ローソン店員が可愛い、態度悪い等の意見|怒りの声と実体験15連発

「ローソン店員って本当に無愛想だわ。」とがっかりする人もいれば、「ローソン店員って可愛く見えるよな」と舞い上がる人もいるわけですが、この1ページは主に「ローソン店員の悪い部分」がメインとなる記事です。

今や、コンビニは私たちの生活には必要不可欠なものとなりましたが、その裏では「店員の態度がムカつく」などの声がネットを通して、多くの人に拡散されているのが現実です。

ここでは、ランサーズを通して「ローソン店員の態度の悪さについて実体験を教えてください」との募集をかけたところ、実際に集まった声の中からより優れたものの厳選紹介もしているので、イラっとしている人にとってはもの凄く共感できる記事となっています。

店員に対する怒りの意見


無愛想でムカつく

ローソンに限らず、コンビニ店員にムカついた経験を持つ人は日本中にたくさんいて、無愛想な店員は冷めた表情で相手を嫌な気持ちにさせるため、どうしてもムカつくとの声が多くなってしまいます。

どういう瞬間にイラっとするのかを考えると、例えば「お手拭きください」と店員にお願いしたところ、返事をしないことに加えて無表情でお手拭きをレジ袋に入れるなど、こうした態度は多くの日本人をイラっとさせがちです。

逆に愛想がいい店員であった場合は、ニコッと笑顔で対応してくれたり、ハキハキした返事でこちらを元気にさせてくれるものですが、無愛想な店員の場合はイライラしながら店を出ることとなるため、クレームにも繋がりやすいと考えることができます。

接客業なのですから、無愛想な接客はお店の利益や信頼を損ねることになりますし、何より買い物を終えたお客さんが不愉快な気持ちとなることで、楽しく買い物を終わらすことができません。

 

挨拶すらできない

コンビニ店員の挨拶とは、従業員同士での挨拶のことではなくて、お客さんが店に入った時の挨拶と店を出る時の挨拶であって、やはり快く出迎えてくれた方が、買う側も気持ちよく買い物を済ませることができますし、不満をためることもありません。

態度が悪いと言われるローソン店員にありがちなのは、挨拶すらしないことに加えて無愛想な要素が加わることであり、そもそもやる気がないから挨拶をしない人が多いことが、共通点となってしまう原因です。

忙しいことを理由に入店の挨拶ができない人はいるでしょうが、どんな店員でもレジを打ち終えた後の挨拶はできるはずですし、これをしない店員はどう考えても意図的であるとしか思えません。

相手が最高に気持ちよくなるような挨拶をしろと言ってるわけではないのですから、普通程度でいいので挨拶はきちんとしておいた方が、店員に対するクレームのリスクを下げることは間違いありません。

 

気持ちがこもってない

気持ちがこもっていないとは、「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」などの挨拶の声であって、明らかに気持ちのこもっていない挨拶をされたところで、「それ上辺だけだよね?」と感じてしまうのも、店員が態度が悪いと思ってしまう瞬間であります。

特にムカつくのは、顔の表情やレジ打ちの態度は明らかに鬱陶しい感じが出ているのに、仕方なしに「ありがとうございました」と雑に言われることであって、そんな挨拶ならない方がマシだと思う人もいるほど、相手に本音は伝わるものです。

もちろんこちらも必要以上のものを求める気もないですが、最低限くらいの態度は示して欲しいものであって、見たからにやる気のない挨拶は相手を不愉快にさせます。

こちら側だって、クレーマーのように思われたくないので文句を言うつもりもありませんが、やる気がない店員が接客業に向かないことは言うまでもありません。

 

仕事中に喋りすぎ

仕事中にぺちゃくちゃ喋ることは、時と場合によってはお客さんがイラっとしてしまう瞬間となり得ず、そもそも店員が喋りまくっていることは、何かと欠点に目がいく心理状態となってしまいがちです。

例えば、店員が喋っている現状を見たお客さんは、「あーこの店員仕事が雑そうだ」と思うことで小さなミスや、少し声が小さかったことなどの欠点に目がいくようになり、どんどんと減点方式となってしまうのです。

他にも、大きな声で喋っていたり笑い声が店員から聞こえることは、真面目人間にとっては許せない接客態度となるので、どうしてもストレスが溜まってしまいます。

こうしたローソン店員は、仕事をなめているような気持ちが強く見られることからも、態度が悪い店員の確率が高いと考えることができ、総合点で大きなマイナス評価を食らう態度となってしまうのです。

 

レジを優先しない店員

待つことが大っ嫌いで、せっかちな性格が多いと言われる日本人は、ローソン店員がレジを優先しないことに内心イラっとしたり、または急いでレジに来ない態度に対してイラっとした感情を抱きがちです。

それもそのはずで、昼休憩でご飯を買いに来る人にとっては貴重な時間であったり、残業で夜遅くまで働いた人にとっても、早く家に帰ってゆっくりしたい気持ちが強いので、レジを優先しない店員にムカつく気持ちは共感できます。

忙しい店舗の場合、時間内に違う仕事を終わらせないといけないこともあるでしょうが、4人も5人もお客さんが並ぶことにもなれば、せめてその時だけでもレジを開けてもらいたいと思うのが、並ぶ人の心理です。

こうした両者の気持ちは、コンビニ店員を経験した人にしか分からない気持ちでありますが、お客側の気持ちを代弁するとするのであれば、少しの列でもレジを開けて欲しいと思うのが本音なのです。

 

道を開けてくれない

品出しや棚の掃除などの様々な仕事があるコンビニ店員ですが、道を開けてくれなかったり、またはじっくりと見たい商品棚でずっと作業をされることは、「いい加減にどいてよ。」と声に出したくなる瞬間です。

どう考えても優先順位はお客さん側にありますし、自分の仕事を終えたい一心で見たい商品棚を見せないことは、言わば「買い物しなくてもいい」といっているようなものです。

本当にそうした気持ちで行動に出ているローソン店員もいるでしょうから、「買い物しなくてもいい」なんて本音を持つ店員である場合は、クレームを言われることも仕方がないことだと思います。

また、中には道を開けてくれたり商品棚を見せてくれても、明らかに嫌そうな顔で行動に出る店員もいるので、こうした店員に対して「なんなの態度?」と内心怒ることも、何もおかしなことではありません。

 

音を立てて物を置く

商品を棚に並べる際に音を立てて雑に食べ物を置いたり、レジでバーコードを読み取る動作で商品を雑に扱うことで音を立てるなど、これもお客側にとっては不愉快極まりない行動です。

いちいち音を立てられることは、「もっと丁寧に商品あつかえよ」と思うことと同時に、「なんだか突き放されている」との気持ちにもさせてしまいます。

これを簡単に言えば、「あっちに行けよ」と言われた時の気持ちになるようなもので、「ローソン店員は態度が悪い」なんて言われることも、当然の行為であると言えます。

さらに不機嫌そうに商品を渡されたり、ありがとうございましたの一言がないなどの要素が加われば、お客さんは心底気分が悪い買い物となり、そのローソンには二度と行かないと思うほどの嫌悪感を抱くことでしょう。

 

お釣りとレシート返しが雑

お釣りとレシートを返される際には、基本的には両手を使って返すことがマニュアルで、正しい返し方であるとされていますが、態度の悪い店員は片手で返すことによって、お客さんを嫌な気持ちにさせます。

特にムカつく返し方は、違う方向を見て片手で適当に返してきた時であって、こうした態度は挑発行為と捉えられやすい態度なので、特に攻撃的な男性にはしない方がいい行為であります。

目をそらして片手で渡している店員心理としては、「鬱陶しいから早く帰って欲しい気持ち」と、「目があうと挑発行為と思われる可能性がある」との思考が交わっており、自分の身を守るためにもあえて目は合わせないようにしているのです。

また、片手で返すと言っても丁寧に返す人であれば、そこまで不愉快な気持ちを抱かない人も多いですが、相手に向かって飛ばすように片手で雑に返す店員は、とてもイメージが悪い店員に思われる傾向が強くなります。

 

面倒な仕草を見せる

面倒な仕草を細かく説明していくと、ため息であったり髪の毛を触りながらの対応、舌打ちなども面倒な時に見せる仕草で、どちらかといえば深夜帯の店員に見られやすい仕草です。

深夜帯の人は仕事がたくさんあって忙しいことに加えて、眠気や体のだるさを感じているので、どうしても面倒な仕草が見られやすくなります。

ため息は店員でなくとも、近くの人がため息をつかれることを嫌う人もたくさんいるので、幸せが逃げていきそうなため息を見せられた後に、やる気のない接客を見せられることは、こうした仕草が嫌いな人にとって最悪の展開となることでしょう。

また、舌打ちに関しては言うまでもなく「うざい」と感じたり、「喧嘩売ってるのかな?」と思ってしまう仕草となるので、こうした店員とトラブルになった経験がある人も、世の中には数多くいることが想定できます。

 

怒りの声を厳選紹介


35歳流石にダメさんの声

駅前のローソン店員は本当に接客態度が最悪のお店で、レジに行くと嫌そうな顔をして接客をするのが普通な店舗です。

そこが一番便利なのでついつい使ってしまいますが、態度が悪い店員に対しての内心は、「だからアルバイトなんだよお前」と思い込むことで、心の怒りを押さえ込もうとしている自分がいます。

店長のおばさんもずーっと働いてるからか、接客態度がめちゃくちゃ悪いわりには、知り合いが来ると元気一杯に世間話をしているなど、なんだか変な店員が集まる店舗ですあそこは。

「今日はなんだかいい日だな」なんて思う日であっても、その店舗に行くことで気分を悪くしてしまったことがあるので、最近はできるだけ違うコンビニ店を選択するようにはしています。

22歳君に口はないのかな?さんの声

買い物途中に入ったローソンの店員が過去最悪レベルで態度の悪い店員でして、楽しかったはずの一日が嫌な日に感じるほど、頭の悪い店員ばかりでした。

まずお客さんが入ってきても店員は無視して自分の仕事に夢中だし、レジに商品を持って行くと真顔で淡々と作業をこなした後に、合計金額を口にしないバカな店員でした。

そしてからあげクンを頼んでいたのに、それが入っていないことを指摘すると「あー」と声を出した後に、からあげクンを持ってきたのです。

こちらからすれば「あー」の以前に、「すいません」の一言くらいあってもいいんじゃないかなと思いますし、誰がどう見てもやる気のない店員を目の当たりにした僕は、心の中で「こいつ自分のことなめてんだろうな」と思い込んでしまったため、一日中イライラすることで休日が台無しになってしまったことを覚えています。

19歳笑ってくんなさんの声

私は体型がコンプレックスなのですが、ローソンの高校生くらいの店員二人がこちらを見てはヒソヒソ話をしていて、私がレジに近づくと急に顔を見合わせて笑ってきたのです。

誰だって、こちらを見てきた後に笑ってきたりヒソヒソ話をされることは、「自分のことを言われているのかな?」と思いますよね?

しかも、お札を返す時にも片手で適当に返してきたことが、さらにイライラした気持ちになってしまったことによって、私も同じく片手で奪い取るようにもらうことで、「お前が嫌いだ」という合図を送りました。

いちいちこっちを見てくる店員自体鬱陶しいですし、年下の高校生にバカにされたと思うと、余計に腹が立って仕方がない一日でした。

30歳ちょっと酷いねさんの声

近くのローソンは、10時を過ぎると大学生とかフリーターっぽい男ばかりが働いていて、買い物に行くと怖い顔で怒っているかのような態度を見せてきます。

誰もいないレジで「すいません」と声をかけると、事務所から怒った顔で店員が出てきたり、ダルそうな歩き方でゆっくりとレジに来る店員ばかりなので、基本的にこちらも同じよな態度で接するようにしています。

一番ムカつくのは、商品バーコードを読み取る時の動作であって、ビールを音が出るほど強く机に叩きつけたり、お金をもらった後にレジを強く締めるなど、明らかにこちらに喧嘩を売ってる感じの態度が、仕事終わりの僕の気持ちをカッとさせます。

クレームをつけるのもなんだか時間と体力が勿体ないですし、違う店舗があればそちらに行きたいのですが、帰路まではそこが唯一のコンビニであるため、どうしても通ってしまうのが自分の悪い癖です。

 

一方でこんな違った意見も


21歳まあ分かるさんの声

自分はセブンイレブンで深夜帯の夜勤をしていますが、はっきり言ってコンビニの深夜帯は仕事が多すぎてレジどころではありませんし、疲れで接客態度を改善することなんて不可能です。

これが正社員であったり時給が高いのであれば、自分も気持ちのいい接客態度を心がけようと思えますが、アルバイトで安い賃金で働く自分たちにとっては、「時間内にやることを終わらせる」ことが目的となっているのです。

たくさんやることが残っているのに、買い物に来られることは鬱陶しいと感じてしまう瞬間ですし、あまりにもお客さんが多くて忙しい日には、「二度と来るな」と言わんばかりの態度で接客したこともあります。

忙しい時間帯に太々しい態度の客が来ることは、コンビニ深夜帯で働いている僕たちにとって最高にイラっとする瞬間で、顔に出てしまうんだと思います。

10代いい感じですさんの声

僕の中では、ローソンは可愛い女の子が働いている確率が高いと思っていて、それほど愛想を振りまかない女性であっても、ついつい許してしまう店員がローソンには多いです。

ローソン、セブン、ファミマの3つの中では、ローソンが一番可愛い制服だと思いますし、制服を着るだけで可愛さ二倍に見えてしまう僕からすれば、ローソンに足を運ぶことは楽しみでもあります。

中には接客態度が悪い女性の店員もいますが、そうした人は僕の中で「ローソン店員」として認めていないので、ただ都合がいい捉え方をしているだけかもしれませんが(笑)

まあ接客態度の悪い店員なんて、ローソンに限らずどこの店舗でも高確率でいますよね。

 

高望みしてはいけない


ローソンなどのコンビニを利用する際には、いっそのこと「コンビニ店員には期待しない」くらいの気持ちを持っておけば、大抵の無愛想な対応にもイラっとすることもなく、自分の中で納得した結論を出すことができるはずです。

クレームをつけたり殴りたいほどムカつく店員がいるのも事実ですが、こうした店員に対してまともに相手にすることは、「バカをまともに相手にしている」ようなものなのです。

厄介者はまともに相手にしないことは、あなたのストレスやイラっとする気持ちを最小限に抑え、素早く気持ちを切り替えることができるなどのメリットをもたらします。

とにかくムカつく店舗は足を運ばないことを徹底して、少し遠くても違う店舗を利用するなどの工夫もしてみれば、あなたの中での買い物満足度もグッと上がって来ることで、より充実した日々を送れることにも繋がることでしょう。

関連記事:気に食わない人の特徴|その心理・体験談-今すぐできる対処法

関連記事:ファミチキがうまい&まずいと思う人の意見|信者とアンチの声15選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP