別の評価16選

「陸上部は地味な印象だろうか?」と疑問に思う人もいれば、「陸上部の魅力はどこにある?」と不安に思う人もいて、陸上部に対してネガティブなイメージを持つ人は、案外多いです。

そこにはしっかりとした理由が存在し、印象を男女別に見て行くことで、なぜ不安に思いやすいのか?の理由が分かります。

また、種目別にも紹介していくことで、陸上部の魅力や素晴らしさを伝える1ページとなっています。

陸上部の印象


男性の場合

陸上部男子の印象は、「足が速い」「筋肉質な人が多い」「細身が多い」というイメージが強く、これらは早く走るための条件でもあるため、陸上部に所属する人のほとんどは、こうした条件に当てはまる人へと成長していきます。

陸上部男子で印象的なのは、やはりユニホームの短パンが非常に短いことにあり、短いことによって太ももの筋肉なども目立つことから、陸上部男子は筋肉質な人が多いと思われがちです。

さらに、短距離においても長距離においても、細身である必要が出てくることからも、より筋肉が目立ちやすい体型になることも、陸上部男子=筋肉質なイメージを強くします。

陸上部の人からすれば、「陸上には太る必要がある競技もある」と主張する人もいますが、陸上関係者以外の人からすれば、やはり陸上=走るイメージが非常に強いことは間違いありません。

故に、陸上部が好きと主張する女性の多くは、筋肉質で細身な体型が好きなのか、または陸上部に所属する男性が好きである可能性が高いと言えるでしょう。

 

女性の場合

陸上部女子の印象は、「足が速い」「バランスがおかしい」「男っぽい見た目」というイメージが強く、男性と同じく足が速い印象があるのは当然ですが、後の2つは少し違った印象を持たれがちです。

バランスがおかしいとは、顔はとても可愛らしくても筋肉質でムキムキであったり、弱そうな体に見えても実は力持ちであるなど、早く走ることに必要な筋肉を鍛える陸上部女子は、他のクラブと比べて体のバランスで驚かれることが多いです。

これは他のクラブと比べて、陸上部は細身である人が多いことや、足を鍛えることが多いことも関係しているのかもしれません。

もう1つ、「男っぽい見た目」に関しては、ベリーショートで男っぽい見た目な人が比較的多く、陸上部は女性であっても短い髪を好む人が多い部活です。

こうした関係もあってか、例えベリーショートが一人としていない状況であっても、陸上部女子=筋肉質でベリーショートなことが、男っぽさをイメージさせます。

 

☑️走る姿が魅力的

男女共通することは、走る姿が魅力的に見えることであり、普段はふざけているような人であっても、いざとなれば真剣そのもので一生懸命走る姿には、多くの人が魅了されます。

つまり、印象としては上記で述べたような印象があっても、いざ走る姿を目にするともなれば、多くの人が「カッコいい」と思ってしまうのが、部活中の陸上部の印象です。

大会ともなれば、ゴボウ抜きで一人輝く姿に心を打たれる人もいるなど、特に実力が高い人ほど目立ちやすい競技であるため、他人を圧倒するような実力がある人ほど、モテやすい部活と言えるでしょう。

一方で、練習中にもふざけてばかりで、実力もない人は魅力的には思われにくい一面もあるため、やはり真剣に取り組む人ほど走る姿が魅力的に見られやすいと考えられます。

 

種目別の印象


短距離の印象

短距離の印象は、「マッチョが多い」「瞬発力が凄い」の2つが特徴的で、陸上をあまり知らない人であっても、ウサインボルトの体つきの影響もかなりあってか、短距離のイメージには、マッチョが多いことが挙げられます。

確かに陸上短距離は、上半身がムキムキである人が多く、男性であればこのムキムキが魅力的に思われたり、女性であってもこの筋肉が、細くて綺麗なスタイルと見られることもあります。

短距離は弱々しいというよりかは、マッチョで筋肉が太い筋肉が多い印象とまとめると、より分かりやすいでしょうか。

 

中長距離の印象

中長距離の印象は、「細マッチョが多い」「忍耐強い」の2つが特徴的で、こちらもマラソンのメダリストの影響が大きいと言えるでしょう。

特に忍耐強さに関しては、短距離よりも非常に厳しいトレーニングに見えることもあってか、中長距離の人ほど忍耐強い人が多そうだとの意見が多く、短距離の練習に羨ましい感情を抱くことは、中長距離あるあるの1つです。

また、細マッチョが多いという印象は、女性にとってはスタイルが良いと思われやすいことからも、短距離に比べるとスタイルが良く、高身長な人ほどスラっと美しく見える人も多いです。

 

跳躍の印象

跳躍の印象は、「地味である」「変わっている」の2つが特徴的で、陸上といえば多くの人が「短距離や長距離」をイメージするものの、そんな中でも跳躍を選ぶ人は、目立たない人であると思われやすいです。

勘違いしてはいけないのは、跳躍をする人が地味なわけではなく、跳躍という競技自体が地味であるという意味であり、目立つことの少ない跳躍は、そうした性格の人が選びやすい競技ともいえます。

もう1つ、変わっているの印象も全く同じで、少し変わっているからこそ、王道である短距離や長距離を選ばないんだと思われるのも、跳躍の印象となります。

 

投てきの印象

投てきの印象は、「力持ち」「体が強い」の2つが特徴的で、ハンマー投げや砲丸投げの競技ともなれば、体型も逞しい人が多くなり、かなりの力持ちが集結する競技となります。

さらに投てきをするにあたって、体が強いことが条件の1つとなることからも、投てきは体が強い人が多い印象を持たれがちで、決して弱々しい体の人がするイメージではありません。

投てきの人は男女関わらず、強くて力持ちが多い印象を持たれやすく、男性であれば頼りがいがあると思われたり、女性であれば強い女性として思われやすいことが、魅力と言えるでしょう

 

陸上部の魅力とは?


男女の仲が良い

陸上部は練習で共同作業をすることが多かったり、男女別に別れることも少ないので、他の部活と比べると男女の仲が良い傾向にあり、男女楽しくワイワイとできるのが、陸上部の魅力です。

あくまで他の部活に比べてですが、男女仲が良い姿は、他の部活の人からすれば「楽しげ」な光景に見えたり、または「異性と仲良くできることが羨ましい」と思う人もいることでしょう。

男女の仲が良いことは、部活内での雰囲気が明るくなることを意味するため、もの凄く楽しい空間を作れたり、共同作業の思い出を作ることができるなど、何かとメリットが多いことも魅力です。

 

スポーツテスト/体育祭で輝く

スポーツテストや体育祭で輝くのは、間違いなく陸上部であって、普段は目立ちがちや野球部やサッカー部を押しのけて、ヒーロー的存在になれる瞬間でもあります。

ただ問題は、野球部やサッカー部にも足が速い子が多いことであり、陸上部の力の入れようによっては、リレーで惨敗してしまう地域もあることでしょう。

しかし間違いなく、スポーツテストと体育祭は陸上部が輝きやすい場所であって、多くの人に注目されて絶賛される場となりやすいことからも、陸上部で良かったと感じることが出来たり、今まで頑張ってきて良かったと感じることができる瞬間ともなります。

 

陸上部同士での恋が多い

男女の仲が良いこともあってか、陸上部同士でカップルが誕生することが多いことも、陸上部の魅力の1つで、互いに苦労や楽しいことを共感しやすい陸上部同士は、気が合うカップルとしてくっつきやすいです。

さらに陸上部同士で付き合うことは、少しでも多くの時間を共にできることや、悩みを相談しやすい関係にも発展しやすいです。

結果的に、辛い時には互いに支え合うことが出来たり、苦労を共に乗り越えることは、二人だけの絆を作ることになるため、別れにくいカップルが誕生しやすいことも、陸上部の魅力となります。

 

締まった体になれる

投てき以外の種目では、体重が軽い方が有利である陸上は、引き締まった体づくりには最適な環境であり、太りにくい部活としても有名です。

最近では小学生でもスタイルを気にする人が多いので、引き締まった体になれることは、ダイエットや肥満といった悩みを抱きにくく、たくさんご飯を食べれることに繋がります。

また、健康体な体を作る上でも、過度なダイエットなどを全く気にする必要がない陸上部は、健康面において非常にメリットの多い部活であるとも言えそうです。

 

陸上部ならではの苦労は?


他人から共感されにくい

陸上が好きな人にとっては、最高の環境となる一方で、陸上に興味がない人からすれば、「何が楽しいの?」が本音であることも多く、ただ走るだけの競技として見られることは、陸上部であることに誇りを持つ人からすれば、傷つく一言でもあります。

確かに走るだけですが、陸上は自分との戦いでもあって、厳しいトレーニングに耐えることで少しでも成績が伸ばせれば、今までの努力が報われた気持ちにさえなれます。

球技が楽しいと感じる人が多いこともあってか、陸上は何が楽しいのかを理解できず、楽しさを共感してくれないことに、苦労を覚える人もしばし見られます。

 

太ももだけ太くなる

引き締まった体になれるとお伝えしましたが、唯一のデメリットが太もものみが太くなってしまうことにあり、特にスタイルを気にする女性にとっては、将来的にデニムが履けないなどの悩みを抱えることも。

こちらは個人差がありますし、足の筋肉が綺麗に落ちる人もいるので一概には言えませんが、太ももだけが太くなることは、下半身デブに見える原因そのものです。

とは言うものの、競輪選手などに比べるとそこまで太くはならないので、スタイルにこだわりが強い人である場合は、悩みとなることも十分にあり得るレベルでありますが、これは十分に鍛えた人のみが抱える悩みとなるので、かなり厳しいトレーニングを積む人以外は、気にする必要はないとも言えるでしょう。

 

早くて当たり前の認識

陸上部=全員が速いとの認識をされがちですが、足が速いのは一部であって、陸上部に入ったからといって全員が早くなるわけもなく、なかなかタイムが上がらない人もたくさんいます。

こうした認識を持たれることは、後にがっかりされてしまうことや、自分自身が恥ずかしいと思う原因にもなりかねません。

また、走ることで負けてしまうことで、「陸上部なのに足が遅いね」なんて言われてしまうことも、陸上部ならではの苦労であり、陸上部以外の足が速い人に負けてしまうことの悔しさは、モチベーションにも繋がります。

 

練習が地味で結果も出にくい

陸上は0.1秒を争う世界であって、中長距離であっても3秒も差がついてしまえば、レースでは思った以上に大きな差が開いているような競技です。

だからこそ、地道な練習を繰り返すことで少しのタイムを縮めていくわけですが、これが非常に難しく、厳しい練習とは裏腹に思った以上に成績が伸びないのも、陸上部ならではの苦労です。

ただ走るだけのように見えますが、単純で簡単に見えることほど奥が深く、少しの差を縮めることが非常に難しい競技でもあるため、こうした苦労がなかなか伝わらないことも、時として苦労の連鎖を引き起こす引き金となります。

 

陸上部は不安を抱きやすい


記事の最初にも述べた通り、陸上部は何かと不安を抱きやすい部活であり、目立つサッカー部や野球部よりも劣っていると見られることや、地味な練習を積み重ねることも、陸上部である自分に劣等感を抱く原因となることがあります。

もちろん陸上が心の底から大好きな人は、こんなことも考えないでしょうが、中にはこうしたことを理由に部活を辞めてしまう人もいるほどです。

当サイトで伝えたいことは、心配しなくても陸上部だって立派な部活ですし、別に劣っていることなんて1つもないということです。

どこの部活に所属していようが、自分に自信を持って魅力的な人間であれば、異性から注目の的となるのは当然のこと、同性からもたくさんの注目を浴びることでしょう。

大事なのは所属する場所ではなく、自分がいかに輝き、楽しそうで魅力的に見られるかどうかです。

よく、「走るだけで何が楽しいの?」なんて嫌味を言われがちな陸上部だけに、こんなことで悩むことは無駄で、全く無意味なものであると伝えておきます。

関連記事:野球部の性格傾向とは?恋愛ではモテる秘密の理由20選

関連記事:サッカー部が嫌い!うざい理由とアンチの意見20選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP