阪神が嫌いな理由「ファンは怖い、ヤジが酷い」等の意見10選

「阪神タイガースって大っ嫌い!」と主張する人は珍しくなく、阪神はプロ野球チームの中でも1.2を争うアンチが多いチームです。

この記事では主に、阪神タイガースが嫌われる理由とファンの複雑な気持ちについて徹底追及していくことで、阪神ファンの良い部分も悪い部分も知ることができます。

「なぜ嫌われるのか?」の原因をはっきりすることで、阪神は実は素晴らしい球団であるという事実も見えてきます。

阪神が嫌いな理由


ファンのヤジがうざい

阪神といえば昔からファンのヤジが有名で、エラーした選手に対して厳しいヤジを言う人もいれば、ファインプレーをした相手選手に厳しいヤジを言うなど、何かとヤジで話題になるのが阪神ファンです。

もちろんヤジなんてどの球場でもあるものですが、阪神はファンが多いこともあってか、ヤジの声が特に聞こえやすく、ライトスタンドは特に酷いと言われるほどです。

相手チームからすれば、自分が全力で応援する選手を野次られる立場となるわけですから、いい気分になれないことは当然のこと、阪神ファンに対して敵対心を抱き、心の底から嫌いになる人もいることでしょう。

 

暴言を正当化する

暴言を正当化する人も比較的阪神ファンには多く、阪神ファンの主張では「ヤジ=愛情の裏返しだ」と正当化する人がいますが、これは愛情があってのヤジもあれば、愛情が全くないヤジもあるのが事実です。

愛情のあるヤジの場合、周りを笑顔にできたり楽しませるヤジを言える特徴があるものの、愛情のないヤジはその時抱いた感情をそのまま選手に投げつけ、酷い言葉を放つファンもいます。

こうした瞬時の感情を選手に投げつけるファンは、愛情ではなく暴言を正当化しているのであり、こうしたファンを目の当たりにした人からすれば、「それは暴力の正当化だ」との主張に至り、嫌いな感情が芽生えてしまいます。

 

蛍の光がムカつく

相手投手のノックアウトテーマである蛍の光は、相手チームにトラウマを与えるほどの威力のあるテーマであり、巨人のエースである菅野投手は「卒業ソング」の質問をされたことに対して、「蛍の光はできれば聞きたくない」と発言したほど、相手チームにダメージを与えます。

これはファンも同じで、一生懸命投げた投手が打たれた後に蛍の光が流れてくれば、中にはイラっとするファンもいるでしょうし、阪神ファンが嫌いになってしまう人もいることでしょう。

阪神ファンからすれば、「阪神の伝統である」との捉え方もできる一方で、相手チームにはあまりよく思えないテーマソングこそが、蛍の光であるのです。

 

くたばれ読売コールが無理

くたばれ読売コールにドン引きした人は数多く、私自身も初めての甲子園でくたばれ読売コールを耳にした時には、素直に楽しむことができなかったです。

「くたばれ」という言葉自体が問題視される時代であるに加えて、阪神は相手チーム関係なしにくたばれ読売コールをするので、「阪神ファンってやばい奴が多いんだな」と、素直に思うことは何も不思議ではありません。

特に対象チームとされている巨人ファンからすれば、「巨人戦以外でもくたばれコールはおかしい」と反論を述べ、これをきっかけに阪神ファンを嫌いになって人もたくさんいます。

 

巨人への過剰なライバル心

阪神巨人といえば、伝統の一戦としてプロ野球ファンが注目する一戦としても有名ですが、巨人側からすれば「過剰なライバル心は燃やさないでほしい」との主張も多く、これには以下のような理由が存在しています。

その理由とは、「巨人と阪神ではリーグ優勝の数が段違いである」ことにあり、阪神は80年以上もの長い歴史がある中でも、リーグ優勝の数が非常に少ないチームでもあります。

一方で巨人は大昔から強いチームであり続ける必要があり、優勝回数も圧倒的1位を誇る強豪チームであったため、巨人ファンからすれば「ライバル」とは思えないほどの差が、今の段階ではあるのも事実です。

 

関西弁が不愉快

本拠地甲子園が兵庫県にあり、大阪からも多くのファンが訪れる阪神は、圧倒的に関西弁を喋るファンが多いことがアダとなり、アンチを増やしてしまうこともあります。

世の中には、「関西弁が嫌い」とか「関西弁が不愉快である」と感じる人もいて、こうした人にとって受け付けない存在となりうるのが、阪神ファンであるわけです。

こちらに関しては、地域による言葉遣いの違いが原因であるため、なんとも言えない嫌いな理由となりますが、関西弁がよりキツイ言葉に聞こえてしまうことも、ヤジや暴言に聞こえてしまう原因と考えるべきです。

 

ファンのマナーが最悪

阪神ファンのマナーの悪さと言えば、近年では2014年に行われた日本シリーズ、阪神対ソフトバンクホークスの試合が有名で、守備妨害で敗北が確定した阪神ファンはゴミやメガホンを投げつけ、ツイッター上で大きな話題を呼びました。

もちろん一部のファンであることは間違いありませんが、こうしたマナーの悪いファンが毎年話題となることで、阪神ファンに対するイメージは改善されることなく、嫌われ続ける原因となっています。

近年では甲子園でも、大人しいファンが増えてきている印象が非常に強い一方で、熱狂的でマナーの悪いファンがいつまでも目立ち続けているのが、阪神ファンの現状なのです。

 

大声援が鬱陶しい

大声援が阪神タイガースの選手に対して力となっているのは確かですが、相手チームからすれば「脅威」でもあり、「イラっとする瞬間」でもあるのが大声援で、特にメガホンを叩く阪神の応援は、盛り上がりは尋常ではありません。

これは阪神ファンが逆の立場とれば分かりやすく、ズムスタで広島ファンにチャンテを歌われたり、ハマスタで横浜ファンにチャンテを歌われると、つい「うるさいわ!」となってしまうことが良い例です。

特に「倒せ」という言葉にイラっとすることは、横浜ベイスターズのチャンテを聞いていると分かるように、他のファンだってイラっとしてしまうものなのです。

 

阪神ファン=関西という風評

ネットでも関西=阪神とか、大阪=阪神であるとの認識を示す人がいますが、これは大きな間違いであり、大阪にはオリックスファンや巨人ファンだってたくさん存在します。

しかしながら、こうした関西在住で違うファンであるにも関わらず、阪神ファンのイメージのせいで関西全域を貶されたり、バカにされる経験をした人も阪神嫌いになりやすく、何かと阪神の影響力に困らされています。

例えば、阪神ファンが日本シリーズでドームにメガホンを投げ入れた事件は、ネット上では多くの人が「さすが関西人」などと煽りコメントが目立ちましたが、オリックスファンからすれば、「それは阪神ファンで関西の自分は無関係だ!」と主張したくなる気持ちもわかります。

 

監督選手に厳しく可哀想

ヤジが酷いと述べましたが、阪神ファンは監督や選手に対しても厳しくうるさい人が多く、前監督の和田豊監督は阪神ファンに「やめろ」と野次られ、「ファンの声をしっかり受け止めたい」とコメントしたことは、プロ野球ファンの中でも物議を醸しました。

中には、「ファンがうるさいことで選手が萎縮する」とか、「優勝回数が少ないのはファンが怖いからだ」との持論を述べる人もいて、確かにこれは一理ある意見と言えるのではないでしょうか。

阪神が嫌いな人にとっては、あまりにも外野がうるさすぎることに対して、監督コーチや選手に同情する人もいるほど、外野がうるさい球団としても阪神は有名です。

 

ファンの複雑な気持ち


一部なことを知ってほしい

阪神ファン全てが怖かったり、ヤジが酷いわけでもなく、大人しくて野球を楽しむファンもたくさんいることを理解して欲しく、マナーの悪いファンと同じように扱われることに、心を痛める阪神ファンもいます。

特に大人しいファンからすれば、他ファンと同じように「蛍の光はやめよう」とか、「くたばれ読売コールは時代遅れ」との主張もあるわけで、過激なファンはほんの一部であることも理解しておきましょう。

また、近年では阪神ファンの悪いイメージを払拭しようと試みる人もいて、こうした人にとってはマナーの悪いファンは敵なようなものなので、同じ阪神ファンでもマナーの悪い人が嫌いな人もたくさんいます。

 

若い世代への不安

今やネット世代と言われるほど、若い世代はネットの評判に左右されやすいことから、将来的に若い阪神ファンが増えないのではないだろうか?と不安に思うことも、阪神ファンならではの悩みの1つです。

ヤジやマナーが悪いことは、こうしたことに対して意識が強い若者にとっては、どうしても受け付けにくいことで、ネットリンチにも合いやすい阪神ファンになるデメリットは、多いと言えます。

イメージ悪化でファン離れが加速することもあり得るだけに、心から阪神タイガースが好きで愛する人からすれば、将来的なことも悩みとなりやすいのです。

 

嫌いを加速させる原因


人気球団=目立つ

人気球団はいつの時代も目立ってしまうため、アンチや少しのマナー違反でさえ注目されることが、阪神嫌いを加速させる原因です。

特に阪神は週刊誌のおもちゃにされやすく、まともに取材すらしない週刊誌に適当なことを書かれ、バカにされるような特集を組まれることもあるなど、これは人気球団ならではの使命であるとも言えます。

また、人気者にアンチはつきものなわけですから、巨人と同じく阪神にもアンチが多いことは当たり前のことで、一定層のアンチからはどんどん嫌われていくことでしょう。

 

野外球場であること

野外球場はドームに比べて暑いので、ビールが非常に売れやすいことが原因で酔っ払いが多くなり、ヤジやマナー違反を犯す人が増えると考えられます。

ヤジが多い球場と言えば、甲子園、神宮、ズムスタなど野外球場がほとんどで、ドームのようにクーラーがない球場はビールの量が多くなるのも納得です。

野球に限らず、飲屋街ほど喧嘩や輩が多いのはお酒が原因であり、甲子園でも真夏にお酒を楽しむ人が非常に多いことから、ヤジやマナー違反が多くなることで嫌いを加速させる原因となっています。

 

風潮があること

甲子園はヤジが酷いという風潮は、あまり甲子園に行かない人にとっても過激な思考にさせることがあり、そこまで野球に詳しくない人であっても、お酒を飲むことで暴れる人をよく見かけます。

これは甲子園の名物であるとの捉え方をすることで、ついつい調子に乗ってしまう人がいて、こうした人はどこか偉そうな態度であったり、目立つ言動が多いので試合開始前から目立っていることがほとんどです。

故に、阪神ファンのヤジが酷いとの意見は、実はそれほどファンでない人のヤジも酷いことが、よりマナーが悪いイメージを強めているのです。

 

昔に比べるとマシである


阪神が嫌いな理由を述べてきましたが、昔のファンに比べると圧倒的に大人しい人が増えていて、甲子園でもライトスタンド以外はヤジがあまり聞かれないなど、かなり阪神ファンに対するイメージを気にする人が増えています。

また、子連れや女性ファンが増えたことも影響して、イメージが非常に悪い人が思っている以上に大人しい人が目立つのが、今の甲子園の現状です。

もちろんこれは阪神だけに限らず、他のチームにも言えることなので、まだまだ阪神ファンは過激で怖い人も多い球団かもしれませんが、酷いヤジを言う人が少しでも減っていけば、やがてイメージを復旧できる日がくるかもしれません。

そのためにも、マナーが悪く怖い阪神ファンはもっと自覚を持ち、同じファンに迷惑をかけてる事実を認めてほしいものです。

関連記事:野球嫌いな人の心理〜つまらない理由/アンチの本音とは?

関連記事:野球好き女子の特徴7つ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP