体育会系が嫌い!クズと思う人の意見|上司に無理な理由【完全版】

「体育会系ってクズが多くて大っ嫌い!」と愚痴をこぼす人は多く、SNSが発達した今では多くの人がツイッター等を使い、体育会系に対しての愚痴を書き込むことが、度々まとめサイトで話題を呼びます。

はっきり言いますが、「体育会系の悪い部分」は確かに存在しますし、体育会系との相性が悪い人がいることも間違いのない事実です。

この1ページを読むことによって、「体育会系の悪い部分」と「嫌われる理由」がはっきりとし、多くの人が心に抱える不満を知ることができます。

多くの人が苦手とする体育会系


まずは体育会系が本当に苦手で、心の底から受け付けないと思えるほど嫌いな人が世の中に溢れている事実を知ることで、体育会系がどれほど嫌われているのか?の現実が見えてきます。

その体育会系が嫌われている事実が、一目瞭然で分かる画像がこちらです。

上記の画像は、グーグルキーワードプランナーを使って「体育会系 嫌い」と検索した結果であり、キーワードプランナーはグーグルで「月間どれくらいの検索数がされているのか?」を調べることができるツールです。

こちらのツール結果によると、月間平均ボリュームが1000〜1万の検索がされている事実が確認できることから、年間では少なくとも1万人以上の人が体育会系が嫌いで、何かと検索している背景が見えてきます。

つまり体育会系が苦手だと思うあなたは、何も珍しい感情を抱いているわけではなく、日本中の多くの人が体育会系との付き合いや関わり方に頭を悩まし、苦しんでいるのですから、共感しあえる仲間が世の中には必ずいることを知っておきましょう。

ちなみにグーグルキーワードプランナーは、グーグルが提供する無料ツールであるため、月間平均ボリュームは間違いなく正しい数字であるとの断言もできます。

 

どこが嫌い?アンチの意見


精神論で語る

体育会系はいつの時代も精神論で語る人が非常に多くて、気合いと行動力さえあればその場を乗り切れると思い込み、安易な行動に出てしまう人が多いことが特徴です。

なぜ体育会系ほど精神論が多いのかと言えば、元々の体は弱くともトレーニングを積むことで様々な苦労を乗り越え、精神的に強くなれることが精神論への考えへと繋がり、「人は気合いさえあれば大抵のことを乗り切れる!」との捉え方をするわけです。

はっきり言いますが、精神論で乗り越えることができる人もいれば、乗り越えれない人もいるのが現実ですし、さらに精神論は無駄が多い行動としても有名であるため、「本当にそれは必要なの?」と疑問に思うことでさえ、精神論で乗り越えようとすることが、より体育会系を嫌いになる理由です。

こうした考えが嫌いな人の特徴としては、「根拠のないことが嫌い」であったり、「自分の考えを大事にしたい」「リスクをもっと考えたい」などが挙げられ、簡潔に言えば論理的な人であります。

体育会系によく見られる根性論は、行動の早さや粘り強く続けることができる一方で、効率化を重視する人にとっては「デメリットが多い」考えともなるため、こうした思考を持つ上司と逆の思考を持つ部下の関係は、部下側が不満に思いやすい傾向が強く見られます。

 

飲み会等のイベント好き

体育会系は社会に出ると飲み会を開くことが多かったり、飲み会で大きな声をあげてはしゃぐなど、何かと多くの人で楽しむイベントごとが好きで、地元の祭りや花火大会なんかに参加する割合も、学生時代から体育会系の方が多かったかと思います。

基本的に体育会系は多くの人で楽しむイベントが好きで、初対面であっても自分をさらけ出すことで距離感を縮めるなど、社交性が高いことが魅力的である一方で、こうしたイベントが嫌いな人にとっては、体育会系は邪魔な存在だと感じてしまいます。

お酒を飲まない人に関しては、飲み会に行くことなど罰ゲームのようなものですし、酔っ払いの世話役をするのはいつの時代も素面でお酒を飲まない人なのです。

この意見は酒嫌いな人や酔っ払いが嫌い、飲み会が嫌いな人と共感しあえることからも、体育会系が嫌いな人と何かと意見が合うことでしょう。

お酒を交わすことのメリットも確かに存在しますが、それ以上に酒嫌いな人にはデメリットが多く、飲み会が嫌いな人にとっては自分の時間に嫌なことを強いられるようなものなのです。

 

チャラい口調や行動

チャラいと言えばサッカー部が典型的な例で、日本代表でさえチャラい人が多いと批判を浴びることがあるほど、とにかく体育会系は見た目と言葉遣いがチャラい人が多くて、それをかっこいいと思い込んでいる人も非常に多いです。

例えば初対面の人に対して「〇〇っすか?」と質問することは、それほど気にしない人もいれば感じが悪いと思う人もいるわけですから、ネガティブに捉える人にとっては体育会系をひとまとめに見てしまうことで、どんどんと嫌悪感が増していくことになります。

体育会系にチャラい人が多いには理由があって、中高と厳しい指導の元でスポーツに全てをかけてきた人にとっては、大学で規則が緩い環境に浸ることで、溜まっていた欲求が爆発してしまうのです。

結果的に、真面目キャラであった人もチャラい口調や行動が目立つようになり、異性との遊びやクラブ通いなどを頻繁にすることによって、どんどんとチャラさに磨きがかかっていきます。

また、チャラさ=男らしさや格好良さと間違った捉え方をすることによって、中高くらいの年齢でチャラいキャラになりきり、自分は特別な存在で他人とは違うことをアピールする人も、比較的運動部には見られやすい心理となります。

 

文化系や帰宅部を見下す

学生時代の序列としては、常に体育会系である運動部が優位な位置に立っていて、文化部や帰宅部は自分たちより下の存在だとの風潮は、今も根強く残っている風潮の1つです。

例えばブラスバンド部に所属する人からすれば、「なんで運動部って体動かすだけで偉そうなの?」と疑問に思ったり、「勉強もできないくせに、運動部ってだけで見下されるのが嫌だ」との感情を持つことは、何も不思議なことではありません。

さらに運動部の中でも序列があって、サッカー部や野球部は最高位に立つ一方で、陸上部やソフトボールなどは比較的見下される立場であることも、体育会系が子供の頃から嫌われる原因です。

体育会系は魅力的な人が所属しやすい部活も多いですし、注目されがちなスポーツがたくさん集まっていることもあってか、何かと優越感に浸れる要素が見つかりやすく、勘違いしやすい環境なのです。

だからこそ、勘違いした運動部に所属する体育会系に対して、学生時代から好きになれなかったと嘆き、大人になっても苦手意識が克服できていない人は、ツイッター等のSNSを使うことで本音をさらけ出し、ストレスを解消しているのでしょう。

 

体育会系の悪ノリが無理

体育会系独特のノリと言えば、飲み会で飲めない人に対して無理矢理飲ませることもそうですし、イベントごとでは楽しそうな顔をしなきゃいけないことも、体育会系に求められるノリでありますが、これらは全て相手が求めているものであって、自分がしたいことではありません。

こうしたノリを無理矢理求められるともなれば、その場にいるノリが苦手な人は疲れてしまうだけですし、何より楽しむことからは遠ざかってしまいます。

他にも、お酒が進むと下ネタ系の話題で盛り上がることが苦手であったり、逃げようとするとノリが悪いと決めつけられることもそうですが、飲み会やイベントで自己中心的でわがままな要求をしてくる存在こそが、体育会系の悪ノリです。

静かにじっくりとお酒を楽しみたい人もいるのに、周りの迷惑を試みずに大きな声を出して騒ぐなど、自分にとっては合わないノリを強要される体育会系の飲み会は、アルハラとも比喩されるほとです。

ノリが良い人ほど人気者であったり、面白い人が多いことも理解の上ですが、何より自分たちのルールを押し付けてくる体育会系の悪ノリは、ストレスの原因そのものです。

 

モテるのが鬱陶しい

体育会系はモテる人が多いと断言できて、そもそも体を動かすことで筋肉質な体になることは、特に男性は女性にとって魅力的に思われる要素の1つとなりますし、スポーツを通して一生懸命な姿は、様々なギャップ効果を生みます。

モテる部活といえばサッカー部やバスケット部が有名ですが、こうした部活は基本的にユニホームもかっこよくて、細かな技の1つ1つがかっこいいこともあってか、学生時代では異性に注目されやすい部活となります。

これに関しては、体育会系に迷惑をかけられているわけではありませんが、人は誰しも嫉妬するものですし、モテる人を羨み妬むことだってあります。

「ブサイクの妬みだ!」なんて体育会系から言われそうですが、中途半端なイケメンや美人は粗探しも比較的されやすいため、アンチのターゲットとなりやすいです。

 

体育会系のクズな部分


いじめが多い

体育会系は運動部内でのいじめも頻繁に発覚していますし、運動が苦手な人に対していじめや見下す態度をとることも、学生時代から体育会系が嫌いで苦手だと主張する人に、比較的聞かれやすい意見です。

強豪校の野球部やサッカー部は特にいじめによってニュース沙汰となりやすいこともあってか、運動部=いじめが多いイメージに繋がりやすく、基本的に部活を続けることができる人というのは、いじめに合わない人かいじめる側の人であります。

もう1つ、体育会系は上下関係に厳しい人がほとんどですので、先輩による後輩へのいじめや嫌がらせを経験した人にとっても、体育会系に対して良いイメージを持つことができませんし、クズ扱いすることは多くなります。

強さを求められる運動部は特に、勝ち負けにこだわり負けず嫌いな性格の人も多いため、どうしても運動が苦手な人はターゲットとなりやすく、権力で弱い者を排除しようとします。

また、スポーツは団体競技であったりチームワークが必要なので、一人を排除しようとする動きが見られると、多くの人が一致団結してしまうことが、体育会系にいじめが多いとされる原因であると考えられます。

 

いじりが酷い

いじめまではいかなくとも、ターゲットとされた人がとことんいじられることも、体育会系に見られがちなうざい一面であって、いじられる側の内心は「鬱陶しい」であることも珍しくありません。

典型的なパターンが、まずはいじりがいがある人を探すことから始まって、そこから徐々にいじり始めることでいじりキャラとして定着し、無茶振りや無神経な発言で心を痛めるのは、いつも相手側なのです。

体育会系はノリが重視されるために、こうしたノリを受け付けない人は嫌われやすいですし、空気が読めない人と決めつけられることで、仲間外れにされることだって十分に考えられます。

故に、体育会系から仲間外れにされないようにするためには、いじられ役から脱却することはデメリットが大きく、本音を打ち出すことが難しいいじられ役は、体育会系を嫌いになりやすく、クズ扱いしやすいです。

 

一人で何もできない

一人で何もできないくせに、集団になると急にイキりだすのが体育会系の特徴的な行動で、群れることで権力を手にした気持ちに浸ることで、気を大きくすることが原因です。

人は気が大きくなってしまうと、相手に対しての言動が攻撃的になったり、見下したかのようなバカにした発言も見られやすくなることで、何かと不愉快な言動が目立つようになっていきます。

さらに集団で群れることは、リーダー格が仲間外れにしろと断言すれば、それに従うのが集団心理学でも証明されているように、集団になることは暗示にかかりやすくなってしまうのです。

すると結果的に、いじめや仲間外れは本来ダメであることを認識している人でも、正常な判断ができないことでいじめに加担し、体育会系にはクズが多いという事実を招いてしまいます。

 

飲酒と喫煙問題

芸能界のマツコデラックスさんの発言が話題を呼びましたが、体育会系はクズが多くて30代で終わるとの発言は、ネット上でも様々な賛否両論が見られました。

飲酒と喫煙問題はプロ野球やプロサッカー界でも度々スクープされるように、体育会系は飲酒と喫煙に対してなぜか積極的に取り組み、また後輩に対してもそれを求めようとします。

大学生のサークルともなれば、リーダー格が「お前を潰す!」と決めれば一気コールが始まるなど、殺人とも思える行為に加担するのが体育会系というものです。

未成年の飲酒と喫煙発覚が体育会系に多いことは、やはり煙たがられて嫌われる原因となっているのでしょう。

 

事件が多発している

体育会系のイベントには事件が付きものであると言っても過言ではないほど、過去には様々な衝撃的事件が発覚していて、中には強姦事件を起こすクズがいるなど、不祥事が絶えません。

大学のサークル内でも、負傷事件により逮捕者が毎年出ていますし、未成年の場合は名前が伏せられることもアンチ体育会系となる瞬間です。

体育会系ほどこうしたクズで胸糞事件を起こす理由は、後の原因で詳しく述べているため、そちらを参考にしてみましょう。

 

上司に嫌な理由とは?


上こそが正しく偉い

体育会系は上下関係に厳しく、年齢や立場が上の人が絶対であるという考えをしがちなので、「権力者のいうことは絶対である」ことが、体育会系の上司が嫌われる原因で、パワハラが多いと言われる理由です。

こうした人の多くはスポーツを通じて上下関係や礼儀を習うため、こうした部分に対して厳しい目を向けがちで、また権力者に対しては従うのが普通だとの考え方をします。

だからこそ、飲み会などのイベントには強制参加することを強いられますし、効率的な方法を伝えたとしても上が絶対なので、下の者の意見が承諾されることは難しいのが現実です。

クズ上司とかパワハラ上司ほど体育会系が多いことは、何も間違った考えではなくて、多くの部下を持ち権力を持つことで、「自分は大きな力を手に入れた」との勘違いを起こす上司ほど、理性が弱いので間違った方向に進んでしまうことになります。

 

イベントが多い

体育会系の上司はとにかく集団行動が好きなため、飲み会やバーベキューなどのイベントを企画しやすく、仕事外での集まりにもきちんとした役目があると考える上司がほとんどです。

そもそもこのタイプの上司は、「集団行動することで団結力が生まれる!」とか、「人は多いほど楽しくなるものだ!」との考えを示すため、飲み会が嫌な人でも強制参加させられるのは、こうした考えに基づいたものです。

特に最近の若い人ほど仕事外の時間は自由にさせてほしい気持ちが強く、アルコールが嫌いな割合も高くなっているので、若い人ほど苦手で嫌う上司こそが、体育会系の頭が硬い上司であると答える割合も高くなっていることから、若手社員には苦手意識を持たれやすい上司こそが体育会系なのです。

また、上司の愚痴を長々と聞かされたり、武勇伝を聞かされることも飲み会を嫌う瞬間の1つです。

 

精神と根性論が大好き

精神と根性論は何度も触れていますが、体育会系の上司は部下の悩みや行動に対してすぐに根性論を持ち出し、自分がいけたから他人も大丈夫であろうとの展開を示します。

よく耳にするのは、「そんなんじゃ社会でやっていけない」と部下に対してダメ出ししたり、「できないは甘えだ!」と決めつけるなど、どんなことでも精神と根性で乗り切るスタイルは、はっきり言えば時代遅れです。

特に「それは甘え」と決めつける上司は、他人に厳しく自分にも厳しい性格傾向が見られるため、どんな時でも部下に対して甘えの言葉を投げつけることで、そのうち部下が自分で悩みを解決できると思い込んでいるのです。

こんな上司の元にいれば、やがて軍隊集団のような鋼のメンタル軍団ができるかもしれない一方で、離脱者は心に大きな傷を残したり、プレッシャが半端ないことも想定できます。

 

思考が単純である

体育会系の上司ほど思考が単純になりやすいことは、集団行動が好きな人が多いことに関係していて、集団の中の一人になることは思考をどんどんと単純化していき、やがて感情的な性格になりやすいことが分かっています。

ル・ボンが提唱した群衆心理の法則によると、集団になることでアイデンティティの低下が著しく見られることで、視野が狭くなることに加えて物事に対しての捉え方が単純化していくそうです。

よくツイッター上でも、無能な体育会系上司に対して「バカだ」と嘆くツイートを見かけますが、上の存在こそが絶対で正しいという思考の上司は、こうした部下の本音に気づくことができません。

単純に考えることは、勘違いを引き起こす原因そのものなわけですから、浅く物事を捉えることは感情的に怒ったり、暴言や大声を荒げやすくなってしまいます。

 

体育会系ほどクズになりやすい原因


集団心理の影響

体育会系がクズと呼ばれる一番の原因は、何と言っても部活やサークル内での集団犯罪が大きな原因で、過去には有名大学から強姦事件やアルコール中毒が起こるなど、とにかく集団行動の時に限って事件を起こすことが、クズのイメージをより強くしていきます。

体育会系ほどクズが多くなる理由は、まず集団で群れることが好きなことによって、集団心理へと陥ってしまった多くの人は、ル・ボンが提唱した群衆心理の法則により衝撃的で、モラルが著しく低下してしまうのです。

赤信号みんなで渡れば怖くないと言いますが、集団になることはモラルを低下させることで罪への意識が弱くなり、無責任でマナー違反を多発する瞬間となってしまいます。

つまり体育会系にクズが多いというよりかは、集団心理によって衝動的で無責任な心理状態になってしまうことで、犯罪を犯してしまいやすくなることが、体育会系が嫌われる最もダメな部分と言えるでしょう。

これに加えて飲み会でアルコールが入ることは、より衝動的で性衝動を抑えることが難しくなってしまうため、大学サークルでも過去に強姦事件が多発していて、被害者が増える一方であることに繋がっていきます。

 

相性は誰にでもある


ここまで体育会系が嫌いな理由やクズが多い原因を述べてきましたが、嫌いであれば無理に好きになる必要はありませんし、人には誰しも相性というものが存在します。

波長が合う合わないと感じるのが良い例で、波長が合う人というのは趣味が同じであったり、長時間一緒にいても苦痛に思わない人です。

お金持ちと貧乏人は気が合わないと言いますが、これは育った境遇が全く違うからこそ波長が合わずに、どこか息苦しさを感じてしまうわけです。

体育会系に対しても全く同じことが言えて、上下関係の厳しい運動部に長年所属していた人と、全く逆の環境で育ってきた人にとっては、考え方や物事の捉え方に大きな違いが出てくるのは仕方がないことです。

故に、無理に好きになろうとするのではなくて、体育会系の特徴をしっかりと頭に入れておくことで、相手の言動に理解を示せるようになれば、その時の言動に対するストレスや嫌悪感も薄れていくはずです。

関連記事:えこひいきする人の心理とは?上司ほどしやすい理由

関連記事:腐った人間が多すぎる!その理由が「最低」であるわけ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP