自称進学校のリストや偏差値|特徴-あるある・共通点/選別まとめ

「うわぁ。お前って自称進学校じゃん。」なんてバカにされたり、「そんなの進学校って言わねぇよ!」と否定されることも多い自称進学校ですが、ここではその対象となり得る学校の特徴や定義を述べていきます。

初めにはっきりと言っておきますが、自称進学校に行くことは何も悪いことではありませんし、こうした学校に通うことは負け組でもありません。

進学校と自称進学校の違いをしっかりと頭に入れておくことで、なぜ自称進学校は良くないと言われるのかの理由も見えてくることでしょう。

自称進学校の定義


自称進学校とは、「進学校になりきれなかった学校」のことであり、決して勉強ができないわけではないけれど、一流の進学校とは言えない学校のことを指します。

こうした学校に通う人に対して、ネット上では「自称進学校」とバカにしたような話題を集めることで、今では学力コンプレックスを持つ人ほど自称進学校をバカにし、見下すことで優越感に浸る人が増えています。

ちなみに自称進学校は本当の進学校とは違う部分がたくさん見られ、実際の学校生活では「これほどに違うのか」と驚かれるほど、学校生活の基準が違うと言われています。

つまり自称進学校とは、「進学校になりきれなかった学校」の意味と、「進学校に行けなかった生徒」の意味であると覚えておけばOKです。

 

自称進学校リスト候補


一般的に自称進学校と呼ばれる偏差値は「50〜65の間」で多く見られ、進学校のレベルが高くて行けないけれども、どうしても進学校っぽい学校を選びたい時に、リストに上がってくる学校ほど当てはまりやすいと覚えておきましょう。

また、後に紹介している特徴に当てはまる学校ほど、自称進学校である確率が高くなっていくわけですが、全ての学校内容を知ることは不可能であるため、都道府県別に偏差値が「50〜65の間」の学校評価を調べることが、自称進学校かどうかを見極める最も簡単な方法となります。

リスト候補については、年々学校の内容指導や偏差値も変わっていくことが予想されるため、きちんと自分の目で確かめることが一番です。

将来に関わる大事な学校選びですから、他人まかせよりも自分の目で確認することが、今後の人生においても大事な考えとなるはずです。

 

自称進学校の特徴/共通点


校則が厳しい

校則が非常に厳しいことが特徴的で、自称進学校に通っていた人の多くが口にすることの1つに、「まるで軍隊のような学校生活だった」と嘆く人がいるほど、自称進学校は校則に力を入れていて、無駄に厳しいです。

例えば、服装や髪型に対して厳しいのは当然のこと、他にもプライベートでの遊びや休日のバイトについても禁止であることが多く、学校の言うことは絶対に聞け主義であることから、学校生活に多くのストレスを感じる生徒が後を絶ちません。

本当の進学校の場合は、こうした規則はそれほど厳しいものではありませんし、むしろ自由にさせることから様々なことを学ばせる姿勢をとるため、自称進学校とは大きな違いが見られるのです。

また、定期的に服装や髪型のチェックが入りますが、生徒はその場しのぎで上手にかわすことがほとんどなので、結局のところ生徒には何のメリットも得ることができず、我慢ばかりさせることを強いられる結果を招きます。

学校によっては、「なぜこれが禁止なのか?」と目を疑うようなルールも存在するので、学校の規則こそが全てであるのが自称進学校です。

 

授業時間が非常に長い

授業時間も非常に長くて、「たくさん授業を受ければ賢くなる」との考えが自称進学校であり、拘束時間が長すぎることでプライベートな時間の確保が難しかったり、内容を重視しないのも悪い一面です。

皆さんもお分かりかと思いますが、進学校に通う人はもともと勉強が得意であったり、知識が豊富である人なので学校での拘束時間は多くを必要とせず、自由な時間をどう自分に生かすのか?が重視されます。

自称進学校の場合は、「あくまで学校が生徒を育てた」との主張が強いため、拘束時間を多くすることで学校の実績としたい気持ちが強く、授業の内容などは二の次となってしまうことが多いのです。

学校側からすれば、進学校と呼ばれたいわけですから多くの時間を拘束するのは当然ですが、これは結局生徒にとってデメリットとなる部分が目立ち、非効率なやり方だと批判されることもしばし見られます。

 

教師の権力が強い

校則が厳しく授業時間が長くても生徒が諦めない姿勢を見せ続けるのは、教師の権力が圧倒的に強いことが原因であって、「教師は神である!」とも言わんばかりの権力によって、生徒たちは従うしか選択肢がなくなってしまいます。

ページ:

1

2 3 4 5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP