気に食わない人の特徴|その心理・体験談-今すぐできる対処法

「あいつって本当に気にくわねぇわ!」と怒りに満ち、近づいて欲しくないほどの嫌悪感を抱く相手は、誰にだって一人くらいは存在するものです。

この1ページでは主に、そうした人に共通する特徴や多く見られる傾向、またはそう感じる瞬間について述べていくことで、気に食わない人に対しての気持ちをスカッとさせることが可能です。

また、誰でも今すぐ実行できる対処法を知っておくことで、気に食わない人に遭遇した時の最善策をとることもできます。

気に食わない人の特徴


調子に乗ってる

調子に乗っている人に対して「気に入った!」なんて評価する人は少なく、むしろ「あいつは気に入らない!」と酷評することがほとんどですが、これはまさに気に食わない人であると多くの人が思う瞬間です。

調子に乗ってる人の特徴としては、「馴れ馴れしい」とか「目立ちたがり」「態度がでかい」などの言動が目立ちますが、人には誰でもプライドが存在するため、こうした人を見た時に「自分は負けていない」と思い込むことで、気に食わない存在として顔を覚えます。

いつの時代も調子乗りと呼ばれる人は、大勢の前で面白いことをして笑かせようと心がけたり、大勢で群れることで大きな声をあげるなど、とにかく周りから注目されることで嫌われるわけですが、これが気に食わない理由そのものです。

特に一匹狼と呼ばれる人や群れることが嫌いな人は、大勢で群れることで調子に乗る人を嫌う傾向にあるため、一人では何もできないくせに大勢になると元気になる人は、気に食わない人の典型例になると言えるでしょう。

 

上から目線で偉そう

上から目線で偉そうな人を見た時には、「なんだこいつ」とか「何様だよお前」と内心思ってしまうことがありますが、基本的に上から目線で他人を見下すような人間は、気に食わない人物として認識されやすいです。

これも当たり前のことで、人には誰でもプライドが存在しますし、特に男性は上下関係をきちんとつけたい性質を持っているので、上から目線で見下されること=優位な位置に立たれた気持ちになり、どうしても上から目線野郎を許すことができません。

こうした人が気に食わない一番の理由は、自分が優れていると思い込んでいるため、すぐに張り合うことで自分の方が優れていることを証明しようとしますし、勝つことに対して一倍執着心を持っているので、自分が負けたことを認めないことです。

例えば、相手に非があるのは明白なのに対して、「まあ俺も悪いけどお前もその態度さ…」などと粗探しを始め、素直に謝ることができない上から目線野郎に対して、心底気に食わない奴だと思うことは決して珍しいことではありません。

 

自慢話がやたらと多い

「私の彼氏はお金持ちだからさぁ」とか「昔やんちゃだったからね俺」などと、自慢話がやたらと多い人も気に食わないと思われやすい人で、いつまでも過去の栄光を引きずっていたり、自慢することで優越感に浸ることは、徐々に相手の気持ちを悪い方向へと変えてしまいます。

自慢話をしない人などこの世には存在しませんが、自慢話は一方的にされ続けることで相手が不快な気持ちになることが分かっていて、相手の自慢ばかりを聞かされることは嫉妬の原因や、自己開示ができない不満が溜まっていくことで、とてもストレスが溜まってしまうのです。

また、明らかに「羨ましい」と思わせることを目的として自慢話をする人がいて、こうした人は相手の嫉妬心をくすぐることで優越感に浸り、「あいつイライラしてんだろうなぁ」との本音を抱いているため、性格の悪い人であるとの評価もできるほどです。

素直に凄いと思える能力や実績があるならまだしも、そこら辺の人々と変わらない能力を自慢し続けるようでは、中身のないただの見栄っ張りと思われてしまうだけですし、このタイプは薄っぺらい人間だと評価されることが多い傾向にあります。

 

人によって態度を変える

人によって態度を変える人は嫌われる人の特徴であって、差別主義者や打算的な性格が多いと言われますが、嫌いよりも気に食わない程度の評価で終わってしまうのは、心底嫌なことをされていないからだと考えるべきです。

例えば、あなたに対してそれほど嫌悪的な態度で接しているわけではないけど、異性がくると急に態度が変わってしまうとか、異性が来ると急に気前が良くなるなど、自分はそれほど被害を被っているわけではないけど、態度を変えられることが気に食わないと思う人はいます。

このタイプは実は自分の評価を凄く気にしている人で、権力者に媚びることで自分の評価を上げようと試みたり、異性に媚びることで好意的な印象を残そうとするなど、時と場合で態度が一変するような人物が多いです。

人によって態度を変えることは誰にも見られる行動ですが、自分が特別扱いされないことが気に食わないなどの理由から、相手を気に食わないと思ってしまう人もいるため、自己愛が強い人ほど特別扱いされないことに不満を抱きやすいと覚えておくといいでしょう。

 

自分と似ている

人は自分と似た人を嫌いになりやすいことは有名ですが、理由はとても簡単で「自分と似た人ほど、自分が嫌いな部分を見ている気持ちになる」ことが、あいつは気に食わない存在だとの評価に繋がります。

例えば自分の無神経な性格が嫌いだとの本音を持つ人は、周りに配慮のない大声で話す無神経な人を見た時に、「あー。こいつ苦手だ」と瞬時に感じてしまうことで、気に食わない人として認定します。

他にも自分の顔がブサイクだから嫌いな本音を持つ人は、同じようなタイプのブサイク顔を見た時に嫌悪感を覚え、「このタイプは無理だわー。」とブサイクを否定してしまうのです。

争いは同じレベルでしか起こらないと言われますが、ブサイクはブサイク同士で否定しあったり、目立ちたがりは目立ちたがりで否定しあうように、自分の欠点をそのまま見ているような人に対して、気に食わない人だと思い込むことも何も不思議なことではありません。

 

自分とは全く違う

逆に自分とは違う人に対して気に食わないと感じる人もいて、こうした人に共通する思考は「自分の考えこそ正しい」と思い込んでいることであり、他人の意見よりも自分の意見が正しいと信じてやまない人は、自分とは違う考えの人を気に食わないと思いやすいです。

このタイプは簡単に言えば、「自分とは違うタイプを排除しようとする人」であって、あまりにも自分に対して自信を持ちすぎていたり、極端な考えをする人ほど見られやすい思考となります。

こちらも上記で伝えた「自分と似ている」と同じように、相手よりも自分に原因があることが特徴的ですが、自分に自信を持ちすぎて違うタイプを排除しようとする人は、傲慢でパワハラのような言動が見られやすくなるので、今後の人生でも要注意が必要となります。

また、極端な考えをする人は物事を0か100で捉えるため、「この人が好きか嫌いか」のどちらかで答えを出そうとすることで、少しでも苦手な部分があると嫌いと思い込むことが、気に食わない存在への第一歩となることも。

 

なぜかモテる

なぜかモテる人が気に食わないのは当然のことで、「こんな奴のどこがいいの?」と疑問に思う程度の魅力しかない人が、異性からモテることは嫉妬の対象となりやすいです。

これが顔が整っているなどの見たからに「負けた」と思える人であれば、多くの人が敗北を認めることで諦めがつくものの、中途半端なイケメンや美人、またはそれ以下の人がなぜかモテる時には、多くの人が嫉妬の感情を抱きがちです。

特に中途半端な美人やイケメンは調子に乗っている人が多く、中途半端だからこそモテることをきっかけに、「俺様は本当のイケメンだ!」と言わんばかりの態度をとり続けることで、周りからは厄介者として扱われることも珍しくありません。

あなたが思うなぜかモテる人というのは、結局のところあなたが負けを認めていないからこその「なぜか」であるため、こうした人ほど気に食わないライベル的存在として、嫉妬の対象となりやすいのです。

 

〇〇アピールが多い

幸せアピールや寝てないアピール、不幸アピールや悲劇のヒロインアピールなど、こうした〇〇アピールが多い人も気に食わない人として見られやすく、これはSNSが大きく関係しています。

SNSが発達した今では、不幸アピールをすることで多くの異性が「大丈夫?」などと優しいコメントを残しますし、寝てないアピールをしても「大丈夫?」などの優しいコメントが増えていくため、この事実に対して嫉妬する人がたくさん出てきます。

同性からすれば、「あいつは演じているだけなのにバカじゃないの?」と思ってしまったり、「こいつ異性にアピールしてやがるよ」と内心思ってしまう瞬間ですが、その本音に反して異性の優しいコメントが目立つことが、また一段と腹をたてるきっかけとなります。

特にモテない人からすれば、「異性ってバカしかいないんだな」と怒りと似た感情を抱いたり、「世の中顔かよ結局は!」と悲しい現実を見せつけられる形となるので、気に食わないけれど負け犬の遠吠えのように思えることが、何とも言えない感情を引き起こす瞬間でもあります。

 

利己的な性格

利己的な人は基本的には自分の利益が最優先であって、人の目を気にしないほど利益に夢中となるのが特徴的ですが、利己的な人が気に食わない理由はいたってシンプルで、「卑怯者」だからこそ嫌われてしまいます。

自分のメリットとなることには非常に敏感で、どうすれば自分の利益をもたらすことができるのか?を考えることは、他人の不利益など気にしないことに加えて、周りの感情などお構いなしに行動することへと繋がります。

例えばこれがイケメンであった場合、利己的な性格であることを知っている同性は「あいつは嫌い」となるわけですが、逆にそうした性格を知らない異性からすれば、「とても素敵な人だ」と高い評価を得ることになります。

こうした瞬間にまさに気に食わない人だと思うわけであって、このタイプは初対面では良い人を演じることが大の得意でありますし、自分の利益となる人には特に素晴らしいキャラを演じるので、この裏の顔こそが気に食わないと思われる一番の原因となります。

 

気に食わないと感じる心理


ライバル視している

まず一番に考えられるのは、あなたが気に食わない人に対してライバル視していることであり、自分の中では「こんな奴は相手にならない」と思っていても、本音は「あいつには負けたくない」である人は、ライバル視をしていることに間違いありません。

ライバル視には嫉妬に繋がる原因が隠れていて、1つは「自分の今のレベルを確認するためのライバル視」であって、グループの中では自分はどれくらいのレベルなのか?を知るためには、必ず誰かと比べる必要が出てきます。

基本的に人は自分と同じレベルをターゲットにしやすいため、「こいつには負けていないだろう」と自分の価値を少し高く見積もることで、相手に自分が本当に負けていないのかどうか?を確認するためにも、どんどんと敵対心が高まっていきます。

するとその人物に対して気になって仕方がないようになった結果、自分よりも優れていることを証明されることによって、嫉妬の心理が芽生えてくるようになります。

こうなれば本来は「自分はあいつよりも上だろう」程度に思っていた事実とは反して、「自分はあいつより下だった」が現実の答えとなるため、どこか気に食わない存在として認識するようになることが、気に食わない人に抱く心理です。

 

排除しようとしている

自分とは違うの特徴にてお伝えしましたが、世の中には「自分とは違う」ことを理由に相手を否定的に捉える人がいて、こうした人は自分とは違う人に対して嫌悪感を抱きやすく、気に食わない存在として相手を評価しやすい人です。

長い人生において、「これが正しい」と思い込む信念はとても大事ですが、このタイプは相手からメリットのある提案を受けようとも、「そんなのは断固拒否だ!」と頑固な対処をすることで、何かと厄介者として扱われやすいです。

このタイプの心理には「自分が正しい」との思い込みが強くて、冷たい態度で排除しようとすることさえも、自分の中では正しいと思い込んでしまう性格なので、時として残酷で冷酷な対応をとることも見られます。

気に食わない人が多すぎたり、排除しようとする行動があまりにも多く見られる場合は、柔軟な考えを取り入れることが必要であって、人は誰しも否定的で人格を否定されるような人物よりも、自分を受け入れてくれるような柔軟な人を好みやすいことを覚えておきましょう。

 

あなたが見下している

あなたが見下しているからこその気に食わない心理が働くこともあり、見下している人に対して「こいつは自分より下の存在だ」との本音を持つことは、その下の存在に幸せが訪れた時に限って、気に食わない存在になってしまうことがあります。

例えば、見下している人があなたが思っていた以上に美人の彼女ができた場合、自分の心の中では「こいつは自分よりも下の存在だ」との正当化に必死になるわけですが、事実を突きつけられると自尊心が傷つくことによって、嫉妬や怒りの感情が徐々にこみ上げてきます。

怒りの感情が込み上げてくると人は、相手の悪い部分を探すことで自分の評価を上げようとするわけですが、そうして悪い部分を見ていくことはやがて嫌悪感を募らせていくのです。

結果的に、こいつは気に食わない人だとの評価となってしまうこともあるため、見下している人に対して気に食わない気持ちが強い場合は、あなたはどこかで一度敗北を突きつけられたと考えるのが妥当です。

 

実際にあった体験談2選


日本最大級の仕事依頼サイトランサーズにて、「気に食わない人との悪夢のエピソードを教えてください」と募集したところ、11名もの体験談を知ることができました。

ここでは選りすぐりの2つに厳選して紹介することで、気に食わない人の鬱陶しさやくそったれな瞬間を多くの人と共感し、はっきりと本音を述べていくことで、スカッとした気持ちになれる項目となります。

死んで欲しいと願うさん

気に食わない同級生と3年間ずっと同じクラスという地獄を味わい、毎日のように鬱陶しい顔を見続けた日々は本当に苦痛でした。

学校に来たと思えば「これ俺が弁当作った!」と平気で嘘をついたり、「ダンスでメダルを取った!」と作り物のパンフレットで嘘をつくなど、何かと嘘をつくことで目立ち、自分は凄い人だぞとアピールしたい奴でした。

そんなお前に言いたいことは、「見栄を張って嘘をつきまくっていたことは、クラス中でみんなが知っていたことだ」という事実です。

顔もそこそこ整っていることもあって、異性にちやほやされている時もあったけど、中身がゴミすぎてすぐに異性が離れていったことは今でも忘れられない、メシウマ話ですね(笑)

なんで偉そうなんお前?さん

誰に対しても基本的に見下している人がいて、いつも小馬鹿にしたような陰口を言っていたり、自分よりもモテる人に対してはライバル心むき出しで冷たくするなど、とにかく気に食わない女のエピソードです。

そいつは大の男好きでDQNが大好きで、いろんなDQNに回されていたとの噂が絶えないくそ女だったんですが、そういう噂を知らない男たちはすぐに騙されて、ちやほやしているのが本当にいやでした。

しかもそいつは、私のありもしない噂を流して評価を下げることをしてきたので、ある日喧嘩になったんです。

そこから口もきかない関係となりましたが、その二ヶ月後に妊娠が発覚したと同時に男に逃げられて、シングルマザーとして今でも多くの男と遊んでいるみたいです。

子供を産んだことは賢いと思うけれども、男好きは一生治らないバカみたいですね。

 

今すぐできる対処法


同じ土俵に立たない

気に食わない人と同じ土俵に立ってしまうことは、すなわちあなたがそいつと同じレベルであって、低いレベルでの争いを繰り広げているようなものです。

そうではなくて、あなたは気に食わない人よりも圧倒的に優れている人間なのですから、一段上から相手を観察するくらいの気持ちで、今後相手との距離感を取っていきましょう。

一段上から相手を観察するとは、気に食わない人に対してイラっとしてしまうことがあったとしても、「こんな小物相手にするなんて、自分もまだまだだな」とポジティブに思い込むことであって、決してムキになってはいけません。

もう1つは、スルースキルをつけることも非常に重要で、ネットではスルースキルがない人ほどストレスを溜める結果を招きますが、これは現実の世界でも同じです。

気に食わない人に対してスルースキルを発動することで、相手が放った失言等の失礼な言葉を気にする必要も無くなりますし、いちいち構ってしまう体力さえも温存できます。

相手にはっきりと「お前は気に食わない!」と告げるのも悪くはないですが、それではトラブルのリスクを上げてしまったり、あなたの評価が下がるなどの恐れもあるため、ここでは同じ土俵に立たないことを徹底する対処法を推薦させていただきます。

関連記事:【自称サバサバ女のここが嫌い!】腐った性格が無理/うざい理由27個

関連記事:体育会系が嫌い!クズと思う人の意見|上司に無理な理由【完全版】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP