ハーフの子供のメリットデメリット|悩み/魅力/相性20選

「ハーフの子供が欲しい!」と思う人が近年増えていて、2016年には新生児の50人に1人がハーフであることが話題を呼びました。

ハーフの子供といえば、多くの人が可愛くて明るい未来を想像しがちですが、実は比較的多くなったハーフの子供でも、ハーフならではの苦労がつきまとうものです。

この1ページでは主に、「ハーフの子供であるメリットデメリット」に触れることで、必ずしもハーフが得することばかりでない現実を伝えていきます。

ハーフの子供は本当に幸せ?


まず、ハーフの子供は本当に幸せなのかどうか?の結論を言えば、ハーフの子供は幸せになれる人もいればなれない人もいて、はっきり言えば育った環境によるものが大きいです。

例えば、ハーフに対して偏見が強い地域に住むことは子供に様々な支障を及ぼし、生きていることに楽しさを感じないと思うハーフの子供もたくさんいます。

つまりハーフの子供が幸せになれるかどうか?は、両親の配慮による部分が大きいと考えるのが妥当で、いじめが多い地域などに移り住むことは、ハーフである子供は特にいじめの対象とされやすいです。

ハーフの子供が欲しいと思う人は、こうしたデメリット面もきちんと頭に入れることで、より子供が快適で悪影響のない環境を作ることを可能とします。

 

ハーフである恩恵が少ない組み合わせ


東南アジアハーフ

フィリピンを除いて東南アジア系のハーフは恩恵が少なく、平均身長が低かったり骨格が日本人と似た国が多いため、ハーフであるとの公表なしでは分からないほど、日本人っぽい人もいます。

一方でフィリピンは芸能界でもたくさんのモデルが活躍しているように、日本人とは非常に相性がいいと言われる組みわせで、何かと美形が生まれやすいことも有名です。

フィリピン人の場合は、性格が明るく日本人男性が人気なこともあってか、フィリピン女性と日本人男性のカップルは誕生しやすく、比較的可愛いハーフを残しやすい組み合わせと考えるべきです。

 

東アジアハーフ

東アジアといえば我らが日本もそうですが、中国や韓国や台湾のことであって、いわば最も変化が見られにくい組み合わせです。

純日本人であっても、中国っぽい顔の人がいたり韓国っぽい顔の人がいることから、ハーフというよりほぼ日本人との表現が最もしっくり来るでしょうか。

もちろん東アジアにも美人やイケメンはたくさんいますが、こうした人は結局魅力的な人とくっつくので、あまり期待はできない組み合わせです。

 

ハーフの魅力(メリット)


イケメン美人の確率アップ

イケメンや美人になる確率が上がるのは間違いのない事実で、特に中東系やヨーロッパ系とのハーフは魅力的だと評価されやすく、彫りが深かったり、鼻筋が高いなどの子供が生まれてきやすいです。

これにはきちんとした理由があって、遺伝子は優先されやすいパターンが存在していて、彫りが深いことや鼻筋が高いことは優先されやすい遺伝子なのです。

故に、ハーフの子供ほど彫りが深くてイケメン美人の条件に当てはまる人が多いのも、片親が彫りが深くて鼻筋が高いことが条件となるので、全てのハーフに当てはまるわけでもありません。

あくまで確率の話ですが、子供の頃にもの凄く可愛いと褒められることが多かったり、20代で前半で非常にモテることは、ハーフならではの特権とも言えます。

 

強い子供が生まれやすい

外国の血が入ることは混血となるわけですが、実は外国の血が入ることで遺伝子的に強くなることが判明していて、遺伝学者ハルスが証明した研究結果によると、「よその血が入る部族は身長が平均で2cmも高くなり、健康で強い体が生まれてきやすかった」とのデータが出ています。

その証拠に、外国では歴史的に様々な国の血が混血している割合が高いですが、外国人は骨格が凄くしっかりとしていたり、何かと魅力的で見たからに強そうな人が多いはずです。

ページ:

1

2 3 4 5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP