赤ちゃんが嫌いな人の心理的特徴6つ

結婚相手のことは好きだけど、求められたら将来子供を作ろうか悩む…

または赤ちゃんが嫌いなのに、親戚に可愛がれ可愛がれと口酸っぱく言われて、非常にストレスが溜まってしまう….

こんな悩みをもっている人は、世の中にはたくさんいます。

世界的に見ても、赤ちゃんが好きと答える人の割合の方が圧倒的に高いでしょうが、一部の人はどうして赤ちゃんが嫌いになってしまうのでしょうか?

心理的特徴をチェックしていきましょう。

スポンサードリンク

自分の思い通りにいかない

当たり前のことのようにも思えますが、自分が精いっぱい頑張っているのに思い通りにいかない事に、イライラを覚える人もいます。

これが原因で虐待してしまう人もいるわけですが、虐待は犯罪なのでいくらイライラしても絶対にしてはいけません。

また泣いて何かを訴えているのにもかかわらず、放置してしまい、事件ごとになってしまうことも少なくありません。

赤ちゃんは時には意味も無いのに泣くこともありますが、しっかりと自分なりに何を訴えているのか、行動してみて自分なりに勉強するしか解決方法は無いのです。

 

パートナーが取られてしまう

赤ちゃんが嫌いな人の心理的特徴として、パートナーが赤ちゃんに取られてしまう事があげられます。

これは子供を産み、心が恋人や妻から母親になってしまうことがあげられます。

パートナーを取られてしまう事で悩んでいる人は男性に多いようです。

もちろん、子供を産んだからといって愛情がなくなるわけではありません。

ただし、昔のような恋人同士の関係というものではなく、一緒に子供を育てるパートナーという新しい関係が出来上がってしまうのです。

この変化を嫌がり、赤ちゃんが嫌いになってしまう事が多いようです。

 

生活リズムの変化

子供が生まれれば、生活リズムは夫婦ではなく子供が中心に変化していきます。

赤ちゃんは誰かが世話をしないと生きていけないものなので、より生活リズムの中心になっていくでしょう。

夜鳴きなどで起こされることもあれば、育児用品などを購入するために好きな物を買えないことも多いでしょう。

昔は子供がいなくて出来たことが、子供が生まれることで出来なくなる事が多いです。

こうした変化を恐れ、今の生活を維持したい。

そう思っている人も多いのでしょう。

 

とにかくうるさい

赤ちゃんや子供は公共のルールに関係なく大声を出したり、泣いたりします。

泣きやまない場合は、周りの人の目が痛いこともあるでしょう。

そういった事が原因で、赤ちゃんや子供が嫌いになってしまった人も多いです。

それでも癒される場面はきっとありますので、こうった部分に目を向けてみると、赤ちゃんや子供のいい面が見られるかもしれませんね。

また、特に赤ちゃんや子供が嫌いな人にとっては、エレベーター内で一緒の空間にいることに非常にストレスを感じるようなので、ママさんパパさんは、特にエレベーター内で静かにさせれるかどうかが大事になってきそうです。

 

なぜか赤ちゃんに好かれない

赤ちゃんに好かれやすい人にとっては、扱い方も非常に簡単に思えるかもしれませんが、扱い方が分からない人にとっては、赤ちゃんをあやすことに対して苦痛を感じる人もいます。

また赤ちゃんに好かれないという過去のトラウマが、赤ちゃん嫌いを加速させることもあります。

こういった人にとって、過去のトラウマを払拭することは難しいので、自分の子供が出来るまでは、赤ちゃん嫌いを克服することは難しいでしょう。

 

「赤ちゃんだからしょうがない」の理解に苦しむ

子供だからしょうがないとか、赤ちゃんだからしょうがないと言う人が世の中にあふれていますが、そこを理解できない人も当然います。

赤ちゃんだからでは無く、親がしっかりと躾をするなりの対策をしてほしいと思う人もいるわけで、こういった考え方をする人の多くが育児未経験の人だったりするわけです。

もちろん両親も他人に迷惑をかけなようような工夫をしようとは思っていますが、自分の意志通りに動いてくれないのが赤ちゃんなので、少しは両親の気持ちも考えてあげる必要があるのかもしれません。

 

赤ちゃん嫌いな人のリアルな声

21歳苦手すぎますさん

私は女性ですが赤ちゃんは嫌いです。まず道を歩いているともの凄く邪魔に感じてしまいます。またそこでもし私と接触して怪我をすれば、面倒な事にもなりかねないので余計に歩いてほしくないと思ってしまいます。さらに兄の子供が来た時には、なぜか無理矢理相手をさせられます。言うことは聞かないし、汚れた手で私を触ってくるので、正直イラッとしてしまいます。自分の子供ができれば虐待してしまいそうなので、将来子供は望まないです。

24歳うざったらしいさん

私はなぜか赤ちゃんを見れば鳥肌が立ち、近寄らないでと心の中で祈ってしまいます。自分の母性の無さにも呆れますが、なぜかそんな私は赤ちゃんや子供に好かれます。もちろん他人の目もあるし、赤ちゃんなので優しくしようと心がけますが、これがまたドット疲れます。さらに無理にでも赤ちゃん=可愛いと言わなければいけないような気がして、嘘をついている自分がなんだか嫌になることもあります….

 

赤ちゃん嫌いの克服は可能か?

世間一般には赤ちゃんや子供が好きなことが普通という考え方の人が多いですが、それは狭い視野でしか世間を見ることが出来ていない人です。

広い視野で世間を見れば、赤ちゃんや子供が嫌いな人もいれば、好きな人もいます。

大切なのは、自分の意見を押し付けないことです。

そしてもう1つ、決め付けないことも重要です。

自分は赤ちゃんや子供が嫌いだからパートナーに求められても子供を作らない。

こういう考えの人も世の中にはいますが、自分の子供となると考えが変わる人もたくさんいるのです。

ですから、自分は赤ちゃんや子供が嫌いだからと決めつけるのではなく、もしかしたら変われるかもしれない。

そういった考え方をしてみるのも、赤ちゃん嫌いを克服する方法の1つです。

また、「子供嫌いな人の心理的特徴8つ」もセットで読んでみましょう。

赤ちゃんが嫌いな人にとっては、子供嫌いな人の心理的特徴に共感できる部分が多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP