韓国日本ハーフの子供の魅力|芸能人・苦労/性格-生きづらい人へ

「韓国日本ハーフは美人が多い!」と言われることもあれば、「韓国日本ハーフは生きづらい…」と嘆く人もいるわけですが、この記事ではこうした人々の声を全て伝えていきます。

韓国日本ハーフであることのメリットデメリットを知ったあなたは、必ずしも世の中のハーフ全てが生きやすく、得することばかりでない事実が見えてくるはずです。

また、韓国日本ハーフになることで性格に変化は起こるのか?といった細かな部分も解析していくことで、日韓ハーフの子供の魅力を追求していきましょう。

日韓ハーフの特徴


日韓ハーフの特徴は何と言っても「見た目がほぼ日本人」なことにあり、そもそも日本人と韓国人はそれほど大きな違いが見られないので、大まかな部分ではハーフであることに気づかれず、純日本人であると思われることも。

もちろん逆のパターンも存在して、韓国在住の日本と韓国ハーフである場合は、ほぼ韓国人と見られることがほとんどです。

細かな部分で言えば、まず「切れ目」になる確率が高いことにあり、日本人よりも切れ目でつり上がった目つきの人が多い韓国は、韓流スターであっても多くの人が切れ目であったり、モデルとして世界的に活躍する人であっても、つり目+切れ目である人が目立ちます。

こちらは韓国人の平均的な顔として有名な画像ですが、日本人とのハーフともなれば、ほぼ見分けがつかないことも容易に想像できます。

また、エラが張っているのも韓国顔の特徴であるため、ハーフの子供はエラが張る確率も高くなります。

骨格や目は遺伝子が非常に強く影響する部分であるため、日本と韓国のハーフの子供が韓国顔の特徴が出た場合は、つり目とエラが個性として目立ちますが、これはあくまで両親の骨格と目つきの問題でもあるため、どちらもそうした特徴が見られない場合は、ほぼ特徴はなくなると覚えておきましょう。

 

日韓ハーフの芸能人


日韓ハーフの芸能人で有名な人はたくさんいますが、そんな中でも今回は大物芸能人のみをピックアップしていき、さらにはイケメン美人に絞った芸能人を紹介していきます。

まず有名なのは松田優作さんであり、松田翔太さんや松田龍平さんの父親にあたる彼は、日本人の父親と韓国人の母親の間の子供です。

間違いなくイケメンの分類に入りますし、韓国顔の特徴である切れ目も比較的分かりやすく現れています。

その子供でクォーターにあたる松田翔太さんや松田龍平さんは、イケメンであることに加えて純日本人のようにも見えることから、韓国と日本のハーフの子供であるクォーターは、見分け困難となりやすいことも分かります。

他にも有名どころで言えば、「水原希子さん」は韓国人の母親とアメリカ人の父親とのハーフで、美人モデルとして非常に有名ですが、彼女もまたハーフであることを誇りに思う美人の一人です。

後は、「玉山鉄二さん」や「水沢エレナさん」なども比較的有名ですが、日本と韓国は歴史上様々な問題が今でも絶えない国であることから、実は韓国とのハーフであることを隠している芸能人はまだまだいると想定できます。

 

日韓ハーフの性格傾向


韓国人の性格面での特徴は、「喜怒哀楽が激しく感情的になりやすい」ことや、「日本人よりは大雑把」な性格が多く、日本人は逆に「喜怒哀楽が見られにくい」ことや、「ナイーブな性格」が多くなります。

ハーフになることで変化が起こるのかと言えば、それは育った国や育った環境によるものが大きいため、どういう性格になりやすいのかと簡潔に説明できるものではありません。

例えば、小さな頃からずっと韓国で育ってきた子供は、韓国人らしい性格に近づきますし、逆も同じことが言えます。

他にも、両親に十分な愛情を注がれずに育った子供はアダルトチルドレンとして、世界中で同じような性格傾向が見られることからも、一概にハーフだから性格が変わるとは言い切れません。

ただし、ハーフの場合は韓国文化で育った価値観を持った片親と、日本文化で育った価値観を持つ片親の元で育つことになるため、価値観の多様性に柔軟な考えを示せるなどのメリットは、見られやすいと考えるべきです。

 

日韓ハーフである魅力


免疫力が強い

遺伝子は重複が少ない方が免疫力が強くて、体が強い子供が生まれやすいことが分かっていて、日本人同士での遺伝子はどうしても重複が多くなるため、ハーフよりも免疫力が弱い子供が生まれやすいです。

ちなみに東アジアは似た顔立ちが多いですが、中でも韓国と最も近い遺伝子を持つのが満州人で、次に多いのが日本人であるとの照明がされていて、韓国人はかつて日本に多く移り住んだことが、DNAにて証明されています。

つまり免疫力が強くなりやすいとは言えども、遺伝子の重複が多い組み合わせとなる韓国日本のハーフは、大きな相乗効果はそこまで期待できません。

上記の画像が韓国の学者が発表した結果でありますが、韓国人と日本人はピンク色のハプログループO2b(朝鮮半島遺伝子)の部分が、大きく重なっていることが画像からも読み取れます。

しかしながら、基本的には混血は強い遺伝子を生み出すことは間違いのない事実なので、ハーフの子供ほど病気などに強い体となりやすいのです。

 

左右美しい顔立ちに

ハーフが美しい顔立ちになることは、ハーフ=イケメン美人のイメージが証明しているように、遺伝子は本来歳をとることで劣化していくものですが、有性生殖によって子供には遺伝子のエラーが修復されるものです。

しかしながら、重複が多い遺伝子ではこの遺伝子エラーが修復できかねずに、いわば劣った遺伝子のままで子供に引き継がれることになるため、劣化した顔の子供が生まれやすく、親近の遺伝子では奇形が生まれやすいのもここに理由があります。

一方で外国人との子供は、重複が少なくなることで遺伝子エラーの修復を可能とするため、より魅力的で左右整った美しい顔立ちとなりやすく、外国人が魅力的で美しい人が多い理由もこれです。

外国は日本と違って、ハーフなんて言葉を使うことはありませんし、むしろ違う国の人との結婚が当たり前の文化があることから、「劣等人種」が生まれにくい環境にあります。

結果的に、韓国と日本のハーフは美しい顔立ちの子供が生まれやすく、逆に島国で親近を繰り返してきた日本人同士の遺伝子である方が、劣等人種が生まれやすいと言えるのです。

 

外国語が身近な存在

ハーフは生まれた時から様々な国の言葉を耳にしやすい環境にあり、韓国語と日本語を耳にしながら育っていくことから、比較的外国語が身近な存在となりやすいです。

こちらはあくまで両親の育成方針によりますが、様々な国の言葉や文化に触れさせたい気持ちが強い両親は、子供に対して様々な国の文化や価値観を教えることも可能です。

日本人は島国なのでどうしても、宗教や文化の違いに鈍感な部分がありますが、こうした日本人であるデメリットを解消しやすいのも、韓国と日本のハーフの子供となります。

 

日韓ハーフの苦労


中高からの仲間外れ

まだ純粋で知識が浅い小学生の段階では、片親が外国人であることに対して「凄いね!」と褒められたり、羨ましいなんて言葉をかけられることもありますが、年齢が上がるにつれて様々な知識をつけることで、ハーフは仲間外れにされやすいです。

特に今の子供はネット社会でありますし、ネットで様々な情報を簡単に手に入れることもできる時代なので、小学生の高学年ともなれば韓国差別に走る人や、心無い言葉で罵倒される確率も高くなっていきます。

そして中学高校の年齢に差し掛かると、ハーフであることを理由に仲間外れにされ、いじめの対象となることもしばし見られます。

これは韓国のハーフに限った話ではなくて、黒人系ハーフであれば顔が黒いことをネタにされますし、白人系ハーフであれば外国人っぽい見た目をネタにされるので、学生生活が苦しかったと語る芸能人もたくさんいます。

韓国ハーフの場合は、まだ見たからにハーフ顔にはならないメリットがあるとも言えますが、韓嫌の影響で生きづらさを感じることが多いデメリットも存在します。

 

陰口の対象となり得る

仲間外れやいじめにあう人の多くは、影では在日や朝鮮人だとの陰口を経験していて、純日本人でないことを理由に仲間外れにする人は、特に昔に多かったと言えます。

今ではハーフタレントの活躍などもあって、ハーフ自体がそれほど珍しい存在ではないため、比較的ハーフいじめが減ってきたとの報告もある一方で、やはり自分たちとは違うことを理由に、意地悪な行動に出る人はいます。

先ほどもお伝えしたように、最近は韓嫌の影響とネットの影響が非常に強くなってきていることから、子供が差別用語を覚えるスピードも上がっています。

つまり、最近のハーフは自分たちと違うことを理由にいじめにあう割合は減っているものの、ネットの影響によるいじめや差別用語が増えていると考えるのが妥当で、特に韓国ハーフは対象とされやすいのも事実です。

もちろん、イケメンや美人の場合はちやほやされたり、多くの人から助けてもらえることも多くなりますが、それ以外の韓国ハーフの方は陰口を耳にすることで、心を痛める確率は高いです。

 

ネットで傷つく心

保守的な人たちがいるのは当然のことですが、中にはただ韓国が嫌いだという理由で暴言を吐く人がいて、匿名でのコメントは人の心を暴走させる傾向にあることもあってか、ネットでは韓国に対するエグい書き込みが後を絶ちません。

もちろんこれは逆もあって、日本人なのに日本に対して無能だとかバカが多いなどの発言もあるわけですが、韓国とのハーフの子供は「まるで自分に言われた」かのように捉えることで、心を痛めるのです。

日本が大好きで日本人を誇りに思う人が、「日本は無能でバカばっかりだ!」なんて発言に心を痛めるのと同じように、匿名性がもたらす暴言は韓国ハーフの心を傷つけかねません。

ネットはスルースキルが大事と言いますが、これは韓国ハーフだけに限った話ではなくて、「バカは相手にしない」ことを再度頭に入れておけば、こうした事態で心を痛めることもなくなります。

もう一度言いますが、これは韓国に限った話ではないので、一度でも心無い書き込みに心を痛めた経験がある人は、どうか「バカは相手にしない」意識を持ってください。

 

自分は違うと思いこむ

ハーフで苦しむ人の多くは、「自分は周りとは違う」と思い込むことで、一人で勝手に劣等感を持ってしまうことにあり、たとえ学校生活が楽しくて友達がたくさんいる人であっても、「自分は周りとは違う」と思い込んでしまう人も。

韓国とのハーフの場合も全く同じで、過去に朝鮮人やキムチなどとバカにされたことをきっかけに、何をしても「自分は他人とは違う存在である」と感じることがあります。

これは完全なるハーフコンプレックスで、本来であれば羨ましい気持ちを持たれたり、二重が素敵と評価されているにも関わらず、悪い部分ばかりが見えてしまう心理状況は、ハーフの子供に見られがちなネガティブ思考です。

これをネガティブの負の連鎖とも言いますが、一度自分は他人とは違う存在であると思い込むことや、周りがそっけない態度をとったのも全てハーフであることが原因と考えることで、自分自身を追い込んでしまうのです。

恋愛にしても、「韓国とのハーフだから嫌われるかも」と一人でに思い込むことは、どんどんと自分に自信をなくし、魅力と輝きを失わせる最も最悪な負の連鎖なのです。

 

特定の言葉に敏感になる

自分がハーフであることにコンプレックスを持っていたり、ネットでの発言に心を痛めている人にとっては、「つり目」とか「切れ目」などの発言は心を痛める瞬間であって、相手にとっては褒めているつもりの言葉であっても、悪い方向に捉えてしまう人もいます。

例えば、太っている人に対して「よく食べるね」と褒めたつもりが、逆に「太っていることを馬鹿にされている」と感じる人が良い例で、こうした人はコンプレックスが強ければ強いほど、悪い方向に捉えてしまう傾向が強いです。

相手にとっては個性で魅力的と思われているとしても、特定の言葉に敏感になることは人間関係を悪化させ、思い込みからの勘違いが原因で不仲となってしまうことも。

自分が嫌いな人ほど自己否定することで、「自分はハーフだから…」と正当化してしまうことになるため、特定の言葉に敏感になりがちな人は、改善案を探してみましょう。

最も簡単な改善策の例としては、何事も良い方向に捉えることで、ハーフであることを個性と捉えることです。

 

親を恨み嫌いになる時期も

韓国とのハーフであることを理由にいじめにあうなど、ハーフであることに生きづらいと感じる子供は、時として親を恨むようになり、「お前のせいで人生台無しだ!」と心無い言葉を投げつけてしまうことも、決して珍しいことではありません。

思春期では多くの人が親に酷い一言を投げかけがちですが、中でもハーフの悩みはとても深刻であるため、「祖国に帰ってしまえ!」などと非常にきつい言葉を使ってしまう人もいます。

親は子を選べないと言いますが、ハーフであることを理由に子供に恨まれることは、親にとっても非常に心が痛くて辛い現実となることでしょう。

これはハーフだけに限らず、ブサイクに生まれた親を恨んだり、虐待された親を恨むなど様々な形がありますが、ハーフの悩みは親を恨むことに比較的繋がりやすいです。

 

韓国ハーフは隠すべきか?


ケースバイケース

苦労を読んだ人の中には、「ハーフであることを隠した方が良さそうだ」と素直に思った方もいると思います。

そんな韓国ハーフを隠すべきかどうかは、「あなたの置かれている環境次第」であるといえ、例えばもう周りに韓国ハーフなことがバレている人にとっては、今更隠しても意味がないことは当然のことです。

他にも、ハーフに対して差別意識が少ない地域で住む人にとっては、堂々と自分がハーフであることを公開したとしても、周りから仲間外れにされる可能性が低いわけです。

もしもあなたが「いじめが怖い」とか、「自分に自信をもてない人」なのであれば、ハーフであることを黙っておく方がメリットが多いですし、世の中に対して生きづらさを感じるリスクの回避も可能となります。

一方で、自分はハーフであることを何も恥じていないし、友達にも好かれていると感じる人は、自らどんどんとハーフであることを暴露することで、本当の自分をさらけ出すこともできます。

最も無難なケースは、大人になってから韓国ハーフを暴露することであって、そこまでしっかりと信頼関係を築けた友達であれば、そんなことで差別したり絶縁されることなんてあり得ないはずです。

韓国ハーフで悩むことの多くは学生時代であって、大人になると周りとは違う人がおかしいとの考えもなくなっていくので、いじめや仲間外れ等を恐れる場合は、大人になるまで表に情報を漏らさないことが重要となります。

 

参考にしたい成功例


レペゼン地球のDJ社長

大人気ユーチューバーグループでありながらレペゼン地球を束ねるリーダーで、非常に面白い動画を作ることでも有名なDJ社長は、韓国とのハーフで悩む人にとって参考にすべき人物に挙げられます。

彼は北海道出身で母親が韓国人のハーフであり、なんと自ら韓国ハーフであることを暴露することで、むしろ周りを笑いに巻き込むような明るい性格が魅力的で、ハーフである自分を責めるような発言は一切見られません。

ツイッターでもハーフの真相を質問された際には、「韓国とのハーフよーん キムチマシソヨ〜」と回答するなど、周りを楽しませることで、常に明るく前向きな姿勢が多くの人に好かれる要素となっています。

どんな人でもそうですが、自分に自信がなくてネガティブ思考な人は、好かれにくい性格の持ち主であって、笑顔の回数が減ったり暗い顔をしてしまうことは、相手にとって「好意的に思われていない」と勘違いされる原因でもあります。

つまり、「韓国のハーフだから〇〇」と決めつけてネガティブ思考に陥ることは、自ら好かれない原因を作ってしまっているようなものなのです。

しっかりと明るく楽しい毎日を送ることができれば、人は楽しい場所に集まるという習性を持つことからも、ハーフであるコンプレックスを抱くことは、むしろ人が集まらない習性を作っているようなものなのです。

 

理想が高いハーフ


日本人にとってハーフはイケメン美人を連想させることから、何かと面倒や生きづらさを感じさせる要因となることもありますが、これは誰もが感じることであって、生きづらさを感じない人の方がこの世には少ないはずです。

もっとはっきり言ってしまえば、この世の中はイケメン美人ほど生きやすい世の中でありますし、ブサイクほど生きにくい世の中なのです。

これは心理学や科学的にも証明されていて、イケメン美人は様々な場面で得することが多く、高得点をつけられやすいことが分かっています。

人は誰しもコンプレックスを抱いていて、学歴や収入など他人と比べて自分の良い部分さえも見えなくなってしまうことは、世の中を生きづらく感じる原因そのものです。

だからこそ、ハーフで生きづらいと感じる人がいるとすれば、自分は他人と違うと比べてばかりではなくて、自分の良い部分をしっかりと見つめ直して、自分らしく楽しく生きることが必要となります。

他人の良い部分ばかりを見てしまう人は、自分の魅力さも見えない心理状況に陥りやすいので、今後気をつけるように心がけていきましょう。

関連記事:ハーフの可愛い組み合わせ10選【日本人との相性/違い/魅力】

関連記事:ハーフの子供のメリットデメリット|悩み/魅力/相性20選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP