韓国日本ハーフの子供の魅力|芸能人・苦労/性格-生きづらい人へ


免疫力が強い

遺伝子は重複が少ない方が免疫力が強くて、体が強い子供が生まれやすいことが分かっていて、日本人同士での遺伝子はどうしても重複が多くなるため、ハーフよりも免疫力が弱い子供が生まれやすいです。

ちなみに東アジアは似た顔立ちが多いですが、中でも韓国と最も近い遺伝子を持つのが満州人で、次に多いのが日本人であるとの照明がされていて、韓国人はかつて日本に多く移り住んだことが、DNAにて証明されています。

つまり免疫力が強くなりやすいとは言えども、遺伝子の重複が多い組み合わせとなる韓国日本のハーフは、大きな相乗効果はそこまで期待できません。

上記の画像が韓国の学者が発表した結果でありますが、韓国人と日本人はピンク色のハプログループO2b(朝鮮半島遺伝子)の部分が、大きく重なっていることが画像からも読み取れます。

しかしながら、基本的には混血は強い遺伝子を生み出すことは間違いのない事実なので、ハーフの子供ほど病気などに強い体となりやすいのです。

 

左右美しい顔立ちに

ハーフが美しい顔立ちになることは、ハーフ=イケメン美人のイメージが証明しているように、遺伝子は本来歳をとることで劣化していくものですが、有性生殖によって子供には遺伝子のエラーが修復されるものです。

しかしながら、重複が多い遺伝子ではこの遺伝子エラーが修復できかねずに、いわば劣った遺伝子のままで子供に引き継がれることになるため、劣化した顔の子供が生まれやすく、親近の遺伝子では奇形が生まれやすいのもここに理由があります。

一方で外国人との子供は、重複が少なくなることで遺伝子エラーの修復を可能とするため、より魅力的で左右整った美しい顔立ちとなりやすく、外国人が魅力的で美しい人が多い理由もこれです。

外国は日本と違って、ハーフなんて言葉を使うことはありませんし、むしろ違う国の人との結婚が当たり前の文化があることから、「劣等人種」が生まれにくい環境にあります。

結果的に、韓国と日本のハーフは美しい顔立ちの子供が生まれやすく、逆に島国で親近を繰り返してきた日本人同士の遺伝子である方が、劣等人種が生まれやすいと言えるのです。

 

外国語が身近な存在

ハーフは生まれた時から様々な国の言葉を耳にしやすい環境にあり、韓国語と日本語を耳にしながら育っていくことから、比較的外国語が身近な存在となりやすいです。

こちらはあくまで両親の育成方針によりますが、様々な国の言葉や文化に触れさせたい気持ちが強い両親は、子供に対して様々な国の文化や価値観を教えることも可能です。

日本人は島国なのでどうしても、宗教や文化の違いに鈍感な部分がありますが、こうした日本人であるデメリットを解消しやすいのも、韓国と日本のハーフの子供となります。

 

日韓ハーフの苦労


中高からの仲間外れ

まだ純粋で知識が浅い小学生の段階では、片親が外国人であることに対して「凄いね!」と褒められたり、羨ましいなんて言葉をかけられることもありますが、年齢が上がるにつれて様々な知識をつけることで、ハーフは仲間外れにされやすいです。

特に今の子供はネット社会でありますし、ネットで様々な情報を簡単に手に入れることもできる時代なので、小学生の高学年ともなれば韓国差別に走る人や、心無い言葉で罵倒される確率も高くなっていきます。

そして中学高校の年齢に差し掛かると、ハーフであることを理由に仲間外れにされ、いじめの対象となることもしばし見られます。

これは韓国のハーフに限った話ではなくて、黒人系ハーフであれば顔が黒いことをネタにされますし、白人系ハーフであれば外国人っぽい見た目をネタにされるので、学生生活が苦しかったと語る芸能人もたくさんいます。

韓国ハーフの場合は、まだ見たからにハーフ顔にはならないメリットがあるとも言えますが、韓嫌の影響で生きづらさを感じることが多いデメリットも存在します。

 

陰口の対象となり得る

仲間外れやいじめにあう人の多くは、影では在日や朝鮮人だとの陰口を経験していて、純日本人でないことを理由に仲間外れにする人は、特に昔に多かったと言えます。

今ではハーフタレントの活躍などもあって、ハーフ自体がそれほど珍しい存在ではないため、比較的ハーフいじめが減ってきたとの報告もある一方で、やはり自分たちとは違うことを理由に、意地悪な行動に出る人はいます。

ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP