赤ちゃんが嫌いな人の心理的特徴6つ

結婚相手のことは好きだけど、求められたら将来子供を作ろうか悩む…

または赤ちゃんが嫌いなのに、親戚に可愛がれ可愛がれと口酸っぱく言われて、非常にストレスが溜まってしまう….

こんな悩みをもっている人は、世の中にはたくさんいます。

世界的に見ても、赤ちゃんが好きと答える人の割合の方が圧倒的に高いでしょうが、一部の人はどうして赤ちゃんが嫌いになってしまうのでしょうか?

心理的特徴をチェックしていきましょう。

自分の思い通りにいかない

当たり前のことのようにも思えますが、自分が精いっぱい頑張っているのに思い通りにいかない事に、イライラを覚える人もいます。

これが原因で虐待してしまう人もいるわけですが、虐待は犯罪なのでいくらイライラしても絶対にしてはいけません。

また泣いて何かを訴えているのにもかかわらず、放置してしまい、事件ごとになってしまうことも少なくありません。

赤ちゃんは時には意味も無いのに泣くこともありますが、しっかりと自分なりに何を訴えているのか、行動してみて自分なりに勉強するしか解決方法は無いのです。

 

パートナーが取られてしまう

赤ちゃんが嫌いな人の心理的特徴として、パートナーが赤ちゃんに取られてしまう事があげられます。

これは子供を産み、心が恋人や妻から母親になってしまうことがあげられます。

パートナーを取られてしまう事で悩んでいる人は男性に多いようです。

もちろん、子供を産んだからといって愛情がなくなるわけではありません。

ただし、昔のような恋人同士の関係というものではなく、一緒に子供を育てるパートナーという新しい関係が出来上がってしまうのです。

この変化を嫌がり、赤ちゃんが嫌いになってしまう事が多いようです。

 

生活リズムの変化

子供が生まれれば、生活リズムは夫婦ではなく子供が中心に変化していきます。

赤ちゃんは誰かが世話をしないと生きていけないものなので、より生活リズムの中心になっていくでしょう。

夜鳴きなどで起こされることもあれば、育児用品などを購入するために好きな物を買えないことも多いでしょう。

昔は子供がいなくて出来たことが、子供が生まれることで出来なくなる事が多いです。

こうした変化を恐れ、今の生活を維持したい。

そう思っている人も多いのでしょう。

 

とにかくうるさい

赤ちゃんや子供は公共のルールに関係なく大声を出したり、泣いたりします。

泣きやまない場合は、周りの人の目が痛いこともあるでしょう。

そういった事が原因で、赤ちゃんや子供が嫌いになってしまった人も多いです。

それでも癒される場面はきっとありますので、こうった部分に目を向けてみると、赤ちゃんや子供のいい面が見られるかもしれませんね。

ページ:

1

2

コメント

    • フライマンバ
    • 2018年 9月 06日

    ですよねー 赤ちゃんうざいですよねー わかります あたしも赤ちゃんだいっきらいですから しかも近頃の小作りするのは男はチンピラ 女はバカ (富永みてーな悪魔女) そんな子確実にグレますよ 汚物が増えるだけです!こんな地球に大勢の人間の数が増えすぎてっ 食料が枯渇したらどうするんですか! 子どもなんかいらないんですよ!
    とにかくうざくて うるさい 最近はなんかあ?ロリコンのせいかも知れませんが ロリコン同人によくあるじゃないですかー 赤ちゃんできちゃうとかアッパラパーなバカそうな女が言ったりするセリフ あれムカつきますよね で、そういう馬鹿で自己中心的なゆとり世代のロリコンはてめえさえよけりゃあとはどうなろうが知ったこっちゃねー的な 犯罪ですよこれ 訴えてもいいですよね 赤ちゃんの泣き声で耳がおかしくなったんですよ 傷害罪ですよこれは 絶対法律を変えますから 赤ちゃんはむやみやたら外に出すものじゃないという法律を作りますからね 違反したら禁固刑ですから いいですね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP