韓国日本ハーフの子供の魅力|芸能人・苦労/性格-生きづらい人へ

「韓国日本ハーフは美人が多い!」と言われることもあれば、「韓国日本ハーフは生きづらい…」と嘆く人もいるわけですが、この記事ではこうした人々の声を全て伝えていきます。

韓国日本ハーフであることのメリットデメリットを知ったあなたは、必ずしも世の中のハーフ全てが生きやすく、得することばかりでない事実が見えてくるはずです。

また、韓国日本ハーフになることで性格に変化は起こるのか?といった細かな部分も解析していくことで、日韓ハーフの子供の魅力を追求していきましょう。

日韓ハーフの特徴


日韓ハーフの特徴は何と言っても「見た目がほぼ日本人」なことにあり、そもそも日本人と韓国人はそれほど大きな違いが見られないので、大まかな部分ではハーフであることに気づかれず、純日本人であると思われることも。

もちろん逆のパターンも存在して、韓国在住の日本と韓国ハーフである場合は、ほぼ韓国人と見られることがほとんどです。

細かな部分で言えば、まず「切れ目」になる確率が高いことにあり、日本人よりも切れ目でつり上がった目つきの人が多い韓国は、韓流スターであっても多くの人が切れ目であったり、モデルとして世界的に活躍する人であっても、つり目+切れ目である人が目立ちます。

こちらは韓国人の平均的な顔として有名な画像ですが、日本人とのハーフともなれば、ほぼ見分けがつかないことも容易に想像できます。

また、エラが張っているのも韓国顔の特徴であるため、ハーフの子供はエラが張る確率も高くなります。

骨格や目は遺伝子が非常に強く影響する部分であるため、日本と韓国のハーフの子供が韓国顔の特徴が出た場合は、つり目とエラが個性として目立ちますが、これはあくまで両親の骨格と目つきの問題でもあるため、どちらもそうした特徴が見られない場合は、ほぼ特徴はなくなると覚えておきましょう。

 

日韓ハーフの芸能人


日韓ハーフの芸能人で有名な人はたくさんいますが、そんな中でも今回は大物芸能人のみをピックアップしていき、さらにはイケメン美人に絞った芸能人を紹介していきます。

まず有名なのは松田優作さんであり、松田翔太さんや松田龍平さんの父親にあたる彼は、日本人の父親と韓国人の母親の間の子供です。

間違いなくイケメンの分類に入りますし、韓国顔の特徴である切れ目も比較的分かりやすく現れています。

その子供でクォーターにあたる松田翔太さんや松田龍平さんは、イケメンであることに加えて純日本人のようにも見えることから、韓国と日本のハーフの子供であるクォーターは、見分け困難となりやすいことも分かります。

他にも有名どころで言えば、「水原希子さん」は韓国人の母親とアメリカ人の父親とのハーフで、美人モデルとして非常に有名ですが、彼女もまたハーフであることを誇りに思う美人の一人です。

後は、「玉山鉄二さん」や「水沢エレナさん」なども比較的有名ですが、日本と韓国は歴史上様々な問題が今でも絶えない国であることから、実は韓国とのハーフであることを隠している芸能人はまだまだいると想定できます。

 

日韓ハーフの性格傾向


韓国人の性格面での特徴は、「喜怒哀楽が激しく感情的になりやすい」ことや、「日本人よりは大雑把」な性格が多く、日本人は逆に「喜怒哀楽が見られにくい」ことや、「ナイーブな性格」が多くなります。

ハーフになることで変化が起こるのかと言えば、それは育った国や育った環境によるものが大きいため、どういう性格になりやすいのかと簡潔に説明できるものではありません。

例えば、小さな頃からずっと韓国で育ってきた子供は、韓国人らしい性格に近づきますし、逆も同じことが言えます。

他にも、両親に十分な愛情を注がれずに育った子供はアダルトチルドレンとして、世界中で同じような性格傾向が見られることからも、一概にハーフだから性格が変わるとは言い切れません。

ただし、ハーフの場合は韓国文化で育った価値観を持った片親と、日本文化で育った価値観を持つ片親の元で育つことになるため、価値観の多様性に柔軟な考えを示せるなどのメリットは、見られやすいと考えるべきです。

 

日韓ハーフである魅力


ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP