巨人が嫌いな理由とは?アンチの声|そう思う人の意見10選

「巨人が負けて酒がうまい!」なんて言葉は、プロ野球ファンがよく使う言葉の1つで、セパ関係なく巨人嫌いな人はたくさんいます。

この記事では主に、「巨人が嫌いになった理由」をまとめていくことで、「なぜ巨人は異常に嫌われるのか?」の原因を徹底追及していきます。

また、アンチが抱く本音についても暴露していくことで、巨人の良い部分も悪い部分も知る事ができる1ページとなります。

巨人の嫌われっぷり


アンチ巨人が非常に多かったり、巨人が嫌われていることは事実であり、実際に伝統の一戦とも呼ばれる阪神タイガースは、「くたばれ読売コール」を毎回のようにすることで、巨人嫌いなことをアピールしています。

他にも、東京ヤクルトスワローズが過去に「くたばれ読売音頭」をしていたなど、巨人がセパ11球団から嫌われているのは今でも変わりません。

昔に比べるとやりたい放題ではないようにも感じれる巨人ですが、なぜ今でもアンチが非常に多いのか?年代別にアンチの意見を暴露することで、巨人嫌いな原因がはっきりするはずです。

 

巨人嫌いな理由/アンチの声


囲い込みと裏金問題

囲い込みと裏金問題は巨人だけに限った話ではありませんが、巨人は特に裏金問題が発覚しやすい環境にあったこともあり、超一流選手を裏金で囲い込んだ結果、黄金期を築いたことは間違いのない事実です。

もちろんそこには、巨人の育成力もあったと言わざるおえない結果が残っていますが、それでもやはり裏金と囲い込みで強くなるチームは、あまり良いイメージを抱かれません。

また、裏金と囲い込みに対して巨人ファンは「他のチームもやってたじゃん」とか、「そういうのが当たり前の時代もあった」と正当化することが、また他球団のファンを怒らせる結果となり、より巨人嫌いを加速させることも。

巨人の場合、他の球団では出せないほどの裏金を選手に渡していて、週刊誌によって暴露された過去もあることから、そうした選手がチームの顔となってバリバリ働く姿が、さらに好きになれない要素でもあるはずです。

 

強奪とも呼ばれる補強

アンチ巨人な人は、「巨人がまた強奪したのか…」と煽るような発言をよくしますが、FA補強や外国人補強に対して傲慢な補強をしてきたのも事実で、史上初のFA3人補強をしたのも巨人なのです。

少し昔であれば、巨人は他チームの4番打者を補強していたり、エース級の助っ人外国人を補強するなど、とにかく他チームの主力選手を補強してきたことも、巨人が嫌われる理由です。

例えば、2007年にヤクルトスワローズが最下位に転落し、巨人が優勝した年にヤクルトのエースと4番を巨人が補強したことは、他球団のファンから多くのバッシングを受けましたが、これはヤクルトが巨人を心の底から嫌いになった出来事の1つと言えるでしょう。

助っ人外国人がより良い条件を求めて移籍したのかもしれませんが、元々強かった巨人ばかりが良い思いをすることは、他球団ファンからすれば許せない出来事で、好きになれるわけがありません。

 

ナベツネの権力

ドラフトの逆指名やFA制度の導入はナベツネの権力によって作られたと言われるほど、巨人にとって有利に働く制度を作ってきた過去も、今だにアンチ巨人がたくさんいる原因です。

こうした制度は必ず資金力がものを言うため、資金力では他球団に負けることがなかった巨人は、大金を積むことで超一流選手をたくさん獲得してきたのです。

これは選手にとっては、人生においてたくさんお金を稼ぐことができたわけですから、悪い制度であると決めつけるのは無理がありますし、その制度のおかげで今のプロ野球が盛り上がっているのも確かですが、巨人のための制度であったことが、アンチには許せない過去となってしまいました。

今と違って昔は、「巨人中心の主張がまかり通った時代」であったため、理不尽とも取れる制度に多くに、多くのプロ野球ファンが巨人を嫌いになったのです。

 

過去の問題発言

こちらもナベツネによる発言となりますが、巨人のヘッドコーチであった鹿取コーチに対して、「鹿取のくせに」と失言してしまったり、現役時代の古田選手に対して「たかが選手のぶんざいで何用だ?」との失言をしたことも、今だに根強くアンチの心には残っています。

これは明らかに選手を見下したような発言ですし、勘違いとも取れる言動をするナベツネに対して処置を取らない読売グループに、心底呆れたプロ野球ファンもいることでしょう。

近年巨人はそこまで大きく目立たなくなったのは、巨人の弱体化とナベツネが表に出る回数が減ったことが大きく、今ではむしろ同情されるほど弱くなったとアンチから言われるほど、過去の輝かしさを失いつつあります。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP