見下す人の心理と特徴7つ

あなたの周りに人を見下し、バカにしている人はいませんか?

もしかしたら、気づいていないだけであなたも無意識にそういう行動をとっているのかもしれません。

人を見下し続けていれば、やがて自分自身にその報いが来る日が訪れるでしょう。

どんな人であれ、見下すような態度ばかりとるような人とは一緒にいたいはずもありませんから。

今回は、そんな人を見下す人の特徴と心理を紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

コンプレックスや精神不安から

人を見下す人の特徴は、自分に自信がなく、周りと自分をいつも比較しているような人です。

そしてなりたい自分と現実の自分の差を実感し、コンプレックスに感じることで、イライラと不愉快な気分になってしまうのです。

そんな自分のプライドを維持するには人を見下し、自分が他人より優れている部分を示さないといけません。

それが人を見下す行動に走らせてしまうのです。

精神的に安定している人は、人を見下すようなことはなるべく避けるように心がけます。

逆にイライラしている人や不安を感じている人は、幸せな人を見たり、精神が安定している人を見ると攻撃したい気分になります。

そうしないと、自分という存在が保てないからです。

 

嫉妬心があるから見下す

見下す人の心理は、自分にないものを持っている人への強い嫉妬心から生まれることもあります。

自分もあの人のようになりたい、幸せになってみたい、人気者になりたいなど。

それなのに自分は…というような気持ちが強すぎてしまうと心に嫉妬心が生まれます。

自分より充実した生き方をしている人を、自分と同じ立場にして、自分が間違っていないことを確認するために欠点を指摘し、見下す態度に出てしまうのです。

ちなみに人を見下したり、嫉妬したりする人は他人の噂話が好きな傾向にあるそうです。

噂話といっても幸せそうな噂話ではなく、失恋や仕事のトラブルのような悪い噂話が好きであり、人の悪い噂話を楽しそうに話すので、聞いている人はあまりいい気分になれません。

 

優越感が快感になってしまう

人を見下すことで優越感に浸ることができるわけですが、これが快感になってしまっている人も中には存在します。

快感になってしまっている人というのは、他人を馬鹿にすることでストレス解消をおこなっており、聞いている人の気持ちなど考えません。

逆に人の気持ちを考えないからこそ、聞き手が嫌な気持ちになるほどの見下した話ができるわけです。

 

周りにちやほやされている

小さい頃から異性にモテていたり、職場で誰よりも仕事が出来る人ほど、知らず知らずのうちに人を見下してしまう傾向にあります。

周りが注意してくれるような環境で居続けれる人であれば、自分が天狗になっていることに気づかされますが、多くの場合はそんな環境にいません。

常に注目される存在であるからこそ、人は天狗になってしまうのです。

さらにこのタイプの人は、周りから嫌われてしまったり、常に陰口の対象になってしまうなどの特徴がみられるので、今一度自分が天狗状態になっていないのか?自分自身を見直してみる必要があります。

 

自分の信じている選択肢以外は論外

宗教活動に積極的な人や、我が道を生きてきた人ほど、他の選択肢を拒絶しようとする心理が働きます。

これは他の選択肢を拒絶することで、自分の信じてきた道を正当化しようとする心理状況が考えられます。

だからこそ職人さんや洗脳されている人ほど、頑固で人の言うことを聞こうともしなくなってしまうのです。

 

なんでもできると思い込んでいる

自分はなんでもできるんだと思い込んでいる人ほど、実際に実力で劣ってしまった時に、負け惜しみで人を見下してしまいます。

負け惜しみほど他人が聞いていて可哀想に思えることはありませんが、本人からすれば他人に愚痴を言うことで、その場だけでも勝ちほかった気持ちになれるのです。

またこういった人ほど実際にはそれほど努力をしておらず、口だけ人間のパターンが多いです。

 

自慢話ばかりする人ほど見下している

自慢話をする人ほど自分を大きく見せたいということですから、プライドが高い可能性が非常に高くなります。

また自慢話は自慢話でも、見栄を張りたいがための嘘話や、ネットで仕入れた情報をそのまま友達に話す豆知識自慢など、誰でも出来るような自慢話が多いです。

このようなタイプの人間は嘘をつくことに慣れており、非常に嘘が上手です。

ですから初対面の人ほど騙されやすい傾向にあります。

 

人を見下す心理は誰にもであります

嫌味なことを言ったり、人を不愉快にさせる言動や行動は、どんな人でも一度は経験済みなはずです。

つまり、そんな人の弱い部分は誰の心理にも当てはまるということです。

自分が上手くいっていない状況で幸せな人を見ると、嫉妬して、見下した態度を取ることはある意味しかたがない事なのかもしれません。

大切なのは現状を受け入れることであり、実際に気持ちを言葉に出してしまわないことです。

それが嫌味になり、周りの人に嫌な思いをさせてしまう人は自制心が足りない証拠です。

もしかしたら、あなたも気づいていないだけで人に見下した態度をとっているかもしれません。

見覚えがあったり、周りからよく注意されるようであれば、今すぐに改めるようにしたいですね。

スポンサードリンク

コメント

    • N.I
    • 2016年 6月 24日

    たしかに管理人さんのいうとおりですね。僕も以前働いている職場にそういう人いました。

    その人は、除草作業が人一倍できると自分で確信して、作業が自分よりもできてない人に対して

    他の人にぼろかすに自慢したり見下したりしてました。簡単に言うと悪口ですね。

    反面、折り紙作業になるとその人は、半分も折れず、できるところまで折ってできる人に折らそう

    とさせていたのです。自分が得意としている分野には自慢して苦手な分野に対しては、仕事を覚えようともせず

    教えてあげたら「お前の教え方は分からん」と言って自分を正当化させるのです。

    そして、都合が悪くなると、すぐ上司の人に告げ口を言ったりします。

    自分を評価して他人を批判する、こういう人は最低な人だと思います。

      • tokutyou
      • 2016年 6月 25日

      N.Iさん、コメントありがとうございます。
      厄介者はどこの職場でも一人くらいはいるものです。
      そんな人間にならないように、自分をしっかりと持ち続けることが大事だと思います。
      後、見下されていい気分をする人はいませんから、N.Iさんも無意識のうちに人を見下したような態度をとっていないか、客観的に自分自身を見てみることも大事ですよ!

        • N.I
        • 2016年 6月 25日

        そうですね人を批判するよりも注意をしなければいけないのは自分自身です。

    • るな
    • 2016年 7月 07日

    子供の同級生の お母さんに 辟易です。私から 挨拶する程度で 世間話は 全く しません。そのお母さんに珍しく 声をかけられたと 思ったら、 ○○するから 車に乗ってくれ、でした。
    え? なんで 私が 指示されなきゃいけないの? と思ったけど 転校したばかりだから、従いました。
    で、どうも 話が 噛み合わないので、ネット やってる? と聞いたら やりかたわからない、と 言ってました。必要ないんだそうです。
    どこまでも 強気‼ 新聞 何とってる? の質問には 答えない。 案外、読んでないのかも。
    電話は 夜なのに 大声で 喋ってます。自分がは暇だから 相手も は暇だと 勘違いしている。
    あなたに言われたくない、が 口癖。 は? って感じです。

    距離を 置いていますが、ザワザワします。
    ちなみに どうみても ブス デブ 馬鹿 トンチンカンな受け答えしか できていない。
    でも 本人 自分は賢いと 勘違いしている。
    頭のいかれている担任 と 仲がいい。
    不快から 逃れるには 関わらないのが 一番…。
    言葉を返さないで 我慢しなきゃね。反省 \(__)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP