ハーフの子供のメリットデメリット|悩み/魅力/相性20選

「ハーフの子供が欲しい!」と思う人が近年増えていて、2016年には新生児の50人に1人がハーフであることが話題を呼びました。

ハーフの子供といえば、多くの人が可愛くて明るい未来を想像しがちですが、実は比較的多くなったハーフの子供でも、ハーフならではの苦労がつきまとうものです。

この1ページでは主に、「ハーフの子供であるメリットデメリット」に触れることで、必ずしもハーフが得することばかりでない現実を伝えていきます。

ハーフの子供は本当に幸せ?


まず、ハーフの子供は本当に幸せなのかどうか?の結論を言えば、ハーフの子供は幸せになれる人もいればなれない人もいて、はっきり言えば育った環境によるものが大きいです。

例えば、ハーフに対して偏見が強い地域に住むことは子供に様々な支障を及ぼし、生きていることに楽しさを感じないと思うハーフの子供もたくさんいます。

つまりハーフの子供が幸せになれるかどうか?は、両親の配慮による部分が大きいと考えるのが妥当で、いじめが多い地域などに移り住むことは、ハーフである子供は特にいじめの対象とされやすいです。

ハーフの子供が欲しいと思う人は、こうしたデメリット面もきちんと頭に入れることで、より子供が快適で悪影響のない環境を作ることを可能とします。

 

ハーフである恩恵が少ない組み合わせ


東南アジアハーフ

フィリピンを除いて東南アジア系のハーフは恩恵が少なく、平均身長が低かったり骨格が日本人と似た国が多いため、ハーフであるとの公表なしでは分からないほど、日本人っぽい人もいます。

一方でフィリピンは芸能界でもたくさんのモデルが活躍しているように、日本人とは非常に相性がいいと言われる組みわせで、何かと美形が生まれやすいことも有名です。

フィリピン人の場合は、性格が明るく日本人男性が人気なこともあってか、フィリピン女性と日本人男性のカップルは誕生しやすく、比較的可愛いハーフを残しやすい組み合わせと考えるべきです。

 

東アジアハーフ

東アジアといえば我らが日本もそうですが、中国や韓国や台湾のことであって、いわば最も変化が見られにくい組み合わせです。

純日本人であっても、中国っぽい顔の人がいたり韓国っぽい顔の人がいることから、ハーフというよりほぼ日本人との表現が最もしっくり来るでしょうか。

もちろん東アジアにも美人やイケメンはたくさんいますが、こうした人は結局魅力的な人とくっつくので、あまり期待はできない組み合わせです。

 

ハーフの魅力(メリット)


イケメン美人の確率アップ

イケメンや美人になる確率が上がるのは間違いのない事実で、特に中東系やヨーロッパ系とのハーフは魅力的だと評価されやすく、彫りが深かったり、鼻筋が高いなどの子供が生まれてきやすいです。

これにはきちんとした理由があって、遺伝子は優先されやすいパターンが存在していて、彫りが深いことや鼻筋が高いことは優先されやすい遺伝子なのです。

故に、ハーフの子供ほど彫りが深くてイケメン美人の条件に当てはまる人が多いのも、片親が彫りが深くて鼻筋が高いことが条件となるので、全てのハーフに当てはまるわけでもありません。

あくまで確率の話ですが、子供の頃にもの凄く可愛いと褒められることが多かったり、20代で前半で非常にモテることは、ハーフならではの特権とも言えます。

 

強い子供が生まれやすい

外国の血が入ることは混血となるわけですが、実は外国の血が入ることで遺伝子的に強くなることが判明していて、遺伝学者ハルスが証明した研究結果によると、「よその血が入る部族は身長が平均で2cmも高くなり、健康で強い体が生まれてきやすかった」とのデータが出ています。

その証拠に、外国では歴史的に様々な国の血が混血している割合が高いですが、外国人は骨格が凄くしっかりとしていたり、何かと魅力的で見たからに強そうな人が多いはずです。

また、アラブで最も美人が多いと言われるレバノンは、戦争や虐殺などの過去から東欧、南アジア、西アジア、南米、北アフリカなどが混血していることで、非常に魅力的で美しい遺伝子が生まれてくることは有名です。

つまりハーフの子供を持つことは、遺伝子的な考えをすると体が強い子供が生まれてくることに加えて、混血することでより魅力的な見た目となりやすいとも言えるのです。

 

身体能力アップ

近年ハーフのスポーツ選手が注目を浴びる時代ですが、日本人よりも外国人の方が身体能力が高い国が多く、特にアフリカは世界中で取り合いになるほどの身体能力を持っていて、ハーフはこの身体能力も受け継ぎます。

科学的にも運動神経は遺伝子に左右される割合が高いと証明されていることからも、アメリカヨーロッパやアフリカ系の遺伝子は身体能力を底上げする確率は高く、日本人離れした身体能力を持つことも可能です。

「そんなの意味あるの?」と思う人もいるでしょうが、手足が長いことで優位に立てるスポーツもあれば、高身長の方が優位に立てるスポーツもたくさんあるので、子供将来性を広げるという意味では、身体能力アップは素晴らしいことなのです。

アジア系の場合は残念ながら、そこまで大きな底上げは期待できないと言われていますが、それでも生まれながらに持つ身体能力には違いが見られるはずです。

 

外国語に対して有利

片親が外国人であることは、大抵の場合は外国語に対して有利に働くことが多く、例えば片親がアメリカ人であれば小さな頃から英語に馴染むことで、将来的に英語で優位な位置に立てます。

他にも、ハーフは片親が外国が母国となるので両親の母国に帰る際には外国を経験でき、その国の言語に触れることができたりするのも、子供にとっては大きな資産となります。

また、両親によってはインターナショナルスクールに通わせたいと思う親も多いので、子供の頃から多彩な言語に触れやすい環境が整いやすいのが、ハーフの子供であるメリットです。

今では幼少期から英会話を習わせる家庭も増えていることから、教育ママにとっては非常に理想的な環境と捉えることも可能ですね。

 

視野が広まる

上記でもお伝えした通り、ハーフの子供は小さな頃から外国語に自然に触れる環境であったり、片親の祖国に帰る際には外国を訪れることになるため、こうした経験が子供の視野を広げます。

外国に対して抵抗を持たないことは、将来的に海外で活躍の場を広めることに繋がったり、子供の頃から他国の価値観に触れることで違う思考を持つなど、閉鎖的で狭い考えをしがちな日本で住むにあたっても、これは個性になることでしょう。

そもそも日本は島国ですから、「多くの人が同じような考えで、同じようなライフスタイルである」と思い込みがちですが、海外に目を向けると全く違った現状が見えてくることは、やがて国際社会へ飛び込む勇気に変わっていくのです。

海外に行くと、大人であっても学ぶことはたくさんあるんですから、子供にとっては驚くほど学べることばかりであって、世界の文化や宗教などにも肌で触れることを可能とします。

 

希少価値が生まれやすい

ハーフでモテる人が多いのは魅力的であることに加えて、希少価値効果が生まれやすいためであり、特にヨーロッパへの憧れが強い日本人は、こうした要素を掛け持つ人に対して高く評価しがちです。

希少価値効果とは、数が少ないほど価値が上がりやすいことですが、ハーフは数が増えているとはいえまだまだ希少な存在であり、特に彫りが深くて鼻筋が高いハーフは憧れを抱かれる存在ですから、若い頃は注目の的でい続けることができます。

例えばハーフの場合、外国人のような人と付き合いたいとの本音を持つ人との出会いは、数少ないチャンスとなるわけですから、ハーフであることを理由に一目惚れされる確率だって上がるはずです。

もちろんこれは、見たからにハーフであると認識される人に限定されることであり、中国と日本のような見た目がほとんど変わらないハーフの場合は、それほど効果が期待できないことも覚えておきましょう。

 

遺伝子的魅力を持つ

ハーフは遺伝子的魅力を持っていて、将来的にハーフとの子供が欲しいと思う人や、外国人との混血がいいと思う人にとっても対象となりやすく、これは外国人やハーフでないと満たされない条件です。

この記事を見に来た人の中にも、「ハーフの子供が欲しい」と思う人がいるのと全く同じで、ハーフとの子供が欲しいとか外国人と付き合いたいと思う人は、今後どんどん増えていくことが予想できます。

今は昔と違って、より可愛い子供を産みたいとの心理が強くなっているので、可愛い子供が生まれやすいハーフとの子孫を望む人も多いのです。

これはどれだけ彫りが深くて鼻筋が高い純日本人でも見られない、ハーフならではの特権なのです。

 

胴短脚長になれる

100%ではありませんが、両親が胴短脚長であった場合は遺伝する確率を高めることができますし、胴長短足である日本人の短所とも取れる箇所を無くせるのも、ハーフの子供であるメリットです。

一方でこちらは片親が胴短脚長であったとしても、短足になってしまうケースも見られやすいと考えられ、身長は遺伝子が関係する要素が非常に大きいとは言えず、むしろ育った環境やホルモンバランスなども重要となる部分です。

小さな親同士から大きな子供が育つことが良い例で、ここに関してはどこの国とのハーフであろうが、胴短脚長とは言い切れません。

しかしながら、可能性で言えばハーフの方が高いのは当然のことですし、育て方次第でも胴短脚長になれる期待が持てるのも事実です。

 

モデルなどに選ばれやすい

モデルといっても一流モデルになるのは非常に困難を極めますが、街中でカットモデルを依頼されたり、ファッションモデルを依頼されやすいのもハーフで、やはり外国の血は魅力的な何かを持っています。

ファッションに関しては、胴短脚長の方しか着こなせない服があったり、外国人っぽい雰囲気を求めている時には、ハーフが選ばれやすいのは言うまでもありません。

カットモデルにしても、ただでヘアカラーやカットができるわけですから、こちらもイケメンや美人が生まれやすいハーフならではの特権で、メリットとなります。

 

ハーフに多い悩み(デメリット)


いじめに遭いやすい

ハーフはどれだけイケメンであろうが、どれだけ美人であろうがいじめに遭う人が多く、芸能界でも様々なハーフモデルがいじめられた過去を暴露していることが、これを証明しています。

はっきり言いますが、ハーフの子供は学生時代に外国人扱いされたり、自分たちとは違う顔という理由で仲間外れにされやすいので、辛い学生生活を乗り越えた過去を持つ人が多いです。

これはハーフの人にしか分からない辛さで、子供は大人が思っている以上に過酷で酷い言葉を投げかけるため、「外国は臭いから近寄るな!」とか「外国人の菌がうつるぞー!」などの、本当に笑えない暴言を吐きます。

また、イケメンや美人でモテることが気にくわないとの理由でもいじめに遭い、男に媚びてるぶりっ子女とか、女にしか頼れないヘタレ男などの暴言を吐く事も、比較的よく耳にするハーフいじめと覚えておきましょう。

 

居心地が悪い

大人になったハーフの方に圧倒的に多く聞かれる声は、「日本は居心地が悪い」との意見であり、純日本人でのっぺり顔が多いこともあってか、ハーフの人は「学生生活では居場所がなかった」と嘆く人も多いです。

また自ら外国人のような顔であることに対してコンプレックスを抱き、「混血の自分が輪に入ることは可能なのか…」と、集団行動に馴染めないことも珍しくありません。

もちろん時代も変わりつつありますが、最初にもお伝えした通り、「ハーフの子供が幸せになれるかどうかは環境次第」であるため、いじめが少なかったりハーフが珍しくない環境に身を置くことができれば、こうした悩みを抱く心配も無くなります。

また、「それなら海外に住めば…」との単純な考えもNGで、海外でもハーフは居心地が悪い国が多かったり、そもそもアジア人差別が酷い国もたくさんあるので、それほど簡単な問題でもないのです。

 

外人間違い/いじり

見たからにハーフ顔である人は、幼少期から外人いじりされることで耐久はつきますが、外人いじりされることによってハーフである自分が嫌になり、「外人の血が入るのが辛い」とか、「日本人の血が入るのが辛い」と思う人もいます。

特にコンプレックスを持っている人からすれば、冗談のつもりでいじられた発言をされたとしても、本人にとっては非常に辛い発言となることで、学校に行くこと自体が辛いことだと捉えることも。

また、街を歩けば外人と間違われることもハーフあるあるで、中国人とのハーフであればニーハオと挨拶されたり、アメリカとのハーフであれば道を尋ねられるなど、何かと道を歩くと困ることも多いのがハーフです。

こちらはそれほど深い悩みでもないとも思えますが、長い人生では非常に面倒な出来事で、毎回のように名前を呼び間違われる人が面倒だと思うことと同じで、何かとストレスになります。

 

外国の血/日本の血を嫌う

これは先ほども触れたように、ハーフである自分にコンプレックスを抱く人に見られる悩みで、自分が純日本人でないことを恨んだり、ハーフになった両親を恨む人もいるなど、特に思春期に見られやすい悩みです。

ある程度大人になっていけば、これが「羨ましい」と周りからちやほやされるわけですが、思春期に自分にコンプレックスを持つことは、青春を楽しむことからは遠くことも。

またここで重要なのは、「いじめにあっていない人」や「楽しい学校生活を送れる条件の人」でも、混血であることにコンプレックスを抱くことにあり、順風満々に見える学校生活を送るハーフの子供も、実は内心悩みを抱えがちです。

ハーフが羨ましい人からすれば贅沢な悩みでしょうが、こればかりはナイーブで簡単に解決できる悩みではありません。

 

見世物的存在になる

ハーフは良くも悪くも目立ってしまうために、子供の運動会では「あれはどこの国とのハーフだろう?」と話題になったり、「うわあ。綺麗な顔立ちだなぁ。」といった具合に、見世物的存在にもなりやすいです。

顔が整っていた場合は良い評価を受けることも多いですが、問題はそれほど整っていなかった場合であり、こうした人は影でコソコソ「微妙だね」なんて評価を受けることで、傷つくことも十分にあり得ます。

ハーフの世間的な評価は可愛いやイケメンであるため、周りが抱いてる理想と現実が大きく違った時には、影で悪口を言われることが多くなるのです。

また、ハーフである自分にコンプレックスを抱いている場合も、「何か悪口を言われてるのでは…」とネガティブ思考に陥りやすいです。

 

劣化が早い

彫りが深かったり鼻筋が高いなど、各パーツがはっきりしているハーフは劣化も早く、30代ともなれば過去の輝きはどこへ…と思えるほど、豹変しているケースもよく見かけます。

芸能界や世界のスターであっても、絶世の美人やイケメンの劣化は話題となりやすいですが、基本的に劣化が遅くて幼顔が多いと言われる日本では、劣化が早いことは不利に働きやすいです。

例えば、ヨーロッパとのハーフはハゲやすいとの悩みを持ちやすく、男性であれば若ハゲに頭を悩ませることになりやすく、ヨーロッパ人はあまりハゲを気にしない文化があるのに対して、日本はフサフサな人が多いぶん、敏感な人も多くなるのです。

女性にとっては劣化は何一つメリットをもたらさないため、どちらにしても劣化で悩みを抱えやすいのもハーフです。

 

ハードルが非常に高い

ハーフの大人が苦しみを暴露する時には、「ハーフであるハードルの高さ」を口にする人もありがちで、ハーフ=イケメン美人という固定概念がハーフを苦しめます。

日本国内には微妙であったり、ブサイクなハーフもたくさんいるわけですから、相手に理想を高く持たれることはプレッシャーで、さらに言えば自分に自信をなくすきっかけともなります。

こうした日本人の考えに対して、中国や韓国のハーフは自らハーフであることを黙っておく人もいるほど、なかなかハーフに対するハードルは下がることを知りません。

当記事のメリットでも紹介したように、一部のハーフが憧れを抱かれるほどの魅力的な要素を掛け持ちすぎることが、何かとハーフに対しての期待を上げていくのでしょう。

 

太りやすい

ハーフは太りやすいので、子供の頃から食べ過ぎには注意させる親がいたり、大人になってもスタイルを維持することに難儀する人が後を絶たず、逆に太りにくいことは日本人の魅力であるとも言えます。

実際に芸能界で活躍するラブリさんは、太りやすい体質で苦労していることをテレビで明かしていて、「ハーフだから綺麗、可愛いってイメージがあると思うけど、そんな生まれの人って、めちゃくちゃ努力していると思うんです。」と、ハーフならではの苦労を語っています。

確かにハーフで美人やイケメンと呼ばれる人は、スタイルが良いというイメージが強いために、ハーフの子供は将来的にスタイルの維持などで、周りからの評価を維持することに苦労することでしょう。

これは個人差があるようで、人によっては30代から一気におばさん体型になる人や、思春期で一気に太りやすくなる人もいるので、いつかこの悩みが来る程度に思っておく方が、親の気持ちとしては楽になります。

 

学校への悩み

普通の学校に通わせるのか、それともインターナショナルスクールに通わせるのか、どちらにすべきか悩むのはハーフの子供を持つ親の悩みで、いじめや仲間外れが怖い両親の気持ちは、どうしてもインターナショナルスクールに傾きがちです。

しかしながら、インターナショナルスクールは授業料が高いこともあったり、自宅から学校までの距離が遠いなどの問題も起こることから、簡単に通わせることはできません。

結果的に、普通の学校に通わせる選択をする家庭が多くなるので、ハーフの子供を考える人はできるだけ高収入で、安定した職である方が将来的にも悩みを解消しやすいです。

 

良し悪しあるハーフ


イケメンや美人として高評価される人であっても、ハーフが乗り越えるべき最初の壁は学生生活にあって、ここでいじめにあうこともなく、コンプレックスを感じることない生活を送ることができれば、ハーフである悩みもかなり軽減されます。

こうした人はハーフである悩みを解決し、自らの力で学校生活を楽しめた人であるため、社会に出ても様々な悩みに打ち勝つ強さを持つことでしょう。

もちろん悩みを持つことは悪いことではなく、むしろ思春期ではほとんどの人が人には言えない悩みを持つ年齢であるため、これは一概に言えることでもありません。

しかしながら、ハーフである自分に自信を持つことさえできれば、より人生を楽しみながらハーフのメリットを生かすことができる、希望に満ち溢れた人生を歩むことができるのです。

どんな人でも同じですが、自分に自信を持つことは大事で、個性を生かすことは魅力に変わります。

関連記事:ハーフの可愛い組み合わせ10選【日本人との相性/違い/魅力】

関連記事:ハーフのイケメンはなぜ多い?理由と条件|損得について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP